映像 研 に は 手 を 出す な あ に こ。 「映像研には手を出すな!」金森氏の“あのリュック”がリアルアイテムとして発売! 再現のこだわりに注目

「映像研には手を出すな!」金森氏の“あのリュック”がリアルアイテムとして発売! 再現のこだわりに注目

映像 研 に は 手 を 出す な あ に こ

「行こう、最強の世界」 『映像研には手を出すな!』(以下『映像研』)の物語を基に、キャッチコピー通りの実写作品を生み出すならば、英勉監督の起用は最適なのではないだろうか。 漫画・アニメ原作の実写作品は後を絶たないが、その評価は賛否が生まれやすい。 映画公式サイトでも『「絶対に手を出してはいけない原作」の実写映像化に挑む。 』とあるが、『映像研』はアニメ制作に携わる3人の想像の世界や、主人公の浅草みどりの独特な口調など、実写で描くには難しい要素もある作品だ。 それでも英勉監督ならば、実写とアニメの垣根を超えた映像作品を生み出してくれると期待している。 今回は、英勉作品の特徴から『映像研』のドラマ作品について、3つのポイントから考えていきたい。 1つ目のポイントは映像の表現だ。 近年、実写とアニメが逆転しているという声もある。 アメリカの大作などでは、役者以外の多くの映像にCGを用いることで、アニメのような派手なアクションや世界観を売りとする作品も増えている。 一方で日本のアニメは、京都アニメーションの作品など、日常的な動きや物語を追求し、SFやファンタジー要素の少ない作品も多く生まれている。 ストーリーだけを見た場合、どちらがアニメ作品でどちらが実写作品なのか、判断が難しくなっているほどだ。 その中で日本のCGを用いた実写作品の場合は、予算、公開規模、技術の違いもあるアメリカの大作映画と比較されてしまいがちだ。 CGのクオリティの違いが、漫画・アニメ原作作品が非難される要因の1つとなっている。 しかし、英作品はCGなどの映像技術を実写に取り入れていき、魅力的な映像を作り上げてきた。 その一例が『3D彼女 リアルガール』だ。 主人公・筒井光が愛好する作中内のアニメキャラクター、魔法少女えぞみちはテレビ画面から飛び出し、イマジナリーフレンドとして話しかける。 特に後半では、アニメーションと実写が融合した圧巻の映像を生み出している。 CGをリアルで迫力のある映像として見せる方向性だけではなく、アニメーションとしても活用し、実写と融合させる技が光る監督だ。 『映像研』でもその手腕は発揮されている。 また、齋藤飛鳥などの役者の可愛らしさや、背景の美しさなどの実写作品の魅力も兼ね備えている。

次の

映像研には手を出すな! (5) (ビッグコミックス)

映像 研 に は 手 を 出す な あ に こ

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、見知らぬ人に話しかけられると卒倒してしまうほどの極度の人見知り。 浅草の中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)は長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。 2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。 この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。 道頓堀透(小西桜子)、ソワンデ(グレイス・エマ)、阿島(福本莉子)、王(松﨑亮)が幹部として運営を司っている。 そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメ(山下美月)と出会う。 ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。 運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。 キャスト(役名:役者名) 浅草みどりの同級生。 カリスマ読者モデルとして活躍しており、校内でも有名人。 両親ともに役者であり、ツバメも将来女優になることを期待されている。 しかし本人はアニメーター志望で、特にキャラクターの動きを描くことに長けている。 両親からアニメ研への入部を禁じられていたため、浅草、金森とともに映像研として3人でアニメを作り始めることとなる。 お金持ちの家庭で育ったため、他の2人とは金銭感覚がだいぶズレている。 実写ドラマ「映像研には手を出すな」がひどいと言われる理由はこのキャスティング。 アニメを実写化するときには「原作のイメージにあってるか?」が重要です。 ですが、今回は原作とのイメージがちょっとあってないような…。 つまりは、 内容よりキャスティングが「アニメより可愛すぎる」という理由。 SNSでの評価も見てみましょう。 MBS動画イズム MBS動画イズム 実写ドラマ「映像研には手を出すな!」の最新話を見逃し配信で無料視聴できます。 ただし、最新話のみなので、過去放送分は見れません。

次の

浜辺美波&桜田ひより『映像研には手を出すな!』で個性的なキャラを演じる

映像 研 に は 手 を 出す な あ に こ

アニメーターの家族と見てます。 人によってすごく好みが分かれる作品と思いますが、 わたしが特に好きなのは舞台の学校です。 こんな学校ないよ、というはちゃめちゃな 得体のしれない、入り組んだ、 無意味かもしれないモノが詰まった 箱庭みたいな、ダンジョンみたいな学校。 敷地面積大きすぎ。 ツッコミどころありすぎ。 でもなんかこういう高校行ってみたかったなー。 探検してみたい。 っていうか昔入ってた漫研みたいなんですよ。 主人公の3人、後から4人に増えるんだけど、 これらは制作さん、演出さん、アニメーターさん 音響さんていうような、アニメの現場に必要な役割を 擬人化したようなキャラクターなのが面白い。 グサグサ刺されるハッタリ的名台詞をかます金森さん 想像力が溢れて止まらない浅草さん 読者モデルでどこでも大人気だけど トニカク絵を動かしたい水原さん 浅草さんらの考えたことが すぐアニメになって動きだすのが アニメ制作での、いい意味でのわざとらしさというか、 あくどさというか、けれんみがあって、 いわゆる天才が集まっていく図があり それが周囲からだんだん承認されまくって 行くだろうことが楽しみです。 好きじゃない人は全然好きじゃないだろう と思うので、無理なら見なくてもいいと思う。 一つには、アニメーションを作る過程が細かく描かれている事の面白さです。 第4話で、「スカ-トのなびき」が3枚作画のリピ-トだと楽屋裏を説明していますが、尺があるので1枚足して4枚作画にするのですが、明らかに「4枚作画の方が動きが滑らかで」、その違いがよく伝わりました。 こういうところに興味を持てれば非常に面白い作品です。 二つ目は、とにかく絵がよく動いている面白さです。 第4話で、水崎ツバメが爆発シ-ンが描けない、脳が煮えると嘆くシ-ンがありますが、全身で演技していて見事でした。 これがジェットガ-ルズみたいな作品だと、動きの作画は2ショット程度で済ましますから、その数倍の枚数を使って作画しています。 このように「絵を動かす面白さ」がウリの作品です。

次の