さようなら イタリア 語。 スペイン語の「さようなら」10選

【基礎】イタリア語を覚えよう

さようなら イタリア 語

スペイン語で「さようなら」と言う スペイン語は現在、世界で最も話されているロマンス語であり、世界中で4億人以上の話者がいます。 主にスペインと中南米で話されています。 「Hasta la Vista」• 意味:「またお会いしましょう」• 発音:アスタ ラ ビスタ• 「Despedida」• 意味:「さらば」• 発音:デス ぺ ディーダ• 「Adios」• 意味:「さようなら」• 「Te veo despues」• 意味:「またお会いしましょう」• 発音:テ ヴェオ デス プウェス• 「Cuidate」• 意味:「気を付けて」• 発音:クイダーテ ポルトガル語で「さようなら」と言う ポルトガル語は、ポルトガル、ブラジル、モザンビーク、アンゴラ、カーボベルデ、ギニアビサウ、サントメ・プリンシペなどの公用語です。 世界中で2億5千万人の話者がいると推定されており、ブラジルだけでも1億8200万人います。 X 出典文献• 「Adeus」• 意味:「さようなら」• 発音:アデウシュ• 「Adeus」• 意味:「神様の祝福がありますように」• 「Tchau」は、カジュアルなさようならの言い方で、親しい友人との間で使われるような俗語です。 意味:「バイバイ」または「じゃあね」• 発音:チャオ• 意味:「またお会いしましょう」• 発音:アテ ローゴー• 意味:「また明日」• 発音:アテ アマニャン フランス語で「さようなら」と言う フランス語は29カ国で公用語となっています。 カナダの一部地域、中央ヨーロッパの多くの地域、そしてアフリカでもフランス語が話されています。 世界には1億1,300万人のフランス語を母国語とする人がいると推定され、第二言語としてフランス語を話す人、または現在フランス語を学んでいる人は約1億7,000万人とされています。 「Adieu」• 意味:「さらば」• 発音:アデュー• 「Au Revoir」• 意味:「さようなら」• 発音:オ ェヴォワール• 意味:「また近いうちにお会いしましょう」• 発音:ア ビアントゥ• 意味:「また明日お会いしましょう」• 発音:ア ドゥマン イタリア語で「さようなら」と言う イタリア語はラテン語からの派生語です。 イタリア語は、イタリア、スイス、サンマリノ、バチカン市国で話されています。 イタリア語を話す多くの人々は、イタリア語以外の言語も話すバイリンガルです。 世界には約8500万人のイタリア語話者がいます。 X 出典文献• 「Arrivederci」• 意味:「さようなら」• 発音:アーリヴェデルチ• 「Addio」• 意味:「バイバイ」• 発音:アディオ• 「Ciao」• 意味:「バイバイ」• 発音:チャオ• 「Buona sera」• 意味:「こんばんは」• 発音:ブオナ セラ• 「Buona Notte」• 意味「おやすみなさい」• 発音:ブオナ ノッテ ドイツ語で「さようなら」と言う ドイツ語は、欧州連合(EU)諸国で最も広く話されている言語です。 実際、現代の英語は西ゲルマン語から派生したものです。 現在、ドイツ語を母国語とする人は1億人を超え、ドイツ、スイス、ナミビアなどの国に存在しています。 「Auf Wiedersehen」• 意味:「さようなら」• 発音:アウフ ヴィー ダーズィン• 「Bis dann」• 意味:「またね」• 発音:ビス ダン• 「Bis bald」• 意味:「また近いうちに(お会いしましょう)」• 発音:ビス バルト• 意味:「また後で」• 発音:ビシュ スピーター• 意味:「バイバイ」• 発音:チュス• 「Tschau」• 意味:「バイバイ」• 発音:チャオ• 「Ade」• 意味:「バイバイ」• 発音:アデイ スウェーデン語で「さようなら」と言う 古ノルド語から派生したスウェーデン語は、スウェーデンとフィンランドの一部で話されています。 スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語の話者はお互いに言語を理解することができます。 スウェーデン語を母国語とする人は世界に約1,000万人います。 X 出典文献• 意味:「バイバイ」• 発音:ヘイドゥア• 意味:「さようなら」• 発音:アディヤウ• 意味:「さようなら」• 発音:アーディヤス• 「Vi ses」• 意味:「またお会いしましょう」• 発音:ヴィ スィアス• 意味:「気を付けて」• 発音:ハー デス セーブラ ノルウェー語で「さようなら」と言う 500万人近くの人々の母国語であるノルウェー語は、主にノルウェーで話されていますが、スウェーデン人やデンマーク人にも理解することができます。 「Farvel」• 意味:「さらば」• 発音:ファーヴェル• 「Ha det bra」• 意味:「さようなら」• 発音:ハー デ ブラ• 「Hade」• 意味:「バイバイ」• 発音:ハーデ• 「vi snakkes」• 意味:「またお話しましょう」• 発音:ヴィ スナッケス アフリカーンス語で「さようなら」と言う 南アフリカの公用語であるアフリカーンス語は、17世紀からオランダ人入植者とアフリカ先住民の混合言語として発展しました。 現在、アフリカーンス語を母国語とする人は1500万人から2300万人と推定されています。 X 出典文献• 「Totsiens」• 意味:「さようなら」• 発音:トット シィーンス• 「Tot weersiens」(カジュアルな表現)• 意味:「さようなら」• 発音:トット ヴィア シィーンス• 「Tot wederom」(カジュアルな表現)• 意味:「また近いうちにお会いしましょう」• 発音:トット ヴィエデロム• 「Wederdom」(カジュアルな表現)• 意味:「また(会いましょう)」• 発音:ヴィエデロム• 「Koebaai」• 意味:「さようなら」(カジュアルな表現。 英語の「Goodbye」から派生)• 発音:コーバイ• 「Ghoebaai」• 意味:「さようなら」(英語の「Goodbye」から派生)• 発音:ゴーバイ• 「Baai」• 意味:「バイバイ」(カジュアルな表現。 英語の「Bye」から派生)• 発音:バイ• 「Arriewarie」• 意味:「さようなら」(カジュアルな表現。 「Au revoir」の民間語源)• 発音:アーリワリー• 「Vaarwel」(フォーマル)• 意味:「さらば」• 発音:ファーヴェル ロシア語で「さようなら」と言う ロシア語は、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタンなどの公用語で、世界で8番目に広く話されている言語です。 X 出典文献 ローマ字で書き表すこともできますが、一般的にはキリル文字で表記されています。 意味:「さようなら」(直訳:「次にお会いできるまで」)• 発音:ダスヴィダーニャ• 意味:「バイバイ」• 発音:パカ• 意味:「また会うまで」• 発音:ドヴェトリーチェ• 意味:「頑張って」• 発音:ウーダーチ クロアチア語で「さようなら」と言う クロアチア語(hrvatski jezik)は、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアのヴォイヴォディナ県で話されています。 クロアチア語の話者は世界中におよそ500万人から700万人がいます。 意味:「さようなら」(ロシア語と同様、直訳では「私たちがまた会うまで」という意味)• 発音:ドーヴィージェナ• 「Bog」• 意味:「神」(文字通り「神」を意味しますが、「ボク」と発音するため、「神」という単語とは区別されます)• 発音:ボク• 意味:「やぁ」(主にイタリアのクロアチア沿岸で使用されているため、イタリアにとても近く、「チャオ」と言い、イタリア語の「Ciao」と発音が同じではないにしても非常に似ています)• 発音:チャオ• 「Idi s Bogom」• 意味:「神と共に行こう」• 発音:イーディス ボーゴム ベンガル語で「さようなら」と言う• 口語では、「行く」と言うのは不適切だとされています。 その代わりに、「来る」と言うことで、話者は約束をしたり、再訪の希望を与えたりします) その他の言語で「さようなら」と言う• 」:ヴィズラット - ハンガリー語• 「Moikka」:モイッカ - フィンランド語。 「Heihei」:ヘイヘイ - フィンランド語。 「Poitu varein」:ポイトゥ ヴァレイン - タミル語(一般的なの別れの挨拶であり、「私は帰りますが、再び訪れます」を意味します)。 「Varein」:ヴァレイン「(また来ます」)- 「Poitu varein」の短縮形• 「Yasou」(YAH-soo):ヤスー - ギリシャ語• 「Hwyl fawr」:フウィル ファウル - ウェールズ語• 「Slan」:スラン - アイルランド語• 「Vale」:ヴァレ - ラテン語(1人に対して)。 「Valete」:ヴァレテ - ラテン語(複数人に対して)• 「Khuda hafiz」:クダ ハフィズ - ウルドゥー語。 「Allah hafiz」:アッラー ハフィズ - ウルドゥー語• 「Vida parayunnu」:ヴィダ パラユンヌ - マラヤーラム語• 「Donadagohvi」:ドナダゴフヴィ - チェロキー語• 「Hagoonea」:ハグーネア - ナバホ語• 「Mattae sigona」:マッテー スィゴナ - カンナダ語(「いつかまたお会いましょう」)• 「Velli vostanu」:ヴェッリ ヴォスタヌ - テルグ語• 「Khodaa haafez」:コダー ハーフェズ - ペルシア語• 「Sai an jima」:サイ アン ジマ - ハウサ語.

次の

イタリア語の挨拶「さようなら」や「こんにちは」、「ありがとう」あなたは知っている?

さようなら イタリア 語

イタリア語の別れの言葉は、 Arrivederci! アリヴェデルチ! さようなら! これはひとつの言葉になっていますが、分解すると A rivederci. さらに分解すると、ri が「再び」、vedere が「会う」、ci が「(私たちが)互いに」という意味です。 つまり「また会いましょう」という意味合いになります。 フランス語の「さよなら」は、Au revoir! オヴォワー!でしたが、これも分解すると re が「再び」、voir が「会う」という意味で、全体で「また会いましょう」の意味合いになります。 よく似た構造をしています。 北部ドイツ語も同じく「また会う日まで」という言い方をするのですね。 ハングルの別れの言葉は「再会を願う」のではなく、互いの「安寧」を気遣うのですね。 それも去る人と送る人で言い方が異なるということには驚きました。 それにしても日本語の「さようなら」=「そういうことなら」はかなり変わっています。 親しい間では、会ったときと同じく、別れるときも、 Ciao! チャオ! じゃね! ふざけてCiao! Ciao! チャオチャオ!と言うこともあります。 アリヴェデルチ!の方はちょっと改まった感じ、丁寧な感じになります。 その後に会うときが決まっていたら、A domani! アドマーニ!「明日また!」 とか A dopo! アドーポ!「また後で!」のように加えたりします。 決まってはいないけれども「また近いうちに!」というときは、A presto! アプレスト! 「よい~を!」と付け加えることがあるのもフランス語と同じです。 Buona giornata! ブオナジョルナータ!「よい一日を!」、Buona serata! ブオナセラータ!「よい晩を!」、Buon viaggio! ブオンヴィアッジョ!「よい旅行を!」などです。 Amano.

次の

イタリア語でさようならを言おう!色々な言い方15フレーズ!

さようなら イタリア 語

自己紹介で使えるイタリア語、その3は「お会い出来て嬉しいです」を意味する「Piaciere」です。 あれ?と思われた方もいるでしょう。 そう、自己紹介で使えるイタリア語その1でご紹介した「Piaciere」と同じ単語です。 1でご紹介した時は「はじめまして」の意味でしたが、実は「お会い出来て嬉しいです」の意味もあります。 この意味で使う場合は、「Piaciere」を「初めて会った人との別れ際」に用いるそうです。 イタリア語で「バイバイ」と言う時は、「チャオ」と読む「Ciao」を用います。 「こんにちは」や「やあ」の意味もありますが、別れの挨拶でも使えます。 「さようなら」をイタリア語で言う場合は、「アリベデルチ」と読む「Arrivederci」を用います。 読み方は「アッディーオ」です。 「また明日」のイタリア語は、「チ・ヴェディアーモ・ドマーニ」と読む「Ci vediamo domani」です。 テレビ番組の終わりに用いられるフレーズでもあります。 Sが付くイタリア語に触れる度に学んでいくのが一番の覚え方ですが、「このSには濁音付くの?」と困惑した時には、最悪全て非濁音の発音にしても問題はないそうです。 次に「H」ですが、イタリア語では書いてあっても発音しません。 「Gn」や「Gli」は子音が続く文字ですが、「Gn」は「ニャ・ニィ・ニュ・ニェ・ニォ」のように発音し、「Gli」は「リャ・リィ・リュ・リェ・リョ」といった発言をします。 また、イタリア語の母音は日本語の母音によく似ています。 そのため、大雑把に言えば「とりあえずローマ字読みすれば読めるイタリア語は多い」のです。 しかし、アクセントやイントネーションなどは細かな部分があります。 言語を覚える中では、ことわざや名言を活用してみるのも良いかもしれません。 外国の方がアニメのセリフで日本語を覚えるような感覚です。 ある程度、発音の感覚が掴めてきた頃に、以下の記事にあるようなイタリア語のことわざや名言を音読してみてはいかがでしょうか。 RELATED ARTICLE イタリア語の挨拶を使えるようになろう! イタリア語の挨拶フレーズと、自己紹介や日常会話で使える挨拶をご紹介しました。 「ありがとう・おはよう・こんにちは」といった基本の挨拶は万能ですが、他の様々な挨拶言葉も使える時があったら使ってみてください! 発言は慣れないと難しい部分もありますが、基本ローマ字読みで何とかなったり、母音が日本語とよく似ているため、日本人が覚えやすい言語では?とも言われています。 あとはもちろん、本場のイタリア語を聞いて覚えることも大事です。 初めから本場のようにしようとせず、とりあえず「それでも伝わるから問題ないレベル」を目指しましょう。 本場レベルは、そのレベルが出来てから身に付けて行けば良いのです!イタリア語で挨拶する時があった時には、現状レベルに合わせて、今回ご紹介したような挨拶言葉を用いてみましょう。

次の