と ある if 異 能 決戦。 オティヌスとは (オティヌスとは) [単語記事]

美能幸三

と ある if 異 能 決戦

現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。 これにより、人類は太陽系外部へと進出し、銀河を探索できるようになった。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。 彼を囲むのは金髪巨乳のギルド受付嬢。 黒髪オデコちゃんの凄腕門番衛士。 そしてなにやら得体の知れない赤毛の妖怪……いや、エルフ? そんな三人にあれやこれやと世話を焼かれて。 アキラは異世界の街で、冒険者として『普通』に生きて行く。 魔王を倒すわけでもなく、王国を興すわけでもなく。 街に住む者の一人として、自分にできることを探して暮らしている。 他愛のない、だけどかけがえのない日々を紡ぎながら。 彼が暮らすのは、ラウツカと言う名の街。 白く大きな城壁と、実り豊かな海を持った、どこにでもある素敵な港町。 街の住人とアキラの日々が、ここから始まる。 登場人物紹介 ()内は愛称 東山暁(アキラ) 1984年生まれ、26歳の日本人、とぼけているが仕事ぶりは真面目 エリザベス・ヨハンセン(リズ) 1999年生まれ、20歳のアメリカ人、巨乳受付嬢 ウォン・シャンフェイ(フェイ) 1345年生まれ、24歳の中華人、武術の達人 ルーレイラ(ルー) 年齢200歳を超える赤エルフ、博識だけど酒癖が…… クロス・クロルデン(クロ) 白毛の狼系獣人、もふもふ担当 ロリータ・ラブシック(エルツー) 18歳の並人(ノーマ)の魔法使い、ロリ担当 ウィトコ 本名、生年月日不明、ネイティブ・アメリカン、スー族の転移冒険者 ドラクール・ブラッドスピア(ドラック) 竜族獣人(リザードマン)の屈強な男 リロイ・ジャックウェル(リロイ) ラウツカ市ギルド支部長のイケダンディー 大河内虎四朗(コシロー) 1843年生まれ、日本出身の転移者で攘夷の志士、最後の侍.

次の

頼政 よりまさ

と ある if 異 能 決戦

この記事は、「」の を含んでいます。 了承した方のみで突っ走ってください。 超能力 とある魔術の禁書目録 とは、『』やその作品『』に登場する、特殊なである。 概要 では「記憶術」や「暗記術」という名での研究を行っており、外部から素質があるとされた達を集め、としての開発を行っている。 いわゆる作品に登場する「」と考えて差し支えないが、では的に「 人工的に後開させた才」としては扱われている。 的に先開された才は「 」と呼ばれる。 言ってしまえばは「人工原石」となる。 な手段は物・・刺などを利用した開発。 豊山いわく「 思期の心性と物作用を網羅した常誘発方式」。 その昔がシアに創設した「テレマ僧院」で行われていた事と共通点が多く 、やはにとってはまさに「テレマの再来」と言える。 そもそもが「原制御」で切り分ける前のは「統一した」で説明可だったらしく、実際のところ とには確たる界がない。 は、「」が作り自身が訂したとの間には、限に等しいグラデーションが横たわっているとも表現している。 なおという名称は、「」とされる規模のを持つに至った者のみが得られる 後述。 自分だけの現実 パーソナルリアリティ 「 自分だけの 」と呼ばれる、個々の持つ感覚をし認識する事で、はを持って方向性を定める。 要は発火者や精感応者など、個人個人のの「 種類」を定めるもの。 その為、「一人が持てるの種類は一種のみ」である。 加えて個人のによる演算の精度の高さによって、の「 強弱」も定まっていく。 自分だけのはに宿るというが、のどこに宿るかまでは判明していない。 この為、の暗部は置き去りにされた「ルド」を被検体にして「自分だけのが宿る場所」を研究している。 この研究をという。 では被の・体を切り分ける等、非人的なが行われていた。 そこまでして分かったのは「 霊魂と呼ぶべき何かが宿った体そのものにが宿る」という事だった。 また、 体が小さくなればの出が落ちる事も判明している。 強度 レベル 単純に数字が増える程強で、作中で用いられている段階は6段階。 下記のような区分であるが、3と4の間には大きなが存在するとされている。 名称 強度 詳細 者 0 が微小過ぎて、いに等しいされる 低者 1 を曲げる程度で、では役に立たない 異者 2 実際には1と同じく、やはりでは役に立たない 強者 3 生活において、実用的で「便利」と感じられる 大者 4 軍隊において、戦術的価値を得られる程の 単独で軍隊と戦える程の 注意として、0というのは全な常人ではなく、の開発そのものは受けているで、厳密には者である。 ただし、が弱すぎて測定してもほとんど効果が見られない為、の身体検 後述 では者扱いにカテゴラされる事になる。 万人の内、は8割、更にその6割が0である。 次いで多いのは1。 論が上がる程、その数は減っていき、最高のは僅か7名となっている。 なお、の7名には序列があり、そちらの詳細は を参照。 絶対能力者 レベル6 「の先にあるもの」とされ、上だけ存在している。 未だにした例はない。 「 ならぬ身にて上の意思に辿り着くもの 」というに置ける開発の到達点とされるが、厳密に言えば絶対者すらに至る一環に過ぎない。 の中でも序列第の、のみがこの領域に辿りつけるとされ、彼を中枢に据えた「者計画 オけいかく 」などが実行されたが、失敗に終わっている。 統括理事長であるによると、14巻以降の度であれば、・・をにすれば、6には辿りつけるらしい。 しかし…。 神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの SYSTEM がすのは「絶対の、その先にあるもの」であるらしく、前述の手段は結局取られてはいない。 その為には、引いてはをに招き入れた。 というか、自体が全てを基準にして作られたらしい。 から「」の事を聞いたは、ラ思想の「ソフオ、ソフ、」や「」を連想している。 また、のがしている、がの意志に覚めてと化す「 ホルスの時代」 テレマ思想 とも共通点が見られ、旧約巻での計画の着地点であることが判明した。 関連用語 AIM拡散力場 は "An Invuy m" 自覚 の略で、者全てが持ち、意識に発している微弱な場の事をす。 場が相互干渉を行った結果「 学区・五行」と呼ばれるの存在も確認されている。 研究と運行、また「学区・五行」やヒューズ=カザキリの発現にも必要とされるこれらのは、0でも持ち得ている。 が彼らを飼い殺しにするのはこの理由の為である。 身体検査 システムスキャン のを測定 定 するで、定期的に受けることが義務付けられている。 あくまで安であるが、調べるのはの適正、伸びやすさ、の種類、のなど。 多重能力者 デュアルスキル 2種類以上のを持つ者のこと。 上とされており、実際には研究は滞っている様子。 『』においてがを利用して、的にこのをした「 多才者 」となっている。 ののがに至った場合、多重者の研究は的な視野に踏み込める事になるらしい。 素養格付 パラメータリスト のに対して密かに行われていた、者としての素養調結果をまとめた。 身体検のような安とは異なりその精度は高く、であるですらも、幼い頃既に高い素養が既に予見されていた。 これによってカュも大きく左右され、始めから「 より素養のある者が優先で、複雑で高度な開発を受けられる」ように設定がされる。 多くのにとって受け入れがたく、者にとってはもはやのような代物。 もしこの表に出た場合、達をと気に追いやり、の機も停止するでの影も視できない。 その為、上層部は厳重にこれを保管・管理している。 はの一つ を入手しており、においてのの保全と、の安全の為の交渉として用いた。 しかしを襲った大熱波の影でが故障した為、 化したと直接交渉を行い、条件付きで身の周りの安全が保される事となる。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 物のことだが、は性・ジー・にも寛容なド野郎である。 で行われていたかは不明だが、まぁ色々やってるみたいなので察して欲しい。

次の

と ある if 異 能 決戦

旧題:異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される とあるところに勇者6人のパーティがいました 剛剣の勇者 静寂の勇者 城砦の勇者 火炎の勇者 御門の勇者 解体の勇者 最後の解体の勇者は訳の分からない神様に呼ばれてこの世界へと来た者であり取り立てて特徴らしき特徴などありません。 ただひたすら倒したモンスターを解体するだけしかしません。 料理などをするのも彼だけです。 ある日パーティ全員からパーティへの永久追放を受けてしまい勇者の称号も失い一人ギルドに戻り最初からの出直しをします 本人はまったく気づいていませんでしたが他の勇者などちょっとばかり煽てられている頭馬鹿なだけの非常に残念な類なだけでした そして彼を追い出したことがいかに愚かであるのかを後になって気が付くことになります そしてユウキと呼ばれるこの人物はまったく自覚がありませんが様々な方面の超重要人物が自らが頭を下げてまでも、いくら大金を支払っても、いくらでも高待遇を約束してまでも傍におきたいと断言するほどの人物なのです。 そうして彼は自分の力で前を歩きだす。 1)発売のお知らせ: 『異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される』として 連載していた本作は、 『解体の勇者の成り上がり冒険譚』と改題し、 「6月初め」に書籍化することになりました。 2)購入のおすすめ: 主人公ユウキ、ヒロインのリフィーア、勇者のベルファストなど、 イラストレーターさまに描いていただきました! 魅力的に描いていただいておりますので、 書店で見かけましたら、ぜひ一度手にとっていただけますと幸いです。 とくに、ベルファストが「ざまあ」された際のイラストは必見です! 3)SSについて: 書店「とらのあな」でご購入いただくと購入者特典として 書き下ろしSSが付きます。 お近くに店舗がございましたら、ご購入をご検討くださいませ。 祝!書籍化! 感無量です。 今後とも応援よろしくお願いします。

次の