横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない。 <一律10万円支給!>特別定額給付金申請書の書き方を記入例付で解説

持続化給付金:今年(2020年)開業した法人・フリーランスも対象に!

横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない

掲載日:2020年6月1日 生活困窮者自立支援法(平成25年法律第105号)第6条に基づき、離職、自営業の廃業、またはこれらと同等の状況に陥ったことにより、経済的に困窮し、住居を喪失した方又は住居を喪失するおそれのある方を対象に、家賃相当額(上限あり)を支給する制度です。 相談・申請窓口 相談・申請に関する問合せ先 市にお住まいの方は市の相談窓口、町村にお住まいの方は県の相談窓口で、受け付けます。 をご覧ください。 制度に関する問合せ先 住居確保給付金相談コールセンター 0120-23-5572(受付時間:9時00分~21時00分 土日・祝日含む) 2. 支給要件 「離職又は自営業を廃業した方」又は「休業等に伴う収入減少により、離職・廃業には至らないが、それと同等の状況の方」で、支給要件が異なります。 離職又は自営業を廃業した方 休業等に伴う収入減少により、離職・廃業には至らないが、それと同等の状況の方 【要件1】• 離職等により経済的に困窮し、住居を喪失した又は住居を喪失するおそれがある者。 【要件1】• やむを得ない休業等により、経済的に困窮し、住居を喪失した又は住居を喪失するおそれがある者。 【要件2】• 申請日において、離職又は廃業の日から2年以内であること。 【要件2】• 収入を得る機会が自身の責めに帰すべき理由や自身の都合によらない理由で減少したことにより、離職や廃業と同等の状態であること。 【要件3】• 離職等の日において、申請者が世帯の主たる生計維持者であること。 【要件3】• 申請日の属する月において、申請者が世帯の主たる生計維持者であること。 【要件4(共通)】 次のすべてに該当すること。 申請日における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が、基準額の6倍(ただし100万円が上限)以下であること。 誠実かつ熱心に求職活動を行うこと。 国の雇用施策による職業訓練受講給付金又は地方自治体等が実施する離職者等に対する住居の確保を目的とした類似の給付等を、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと。 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員ではないこと。 支給額 月ごとに家賃額(生活保護法に基づく住宅扶助の限度額が上限)を支給します。 ただし、世帯の収入合計額が基準を超える場合は、一部支給となります。 支給期間 原則3ヶ月間 ただし、誠実かつ熱心に求職活動を行っている等、一定の要件を満たす場合には、申請により3ヶ月間を限度に支給期間を2回まで延長することができます(最長9ヶ月間)。 支給方法 住宅の貸主(大家)の口座へ直接振り込みます。 受給中の求職活動について 住居確保給付金受給中は、上記の自立相談支援機関の就労支援やハローワークの利用等により、常用就職に向けた次の求職活動を行っていただきます。 月4回以上、自立相談支援機関等の就労支援を受けること。 月2回以上、公共職業安定所(ハローワーク)で職業相談を受けること。 原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受けること。 申請に必要な書類・申請方法について (町村にお住まいの方) 申請に必要な書類や申請方法は(令和2年度の自立相談支援事業の委託先)のホームページでダウンロード、確認ができますのでご覧ください。 ご相談・申請は、 市にお住まいの方は市の相談窓口、町村にお住まいの方は県の相談窓口で、受け付けます。 をご覧ください。

次の

【悲報】横浜市で給付金の10万円申請書がポストから盗まれ、路上や公園に放置される事案が相次ぐ…

横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない

特別定額給付金申請書の書き方 「特別定額給付金申請書」には、表面と裏面があり、表面には給付金の支給内容など、裏面は本人確認書類の写しや振込先口座確認用に通帳・キャッシュカードの写しを貼り付ける箇所が設けられています。 それでは、「特別定額給付金申請書」の表面の記入方法を解説していきます。 世帯主(申請・受給者)欄を記入する まず、 「申請日」を記入します。 申請期限は、市区町村ごとに決められらた 受付開始日から3ヶ月以内となりますので、ご注意ください。 続いて、 「世帯主(申請・受給者)」欄に世帯主の 「氏名」「日中の連絡先」を記入し、押印します。 「現住所」・「フリガナ(氏名)」・「生年月日」については、予め印字されていると思いますので、印字されている内容に間違いがないかを確認してください。 (印字されていない場合は、記入するようにしてください。 ) 特別定額給付金の受給権は世帯主になります。 申請書は、住民票のある市区町村から世帯主宛に世帯全員分の申請書(1世帯1通)が郵送されることになっています。 DV被害等を受け、別の場所に避難している場合は、申請することで世帯主とは別に給付金を受け取ることができます。 給付対象者は、2020年4月27日の時点で住民基本台帳に登録されている方、つまり住民票をお持ちの方となります。 あらかじめ世帯全員の氏名、続柄、生年月日、給付金の合計金額が記載されていますので、誤りがないかを確認し、もし誤りがあった場合は、朱書き(赤字)で訂正してください。 ) スポンサーリンク 受取方法を記入する こちらには、給付金の受取方法を記入していきます。 まず、 「口座の有無」から確認します。 郵便局(ゆうちょ銀行)と銀行口座で記入する欄が分かれています。 また、記入はどちらか片方のみとなりますので、両方に記入しないように注意してください。 市区町村によっては、給付金の振込を希望する口座が「水道料引落口座」「住民税等の引落口座」「児童手当受給口座」で使われている場合は、通帳やキャッシュカードのコピーの添付が不要になる場合があります。 詳しくは、特別定額給付金申請書に同封されている「お知らせ」を確認してみてください。 代理人申請(受給)を行う場合 こちらには、代理の方が申請をする場合に、その代理人の情報を記入します。 本人による申請や受給が困難な場合は代理人が申請(受給)を行うことができます。 代理申請については、お住まいの市区町村で確認するようにしてください。 添付書類を確認 こちらには、「本人確認書類」と「受取口座の確認書類」のコピーを貼り付けます。 「本人確認書類」とは• 運転免許証(コピー)• 健康保険証(コピー)• 顔写真付き住基カード(コピー)• パスポート(コピー)• 各種障害手帳(コピー)• 介護保険被保険者証(コピー)• 公的年金の証書(コピー)• 顔写真付きマイナンバーカード(コピー) のうち、いずれか1点を貼り付けてください。 (外国籍の方は、在留カード(コピー)などが必要です。 ) 「受取口座の確認書類」とは 金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードのコピーを貼り付けてください。

次の

コロナ給付金の申請遅すぎると思いませんか?横浜市は5月下旬に申請書を...

横浜 市 給付 金 申請 書類 届か ない

今年(2020年)開業した法人・フリーランスも持続化給付金の対象に! 現在の持続化給付金の対象は、2019年以前から事業を行っている中小企業や個人事業主・フリーランスの方でしたが、今後は 2020年1月1日~3月31日までに開業・創業した法人(中小企業)や個人事業主・フリーランスの方にも給付対象が拡大されることになりました! では早速、給付条件から確認していきましょう。 今年(2020年)開業した人の給付条件 2020年開業月~3月までの売上の平均が2020年4月~12月のいずれかの月の売上と比較して50%以上減少している月があれば給付の対象になります。 例えば、今年(2020年)1月に開業した場合。 例の場合は、5月の売上 「3万円」が2020年1月~3月の平均売上と比べて50%以上減少しているため、対象になります。 売上が50%以上減少している月が複数ある場合は? 事業主側で50%以上減少した月を選択することができますので、より減少幅の大きい月を選べば、給付金も多くもらえることになります。 (上限額まで) いくらもらえるの? 給付額は、(法人、個人事業主ともに) 最大100万円と発表されています。 給付金の計算方法は、恐らく2019年に開業した方の「新規開業特例」と同様になると思います。 恐らく、今の持続化給付金のホームページ内に「2020年に創業・開業した方向け」のページが作られ、申請するパターンになると思います。 ) 必要書類 必要書類についてもまだ発表はされていませんが、「2019年開業・創業の特例」を参考にすると、次のような書類が必要になる思われます。 業務委託契約書類• 履歴事項全部証明書(法人の場合)• 開業届(個人の場合)• 毎月の収入を証明する書類(売上台帳など) 持続化給付金の「創業特例」と同様に、税理士などの署名または捺印されているものが必要になると思います。 (こちらの「必要書類」についても、今後、正式に発表され次第更新していきます。 ) 梶山経済産業大臣は、先日の会見で「(契約書などの提出書類が増えるため)今よりも確認の時間がかかるが、できるだけ早く支給できるようにする」とコメントしていましたが、具体的な期間については触れませんでした。 持続化給付金の支給対象が拡大(雑所得・給与所得も)されたことは良いことですが、その分申請件数が増えるため、実際に振り込まれるまでは、ある程度の時間を覚悟する必要がありそうです。

次の