えのき 味噌汁。 水菜とえのきのお味噌汁のレシピ/作り方

水菜とえのきのお味噌汁のレシピ/作り方

えのき 味噌汁

えのきの味噌汁って、 美味しいですね。 白くて細くて食べると シャキシャキします。 煮こみ過ぎてくたっとしても美味しいです。 えのきを味噌汁に入れたら、 気づくと味噌汁の汁にとろみがついてる、 気にしない人もいるでしょうが、 気になりだしたら止まらない。 あれはなぜなのでしょう。 一度くわしく調べてみたくなりますね。 とろみについては後述するとして、 えのきはエノキダケというキノコです。 キノコ類は食物繊維でカロリーが少なく、 料理に加えるとうま味が出ます。 食感も個性的で食べ応えがあります。 お出しをとるのに使われるのは シイタケが多いですが、 キノコはそれぞれ種類によって ちがったうま味があり、 とても魅力的な食材です。 今回はエノキダケについて、 詳しく見ていきましょう。 まず最初は、 えのきの味噌汁のとろみについての話からです。 スポンサーリンク えのきは調理法で食感の変わる食材です。 サッと加熱すればシャキシャキとした 歯ごたえを楽しめます。 えのきの味噌汁のとろみはなめ茸のぬめりと同じもの えのきには、じっくり加熱すると ぬめりが出る性質があり、 その性質を利用して、 砂糖やしょうゆで煮て作られた 加工品が 「なめたけ」です。 ごはんのお供にぴったりですよね。 味噌汁に入れて、 じっくり煮込むと、 えのきからぬめりが出て、 味噌汁にとろみが出るのです。 えのきの味噌汁にとろみが出ても心配する必要は無い その性質を知らないと、 味噌汁にとろみが出ることに、 不安を感じてしまうかもしれませんね。 でも、 このぬめり(えのきの味噌汁のとろみ)は、 なめたけに利用されている、 ぬめり成分ですから、 身体に害があるなんて事は、 まずありませんから、安心して下さい。 えのきを味噌汁に入れて、 じっくりと過熱すれば、 とろみが出るのは普通の事なのです。 えのきの栄養に関しては後述しますが、 えのきの栄養成分に関しては、 間違いなく体に良いものばかりです。 調理方法も簡単ですし、 ダイエットだけでなく、 毎日の食事に取り入れて 家族の健康を守っていきたいですね。 えのきの魅力を解説! エノキダケは通年安定的に 収穫できるキノコで、 価格も大変良心的です。 味にクセがないため いろいろな食材との相性も良く、 炒め物、汁物、煮物、鍋物、小鉢、パスタ、 さまざまな料理に用いられます。 少しボリュームがほしい時の かさ増しにも便利です。 カロリー:22kcal(100g当たり) 食物繊維:3. 9g(100g当たり) 引用元:日本食品栄養成分表2015(七訂) 大変カロリーが低く、 ダイエットにおすすめの食材です。 ダイエット時はどうしても 食べたりなく感じやすいためカロリーが低く、 食物繊維が豊富で食感のある歯ごたえで 満足感を得やすい食材を選ぶようにしますが、 エノキダケはその条件にぴったりなのです。 食物繊維の量は、生のキャベツや セロリの2倍になります。 便秘予防にはもってこいですね。 えのきにはどんな栄養がある?実はすごい栄養がある!? エノキダケの栄養素は、 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、 カリウム、ナイアシンなどです。 中でも、ビタミンB1は しいたけの2倍以上あります。 ビタミンB1は疲労回復効果があり、 ビタミンB2は脂肪を燃焼し 新陳代謝を促進する効果があります。 ビタミンB6はたんぱく質の分解・合成、 皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。 キノコキトサンは脂肪の吸収を阻害し、 脂肪燃焼の効果があると言われています。 健康にもダイエットにも効果的ですね。 とろみが美味しいえのきの味噌汁のレシピ!えのきと相性の良い具材はなに? エノキダケの旬は11月~1月です。 料理するときに、洗うか洗わないか 問題になることがありますが、 エノキダケは栽培される現場から 袋にパックされるまで、 外部の菌にふれない環境で扱われるため、 洗う必要はほとんどありません。 濡らしたキッチンペーパーで 軽く拭く程度で問題ありません。 さまざま料理に使われるエノキダケですが、 えのきの味噌汁として 特におすすめの具材があるので、紹介します。 えのきと豆腐の味噌汁 お出しにエノキダケと豆腐を切って入れ、 サッと加熱し、お味噌を溶かして ひと煮立ちしたら出来上がりです。 えのきのとろみと優しい豆腐の食感が楽しめます。 えのきと玉ねぎの味噌汁 お出しに、玉ねぎを繊維に沿って 薄く切り軽く沸騰させ、 その後切ったエノキダケを入れます。 お味噌を溶かしてひと煮立ちしたら完成です。 玉ねぎの甘みとエノキダケの食感がよく合います。 えのきとわかめと油揚げの味噌汁 お出しにエノキダケと油揚げ、 わかめを入れてひと煮立ちさせます。 お味噌を溶かして、 ひと煮立ちしたら出来上がり。 油揚げとエノキダケが味噌汁にうま味をだして、 わかめがつるりとして美味しいです。 えのきとオクラの味噌汁 お出しにエノキダケとオクラ (5ミリほどの輪切り)を入れて 煮立たせます。 お味噌を溶かして ひと煮立ちさせたら出来上がり。 オクラにとろみがあるので、 えのきのとろみとともに 美味しくいただけます。 えのきと青梗菜の味噌汁 お出しにジャガイモ (2~3ミリ程度の薄切り) を入れに立たせます。 青梗菜とエノキダケを入れて もう一度煮立たせます。 お味噌を溶かして ひと煮立ちさせたら出来上がり。 ジャガイモの甘みとほっこりした食感。 エノキダケのとろみと 青梗菜のシャキシャキとした食感を楽しめ、 クセがないのでお子様にもおすすめです。 エノキダケは料理する際に、 どんな食感にしたいか選べる食材なので、 家族の好みに合わせてシャキシャキがいいか、 とろみがあった方がいいのか 好みの調理法を選んでください。 シャキシャキがお好みなら、 調理の最後に入れて あまり煮込まないようにしましょう。 味が淡白ですので、 ほとんどの食材に合います。 食感や風味に特徴のある食材と合わせても、 まったく違和感がありません。 あなたの思いつきでさまざまな食材と 合わせてみてください。 きっと新たな発見がありますよ。 「えのきの味噌汁はなぜとろみがある?えのきの味噌汁のレシピも紹介!」のまとめ えのきは、調理方法で食感が変わり、 じっくり加熱すると、 ぬめりが出る性質があるという事でした。 このぬめりは、なめ茸にも利用されているものですから、 当然、食べても問題無いものです。 ですので、 知らずにえのきを味噌汁に入れて、 味噌汁にとろみが出てきて、 驚いたり、不安に思ったりした方が、 いるかもしれませんが、 えのきをじっくり加熱すれば、 ぬめりが出て、味噌汁にとろみがつくのは、 自然な事ですので、何の心配もいらない、 という事が分かりましたね。 栄養に関して言えば、 以前までは、エノキダケっていつも安いし、 細くてヒョロヒョロしてるし 栄養なんてほとんどないのかと思っていましたが、 今は研究がすすみ身体に良い 栄養のある食材だとわかってきました。 こんなにすばらしい食材なのに、 本当の良さを知らなくてごめんなさい、 と思った思い出があります。 主婦になると、栄養のあるものを 家族に食べさせたくなります。 かれこれ10年以上昔、 家庭料理の基礎を身につけた時期に 自分なりに本を読んだりテレビを見たり、 勉強して知った知識の中に エノキダケの存在があります。 クセがないので、子どもにも食べさせやすく、 いろいろな料理に入れても 違和感がなく便利な食材です。 ぜひエノキダケをもっと食卓で 家族で楽しみましょう。 ついでに、こんなに栄養のある すばらしい食材だと 皆に教えてあげてください。 エノキダケだけでなく、 これからもどんどん研究が進んで、 今まで見向きもされなかった 地味な食材こそが、さまざまな栄養素を含んでいたと 発見されていくのでしょう。 楽しく健康な食卓を作っていきましょう。

次の

えのきの切り方!石づきの処理はどこまで?鍋や味噌汁では?|健康♡料理♡美容♡恋愛

えのき 味噌汁

日本人だけがもつ味覚の秘密は味噌汁にあり! 味覚を感じる細胞は、私たちが成長する段階で発達し、12歳までに約4万個になります。 しかし、それを過ぎるとだんだんと減っていき、成人はおよそ8千から1万個くらいになります。 ですから、味覚が発達する時期に、本物の「甘・酸・塩・苦味」の四味を体験し、身につけることが非常に重要になってきます。 日本人は代々味覚を教え、伝えてきました。 四味のうち、一番身に付きにくいのが「苦」ですが、サンマの内臓で苦味を教えました。 山に住む人は山菜のえぐみで、川の近くの人はアユの内臓などで苦味を伝承してきました。 甘・酸・塩・苦味の四味は世界共通ですが、日本人だけがもう一つ「五つ目の味覚」として「うま味」という感覚を持っています。 うま味は昆布です。 昆布でだしを取って、カツオやシイタケ、ニボシなどで香りをつけ、味噌汁を溶いて飲むことで、先祖代々うま味という感覚を伝えてきました。 ところが、その伝承が断ち切られ、今の子供達は味覚がおかしくなってきて本当の塩味や苦味などが分からなくなってきていると言われています。 まずは簡単に作れるえのきを使った味噌汁から作り方を学んでいきましょう。 味噌汁にえのきを入れる作り方がお勧めなわけ 私達が普段目にするえのきは、白くて細いものがほとんどですが、野生のものは茶褐色です。 えのきはクセがないのでどんな素材と合わせても大丈夫です。 また、えのきは栄養と旨みがぎっしり詰まっており、えのきを加えることで食物繊維が摂取できます。 その他にもカロリーはほとんどありませんが、ビタミンB1、B2、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などが含まれており、ミネラル類の含有量はしいたけ以上です。 調理する際も、水洗いは不要で、えのきの根元を切り落とし食べやすい大きさに3等分すれば良いだけですので、皮をむいたり細かく切ったりする必要がなく、料理初心者にも使いやすい食材です。 そして、すぐに火が通るため時間短縮にも繋がります。 味噌汁の作り方は是非簡単な食材から始めてみてくださいね。 えのきの他にも味噌汁に合うきのこがたくさんあります! えのきの他にも、きのこには色々な種類があります。 味噌汁に合うきのこは、しいたけ、舞茸、なめこ、しめじをお勧めします。 「しいたけ」は食べた後に日光に当たると、含まれる成分が骨の形成に欠かせないビタミンDに変化します。 また血中コレステロールを低下させるエリタデニン、免疫細胞を活性化させる成分も含まれています。 旨味成分であるグアニル酸は加熱すると増加し香りとうま味がアップします。 「舞茸」は、「見つけると舞うほど嬉しい」というのが名前の由来と言われています。 歯ごたえと独特の香り、うま味で人気です。 抗腫瘍、免疫力アップに効果があると言われています。 「なめこ」は、独特のぬめりと歯ごたえが特徴です。 つるりとした喉越しと歯ざわりが人気です。 水分が95%と多く、カルシウム、鉄、銅、マグネシウムなどを含んでいます。 また、なめこ特有のぬめりの成分は、消化吸収を助け胃壁を守り、肝機能の働きを助ける、といった効果があります。 「しめじ」は食物繊維が豊富なので、便秘の解消やコレステロール値の低下などに効果的です。 そして、うま味成分のアミノ酸も多いので、煮物や炊き込み御飯など和洋中と幅広く利用できます。 このように優れた栄養価と効能が期待されるきのこです。 これらのきのこも全て、簡単に火が通り調理しやすいので、えのき同様、味噌汁の作り方を学ぶ際の基本の具材として積極的に取り入れてみて下さいね。 えのきを使った味噌汁の簡単な作り方 計量器を使うのはやめてみましょう。 もし、ネギや乾燥ワカメがあれば火を止めた後に入れてもいいですよね。 えのきを使ったとても簡単な作り方をお伝えしました。 簡単にできそうだと思いませんか? だし汁は最初は市販の物を使って下さい。 自分でだしをとってみたいな…と思ったら、是非こちらを試してみてください。 たったこれだけで簡単に自分でだしがとれるのです。 簡単だと思いませんか? ポイントは煮干しです。 煮干しは水につけておくと勝手にいいだしが出てきます。 鰹節のように濾さなくていい分、手間が省けます。 何時間前に入れても大丈夫なので、朝や昼の手が空いた時に、水に材料をポンポンと入れておけば、夜に作る時にはだしはできています。 また煮込んだ昆布、煮干しも、そのまま味噌汁と一緒に食べることができますよ! 栄養源として是非食べる習慣をつけてみてはいかがでしょうか? 味噌汁の簡単な作り方を知って、少しずつ具材を増やしていくのも良いですね。 味噌汁の他にもえのきを使った汁物の作り方をご紹介 えのきは和洋中どんな料理にも合う優れた食材てす。 味噌汁の他にも、お吸い物や洋風スープ、中華スープにも合います。 きのこの扱い方に慣れてきましたら、味噌汁以外の汁物にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。 例えばお吸い物でしたら、味噌を入れる代わりに、酒少々と塩、しょうゆを入れるだけです。 ポイントは塩を少し多めでしょうゆ少々で味を整えてみることです。 ワカメや三つ葉を加えると香り豊かなお吸い物の完成です。 洋風スープだと、ブイヨンを入れて沸騰したお湯に、えのきや冷蔵庫にある野菜を入れるだけです。 また玉ねぎ、キャベツ、人参、ブロッコリー、じゃがいもなど冷蔵庫の掃除を兼ねて余った野菜を入れてください。 味は塩とこしょうで整えて完成てす。 具だくさんスープで野菜不足も補えます。 中華スープも簡単にできます。 沸騰したお湯に鶏ガラスープの素を入れて、えのきやワカメを入れます。 火を止める直前に卵1個を溶いたものを、鍋に流し入れます。 味は塩とこしょうで整えてください。 春雨を入れても美味しいですし、ごま油を数滴加えるだけでも風味がぐんと変わりますよ。 どのスープも作り方は簡単でしたね。 汁物は、和風だし、洋風だし、中華だしを変えるだけで簡単に作れます。 まずは、手軽に扱えそうな食材から試してみてはいかがでしょうか。 えのきを美味しい和え物にする作り方 えのきは味噌汁やスープなどの汁物以外に、美味しい和え物としても使えます。 とても簡単に作れるので、えのきの和え物の作り方を覚えておくと副菜に困った時に便利です。 同じ鍋で少し湯がくだけで簡単に和え物ができます。 にらは緑黄色野菜です。 カロテン、ビタミンB2、C、カルシウムやカリウムなどを豊富に含み、糖分の分解を促進する働きがあります。 さらに、血行を良くして身体を温め、胃腸の働きを助けるので、風邪の予防や病後の回復にも効果があります。 ですので、代謝の悪い人や虚弱体質の人は積極的に摂るのをお勧めします。 「二日酔いにはにらの味噌汁が効果的」とも言われているので、えのきの味噌汁の作り方にも慣れたら、にら入りの味噌汁も簡単に作れそうですね。 いつも身近にあるえのきを活用して元気な身体作りを目指す! 1年を通りしてほぼ店にあるえのきなどのきのこ類は、料理に幅広く活用できる優れものです。 味噌汁だけでなく、炒めものやサラダ、揚げ物にも使えるので気にかけて頂きたい食材です。 忙しい日々が続くと体調も崩れやすくなります。 日々の食事にえのきなどのきのこ類をこまめに取り入れることで、免疫力強化につながります。 是非、少しずつ作り方を学び、美味しく簡単に作れる料理で健康な食生活をお送り下さいね!•

次の

味噌汁の簡単な作り方はえのきで始めてみましょう

えのき 味噌汁

色や地域の名などで呼ばれることもある味噌ですが、大きく分けると米、麦、豆の3種類しかありません。 それぞれ次のような特徴があるとされています。 辛口の仙台味噌や信州味噌から甘口の京風白味噌まで、種類が豊富なのが特徴。 九州地方が主な産地。 塩気が少なく甘い味わい。 熟成期間が長く、愛知県で作られる「八丁味噌」がその代表。 塩味が強く、旨味も濃厚。 これらの味噌を2種類以上合わせたものが「合わせ味噌」。 旨みや香りが複雑になっておいしくなります。 味噌汁によく使われる「赤だし味噌」はこの合わせ味噌のひとつで、豆味噌をベースに米味噌を合わせたものです。 味噌の作り方についてはこちらの記事をご覧ください。 味噌汁のカロリーや栄養はだしや加える具材によって異なりますが、具材が入らない赤味噌・かつおだしのお味噌汁で1杯約40kcalほどです。 例えば定番である「ねぎと豆腐の味噌汁」のカロリーは1杯分で約60kcal。 油を加えて炒めたりすることの多い洋風のスープなどと比べると、かなりカロリーは控えめです。 糖質が1杯分で約3gと低糖質なのもポイント。 ダイエットやファスティングに味噌汁を利用するという方がいるのもうなずけますね。 栄養面では、タンパク質(9種の必須アミノ酸)やビタミンB2、ビタミンE、食物繊維、ミネラルのほか、イソフラボン、コリン、レシチンなど多様な成分を含んでいます。 具沢山の味噌汁なら手軽にバランスよく栄養を摂れるとして、「具沢山味噌汁」を推奨する自治体もある健康メニューなんですよ。 味噌汁は塩分が多くて身体に悪い? 「味噌汁は塩分が多くて身体に悪い」「味噌汁は高血圧の元」という説があります。 一方で「味噌汁は血圧を下げる」という話も。 どちらが正しいのでしょうか? 味噌汁に含まれる塩分は、1杯あたり約1. 確かに、1日3食に1杯ずつ飲むと3. 「それはいくらなんでも摂りすぎでは?」と思いますよね。 ところが、共立女子大学の研究により、「味噌汁の塩分は血圧に影響しない」ということがわかっているのです。 味噌には血圧の上昇を抑制する作用があり、それが塩分の影響を打ち消すそう。 血圧のことを考えるなら、塩や醤油のスープよりも味噌汁がいいといえそうです。 他にも、味噌にはがん予防、生活習慣病予防、老化防止、放射線防御作用などさまざまな健康効果があるといわれています。 味噌と健康|豊富な味噌の栄養素や作り方から賞味期限まで解説 日本人の食生活とは切っても切れない、深い関わりのある調味料「味噌」。 味噌汁や味噌料理などの種類も豊富なので、味噌を一度も口にしたことが無い!と言う方はいらっしゃらないのではないでしょうか? 非常に私たち日本人にとって馴染み深い「味噌」について、今回は作り方から栄養成分まで細かく書いていきたいと思います。 味噌汁におすすめの具 毎日作る味噌汁は、どうしても具材がマンネリ化しがち。 「また大根だけど、この間と違う味にしたいなぁ」 そんな時のためのおすすめの組み合わせを一覧にしてみました。 季節や体調に合わせて、いろいろな具材の組み合わせを試してみてください! 海鮮の味噌汁 海鮮の味噌汁におすすめの味噌は、しっかりと熟成した「米味噌」です。 だしは、「かつおと昆布の合わせだし」なら料亭風に。 わかめの味噌汁は「煮干し(いりこ)」だしの家庭的な味わいもよく合います。 鉄分やビタミンB12も含まれ、貧血の予防にも効果的です。 2~3時間海水に入れて暗い場所に置き、しっかり砂抜きしてから使いましょう。 飲み会翌日の定番味噌汁ですが、タウリンや鉄、カルシウムやビタミンなども多く、大人だけでなく子どもにとっても大切な栄養がたっぷり含まれています。 整腸作用や高血圧予防効果があります。 栄養が流出しないよう、水で戻す時間はほどほどに。 歯ごたえを残しても、煮込んでトロっとさせてもおいしいです。 野菜(根菜)の味噌汁 野菜の味噌汁には、旨みの強い豆味噌と米味噌を合わせた「赤だし味噌」がおすすめ。 かぶなどやわらかな味の野菜には、クリーミーな味わいの「京風白味噌」もよく合います。 だしは動物性の「かつお」や「煮干し」のだし、それらと「昆布との合わせだし」がおすすめです。 ビタミンB1やビタミンCも豊富です。 じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に強いので、お味噌汁にしてもしっかり摂ることができます。 大きめに切るとホクホク感が楽しめますよ。 大根の味噌汁と言えば豚汁。 他の根菜やキノコなどと合わせて具沢山の味噌汁にすると、エキスをたっぷり吸いこんでおいしくなります。 汁ごと飲める味噌汁で栄養を余すところなくいただきましょう! 切ってから汁に入れるまで、しばらく置いておくとさらに効果が高まるそうですよ。 加熱に強いビタミンCやビタミンEなど、美容にうれしい成分も豊富に含まれています。 「汁が甘くなるのがイヤ」という意見もありますが、豚肉やキノコ、油揚げなどと組み合わせると甘くなりすぎずおいしいですよ。 葉つきのかぶを手に入れたら、ぜひまるごと味噌汁に入れてください。 かぶの繊細な甘みと食感を味わうには、かつおと昆布の合わせだしがおすすめです。 風邪の予防におすすめです。 甘いのが好きになれないという方は、だしをしっかりめにきかせるとよいようです。 キャベツなど甘みの強い野菜には、辛口の「米味噌」を合わせるのもよし、同じく甘みのある「京風白味噌」を合わせてもよし、お好みでお選びください。 皮は剥かずにまるごといただきましょう。 くったりと柔らかくなったなすは、卵やオクラなどのトロトロ素材と好相性です。 ぬめりを活かし、とろっとした食感の具材と組み合わせるのがおすすめです。 シュウ酸が多いのでゆでて水にさらしてから使いましょう。 卵や油揚げなど、マイルドでやさしい味の具材とよく合います。 じゃがいもやごぼう、大根などの根菜類やキノコ類などさまざまな具材と相性がよく、日常的に味噌汁に入れたい野菜のひとつです。 がんの予防効果もあるとされ、積極的に摂りたい野菜です。 芯にも栄養があるので、普段のお味噌汁にはぜひ芯も薄く切って入れてください。 たっぷり食べてもカロリーが低いのもうれしいポイントです。 食感の似たえのきや玉ねぎなども相性のよい野菜です。 その他の味噌汁 豆製品、キノコ類なども味噌汁の定番食材です。 味の強い素材には味の強い味噌と「煮干し(いりこ)と昆布の合わせだし」、あっさりとした素材にはマイルドな味の味噌と「かつおと昆布の合わせだし」を使うと素材の味わいを活かせます。 育ち盛りのお子さんにもおすすめの具材です。 絹豆腐は小さく切るとつるりとした食感が楽しめます。 木綿豆腐は大きめにちぎって煮込み、しみこんだ味を楽しむのもいいですね。 抗ストレス作用のあるGABAも含んでいるので、ホッとしたい時におすすめです。 火の入れ具合によってシャキッとした食感もトロリとした食感も楽しめます。 味噌汁との相性は抜群で、他の具材なしでもなめこから出るだしでじゅうぶんにおいしく食べられます。 加熱するとネバネバ感が薄くなり、香りも変わって食べやすくなります。 だしを濃いめにとって旨みの強い味噌で作るとよく合います。 味噌汁の作り方について.

次の