おっかない 語源。 東京方言まとめ|共通語だと思う人も多い方言を集めました

おっかない

おっかない 語源

この言葉が方言なのか、そしてそうだとしたら何弁なのか?については諸説あるとされています。 そのうちの一つの有力なものがこれを東北・北海道地域の方言であるとするものです。 この言葉は、基本的には西日本地域ではあまり使用されない言葉だとされています。 この西日本地域に住む人たちは、特にこの言葉を「北海道の方言」と認識する人が多いそうです。 この「おっかない」という言葉は、東京、しかも下町の江戸っ子が使用していた方言、いわゆる東京弁であるという説があります。 東京弁は、大きく「山の手言葉」と「下町言葉」に大別されますが、この「おっかない」は後者の方のどこか粋な響きを残した方言であると言われています。 この説は、元々は江戸であった東京を含む関東に住む人の間では広く認識されているもののようです。 おっかないが方言なのかの認識は地域によってそれぞれ違いがある 「おっかない」という言葉が方言なのか、そしてそれがどこの方言なのか?ということについては、先述した通り諸説あります。 どちらが正しいのか?というのはなかなか断言しにくいようで、北海道かまた東京・江戸かのどちらかが有力と覚えておくのが良いでしょう。 ちなみに、この言葉がどこの方言なのか?には諸説ありますが、この言葉の発音・訛りについてはその違いはありません。 基本的にはどこで発話されても同じアクセントで話される言葉だとして知られています。 方言おっかないの語源とは? 方言おっかないの語源とは古語の「おほけなし」が変化したもの 方言おっかないの語源とは、古語の「おほけなし」が変化したものだとされています。 この「古語」とは簡単に言うと、古い時代に人々が使用してきた言葉のことを指します。 この「おほけなし」という言葉は、古語で「身分不相応」「身の程知らず」「恐れ多い」という意味で使用されていました。 この言葉は長い時代を経るごとに変化を繰り返し、現在の形の「おっかない」という言葉に落ち着いたとされています。 また「おほけなし」の意味を見ると、「おほけ」が恐らく「身分、身の程」の意味で、「なし」が接尾語であることが分かります。 方言おっかないの語源の「おほけなし」は形が様々変化してきた 方言おっかないの語源の「おほけなし」は形が様々変化してきました。 その変化を詳しく見てみましょう。 まず、この言葉は「おっけなし」、「おっかなし」、「おっかない」と時を経るごとに変化してきたという説が有力なようです。 語源から見ていくとものすごく小さな変化に見えますが、初めは古語として使用されていた言葉の語源とその変化を見ていくと、私達が話す日本語という言葉の歴史と素晴らしさに感慨深い想いになります。 世界で一番習得が難しい言語の一つとされる日本語の奥の深さを知ることができますね。 これは、文字通り誰かや何かに「恐怖を感じる」という意味です。 ただ「怖い」という言葉で表現するときよりも、その恐ろしい感じが臨場感を持って伝わるニュアンスになります。 あたなの周りにも、常に何かにイライラしていて話しかけるといつもこちらが怒られてしまう、そんな人がいませんか?この意味は、まさにそんな人の様子を表すものです。 「おっかない」と「恐ろしい」の違いは? 「おっかない」と「恐ろしい」の意味の違いは基本的にはない 「おっかない」と「恐ろしい」の意味の違いは基本的にはありません。 どちらも「怖い」という意味を基本的に表し、日常生活でも使用されます。 「おっかない」の方が臨場感が伝わりやすい 「おっかない」と「恐ろしい」の意味の違いはありませんが、ニュアンス的には「おっかない」と表現した時の方が自分が感じている「恐怖」をより臨場感を持って伝えることが可能です。 」です。 この例文は、「あの人は怖いので相手にしないようにしよう」という意味です。 あなたの職場や学校にも、この例文のような怖い人がいませんか? こういうタイプの人は、自分の仲間になってくれると良いのですが、敵に回すと怖いので付き合う方は手を焼きますよね。 どう考えても「おっかない」人は慎重に扱うように心掛けていきましょう。 」です。 これは、「怖い場所には行かないように母に教えられている」という意味です。 」です。 これは、「あの店には怖い店主がいるので行きたくない」という意味です。 ここまで、各地で使用される「おっかない」の具体的な例文を挙げてきました。 下記関連記事内では、「遠慮のかたまり」という方言の意味や語源などに迫ります。 気になる方はぜひこちらの記事もチェックしてみてください。 これは、文字通り何かが「怖い様子」を表しています。 具体的な例文を挙げると、例えば「こんな恐ろしいことが起きるとは思ってもみなかった。 」などがあります。 この「恐ろしい」は、日常生活にもかなり浸透している汎用性の高い言葉だと言えます。 これも、標準語として広く認識されている言い換え表現です。 具体的な例文を挙げると、「彼は怖い想いをしたので大きな声を上げて泣いてしまった。 」などがあります。 この言葉は東京のみ成らず、あなたの地域でも日常的に使用されていることと思います。 この言葉は、先に出た「恐ろしい」という言葉の逆の言葉ということになります。 具体的には、「彼女は初の海外が全く恐ろしくないということに気づいた。 」などがあります。 ちなみに、「おっかなくない」という表現は誤用となりますので注意です。 これは、どこか相手を安心させるような恐ろしい感じのない雰囲気という意味の言葉です。 例文を挙げると、例えば「そのお店は非常に優しい雰囲気のあるお店っだった。 」などがあります。 例文のようなお店を利用するとこちらも安心した気持ちになれますよね。 あなたは、これが何弁なのか知っていますか?結論から言うと、これは関西は特に大阪で使用される大阪弁だとされています。 この言葉は、大阪では「捨てる」という意味で使用されます。 特に東京・江戸で使用されてきた言葉との違いを比べてみると興味深いですね。 この「ほおっておく」という大阪弁を使用した具体的な例文を挙げると、例えば「このゴミ、ついでにほおっておいてくれへん?」などがあります。 これは、「このゴミ、ついでに捨てておいてくれない?」という意味です。 響きも特に標準語とは違いがあっておもしろいですね。 この言葉、今まで耳にしたことがないという方も多いかもしれません。 この「いらち」は1つ目の例に引き続き、大阪弁として使用されています。 意味は「すぐいらいらしてしまう人や物」という意味です。 東京・江戸育ちの人は使用したことが一度もないかもしれません。 この大阪弁「いらち」という言葉を使用した例文を挙げると、例えば「彼女は相当ないらちなのでこちらも対応に困る。 」などがあります。 これは、「彼女はすごくすぐにいらいらする人物なので、対応に困ってしまう」という意味です。 このように、特に大阪弁はおもしろい響きの方言が豊富にあります。 この言葉は、先ほどの例に引き続き大阪弁かな?と思う方も多いかと思いますが、正解は「名古屋弁」です。 これは、名古屋では「すごく」という意味で使用されています。 具体的な例を挙げると、例えば「今日の天気はでれぇ良い。 」などがあり、これは「今日の天気はすごく良い」という意味になります。 特に標準語や江戸っ子の言葉である東京弁に慣れている方にはびっくりするような音の違いかもしれません。 それぞれの地域に方言の特性や違いがあっておもしろいですね。 「おっかない」という言葉の意味を覚えて日常生活にも活用していこう! 当記事では、「おっかない」という言葉の意味やその語源、「恐ろしい」などの類語について詳しくお伝えしてきました。 この言葉は、北海道の方言とする説や、江戸っ子言葉の東京弁であるとする説などがあることも学びました。 あなたもこの言葉を覚えてぜひ日常生活にも生かし、日々のコミュニケーションを楽しみましょう。 下記関連記事内では、当記事内の番外編では紹介しきれなかった「こしょばい」「こそばい」などのおもしろい方言を分かりやすくまとめています。 意外と知らない方言の秘密や、標準語・江戸っ子言葉の東京弁との違いも分かっておもしろいですよ。 気になる方は、下記記事内容も合わせてぜひチェックしてみてください。

次の

ならず者の意味とは?漢字は破落戸?不成者?語源(由来)/類語/英語も!

おっかない 語源

東京と聞けば、方言がないように思っている人もいるかもしれません。 しかし、日本で最大の都会であっても方言はあるのです。 今回は東京方言についてのさまざまなことを紹介します。 東京方言とは こちらでは東京弁について集めてみました。 どの地域で話されているのか、ルーツはどこなのかなども合わせて紹介します。 江戸と東京で使われてきた方言 東京方言は江戸と東京で使われてきた方言です。 日本語の方言である山の手言葉と江戸言葉が含まれます。 ちばみに共通語や標準語は山の手の中流階級層の言葉を元に作られたと言われています。 江戸時代に全国から集まった商人の話し言葉がルーツ 東京方言は江戸と東京で使われていた言葉ですが、江戸時代に全国から集まった商人の話ことばがルーツだと言われています。 江戸言葉と山の手言葉の2種類があった 元々東京方言には「山の手言葉」と「江戸言葉」の2種類がありましたが、いつの間にか東京方言としてひとつに数えられるようになりました。 一緒に数えられるようになっただけで、それぞれがなくなったわけではありません。 山の手言葉は上品で江戸言葉は荒々しい言葉が多い印象 山の手言葉と江戸言葉の違いは、口調です。 山の手言葉は中流階級層が標準語の基礎になっていると言われる通り、上品な口調です。 しかし、江戸言葉は荒々しい言葉が多い印象があります。 山の手言葉が日本の標準語の基準となった 先述したように、山の手言葉が日本の標準語の基準になっています。 これは山の手言葉の方が綺麗だったのもありますが、一般的な言葉だったからではないかと言われています。 東京方言の基本 こちらでは、東京方言の基本について集めました。 方言のイントネーションやアクセント、東京方言だからこその特徴などについても合わせて見てみてください。 東京方言のイントネーション 東京方言のイントネーションは、山の手言葉と江戸言葉で変わってきます。 山の手言葉はテレビのアナウンサーが話している言葉だと思ってください。 東京方言のアクセント 東京方言のアクセントとして、江戸言葉の場合は聞き慣れない言葉が多く出てきます。 そのため、東京方言に慣れていない人が聞くと「え?」となることが多いようです。 「オイ」と「アイ」が「エー」と発音することが多い 東京方言の特徴として「オイ」と「アイ」が「エー」と発音されることが多いようです。 例えば「甘い」は「あめえ」になります。 他にも「遅い」は「おせえ」や「行きたい」が「行きてえ」と「エー」で伸ばされるのです。 「ヒ」が「シ」に変化することが多い こちらも東京方言の特徴のひとつですが「ヒ」が「シ」に変化することがあります。 例えば「必然(ひつぜん)」が「しつぜん」になるのです。 定番の東京方言 江戸弁 20選 こちらでは東京方言で定番と言われている言葉を集めてみました。 ちなみに紹介するのは山の手言葉ではなく「江戸弁」の方です。 定番の東京方言1:切合 「切合」と書くと、少し物騒な雰囲気ですが「割り勘」の意味を持っています。 慣れていない人がいきなり「切合」と言われると少し驚いてしまいますよね。 【東京方言】切合 【標準語】割り勘• 「ここは切合で」(ここは割り勘で) 定番の東京方言2:見通 「見通」と聞くと「見通し」と勘違いする人もいますが、実はこの言葉は「薄毛」を意味します。 東京方言に慣れていない人は言われても気づかないかもしれませんが、人に向かって言う言葉ではないので注意しましょう。 【東京方言】見通 【標準語】薄毛• 「見通になってきた」(薄毛になってきた) 定番の東京方言3:相模女 女性に対して「相模女」と言うのは、はっきり言って侮辱になります。 なぜなら、女性を馬鹿にするような意味の言葉だからです。 【東京方言】相模女 【標準語】貞操観念の薄い女性• 「あの人は相模女だ」(あの人は、貞操観念の薄い女性・浮気性だ) 定番の東京方言4:曽我 「曽我」という言葉もありますが、これも人に対して言う言葉ではありません。 【東京方言】曽我 【標準語】貧乏人• 「あいつは曽我だ」(あいつは貧乏人だ) 定番の東京方言5:ちょうらかす 「ちょうらかす」は明るい言葉に見えるかもしれませんが、意味としては「からから」というものです。 【東京方言】ちょうらかす 【標準語】からかう• 「ちょうらかすんじゃない」(からかうんじゃない) 定番の東京方言6:べらぼうめぇ 「べらぼうめぇ」は時代劇などで使われていることもあり、比較的言葉を知っている人は多いでしょう。 ただ、正確な意味を知っていますか? 【東京方言】べらぼうめぇ 【標準語】馬鹿野郎• 「べらぼうめぇ、当たり前だ」(馬鹿野郎、当たり前だ) 定番の東京方言7:痛やの玉霰 「痛やの玉霰(いたやのたまあられ)」は「痛い」という意味を持っています。 本来の言葉よりも難しくなっているのは方言の中であるあるですね。 【東京方言】痛やの玉霰 【標準語】痛い• 「こいつは痛やの玉霰」(これは痛い) 定番の東京方言8:景清 「景清(かげきよ)」は人の名前のように思えますが「悪い人」を意味するので、良い意味ではありません。 【東京方言】景清 【標準語】悪い人• 「あいつは景清だ」(あいつは悪い人だ) 定番の東京方言9:てやんでい 「てやんでい」も江戸っ子口調としては定番と言ってもいいですよね。 でも「てやんでぃ」の言葉は知っていても意味まで知っている人は意外と少数派のようです。 【東京方言】てやんでい 【標準語】何言ってるんだ• 「てやんでい、馬鹿言うんじゃない」(何言ってるんだ、馬鹿言うんじゃない) 定番の東京方言10:赤目引張る 「赤目引張る」は「やっきになる」という意味になります。 必死になって周囲が見えなくなる状態ってありますよね。 その状態のことを指しているようです。 【東京方言】赤目引張る 【標準語】やっきになる• 「赤目引張ってしまう」(やっきになってしまう) 定番の東京方言11:あたぼうよ 「あたぼうよ」も時代劇などでよく使われている言葉です。 しかし、こちらも言葉は知っていても意味まで知っている人は少ないようですね。 【東京方言】あたぼうよ 【標準語】当たり前です• 「そんなの、あたぼうよ」(そんなの、当たり前です) 定番の東京方言12:甚助 「甚助」は人の名前のように見えますが、実は「エッチな人・やきもちを妬く人」という意味があります。 【東京方言】甚助 【標準語】エッチな人・やきもちを妬く人• 「もう、甚助なんだから」 (もう、エッチな人なんだから) 定番の東京方言13:清盛さん 東京方言の特徴として、人の名前に似た方言が多いことです。 この「清盛さん」も人の名前なのですが「熱くなっている」という意味を持っています。 【東京方言】清盛さん 【標準語】熱くなっている• 「(高熱な子供に対して)清盛さんだ」(熱くなっている) 定番の東京方言14:もうせん 「もうせん」は他の地域の方言だと「もうしない」という意味になりますが、東京方言の場合は「ずっと前」になります。 【東京方言】もうせん 【標準語】ずっと前• 「もうせんから知ってるよ」(ずっと前から知っているよ) 定番の東京方言15:郷在者 「郷在者」という言葉は「地方出身者」を意味します。 深く考えない人もいますが、人によっては蔑称として受け止めてしまう人もいるので気をつけましょう。 【東京方言】郷在者 【標準語】地方出身者• 「僕たち郷在者だから」(僕たちは地方出身者だから) 定番の東京方言16:しんぺえすんな 「しんぺえすんな」は何となく分かる人もいるのではないでしょうか。 予想している通り「心配するな」という意味を持っています。 【東京方言】しんぺえすんな 【標準語】心配するな• 「何とかするから、しんぺえすんな」(何とかするから、心配するな) 定番の東京方言17:がた光 「がた光」と言われて、何を連想しますか?実は「がた光」の意味は「竹光」なのです。 【東京方言】がた光 【標準語】竹光• 「がた光とって」(竹光とって) 定番の東京方言18:大事無い 「大事無い」は東京方言だけではなく、他の地域でも使われている言葉なので、知っている人も多いでしょう。 【東京方言】大事無い 【標準語】問題無い• 「今のところは大事無い」(今のところは問題ない) 定番の東京方言19:しゃっこい 「しゃっこい」は「しゃっくり」を意味する地方もありますが、東京方言では「冷たい」を表します。 【東京方言】しゃっこい 【標準語】冷たい• 「しゃっこい飲み物」(冷たい飲み物) 定番の東京方言20:麻殻婆 こちらも蔑称発言になりますが「麻殻婆」というものです。 これを言ってしまうのは人としてどうなのだろうという疑問点を残してしまいます。 【東京方言】麻殻婆 【標準語】死に損ないのおばあさん• 「麻殻婆だから」(死にぞこないのおばあさんだから) 共通語と思い込んでる人も多い東京方言 こちらでは、共通語と思いこんでいる人も多い東京方言について集めてみました。 しょっぱな 「しょっぱな」という言葉は比較的日常会話の中でよく出てきます。 しかし、これが東京方言だと言うことに気づいていない人も多いようです。 【東京方言】しょっぱな 【標準語】最初から• 「しょっぱなでビールを飲む」(最初からビールを飲む) おっかない 「おっかない」は標準語だと思っている人も多いのではないでしょうか? 実はこの「おっかない」は東京方言なのです。 【東京方言】おっかない 【標準語】恐ろしい・怖い• 「暗いところはおっかない」(暗いところは怖い) しょっぱい 「しょっぱい」も日常会話の中でよく使う言葉ですが、東京方言だと知っている人はごく一部でしょう。 【東京方言】しょっぱい 【標準語】塩辛い• 「このスープはしょっぱい」(このスープは塩辛い) かたす 「片づける」ことを「かたす」と言いますが、こちらも東京方言のようです。 意外と知らずに全国で使っている人も多いのではないでしょうか。 【東京方言】かたす 【標準語】片付ける• 「かたしておいて」(片づけておいて) おっこっちゃった 「おっこっちゃった」は「落としてしまった」ですが、子供などがよく言う言葉です。 しかし、これも始まりは東京方言からだったようですね。 【東京方言】おっこっちゃった 【標準語】落としてしまった• 「財布おっこっちゃった」(財布を落としてしまった) おいら 「おいら」は意外と知っている人もいるかもしれませんが、東京方言です。 時代劇などでも「おいら」と言っている人が多いので、そういった面から見ても東京方言であることは間違いないのでしょう。 【東京方言】おいら 【標準語】私• 「おいらは」(私は).

次の

東京方言まとめ|共通語だと思う人も多い方言を集めました

おっかない 語源

「おっかない」とは? 「おっかない」の意味と使い方について紹介します。 意味 「おっかない」 「おっかない」は、 「恐怖を感じる」 「相手が怒られそうな雰囲気をしている」という意味です。 概要 「おっかない」は形容詞で、 「彼女はおっかない」と語尾にそのまま使ったり、 「おっかない人」と名詞を修飾して使ったり、副詞として 「おっかなくて」と使ったりします。 「おっかない」は、 「怖い」と同義語ですが、ニュアンス的にカジュアルな雰囲気があり、親しみを感じる相手に対して使う表現です。 語源は、古語の 「おほけなし」という言葉が変化したもので 「身分不相応」 「身の程知らず」という意味があります。 「怖い」とは? 「怖い」の意味と使い方について紹介します。 意味 「怖い」は 「こわい」と読み、 「近寄ると危害を加えられそうで不安な様子」 「不吉なことが起こりそうで近寄りたくない」 「そのものごとにかかわり合いたくなくて避けたい気持ち」という意味です。 概要 「怖い」は形容詞で、 「お化けが怖い」と語尾にそのまま使ったり、 「怖い思い出」など名詞を修飾して使います。 副詞として使う時には 「怖くて」になり、名詞形は 「怖さ」です。 「怖い」は、幽霊や超自然現象など、目に見えないけれども恐怖を感じる時に使います。 その人だけが感じる主観的なものであり、他人が同じ様に感じるとは限りません。 「おっかない」よりもストレートではっきりとした表現です。 「おっかない」と「怖い」の違い! 「おっかない」と 「怖い」は同義語で、違いは以下の通りです。 「おおかない」は、響きが柔らかく、相手に対して親しみを感じる表現です。 「怖い」は、ストレートで主観的に感じたことをそのまま述べています。 まとめ 「おっかない」と 「怖い」は同じ意味ですが、相手に対する親近感が違います。 人に使う時には 「おっかない」の方が、柔らかい表現になります。

次の