アメブロ フォント。 【簡単】アメブロのフォントをおしゃれに!(コピペで簡単変更)|NailCompass(ネイルコンパス)

アメブロのフォントや文字、リンクの色を変更するカスタマイズ

アメブロ フォント

これは例文です This is Example. font-weight: normal;は文字を通常の太さにするものです。 これは初期値なので、CSSで何も指定していなければ、通常の太さになっているはずです。 もし文字が太くなっていたり、細くなっていたりして、通常の太さに戻したいときに font-weight: normal;を指定しましょう。 太さの詳細設定 ここからは文字の太さをより細かく指定する方法を解説します。 とはいえ「 ほとんどの日本語フォントでは、こまかな太さの設定はできない」ことに注意しましょう。 「太字だけ設定できるフォント」もあれば「太字と細字が設定でき、さらに太字にも何パターンか種類があるフォント」もあるのですね。 対応しているフォントはあまり多くありません。 This is Example. 数値には100〜900まで100刻みで指定します。 合計で9段階から指定できるわけですね。 とはいえ、日本語で9段階に対応しているフォントはほんの一部しかなく(ヒラギノ角ゴなど)、使う機会は限られるかもしれません。 このように文字の太さ指定には様々な方法があります。 とはいえ、Webサイトをつくるうえでは、 bold、lighter、normalの3つだけ覚えておけば十分でしょう。 font-weightが効かないのは何で? ここまで説明してきた通り、そもそも 指定しているフォントに細字が用意されてなかったり、 太さ具合が1段階しか用意されていなかったりするために「font-weightが効いてない?」と思ってしまうかもしれません。

次の

アメブロ全体のフォント(書体)をCSSで変更する方法

アメブロ フォント

私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。 もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違ありませんが、はっきりとは存じませんでした。 中へ這入ったのは無論今日が初めてでございます。 しかしただお断りを致すのもあまり失礼と存じまして、この次には参りますからという条件をつけ加えておきました。 文字のかたまりが目に飛び込んできて、キーワードが拾いづらいですね。 どこが重要なポイントなのかわかりづらく、一瞬で「読みづらい」と思われるかもしれません。 では、改行を入れて行間も少し調整してみましょう。 私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。 もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違ありませんが、はっきりとは存じませんでした。 中へ這入ったのは無論今日が初めてでございます。 しかしただお断りを致すのもあまり失礼と存じまして、この次には参りますからという条件をつけ加えておきました。 先ほどのギュウギュウづめの文章よりは、いくぶん読みやすいと感じるはずです。 読みやすさというのは正解がなくて、主観的な話になってしまいます。 ブログの場合はテンプレート制作者の意図が反映されていますが、まずは自分自身が読みやすいと思う設定にしてみましょう。 余白や配色は CSS で簡単に変更することができます。 余白や配色に関わる CSS プロパティ おもに以下の CSS プロパティを使って調整していきます。 font-size 文字の大きさ color 文字の色 margin 段落間の余白 line-height 行の高さ たとえば、 に対してそれぞれこのように指定してみましょうか。 私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。 もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違ありませんが、はっきりとは存じませんでした。 中へ這入ったのは無論今日が初めてでございます。 しかしただお断りを致すのもあまり失礼と存じまして、この次には参りますからという条件をつけ加えておきました。 イメージにするとこんな感じ。 margin 文字の大きさが 15px となっており、これを基準として margin と line-height が調整されます。 「em」という単位は、font-size の値を 1 として相対的に計算されます。 つまり 2em なら文字の大きさの 2 倍になる、ということですね。 上の例では margin が 2em となっているので、段落の下に 15px の 2 倍となる 30px が余白として反映されます。 Sample 12px にするとちょっと小さすぎますね。 注釈やコメントを付け加えるなら良いかもしれませんが、本文にはどうかなと思います。 わざと小さくして読ませようとする高等テクニックもありますが… やはり標準値である 16px ぐらいが一番読みやすいかなと思います。 ただ、1 行あたりの文字数も関わってくるので、一概にはなんとも言えません。 フォントの種類にもよりますね。 20px になるとちょっと大きすぎるかもしれません。 インパクトはあるのですが、文字が大きいとそれだけスクロールする量が増えることも覚えておきましょう。 ちなみに font-size には小数点以下を指定することもできます(IE は小数点第二位まで)。 フォントカラーは濃いグレー 文字の色は黒( 000000)ではなく、濃いグレーが使われていることが多いですね。 白い背景に黒い文字では、コントラスト比が高すぎてあまり目に優しくありません。 薄くしすぎても視認性が悪いので、ちょっとだけ薄くするのがポイントです。 このブログでは color を 333 としていますが、ほかにも 434343 や 383838 などが使われていました。 434343 の色 383838 の色 333333 の色 000000 の色 こう比べると、黒はハッキリしすぎていますね。 通常の文字はグレーで、タイトルや見出し、強調文字を黒にするとメリハリが出るかもしれません。 参考 行の高さは文字の1. 7~2倍 各行の高さはフォントサイズに対して 1. 7 ~ 2 倍としているブログが多いようです。 文字が 16px なら 27. 2px ~ 32px ということですね。 前項で触れたとおり line-height の値につけられる単位はいろいろありますが、「単位をつけない」のが一般的です。 理由は、親要素で計算された値が子要素にも継承されるから。 難しそうな話ですが、こちらを見るとなんとなく理解できると思います。 単位を px で固定しているブログもありますが、文章の途中で文字の大きさを変えることがあるならちょっと注意が必要です。 サンプルを 2 つご覧ください。 行送りに単位をつけず指定 line-height を 1 で指定します。 px で固定すると文字がかぶってしまいましたが、この指定では 文字を大きくしてもブラウザが計算してくれるのでかぶりませんね。 段落間の余白は1~2文字ぶん 段落と段落のあいだはおもに margin で調整しますが、padding を使っているブログもありました。 単位は、px で指定しているブログが半分、em で指定しているブログが半分、といった感じですね。 いずれの場合も、1 文字から 2 文字ぶん空けるように調整しているところが多いようです。 行の高さとのバランスがポイントなので、セットで考えたほうがよいでしょう。 適当に指定すると、どこからどこまでがひとつの段落なのか、というのがわかりづらくなります。 Sample 文字の色と大きさを変えるとまた印象も変わります。 ここまでひとつの段落です。 ここから次の段落です。 line-height は 1. 5 で margin は 2em です。 好みがわかれるところかもしれませんが、個人的には段落ごとに大きめの余白をとっているほうが読みやすいです。 まとめ 各プロパティの目安を表にまとめてみます。 文字の大きさ 14px ~ 16px 文字の色 333 など濃いグレー 行の高さ 1. 7 ~ 2 倍 段落間の余白 1 文字から 2 文字ぶん Naifix の設定はこんな感じです。 7; margin-bottom: 2. まずは自分が読みやすいと思うブログのマネをすることから始めてみましょう! それでは、また。

次の

アメブロカスタマイズ 好みのフォントに変える方法

アメブロ フォント

私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。 もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違ありませんが、はっきりとは存じませんでした。 中へ這入ったのは無論今日が初めてでございます。 しかしただお断りを致すのもあまり失礼と存じまして、この次には参りますからという条件をつけ加えておきました。 文字のかたまりが目に飛び込んできて、キーワードが拾いづらいですね。 どこが重要なポイントなのかわかりづらく、一瞬で「読みづらい」と思われるかもしれません。 では、改行を入れて行間も少し調整してみましょう。 私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。 もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違ありませんが、はっきりとは存じませんでした。 中へ這入ったのは無論今日が初めてでございます。 しかしただお断りを致すのもあまり失礼と存じまして、この次には参りますからという条件をつけ加えておきました。 先ほどのギュウギュウづめの文章よりは、いくぶん読みやすいと感じるはずです。 読みやすさというのは正解がなくて、主観的な話になってしまいます。 ブログの場合はテンプレート制作者の意図が反映されていますが、まずは自分自身が読みやすいと思う設定にしてみましょう。 余白や配色は CSS で簡単に変更することができます。 余白や配色に関わる CSS プロパティ おもに以下の CSS プロパティを使って調整していきます。 font-size 文字の大きさ color 文字の色 margin 段落間の余白 line-height 行の高さ たとえば、 に対してそれぞれこのように指定してみましょうか。 私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。 もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違ありませんが、はっきりとは存じませんでした。 中へ這入ったのは無論今日が初めてでございます。 しかしただお断りを致すのもあまり失礼と存じまして、この次には参りますからという条件をつけ加えておきました。 イメージにするとこんな感じ。 margin 文字の大きさが 15px となっており、これを基準として margin と line-height が調整されます。 「em」という単位は、font-size の値を 1 として相対的に計算されます。 つまり 2em なら文字の大きさの 2 倍になる、ということですね。 上の例では margin が 2em となっているので、段落の下に 15px の 2 倍となる 30px が余白として反映されます。 Sample 12px にするとちょっと小さすぎますね。 注釈やコメントを付け加えるなら良いかもしれませんが、本文にはどうかなと思います。 わざと小さくして読ませようとする高等テクニックもありますが… やはり標準値である 16px ぐらいが一番読みやすいかなと思います。 ただ、1 行あたりの文字数も関わってくるので、一概にはなんとも言えません。 フォントの種類にもよりますね。 20px になるとちょっと大きすぎるかもしれません。 インパクトはあるのですが、文字が大きいとそれだけスクロールする量が増えることも覚えておきましょう。 ちなみに font-size には小数点以下を指定することもできます(IE は小数点第二位まで)。 フォントカラーは濃いグレー 文字の色は黒( 000000)ではなく、濃いグレーが使われていることが多いですね。 白い背景に黒い文字では、コントラスト比が高すぎてあまり目に優しくありません。 薄くしすぎても視認性が悪いので、ちょっとだけ薄くするのがポイントです。 このブログでは color を 333 としていますが、ほかにも 434343 や 383838 などが使われていました。 434343 の色 383838 の色 333333 の色 000000 の色 こう比べると、黒はハッキリしすぎていますね。 通常の文字はグレーで、タイトルや見出し、強調文字を黒にするとメリハリが出るかもしれません。 参考 行の高さは文字の1. 7~2倍 各行の高さはフォントサイズに対して 1. 7 ~ 2 倍としているブログが多いようです。 文字が 16px なら 27. 2px ~ 32px ということですね。 前項で触れたとおり line-height の値につけられる単位はいろいろありますが、「単位をつけない」のが一般的です。 理由は、親要素で計算された値が子要素にも継承されるから。 難しそうな話ですが、こちらを見るとなんとなく理解できると思います。 単位を px で固定しているブログもありますが、文章の途中で文字の大きさを変えることがあるならちょっと注意が必要です。 サンプルを 2 つご覧ください。 行送りに単位をつけず指定 line-height を 1 で指定します。 px で固定すると文字がかぶってしまいましたが、この指定では 文字を大きくしてもブラウザが計算してくれるのでかぶりませんね。 段落間の余白は1~2文字ぶん 段落と段落のあいだはおもに margin で調整しますが、padding を使っているブログもありました。 単位は、px で指定しているブログが半分、em で指定しているブログが半分、といった感じですね。 いずれの場合も、1 文字から 2 文字ぶん空けるように調整しているところが多いようです。 行の高さとのバランスがポイントなので、セットで考えたほうがよいでしょう。 適当に指定すると、どこからどこまでがひとつの段落なのか、というのがわかりづらくなります。 Sample 文字の色と大きさを変えるとまた印象も変わります。 ここまでひとつの段落です。 ここから次の段落です。 line-height は 1. 5 で margin は 2em です。 好みがわかれるところかもしれませんが、個人的には段落ごとに大きめの余白をとっているほうが読みやすいです。 まとめ 各プロパティの目安を表にまとめてみます。 文字の大きさ 14px ~ 16px 文字の色 333 など濃いグレー 行の高さ 1. 7 ~ 2 倍 段落間の余白 1 文字から 2 文字ぶん Naifix の設定はこんな感じです。 7; margin-bottom: 2. まずは自分が読みやすいと思うブログのマネをすることから始めてみましょう! それでは、また。

次の