阪神 補強 2020。 阪神タイガースのショート・セカンドは予想2020!新外国人!スタメン・打順・打線!

阪神タイガースの新外国人・FA・トレード・補強の最新情報2020

阪神 補強 2020

阪神はボーアやサンズら5人の外国人を補強し助っ人8人体制に 2020年がスタートし、早くも半月ほどが経過した。 各選手が自主トレを進め、2月1日のキャンプインに向けて体作りに励んでいる。 キャンプまで残り半月ほどとなり、各球団の補強もほぼ終了したと言えるだろう。 ここでは各球団が今オフに行った補強を総括。 昨季の各球団の戦いぶりと照らし合わせて、オフの補強の的確さを診断してみたい。 まずは、セ・リーグだ。 【巨人】評価:B アンヘル・サンチェス投手(韓国SK) チアゴ・ビエイラ投手(ホワイトソックス) ヘラルド・パーラ外野手(ナショナルズ) ナティーノ・ディプラン投手(育成) エスタミー・ウレーニャ投手(育成) 田中豊樹投手(育成、日本ハム) 八百板卓丸外野手(育成、楽天) 昨季は5年ぶりにセ・リーグを制した巨人。 チーム打率. 257はリーグ2位、663得点はリーグ1位とする一方で、チーム防御率3. 77はリーグ4位と弱かった。 そこに韓国で17勝をマークした先発のサンチェスと、最速103マイルを誇るリリーバーのビエイラを補強。 残留するメルセデス、デラロサらと共に築く投手陣は分厚くなりそう。 打線にもパーラを加え、課題を埋める補強だったのではないだろうか。 【DeNA】評価:C マイケル・ピープルズ投手(インディアンス3A) タイラー・オースティン内野手(ブルワーズ3A) 高城俊人捕手(オリックス) ジョフレック・ディアス投手(育成) フレンディー・デラロサ内野手(育成) 昨季は2位に躍進したDeNA。 2020年は1998年以来となるリーグ優勝に向けて勝負の1年となる。 今永や上茶谷など若い力が育ってきているDeNA。 助っ人でもロペスやソト、パットン、エスコバーら実績ある面々が在籍する中で、投手で先発候補のピープルズ、野手で大砲オースティンを獲得。 昨季のチーム打率、防御率ともにリーグ5位と投打で底上げは必須。 筒香がメジャーに移籍し、その穴をどう埋められるかも鍵になる。 中日は最優秀中継ぎ投手のロドリゲスが流出、代役候補としてゴンサレスが加入も… 【阪神】評価:A ジョン・エドワーズ投手(インディアンス) ジェリー・サンズ外野手(韓国キウム) ジョー・ガンケル投手(マーリンズ3A) ロベルト・スアレス投手(ソフトバンク) ジャスティン・ボーア内野手(エンゼルス) 中田賢一投手(ソフトバンク) 今オフに積極的な動きを見せた阪神。 実に5人もの新助っ人を加え、残留したマルテ、ガルシア、呂彦青と共に助っ人を8人も抱えることになった。 来季への本気度が感じられる補強だったのではないか。 昨季のチーム防御率はリーグ1位だったのに対し、打率はリーグ4位、チーム得点数はリーグ最少と攻撃面が課題であることは明らか。 サンズ、ボーア、マルテの3人でいかにそれを改善できるか。 守備面も考えての起用が必要で矢野燿大監督の手腕も重要となりそうだ。 またジョンソンがメジャー復帰を果たし、その穴をエドワーズがどれだけ埋められるか。 丸の移籍、田中の不振などが絡んで低迷することになった。 チーム防御率はリーグ2位(先発は1位)、打率は3位とどちらも決して悪くはなかった。 逆転負け32回は最下位ヤクルトに続いて多かった。 守護神の中崎の不振などで勝利の方程式が固まらなかったのも響いた。 そこでDJ・ジョンソンとスコットの2人の投手を補強。 手薄な外野にはメジャー通算302試合出場のピレラを加えた。 オフにジョエリー・ロドリゲスがメジャー復帰を果たし、昨季の最優秀中継ぎ投手が流出。 その代役としてゴンサレスを獲得したが、支配下での補強は支配下に昇格した濱田達郎と2人だけ。 育成でシエラ、ヤリエル・ロドリゲスを加えた。 チーム打率はリーグ1位、防御率も3位と悪くなく、ビシエド、アルモンテ、ライデル・マルティネスと優良な助っ人が顔を揃えているが、戦力を底上げには既存の日本人選手の成長に期待したい。 【ヤクルト】評価:B マット・クック投手(ダイヤモンドバックス アルシデス・エスコバー内野手(ホワイトソックス) ガブリエル・イノーア投手(オリオールズ) 長谷川宙輝投手(ソフトバンク育成) 嶋基宏捕手(楽天) 今野龍太投手(楽天) 一昨季の2位から一転、昨季は最下位に転落したヤクルト。 高津新監督体制の下で戦う2020年に向けて、積極的な補強を敢行した。 昨季はチーム打率、防御率共にリーグ最下位。 投打とも補強は必須だった。 投手ではクック、イノーアの新助っ人2人を補強し、さらにはソフトバンクの育成選手だった長谷川宙を支配下で獲得。 今野も加えた。 ベテラン捕手の嶋も楽天から迎え、投打ともに広く補強を行った。 (Full-Count編集部) 外部サイト.

次の

阪神タイガースの補強ポイント 2019年オフ~2020年開幕!

阪神 補強 2020

sanspo. html 藤浪投手は 事ある毎に緊急トレードを提言されるなど話題に事欠かない投手。 大谷翔平と遜色ないポテンシャルを秘めた投手だけに球界での知名度は抜群。 阪神は マスコミの数も半端ではありませんしプレッシャーが強すぎるあまり環境を変えるべきだと言われていますね。 しかし、現状藤浪投手と 釣り合う選手が他球団にはいないのが現状でトレードは難しそうですね。 また、 藤浪投手の事を誰よりも評価しているのは他でもない阪神ですから手放す可能性は低いと思われます。 しかしこのまま不振にあえぎ続けるようであればトレードは現実味を帯びてきそうです。 大阪桐蔭でバッテリーを組んだ森選手のいる西武や投手育成の上手いソフトバンクなどが名前に挙がりますが トレードするなら日本ハム一択になりそうです。 のびのびした環境で育成を進める日本ハムは過去に巨人の大田選手を引き取りレギュラーに育て上げました。 阪神時代と比べプレッシャーも少なく藤浪投手が復活するとすれば日本ハムに移籍する事なのかなと思います。 呂彦青 2017年に阪神へ入団した台 湾出身の外国人投手。 植田海選手と同い年で、育成目的で獲得された投手。 当時、ソフトバンクがモイネロ投手を育成目的で獲得したのに倣い阪神も 「ドラフト一位」と遜色ないという触れ込みで獲得したのですが 2019年の時点で 1軍登板はなく、さらに 2020年から助っ人8人制を敷きさらに助っ人4枠が遠のきそうな状況。 外国人選手という事もあり、トレードに出せるかの問題はありますがもしトレードが可能であればある程度モノになってきたら 他球団に渡して有望な選手を獲得するのも一手かなと思います。 投手育成には定評がありますから自前で育ててトレードに出すのも悪くはないのかなと思います。 もちろん、選手の活躍の機会を与える為にやむなくトレードに出す場合に限りますが(トレード目的で獲得するのは違うので)。 阪神の投手陣は盤石で助っ人投手はなかなか外さないので呂投手はこのままでは飼い殺しになりかねないのでトレードも検討される可能性はあるかもしません。 熊谷敬宥 出展元:760BAE60-3D56-475B-A4A7-38450233F5F0 長距離砲としてかなりの期待を掛けられた選手で 2018年にはプチブレイクを果たすなどもう少しでレギュラーを掴み取れそうだったのですが 2019年は不振に喘ぎ1軍では主に 一発狙いの場面での代打起用が多かったです。 2軍では打点やホームランを量産するなど 2軍の帝王と言われていますが逆に言えば2軍にいる期間が長いという事で 2軍では活躍するけど1軍では並の選手というレッテルを貼られてしまっています。 2軍では自慢のホームランが飛び出すも1軍だとほとんど鳴りを潜めているのは鳴尾浜と甲子園の広さがあまりに違い過ぎるという意見もあり スラッガーがくすぶっている状況にやきもきしている状況。 陽川選手は能力は高いですからトレードに出して他球団に放出するのも選択肢として有り得そうです。 元々 巨人が能力を買っていましたし、巨人とのトレードや神宮が本拠地のヤクルトあたりは声を掛けてくるかどうか。 板山祐太郎 2016年ドラフトの選手で同期の高山選手をライバル視する発言が多くみみられる選手。 パンチ力に加えてミート力に定評があり強肩の外野手ですが出場機会を求めて二塁も守るなど利便性の高い選手。 2軍では4番に座るなど期待されているものの、1軍ではなかなか活躍できずに苦しい立場。 1軍に帯同する年の近い選手たちと圧倒的に違う個性がある訳ではなく突き抜けたところがないのが惜しいところで 何かキッカケが欲しいところですが、なかなか掴み切れないでいる様子。 能力はありますしトレードとして名前が挙がるなど一定の需要はありそうですし他球団移籍は現実的に起こり得る選手。 hanshintigers. しかしバッティングは捕手の中では傑出していますし本人の為に温情でトレードの可能性もありそうです。 可能性としてはDHのあるパ・リーグが候補に挙がるかもしれませんね。 福永春吾 異色の経歴を持つ投手でどっしりとした体格から繰り出すストレートで三振を奪う本格派の右腕。 1軍成績はほとんど出場歴はないものの2軍では2018年、最優秀防御率と最高勝率の二冠を獲得しています。 2019年からは中継ぎへ転向しますが1軍ではビハインドでの登板に留まるなどキッカケを掴めずにいますが身体能力のある投手でキッカケ一つで化けそうな投手です。 阪神は現状、中継ぎに関しては若手、中堅、助っ人と充実した戦力でここから割って入るのは難しくトレードの弾にされる可能性はありそうです。 関連記事 まとめ 今回は阪神のトレード要員について見てきましたがいかがでしたか? 能力はあるものの、2軍でくすぶっている選手は多く、環境を変える事で期待通りの活躍を見せてくれそうな選手もいますが 果たしてトレードは実現する事になるのか。

次の

阪神2019年、2020年の大補強を予想!球団初の8人体制のその候補の詳細について

阪神 補強 2020

開幕前 [ ] 新たにを一軍打撃コーチ 、を二軍打撃コーチにそれぞれ招聘。 でからを獲得。 ソフトバンクから自由契約となっていたを獲得した他 、新外国人としての 、の 、の 、のを獲得した。 2020年3月26日、投手がのを受けると発表した。 同投手は数日前から嗅覚の異変を訴えていた。 27日、同投手と接触した捕手、外野手の2人もPCR検査を受け、新型コロナウイルスの陽性判定が出た。 5 3位 DeNA 1. 5 4位 ヤクルト 3. 0 5位 中日 3. 5 6位 阪神 5. 5 入団・退団 [ ] シーズン開幕前 [ ] 本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。 なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。 また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。 支配下選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 15 ドラフト1位 13 球団プロスカウト 20 41 37 ドラフト3位 52 42 AAA 新外国人 54 49 AAA 新外国人 66 育成再契約 66 ドラフト6位 97 ・ 75 福岡ソフトバンクホークス 自由契約 98 捕手 59 ドラフト5位 59 球団ブルペン捕手 内野手 41 新外国人 1 45 ドラフト4位 32 球団スコアラー 37 42 AAA 99 外野手 32 ドラフト2位 52 新外国人 育成選手 登録 抹消 No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分 投手 115 育成選手 再契約 115 横山雄哉 再契約 規定による自由契約 126 牧丈一郎 支配下選手 再契約 内野手 125 育成選手 再契約 125 藤谷洸介 再契約 規定による自由契約 外野手 127 育成ドラフト1位 124 128 育成ドラフト2位 選手・スタッフ [ ] 6月 2勝8敗0分 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗 1 6月19日 巨人 2-3 - 岩崎(0-1) - 西勇(1) 東京ドーム 0-1-0 2 6月20日 巨人 1-11 - 岩貞(0-1) - 原口(1) 東京ドーム 0-2-0 3 6月21日 巨人 1-7 - ガルシア (0-1) - 近本(1) 東京ドーム 0-3-0 4 6月23日 ヤクルト 4-1 青柳(1-0) - - マルテ(1) 神宮 1-3-0 5 6月24日 ヤクルト 1-6 - ガンケル (0-1) - 神宮 1-4-0 6 6月25日 ヤクルト 1-3 - 藤川(0-1) - 梅野(1) 神宮 1-5-0 7 6月26日 DeNA 0-6 - 西勇(0-1) - 横浜 1-6-0 8 6月27日 DeNA 8-6 伊藤和(1-0) - 藤川(0-1-1) 糸井(1) サンズ(1) 横浜 2-6-0 9 6月28日 DeNA 1-9 - 中田(0-1) - 横浜 2-7-0 10 6月30日 中日 0-5 - 青柳(1-1) - ナゴヤドーム 2-8-0 7月 勝敗分 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗 11 7月1日 中日 3-6 - 秋山(0-1) - 梅野(2) ボーア(1) ナゴヤドーム 2-9-0 12 7月2日 中日 2-4 - ガルシア (0-2) - ナゴヤドーム 2-10-0 7月3日 広島 中止 マツダ — 13 7月4日 広島 9-3 岩貞(1-1) - - マルテ(2) 大山(1) マツダ 3-10-0 14 7月5日 広島 8-3 西勇(1-1) - - ボーア(2) 大山(2) サンズ(2) マツダ 4-10-0 7月7日 巨人 中止 甲子園 — 7月8日 巨人 中止 甲子園 — 15 7月9日 巨人 2-1 岩嵜(1-1) - 藤川(0-1-2) ボーア(3) 甲子園 5-10-0 16 7月10日 DeNA 3-2 青柳(2-1) - - 近本(2) 大山(3) 甲子園 6-10-0 17 7月11日 DeNA 2-4 - 藤川(0-2-2) - ボーア(4) 甲子園 6-11-0 18 7月12日 DeNA 2-1 岩貞(2-1) - スアレス(0-0-1) 甲子園 7-11-0 19 7月14日 ヤクルト 6-3 秋山(1-1) - スアレス(0-0-2) 木浪(1) 甲子園 8-11-0 20 7月15日 ヤクルト 5-9 - 伊藤和(1-1) - 糸原(1) ボーア(5) 甲子園 9-11-0 7月16日 ヤクルト 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 7月17日 中日 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 7月18日 中日 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 7月19日 中日 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 7月21日 広島 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 7月22日 広島 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 7月23日 広島 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 7月24日 中日 0-0 - - - ナゴヤドーム 0-0-0 7月25日 中日 0-0 - - - ナゴヤドーム 0-0-0 7月26日 中日 0-0 - - - ナゴヤドーム 0-0-0 7月28日 ヤクルト 0-0 - - - 神宮 0-0-0 7月29日 ヤクルト 0-0 - - - 神宮 0-0-0 7月30日 ヤクルト 0-0 - - - 神宮 0-0-0 7月31日 DeNA 0-0 - - - 甲子園 0-0-0 達成記録・出来事 [ ]• - の公式チャンネルを開設• - 現役時代はなどで活躍しから3年間監督を務めたがの自宅でにより死去。 享年84歳。 - が感染を判別するを受けると発表• - 藤浪晋太郎と、の3名がコロナウィルスのPCR検査の結果、陽性判定が確定したことを発表 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ 2019年10月21日• 日刊スポーツ 2019年10月25日• 日刊スポーツ 2019年11月19日• 日刊スポーツ 2019年10月26日• Sponichi Annex 2019年12月20日• デイリースポーツonline 2019年12月16日• SANSPO. COM 2019年12月21日• 日刊スポーツ 2019年12月14日• Sponichi Annex 2019年12月20日• 阪神タイガース 2020年3月26日. 2020年3月26日閲覧。 スポーツ報知 2020年3月26日. 2020年3月26日閲覧。 阪神タイガース 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 NPBHP• 阪神タイガース公式HP• 阪神タイガース公式HP. 2020年3月26日閲覧。 阪神タイガース公式HP. 2020年3月27日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の