生理痛を和らげる飲み物。 【医師監修】生理痛を和らげる飲み物

生理痛を和らげる飲み物・NGの飲み物とは?筆者の体験談もご紹介!

生理痛を和らげる飲み物

もくじ• そもそも生理痛はどうして起きる? 人の体には 「プロスタグランジン」という生理活性物質が存在し、子宮を収縮させ、生理時の経血を体外に排出する働きをします。 しかし、このプロスタグランジンの過剰分泌が子宮の収縮を活発に行ってしまい、つらい生理痛に繋がるようです。 実はプロスタグランジンの分泌が増えるのは、経血を排出する時。 経血が出にくいといった状況になると、経血を出そうとプロスタグランジンの分泌量が増え、子宮収縮も激しくなるので、子宮がキリキリするなどといった痛みを感じるのです。 また、プロスタグランジンは子宮を収縮させるだけでなく、血管も収縮させる働きがあるため頭痛や腰痛、冷えなどの原因にも繋がります。 胃腸にも大きく影響しているため、吐き気や下痢などの症状があらわれる人もいるでしょう。 生理痛がつらいと感じる人は、生理痛が軽い人に比べプロスタグランジンが多いそうです。 子宮が未発達な女性に生理痛が起こりやすく、初潮を迎えたばかりの女の子などは、身体がプロスタグランジンの働きに慣れていないため痛みを強く感じます。 また、出産未経験の女性は経血に大きな塊などが交じる事が多く、子宮頸管が固く細いので、そこを通過する際に痛みを感じる方が多いでしょう。 出産を経験すると子宮の出口が広がるので、生理痛が軽くなる、という人もいます。 プロスタグランジン以外では多くの女性が抱える「冷え」が原因の場合があります。 冷えで骨盤周りの血流が悪くなることで子宮付近から腰回りにかけてジワジワと痛み、重く感じてしまうのです。 ストレスも生理痛の原因の一つと言われており、自律神経の働きが悪くなることで血流も悪くし体が冷えてしまうんですね。 生理痛を悪化させる食べ物や飲み物は? 生理痛が起こる仕組みをなんとなく理解できたかと思います。 「プロスタグランジン」が生理痛の主な原因ですが、その他にも生理痛を悪化させる原因が生活の中に潜んでいます。 その中でも食べ物は生理痛と大きな関係性があると言われているため注意が必要です。 では、どのような食べ物が生理痛を悪化させるのか見ていきましょう。 スナック菓子や揚げ物、インスタント食品などの加工食品 血液をドロドロにする砂糖や酸化した油、食品添加物が多く含まれているため体内の血流が悪くなり生理痛悪化に繋がります。 その他にも加工食品には ・糖を分解する際に、子宮収縮を抑制する働きをするビタミンBを消費してしまう ・酸化した油で消化不良になりやすくなり、下痢や吐き気に繋がる ・食品添加物はミネラルの吸収を邪魔し、子宮の収縮を抑えたり、貧血を予防するマグネシウムの働きを弱めてしまう など、生理痛を悪化させる要因がたくさんあります。 カフェインを含む飲み物や食べ物 チョコレートやコーヒー、紅茶、緑茶は香りに癒やし効果がありますが、カフェインを含みます。 カフェインは血管を収縮し、身体を冷やしてしまう作用があるため、生理痛をひどくする危険性があるのです。 コーヒーを飲みたい場合はココアを代用したり、紅茶を飲みたい場合は、身体を温める効果のある生姜を入れたりして飲むといいでしょう。 また、カフェインは身体を冷やすだけでなく、鉄やミネラルの吸収を邪魔する作用もあるので貧血に繋がるようです。 一日一杯程度ならカフェインの摂取は問題ありません。 冷たい食べ物 アイスやかき氷は夏によく食べますが、身体を冷やしてしまうので食べすぎないように注意しましょう。 冷えで血流をわるくし、生理痛悪化に繋がります。 食べる際は暖かい飲み物と一緒に食べるなどをするといいでしょう。 乳製品 牛乳やチーズなどの乳製品はエストロゲンという女性ホルモンを分泌させる成分を多く含みます。 適度な摂取なら問題はありませんが、取りすぎてしまうとホルモンバランスが乱れ、生理痛を悪化させてしまう場合があります。 アルコール 少量のお酒は身体を温める効果があるのですが、大量にお酒を飲むとアルコールを分解するためにビタミンBとマグネシウムをたくさん消費してしまいます。 ビタミンBは子宮収縮をおさえ、痛みを抑える働きをするためそれが少なくなることで生理痛に痛みを感じやすくなるでしょう。 また、マグネシウムが少なくなると鉄分不足で身体を冷やしてしまったり、貧血でめまい、フラつきに繋がってしまうのです。 生理中のお酒は控えるようにしたほうが良いですね。 夏野菜や夏果物など 夏野菜や暑い場所で取れる食べ物は身体を冷やす働きがあるので生理中は控えましょう。 食べる際は温めるといいですよ。 夏に採れるスイカやメロン、梨などは利尿作用があり、尿と一緒に体内の熱を外に出してしまうので身体を冷やすことに繋がってしまいます。 精製度の高い食品 白い砂糖や白いご飯、小麦粉などの精製度の高い食べ物は、身体を冷やす作用があるようです。 また、子宮収縮を押さえるビタミンの吸収も邪魔してしまうため、痛みを感じやすくなります。 お米を食べる際は、白いご飯だけでなく麦や玄米を足して食べると良いでしょう。 パンは白いパンは控え、ライ麦を使用したパンや全粒粉使ったパンを選ぶのがおすすめです。 生理痛を予防・改善・緩和させる食べ物や飲み物は? 身体を冷やす食べ物やミネラル、ビタミン、マグネシウムなどの吸収を妨げる食べ物は生理痛を悪化させるようですね。 では逆にどのような食べ物が生理痛の予防や改善に効果的なのでしょうか。 見ていきましょう。 冬野菜や根菜 身体を温める食材は生理痛予防に繋がります。 冬野菜や根菜(白菜、ネギ、ごぼう、レンコンなど)は身体を温める食材として代表的なものですよね。 生姜やニンニク、ニラや玉ねぎにも身体を温める匂いや辛味成分が含まれているので生理前~生理中に積極的に食べたい食材です。 クエン酸を多く含む果物やビタミンE豊富なナッツ 果物(杏、オレンジ、梅、パイナップル、レモンなど)に含まれるクエン酸やナッツ類に含まれるビタミンEは血行促進に効果があるので身体を温めてくれます。 果物を食べる際は冷たいものではなく「常温」のものがいいでしょう。 血行促進に効果的な食材は身体を温めるだけでなく身体の循環を良くするので子宮収縮の動きを押さえる働きをするそうです。 ココアやハーブティー、お酒 身体を温める飲み物として挙げられるのはココアやハーブティー、少量のお酒です。 ココアは身体を暖めるだけでなくリラックス効果があると言われています。 ハーブティーにもリラックス効果があり、ノンカフェインなのでおすすめです。 ハーブティーの中でもカモミールティーには鎮痛作用があるので生理前から生理中に飲むといいでしょう。 お酒は生理痛を悪化させる項目にありますが、赤ワインや日本酒など少量なら身体を温める効果があります。 どの飲み物もアイスよりもホットで飲むと、より効果を発揮するでしょう。 肉や魚などの良質なタンパク質 タンパク質が不足すると身体の不調が感じやすくなります。 鶏肉や羊の肉などは高タンパク質なだけでなく、身体を温める効果もあるようなのでおすすめです。 サンマやアジ、イワシは魚の中でも良質なタンパク質と言われておりDHC、EPAが豊富に含まれています。 それらは血液をサラサラにする効果があり、血行促進に繋がるので「冷え」の改善に繋がるのです。 また、魚には子宮収縮を抑制し、痛みを和らげてくれるビタミンB群も豊富に含まれているので生理中は積極的に摂取すると良いかもしれません。 大豆製品 肉や魚の他には大豆製品も生理痛を和らげるのに効果的な食材です。 女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが多く含まれているため、補給することでホルモンバランスを整える事ができ、生理痛を抑えることができます。 エストロゲンの過剰分泌は生理痛緩和には逆効果と言われていますが、イソフラボンは過剰摂取を抑える働きをしてくれるそうです。 鉄分を多く含む食べ物 プルーンやレバー、ひじきなど鉄分を多く含む食材を摂ることで、増えすぎたカルシウムを外に出してくれます。 カルシウムが体内で増えすぎてしまうと、子宮収縮が活発になるので鉄分は積極的に摂りましょう。 また、生理中は貧血になりやすいので鉄分を多く含む食材を摂ることで貧血予防にも繋がります。 生理痛予防・改善に効果的な食事の仕方とは? 生理痛を悪化させる食材と、予防・改善する食材をご紹介しましたが、生理痛に影響があるのは何も食材だけではありません。 そこで、生理痛予防・改善に効果的な食事方法をご紹介します。 栄養バランスのいい食事を心がけよう! 食事をする際、いちばん大事なのは栄養バランスです。 これは生理痛改善だけでなく健康にもいいことなので日頃から心がけましょう。 肉や魚などのタンパク質、パンやご飯などの炭水化物、乳製品などの脂質、野菜や果物をバランスよく食べることでホルモンバランスが整い生理痛改善に繋がります。 インスタント食品やスナック菓子などは糖や脂質が多く含まれており栄養バランスが偏ってしまうので食べ過ぎには気をつけましょう。 できるだけ手作りを心がけることで栄養バランスも整いやすいです。 また、生理中は精神的にイライラしやすいので甘いものを食べたくなると思います。 そんなときは砂糖ではないおにぎりやお煎餅といった糖質類をゆっくり食べることで気持ちが落ち着きますよ! 朝ごはんをしっかり食べよう! 昔から朝ごはんをしっかり食べることは肥満や糖尿病などの予防に繋がり、健康な体を作る生活習慣の基本として進められていますが、生理痛にもとても効果的なんです。 朝ごはんをしっかり食べないと身体の体温が上がらず、生理痛の原因の一つである「冷え」に繋がるので朝ごはんは日頃からしっかりたべるという習慣を作ったほうがいいですね。 どうして朝ごはんを抜くと体温が上がらないのか? 食事と摂ると口や胃、腸など体全体の内臓が運動を始めるため、寝ていた時に下がってしまった体温を温めてくれます。 また、朝食で上がった体温はお昼まで維持できるのです。 朝食を抜いた人でも動けばそれなりに体温は上がりますが、エネルギーや栄養が足りていないので体温を維持することができません。 低体温のまま日中過ごすと身体に「冷え」を感じやすくするだけでなく、「眠気」「倦怠感」といった体調不良が現れやすくなるのです。 朝ごはんを食べることは一日の体温上昇にはとても大切なことといえます。 朝ごはんを簡単に済ませたいという人は多く、炭水化物やタンパク質だけになりがちですが、ヨーグルトやフルーツ、野菜を取り入れるとバランスいい栄養を摂ることができるのでホルモンバランスも整い、生理痛改善に効果的です。 常温で食べよう! 身体は食べたものを胃の中で身体と同じくらいの温度にする働きをします。 冷たい食べ物を食べた場合、体内で温度を上げなくてはいけないため身体に負担をかけやすく、身体の内側から体温を下げてしまうので生理痛悪化に繋がります。 そのため果物など常温保存が可能な食材は、できるだけ常温で食べるようにしましょう。 体に負担をかけずに済み、生理痛を軽くすることができます。 生理中におすすめのメニュー3選! 鶏肉のハニージンジャーソテー 高タンパク質の鶏肉と加熱した生姜を使用することで身体を温める効果のあるメニューです。 りんごとたまねぎドレッシング 玉ねぎに含まれる、体を温める「アリシン」はとても熱に弱いです。 生の玉ねぎをすりおろすことで身体を温める効果を存分に発揮するのでドレッシングがおすすめです。 またりんごには血行促進につながるクエン酸が豊富なため身体を温める効果が期待できます。 生理中に食べる食べ物は基本的には身体を暖めるものを積極的に摂るといいですね。 すべて覚えるのは大変だと思うので、覚えやすく、手軽に料理や飲み物などに加えられる「生姜」がからチャレンジしてみるといいかもしれません。 すりおろし生姜がチューブで販売されているのでいつでも始められますよね。 また加工食品を食べるよりも、食事を手作りにすることで食材や調味料などを調整できるので、できるだけ手作りを心がけるようにしましょう。 外食をする場合などは、マグネシウムやビタミン、身体を温める食材などを選ぶといいです。 上記で紹介した「りんごとたまねぎドレッシング」を小さめの瓶などで持ち歩けばいつでも食べられるのでオススメです! 朝ごはんをしっかり食べることや食材を常温で食べること、栄養バランスを考えて食事をする事も生理痛予防や改善には大切です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

生理痛を和らげるおすすめの食べ物・飲み物は?

生理痛を和らげる飲み物

生理痛を和らげるために、食生活で気をつけることは? 生理痛の緩和に効果的な栄養素として 鉄分などのミネラル、イソフラボン、ビタミンなどがあります。 ただし、食事で生理痛を和らげるためにはそれらだけを摂ればよいというわけではありません。 有効な栄養素を意識して取り入れながら、様々な栄養素が含まれた食材をバランスよく食べるようにしましょう。 生理痛を和らげる、おすすめの食べ物は? ここでは生理痛を緩和する効果のある食べ物を3つご紹介します。 いずれの栄養素も摂りすぎは体に良くないため、摂取目安は守るようにしてください。 プルーン プルーンは 鉄分が豊富なため、めまいや貧血などの症状の改善が期待できます。 また、プルーンに含まれるビタミンB群やカロチンなどのビタミンは自律神経を整えて血液を循環しやすくし、冷えを予防します。 そのため、生理痛だけでなくPMS(月経前症候群)の症状の緩和にも効果的です。 豆乳、豆腐などの大豆製品 大豆に含まれる イソフラボンは女性ホルモンのひとつエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをするので、ホルモンバランスを整える働きが期待されています。 ただし、摂取しすぎると生理痛が悪化することもあるため、1日の摂取量の目安は300ml程に収めるようにしましょう。 グレープフルーツ グレープフルーツに含まれる ビタミンCと クエン酸には鉄分、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルの吸収を良くする働きがあり、生理時の貧血やイライラを防ぐ効果が期待できます。 また、グレープフルーツは血栓予防にも使われるほど血流を良くするため、冷えの予防にも効果があるとされています。 生理痛を和らげる、おすすめの飲み物は? 生理痛を和らげる代表的な飲み物にはココアやハーブティーなどがあります。 それぞれの効果や生理痛緩和に効く理由について詳しく見ていきましょう。 ココア ココアに含まれている マグネシウムには、血行促進効果と自律神経を整えてイライラを抑える効果があるとされています。 また、鉄分の吸収率を高めるという特徴もあり、生理中に起こりやすい貧血の予防も望めます。 ハーブティー ハーブには様々な効能があるため、 ホルモンバランスの調整、冷えの改善、血行促進、ストレス軽減など、多数の生理痛緩和効果があると期待されています。 生理痛を悪化させる可能性がある食べ物・飲み物は? 生理痛を軽減する食べ物・飲み物がある一方で、反対に生理痛を悪化させる原因と考えられているものもあります。 ここでは、生理痛を悪化させる可能性がある食べ物・飲み物をご紹介します。 コーヒー、コーラなどカフェインが多いもの カフェインは血管を収縮させるため、体を冷えやすくしてしまいます。 生理中はもちろん普段から1日に飲むコーヒーの量を減らすなど、摂取量を少なくしていきましょう。 代わりにノンカフェインのコーヒーを選ぶのもおすすめです。 おわりに:食生活を改善して、生理痛を和らげよう 栄養が偏った不規則な食生活は、生理痛や症状をさらに悪化させる原因です。 上記でご紹介した生理痛緩和に効果のある食べ物や飲み物などを活用し、痛みを少しでもラクにしていきましょう。

次の

【医師監修】生理痛を和らげる飲み物

生理痛を和らげる飲み物

生理痛の改善は食生活から 生理痛は普段の食生活で緩和することができます。 生理痛が起こる原因の一つは、血行が悪くなり体が冷えていることにあります。 生理痛を軽くするためにも体を温めて血行を良くすることはとても大切です。 血行をよくするために運動やお風呂も効果的ですが、食事の改善も役立ちます。 また、生理痛は便秘やホルモンバランスの乱れといった肉体的な原因、生理への不安・憂うつな気持ちなど精神的な原因によって引き起こされる場合もあります。 肉体的な原因も精神的な原因も食べ物の改善によって和らげることが可能です。 しかし、食べ物はいい効果だけではなく反対に生理痛の原因になっている可能性もあります。 食べ物の中には体温を上げるものや下げるものがあり、普段気にせずに食べているものが生理痛の原因になっているかもしれません。 生理痛に良い食べ物・悪い食べ物を確認しましょう。 生理痛を和らげる食べ物 生理痛は体の冷えが原因となって現れるので、体を温める作用がある食べ物を選ぶことが大切です。 次のような食べ物には体を温める作用があります。 生理が始まる前から意識的に摂ると良いでしょう。 また、食物繊維が豊富な根菜類は便秘の解消にも効果的です。 ・しょうが ・ねぎ ・玉ねぎ ・大豆、豆腐 ・にんじん、だいこんなどの根菜類 効果的な食べ方 熱を通す調理法は、食材の体を温める作用をより強くしてくれます。 炒める・茹でる・油で揚げるなど、調理の温度が高いほど効果が高いので、なるべく温度の高い調理法を選びましょう。 スープやジュースなどもできるだけ温めて飲むことをおすすめします。 また、食材は旬の時期に食べることで体を温める効果がより期待できます。 次の表を参考に、季節に合ったものを食べるようにすると良いでしょう。 春 玉ねぎ、菜の花、ふき、三つ葉など 夏 いんげん、かぼちゃ、にら、にんにく、桃、ウナギなど 秋 栗、くるみ、しょうが、イワシ、カツオなど 冬 かぶ、小松菜、ねぎ、山芋、エビ、ブリ、マグロなど 生理痛のときに摂取したい成分 生理痛は「たんぱく質」・「鉄」・「EPA」・「ビタミンB群」の栄養素を摂ることでも和らげることができます。 たんぱく質・鉄はホルモンや血液を作り、EPAは子宮の収縮を抑えて生理痛を和らげます。 また、ビタミンB群は不安・憂うつ・イライラといった気分を落ち着ける効果があります。 生理になるとレバーをたくさん食べるという方もいるかもしれませんが、レバーや肉類ばかりではかえって痛みを悪化させる可能性があります。 1日1食はEPAが豊富なサバやマグロなどの魚を食べるようにしましょう。 生理痛を和らげる成分と食べ物 たんぱく質 納豆や豆腐などの大豆製品、ヨーグルト 鉄 牛や豚などのレバー EPA カツオやマグロなどの魚類 ビタミンB群 アーモンドやピスタチオ、くるみなどのナッツ類 生理痛を和らげる飲み物 生理痛を和らげるには、体を温めるために温かいものを飲みましょう。 白湯のほか、しょうが湯やハーブティーがおすすめです。 しょうが湯は体を温める効果が高く、ハーブティーは生理への不安・憂うつな気持ちを和らげるので精神的な部分からくる痛みを和らげる効果が期待できます。 好きな香りのハーブで気分を落ち着け、生理に対するマイナスな感情を取り去りましょう。 ハーブの種類と効果 ジャーマンカモミール 貧血・冷え・生理痛 パッションフラワー 憂うつな気持ち・不安な気持ち ラズベリーリーフ 貧血・生理痛 アンジェリカ 生理痛・冷え 体を温めるしょうが湯の作り方 しょうがの辛みの元となるジンゲロールという成分は、加熱することでショウガオールという成分に変性します。 ショウガオールには血行をよくし体を温める作用があるので、生理痛の緩和に期待できます。 しょうがはそのままだと辛みがあって食べづらいので、しょうが湯にして飲んでみてはいかがでしょうか。 【材料(2杯分)】 ・おろしたしょうが(チューブでもOK):大さじ1杯 ・お湯:300mL ・ハチミツ:大さじ2杯 ・水溶きかたくり粉:少量 【作り方】 ・沸騰したお湯にハチミツを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけます ・おろしたしょうがを加えたら完成です。 湯のみなどに注いで召し上がってください 辛くて飲みづらい場合には、ハチミツをさらに加えて飲みやすいように味を調整してください。 しょうがが苦手な人は、お湯の代わりにホットミルクにしょうがを溶かすと飲みやすくなるのでおすすめです。 生理痛に悪影響がある食べ物・飲み物 体を冷やすような食べ物は、生理痛を悪化させる可能性があります。 次のような食べ物は体温を下げたり、痛みが現れやすくなったりするので、量を減らすなどしてなるべく控えるようにしましょう。 ・ケーキやお菓子など、白砂糖を使っている食べ物 ・脂肪の多い肉類 ・冷製スープなどの冷たい食べ物 季節ごとの体を冷やす食べ物 季節ごとの旬の食べ物の中には体を冷やす作用を持つものもあります。 生理痛がひどい場合は次のような食べ物を控えましょう。 春 グリーンアスパラ、せり、ぜんまい、たけのこ、いちご、アサリなど 夏 枝豆、オクラ、きゅうり、ゴーヤ、トマト、なす、シジミなど 秋 梨、柿、アサリなど 冬 ごぼう、だいこん、れんこん、キウイ、みかん、シジミ、カキ、タコなど 生理痛に悪影響がある飲み物 カフェインなど体温を下げやすい成分を含んでいる飲み物は、摂りすぎないよう注意しましょう。 ・コーヒー ・日本茶 ・紅茶 ・アルコール 大事なのは栄養バランス 生理痛を和らげるために、何より大事なのは栄養バランスを整えることです。 生理痛に悪影響がある食べ物でも、まったく摂らないようにすれば良いというわけではありません。 体温を下げやすい食品より、体温を上げやすい食品を多めに摂るなど、栄養バランスと体温の調節に気を使った食生活を心がけましょう。 また、甘いものが好きな方は無理にケーキ・お菓子などを我慢すると、かえってストレスとなり生理痛を促してしまう可能性があります。 好きなものは無理に我慢せず適度に食べるなど、ストレスを減らしたり溜めないようにすることも大切です。 すぐに改善したい場合は市販薬も検討を つらい生理痛をすぐにでも和らげたい場合は、市販薬の活用も大切です。 近年では生理痛専門に開発された市販薬も販売されています。 市販薬について詳しくは関連記事をごらんください。

次の