ウデナフィル 通販。 ズデナ100mg通販 ウデナフィル(サイデナのジェネリック)送料無料 / MED

ザイデナ(ウデナフィル)系 / 薬通販・ジェネリック医薬品個人輸入代行のお薬堂

ウデナフィル 通販

ズデナ100通販:ウデナフィル含有ザイデナジェネリック ズデナ100の通販価格は1錠995円!最大33%割引き サンライズレメディース社製のズデナ100mg正規品は、1箱4錠入りで3,980円からオンライン購入できます。 1錠の単価は995円です。 ズデナ100mgの購入価格は、2箱以上をまとめて注文することで割引きされます。 7箱 28錠)までならズデナ100mgはまとめて注文でき、注文数が多くなるほど割引率は高くなります。 7箱を注文した場合だと1錠あたりの価格は665円(33%)まで割引きされます。 ズデナ100の効果・効能 ED治療のためにズデナ100を服用するのであれば、効果や効能について詳しく知っておくことが大切だと言えます。 これはザイデナのジェネリック医薬品なので、基本的な情報はザイデナと同じだと考えて良いです。 服用すると30分ほどで有効成分のウデナフィルが吸収され、効果があらわれるようになります。 ズデナ100を服用すれば12~20時間ほど薬効が持続するので、ゆっくり性行為を楽しむために十分な作用を得ることができます。 ウデナフィルは勃起に必要なcGMPという物質を分解してしまうPDE5の働きを阻害するという働きを持っています。 それによってcGMPが必要以上に分解されることなく、スムーズに勃起できるようになるというわけです。 PDE5が優位になると陰茎海綿体へ血液が送り込まれにくくなるのですが、この酵素の働きを邪魔するので陰茎海綿体に血液を送りやすくなり、勃起させることができます。 ズデナを飲む前には、どのような薬効が得られるのか理解した上で服用するようにしてください。 ズデナ100の飲み方 ズデナ100は性行為の30分前に1錠飲むことが推奨されており、1回には1錠までしか服用することができません。 飲めば飲むほど効果が強くなるというわけではないので、用法用量を守って安全な使い方をすることが大切だと言えます。 副作用が心配な人や1度使ったときに効き目が強いと感じた人などは、ピルカッターで半分に割って50mgだけ飲むことがおすすめです。 アジア人向きの有効成分ではありますが、人によっては強いと感じることがあるので注意してください。 一般的には性行為の30分前に服用するように推奨されていますが、人によっては効果があらわれるまでに1時間ほど必要となるケースもあるので、心配であれば1時間前には飲むことができるように調節しておきましょう。 飲むタイミングを間違うと性行為の際に効果が発揮されておらず困ったことになる可能性があります。 正しい飲み方を理解してからズデナ100を使用することが大切だと言えます。 ズデナ100の副作用と対処法 医薬品には副作用がつきものですが、ズデナ100を服用したときにもいくつかの症状があらわれることがあります。 主な症状は顔のほてりや頭痛、めまいや鼻づまり、目の充血などがあげられます。 これらは治療薬が効いている証拠であり、薬効が弱くなるとほてりなどの症状は消えるでしょう。 いずれも軽度の症状なので神経質になって心配する必要はないですが、薬効がなくなってもずっと症状がある場合は医師に相談することをおすすめします。 また、稀な症状として先ほどあげたものより重い症状が出ることがありますが、これには急激な視力低下や4時間以上の痛みを伴う勃起などがあげられるでしょう。 こういった症状があらわれることは極めて稀だと言えます。 明らかな異常を感じる場合や不安がある場合は服用を中断して、ただちに医療機関に行くべきだと言えます。 放置すると取り返しのつかない問題に発展することもあるので、なるべく早く医師に診てもらうことが大切です。 ズデナ100の禁忌・注意事項 ズデナ100を服用するのであれば、禁忌や注意事項についてしっかりと理解を深めておくことが大切です。 まず、狭心症や心筋梗塞、心不全の治療を行っている人は使用することができません。 貧血や白血病、腎臓病や糖尿病患者の人は必ず医師に相談してから使用する必要があるので、独断で使用してはいけません。 併用禁忌薬にはニトログリセリンや亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの降圧剤や遮断剤があげられています。 これらを飲んでいる場合は服用できないと知っておく必要があります。 他にも、アミオダロン塩酸塩やリオシグアトが含まれる治療薬も併用禁忌薬に指定されているので、一緒に服用することがないようにしてください。 飲み合わせが悪い食べ物にはグレープフルーツがあり、これを一緒に摂取してしまうと薬の作用が増強される恐れがあります。 ひどい副作用や強い副作用が出る原因にもなるので、一緒に摂取するべきではありません。 グレープフルーツの果実だけではなく、果汁が入ったゼリーやジュースも避けるようにしてください。 アルコールを摂取することは可能ですが、この治療薬には血管拡張作用があるので、多量に飲酒するとアルコールの作用が強まって酔いを早くする可能性があります。 もともとお酒に弱い人や多量に服用した場合は、倒れてしまうなどの原因になるので気をつけましょう。 ズデナ100の禁忌や注意事項を守らなければ安全に使用することができないので、まずは正しい知識を持っておくことが大切だと言えます。 ズデナ100の口コミ・評判 効果があったという口コミ 40代 ズデナのオススメなところは効果が長時間に渡ってあるということです。 休みの日とか夜に飲んで次の朝とか昼とかでも続いてます! 30代 アジアで作られた成分だからアジア人に向いてるとネットで出ていて興味本位で購入。 やはりアジア以外の国との差があるのかな?いい感じだし安かったのでリピしたいです。 30代 他の薬とは違って良い部分が合わさってるとのことで買ってみたら意外に勃起力がすごくて自分に合ってると思いました。 効かないという口コミ 30代 悪いとは思わないが~それほど良い感じもしなかった。 期待しすぎだったのかもしれないけど、勃起する時間が長いのはいい。 でも起ちが弱い感じがしてる。 副作用があったという口コミ 硬さもあまり満足できなかったのにセックスのあとに少しめまいがあったので残念でした。

次の

ザイデナ(ウデナフィル)の効果|ユナイテッドクリニック京都四条烏丸院

ウデナフィル 通販

ズデナ ズデナは、ED(勃起不全)治療薬ザイデナのジェネリック医薬品として開発された医薬品です。 先発薬であるザイデナは2005年に韓国の東亞製薬が発売したED治療薬で、現在では韓国を中心にロシア、フィリピンなど数ヶ国で販売されています。 ズデナの有効成分ウデナフィルには、 EDの原因となるPDE5の働きを抑制する効果があります。 これによってcGMPが正常に作用し、スムーズに勃起するようになります。 お薬通販部では、100㎎の購入が可能となっています。 在庫あり• ズデナ 100mg 内容量 販売価格 ポイント 1錠単価 注文 4錠 2,640円 79 660円 カートに入れる 20錠 12,540円 376 627円 カートに入れる 40錠 23,760円 712 594円 カートに入れる ズデナの商品詳細 ズデナの特徴 ズデナは、ザイデナのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社サンライズレメディーズ社が販売しているED治療薬です。 有効成分ウデナフィルを含有するこの薬は、バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬と同じくPDE5阻害薬に分類され、cGMPが正常に作用し、スムーズに勃起する効果が見込めます。 ズデナは、 効果の持続時間が約12時間であること、食事の影響を受けにくいことなどが特徴としてあげられます。 先発薬がアジアで開発された経緯もあり、従来のED治療薬に比べて アジア人の身体になじみやすいED治療薬です。 ズデナの効果 ズデナの有効成分ウデナフィルは、勃起を鎮める酵素(PDE5 の過剰な分泌を抑え、陰茎海綿体への血流を改善させることで正常な勃起状態を維持させ、EDの症状を改善する効果を持ちます。 ズデナの作用時間 服用後30分前後にて効果が発現、 持続時間は約12時間となります。 体格や身体の大きさ、体調等により効果・効能には個人差が生じます。 ズデナの適応症状 ズデナは、ED 勃起不全 の症状を改善します。 ・EDを患っている方 ・服用後、すみやかに効果を実感したい方 ・勃起はするが途中で萎えてしまう方(中折れ) ・他剤の使用で副作用を強く感じていた方 ・年齢の影響などから勃起力が落ちてきたと感じている方 ・パートナーとの良好な関係を取り戻したい方 EDの症状について詳しくはこちら ズデナの有効成分 ズデナの有効成分ウデナフィルは、EDの原因になるPDE5の働きを抑制し、正常な勃起を促すPDE5阻害薬に分類されます。 ウデナフィルは血流改善効果も持つため、PDE5によるcGMPの分解を防ぐと同時に陰茎に十分な血液を流すことで十分な膨張と硬度を保ちます。 参考文献 ズデナ(ウデナフィル)について詳しくはこちら ズデナの含有量・内容量 1箱4錠入りとなっています。 ズデナ1錠あたりウデナフィル100mgを含有しています。 製薬会社 サンライズレメディーズ サンライズレメディーズは1995年にインドで設立された製薬会社です。 数多くのジェネリック医薬品を手掛け、世界各国に展開しています。 ED治療薬「アバナ」は日本の製薬会社が開発した成分を含有しており、アジア人向けといわれています。 製薬会社 ズデナの関連商品 他のED治療薬ジェネリック ズデナ以外のED治療薬です。 1回1錠とし、食事の有無にかかわらず服用することが可能です。 1日1回の服用にて、間隔は必ず24時間以上あけてください。 ズデナの推奨用量 推奨される有効成分ウデナフィルの1日の用量は100mgが目安となっています。 効き目が強く感じる、副作用が心配な初めて服用される方は、50mgの開始用量をおすすめします。 効果・作用までの時間は、個人差があります。 ご自身に合った用量・時間にて服用ください。 ズデナの服用時の注意 食事の影響 有効成分ウデナフィルは、バイアグラの成分とは異なり、即効性があり、食事の影響も受けにくいとされています。 しかしながら、カロリー摂取や脂質の摂りすぎは、薬本来の効果が出にくくなりますので、食べ過ぎには気をつけてください。 体内に吸収されやすいため、空腹時の服用をおすすめしています。 アルコールの影響 飲酒の影響を受けにくいといわれていますが、過度な飲酒は血管を拡張させ、普段より酔いやすくなり神経系も麻痺させることが考えられます。 また、ウデナフィルの血管拡張作用が過度になることで、適切なED改善効果が得られない可能性もあるため、適度な飲酒に抑えることをおすすめします。 ズデナの副作用 ズデナの主な副作用 主に血管拡張作用による、頭痛・ほてり・潮紅がみられます。 他には、めまい・視覚異常・胸痛・動悸・頻脈・鼻炎・消化不良があります。 服用により血管が拡がっている状態ですので、これらの症状はほとんどの場合、時間の経過とともに、緩和されます。 めまいや視覚障害が起きやすい方は、服用後の車の運転、高所での作業、機械の操作等は十分注意しましょう。 ズデナの稀な副作用 少数の発症事例ですが、持続勃起症(プリアピズム)という、4時間以上の勃起の延長が報告されています。 適切な処置が遅れると、機能を永続的に損なったり、陰茎組織の損傷に繋がります。 勃起が4時間以上続く場合は、すみやかに、かかりつけの医師、もしくは内科・泌尿器科・専門外来にて診察・診断を受けてください。 参考文献 ズデナ(ウデナフィル)の副作用について詳しくはこちら ズデナの使用上の注意 ズデナの服用に注意する人 次の人は、服用に注意する必要があります。 ・陰茎の構造に欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある人 ・血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある ・出血性疾患または消化性潰瘍のある人 ・CYP450 3A4阻害剤(ケトコナジョル、イトゥラコナジョル、エリスロマイシン)を使用している人 ・肝機能障害の人(GOT、GPTが正常上限値の3倍以上) ・腎機能障害の人(血中クレアチニンが2. ズデナの併用注意 併用を注意するものがあります。 ・グレープフルーツ(ジュースも含む)との併用は控えてください 薬の血中濃度を高まり、効果や副作用が強く出てしまうことがあります。 ・過度のアルコール摂取はお控えください 血管拡張効果がありますので、酔いが回りやすくなります。 飲酒は可能ですが、過度の飲酒は控えましょう。 ・カフェインでの服用はお控えください。 胃に負担が掛かり、胃痛が起こる場合があります。 過去に医薬品の使用にて、かゆみ、発疹などのアレルギー症状を発症した方は、服用前にかかりつけ医師にご相談をしてください。 ズデナを服用してはいけない人 次の人は、この薬を使用することはできません。 ・過去にズデナに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ・ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を使用している人 ・心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる人 ・最近 6 ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある人 ・肝臓に重い障害がある人、または腎臓に重い障害がある人 ・血液透析が必要な腎臓に障害のある人、低血圧の人、治療を受けていない高血圧の人、不安定狭心症の人 ・色素性乾皮症を含む、遺伝的な退行性網膜疾患のある人 ・アミオダロン塩酸塩など、QTc延長作用が増強する恐れのある薬を使用している人 ・HIVプロテアーゼ阻害剤(インジナビルなど)を使用している人 ・PDE5 阻害薬または他の勃起不全治療薬を使用している人 ・18歳以下の人 上記に該当する人が、この薬を使用することにより、副作用が強く出る場合があります。 ズデナの併用禁忌薬 この薬には併用してはいけない薬があります。 ・硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等) ・抗不整脈薬(アミオダロン塩酸塩等) ・PDE5 阻害薬または他の勃起不全治療薬 ・HIVプロテアーゼ阻害剤(インジナビルなど) 他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師にご相談してください。 冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。 ・子供の手の届かない所に保管してください。 誤って服用する可能性は避けましょう。 ・割った錠剤は、ラップで包み、密閉できる容器に保管することをおすすめします。 割った錠剤はコーティングが剥がれているため、湿気を帯びやすくなり、錠剤がボロボロに崩れる恐れがあります。 ・ピルケースでの保管をおすすめします。 ズデナの取り扱い上の注意 ・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください 効果が発現しない場合や、身体に影響をおよぼす恐れがあります。 ・他の薬剤との保管はお控えください。 成分の作用により、性質の変化や形状が変わる恐れがあります。 ズデナの商品情報 商品分類 医療用医薬品:ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。 ジェネリック医薬品について詳しくはこちら 形状・剤形 経口服用タイプの錠剤 対象性別 ED治療を目的とした成人男性 関連ページ どういう症状がED・勃起不全・インポテンツと言われるか、セルフチェックの方法、勃起の仕組みやEDの予兆、器質性・心因性・混合性などEDの原因、改善方法や予防策、治療方法、ED治療薬について総合的な説明をしています。 ED治療薬・勃起薬・精力剤の違い、効果作用、どんな人に合っているか、バイアグラなどED治療薬の種類、気になる副作用や注意事項、精力増強剤について、正しい飲み方、入手方法、自分に合った薬の選び方などを解説しています。 参考文献 このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。 お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。 医薬品情報サイト アメリカの国立バイオテクノロジー情報センターによる成分情報サイトです。 成分の概要から作用機序、構造式、分類など、より専門的な情報を閲覧できます。 作成日と変更日が記載されていて、新しい情報を常に確認できます。 アメリカ国立医学図書館が運用する、医学分野における代表的な文献情報のデータベースです。 世界中の雑誌に掲載された文献を検索することが可能で、その情報量は2,700万件以上にものぼります。 製薬会社サイト サンライズレメディーズは1995年にインドで設立された製薬会社です。 数多くのジェネリック医薬品を手掛け、世界各国に展開しています。 ED治療薬「アバナ」は日本の製薬会社が開発した成分を含有しており、アジア人向けといわれています。 行政機関サイト 生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。 医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。 梱包状態 差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。 発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。 不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。 外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。 梱包状態について詳しくはこちら 医薬品等の通販・個人輸入について 医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。 ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。 医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら• 参考文献 医薬品の個人輸入について詳しくはこちら.

次の

ザイデナジェネリック通販│効果・副作用・業界最安値│ネットのくすり屋さん

ウデナフィル 通販

ウデナフィルが体内に吸収されると、必要以上に多いPDE-5の働きを抑える事で、cGMP濃度を上げ、陰茎海綿体周囲の勃起をしやすい状態へと変化させます。 男性が性的興奮や物理的な刺激を受けると、十分なcGMP濃度を維持する事が出来るようになり、海綿体内の血管が広がり安い状態となります。 そこへ多くの血液が流れ込む事で、勃起促進・維持をする効果があります。 ウデナフィルを体に吸収させただけでは、勃起は起こりません。 強制的に勃起させる訳では無く、通常と同じ自然なメカニズムで勃起します。 脳が性的興奮を感じた際に、勃起がしやすくなる状態が作られる為、勃起促進効果があります。 ウデナフィルを飲むと、勃起がずっと続くという事はありませんので、ご安心下さい。 男性が性的刺激を感じると、脳から神経を通じて一酸化窒素が放出され、男性器内に「環状グアノシン一リン酸 cGMP 」という物質が増えます。 このcGMPが陰茎海綿体の筋肉を弛緩させ、普段は閉められている血管が緩み、陰茎海綿体に血液が流れ、陰茎内の圧力が上昇し勃起をします。 cGMPは勃起に欠かせない物質になり、男性器周辺に存在する「ホスホジエステラーゼ5型(PDE-5)」という勃起に対しての阻害酵素によって分解されその力を失ってしまうという特徴があります この酵素がないと、男性器はいつまでも勃起したままとなってしまいます。 勃起した状態では日常生活にも支障をきたしてしまう為、普段はこのPDE-5という酵素が勃起を抑制している状態です。 勃起を抑える仕組みとして、PDE-5がcGMPを分解してしまう事で、勃起を抑えます。 性的興奮を感じていない状態では、このPDE-5がcGMPを抑え込んでいる状態となり、勃起は起こりません。 メンタルや体調不良が原因となり、勃起を抑えるPDE-5が過剰に分泌されてしまた場合、これがEDと呼ばれる病気の状態となってしまいます。 服用後、約60分後に効果のピークを迎えます。 ピーク後、緩やかに効果が下がっていきます。 使用方法 ウデナフィルの成分量には【100mg】【200mg】と種類があります。 まだ国内認可が降りておらず、日本国内の病院で処方されていません。 ジェネリックには、ズデナがあります。 錠剤の場合、ピルカッターなどをご使用頂いてカットし、容量の調整が可能です。 ウデナフィル100mg~200mg適量調整を行って下さい。 ウデナフィルの服用は、1日1回までとなります。 追加で立て続けに何錠も服用できませんので、ご注意下さい。 ウデナフィルを飲んだ後は、次の服用まで24時間以上、間を空ける必要があります。 服用すると約12時間効果が持続します。 購入者の希望を伺い、医師の判断によって使う成分量が決められます。 但し65歳以上の高齢者の方や、肝障害のある方については、成分量の少ない1回50mgから始めた方が良いでしょう。 ウデナフィルは、性行為の約30分前に服用するのがベストです。 ウデナフィルは、効果のピークが服用後約60分程度で訪れ、時間の経過と共に低下していく為です。 ウデナフィルは食事の影響を受けづらいものにはなっていますが、全く受けない、というわけではありませんので過剰な摂取よりは、薬剤の吸収率が良い空腹時の服用が最も効果が発揮されます。 ED治療薬全般に言える事ですが、胃の内容物に含まれる油分が胃や腸の粘膜へ油膜を張ってしまうと成分の吸収率が悪くなってしまいますので、こちらもご注意ください。 吸収率が過度に悪くなると、効果が出るのが遅くなったり、その効果自体が消えてしまう場合があります。 ウデナフィルの錠剤は、水で服用する事を前提として開発されています。 特に牛乳やグレープフルーツジュースで飲むと、効果を弱めたり強めてしまいます。 牛乳は、多くの脂肪分が含まれている為、吸収率が低下し効果を弱らせたり失わせたりします。 グレープフルーツは、肝臓でウデナフィルの代謝が遅れてしまう為、効果や副作用を強めてしまう可能性があります。 副作用の危険性を高めたり効かなくなってしまう場合がある為、必ずお水で服用する様にしましょう。 デートの状況によっては、食事をしなければならない場面も多いと思います。 ウデナフィルは食事の影響を受けづらくはなっていますが、最も効果を発揮する空腹時に近づけるには食後にウデナフィルを服用するまでの時間を2時間空けると、胃の中の食べ物が消化吸収された後になるので、食後であってもより吸収率の影響を抑える事が可能です。 しかし、胃の中に内容物がない状態が理想なのは変わりません。 食事をする際には、脂っこい食べ物を避け、腹7、8分くらいに抑えておいた方がよいでしょう。 また、多少のアルコールは問題ありませんが、多量のアルコールを摂取した場合、脳が性的興奮を感じにくくなってしまいます。 どんなにウデナフィルの効果によって勃起しやすい状態を整えても、性的興奮が起こらなければ勃起はしません。 くれぐれもお酒の飲み過ぎには注意しましょう。 【ウデナフィルの効果・作用まとめ】 ・性行為の約30分前に飲む ・お水で飲む ・ウデナフィルは食事の影響を受けづらいですが、過度の摂取は控える ・効果を最大限発揮させる為、食事後に服用する場合は2時間以上経過してから飲む ・食事をする場合は脂質の多い物は避け、軽めにする ・アルコールも控えめにする ・ウデナフィルの服用は1日1回まで ・服用間隔は24時間以上あける ウデナフィルは正しい飲み方をしないと効果が弱ったり、効かなくなってしまいます。 ウデナフィルを飲んだけど効かなかったと言う方は、一度正しい飲み方をしているかチェックしてみましょう。 ウデナフィルを服用した場合、どのような副作用が起こるか知っておきましょう。 軽い副作用を含めると、ウデナフィル服用者の多くは、何らかの副作用を感じています。 また軽い副作用は、ウデナフィルが効き始めた合図でもあります。 「ウデナフィルの副作用が現れた=ウデナフィルの効果が現れた」 ウデナフィルは男性器の血流を良くすることで勃起不全を改善しますが、もちろん男性器だけでなく、体中の血流も良くなります。 それにより、顔面のほてり、頭痛、めまい、鼻みず、鼻づまり、腹痛、消化不良、腰背痛、筋肉痛、などの症状が出る可能性もあります。 殆どの場合は、薬の効果が切れる頃には症状も収まる軽い副作用でしょう。 どうしても頭痛が気になる場合は、市販のロキソニンやバファリンやイブといった頭痛薬も併用可能です。 副作用の出方は、個人差や服用量によっても違ってきます。 ウデナフィルは、医師や薬剤師に指示された、用法・用量を守っていれば安全に使用出来るお薬です。 例えば100mgを服用してみて、副作用が気になるようでしたら、医師に相談し50mgに変えたりと、飲む量を調整する事でも改善可能です。 勃起が収まらない場合は、早急な病院の受診が必要です。 こちらもウデナフィルの過剰摂取が引金となる場合が御座いますので、ご注意下さい。 気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど 重篤な副作用の発生率は低いですが、用法や用量を間違えると命に危険を及ぼすような、重篤な副作用が発生する恐れもあります。 異変を感じた場合は、直ぐに医師の診察を受け指示に従いましょう。 【ウデナフィルの副作用まとめ】 ・服用者の多くの方に軽い副作用 ・副作用の出現がウデナフィルが効きはじめた合図 ・頭痛は市販の頭痛薬で抑えられる ・内容量の調整で副作用を抑える調整が可能 ・異変を感じたら直ぐに医師の診察を受ける データ上では副作用の発生率が大分低くなっていますが、実際にウデナフィルを使用されている方の体感では、約9割以上の方に下記の副作用が発生しています。 副作用が発生した=ウデナフィルの効果が現れた合図にもなります。 正しく使えば、ウデナフィルは安全な医薬品ですが、使い方を間違えると重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。 ウデナフィルの作用によって血管を拡張するため、血圧が低下します。 そこへ、更に血圧を低下させる作用のあるお薬を飲んでしまうと、血圧が下がり過ぎてしまい大変危険です。 血圧が低下しすぎると全身へ血液が流なくなってしまう恐れがあり、脳への血液不足では失神などが起こり、心臓への血液不足などで死亡事故も起こっています。 詳しい医薬品名に関しては、下記併用禁忌薬をご確認下さい。 通常以上にウデナフィルの血中濃度が高まってしまうと、効果や副作用が強く出てしまう恐れがあります。 【ウデナフィルの使用に注意が必要な方、使用が出来ない方まとめ】 ・ウデナフィルや医薬品の添加物にアレルギーをお持ちの方 ・硝酸剤など併用禁忌薬を使用中の方 ・性行為を止められている方 ・半年以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の既往歴がある方 ・重度の肝機能障害の方 ・低血圧の方 ・高血圧で血圧コントロールをされていない方 ・網膜色素変性症の方 上記にあてはまる方は、ウデナフィルを使用する事が出来ない可能性があります。 ウデナフィルを使用する前に、医師又は薬剤師に使用しても問題ないか必ず確認をして下さい。 グレープフルーツを食べたり飲んだりしてしまうと、作用が強く出てしまう恐れがあり、 更に、副作用も強く出る可能性があるので注意が必要です。 現在、薬を服用している場合は、併用可能かどうか必ず医師に相談してください。 ウデナフィルに関する よくある質問 ウデナフィル ザイデナ は韓国発のED治療薬ですが、問題はないのですか? 問題ありません。 韓国製という事もあり、アジア人向けに作られたED治療薬になりますので、体の小さい日本人の身体には適している薬になります。 ウデナフィル ザイデナ は四番目のED治療薬ですか?五番目のED治療薬ですか? 世に出た順でいくと四番目になります。 韓国で2005年にすでに販売が開始されておりまして、韓国国内のみで話題になっていませんでした。 日本で知名度が出てきたのはテレビ等で話題になった、ここ数年の話です。 サイト利用に関する注意事項 医薬品を使用する場合、必ず医師や薬剤師の指示に従って下さい。 医薬品を使用し、体調不良が現れた場合、我慢せずに直ちに医師の診察を受け、指示に従って下さい。

次の