インスタ 通知 特定の人。 インスタでフォローを外された!?確認する方法を解説!

Instagram プッシュ通知のオン/オフ設定方法・来ない時の対処法【iPhone/Android】

インスタ 通知 特定の人

もくじ• インスタライブの限定配信について たとえばツイキャスには「合言葉」を設定することで一部の人にのみ公開される機能があり、LINEライブにも有料でのみ視聴できる配信ルームがあります。 こういった 「限定配信」の機能は、 ライブ配信サービスの中で固定のコミュニティを作ったり、ファンを囲い込んだりするのにとても有効! では、インスタライブにはこのような「限定配信」はあるのでしょうか? 「限定配信」の機能はない まず結論からいうと、 インスタライブに「限定配信」と呼ばれる機能、もしくはそれに準ずる機能はありません。 インスタライブはあくまでSNSアプリ「インスタグラム」の機能の一部ですから、とてもシンプルな仕様になっているのです。 また他のライブ配信サービスのように、インスタライブで投げ銭をしたり、お金を稼いだりといった収益化機能もついていません。 コミュニティを作る・ファンを囲い込むといった目的があるなら、メイン機能である写真・動画投稿やコメント等を活用していくほうが効率的でしょう。 非公開アカウントにしてフォロワーにのみ配信 とはいえ、 「限定配信」に近い形でライブ配信をすることは可能です。 その方法は、 非公開アカウントにすること。 非公開アカウントにすると、自分のフォロワーしか投稿やストーリーズを視聴できなくなります。 インスタライブも自分のフォロワーにのみ公開され、フォロワーじゃない人は見れません。 これがインスタライブでの「限定配信」に最も近いと言えるでしょう。 フォロワーにのみ限定配信をしたい人に向け、非公開アカウントへの設定方法を解説します。 ビジネスアカウントに設定している場合は非公開にできません。 個人アカウントの切り替えてから設定し直しましょう。 公開アカウントだと限定配信できない 逆に、公開アカウントの場合限定配信をする術がありません。 非公開アカウントで注意したいのが、非公開アカウントにすればフォロワーしかインスタライブが見れなくなりますが、写真やストーリーズの閲覧者も限られることです。 写真やストーリーズを見せたいなら公開アカウントにするしかなく、公開アカウントになればライブ配信もフォロワー以外に見られてしまう…というジレンマが起きてしまいます。 ストーリーズの場合なら「親しい友達のみ」に設定すれば「親しい友達」に登録した人だけに見せられますが、インスタライブにはその設定ができません。 よって2020年3月現時点では、 アカウントを公開状態にしたまま「インスタライブだけ非公開で配信」ということができないのです。 ただ、これからインスタライブの人気が高まり、ユーザーから多くの要望が出てきたら限定配信機能が追加されるかもしれませんね。 特定の人にだけ通知が行かないようにする方法 インスタライブを「特定の人にだけ見せたい」と思っている人は、逆に言えば「それ以外の人には見せたくない」もしくは「見せたくない人がいる」のではないでしょうか? 「あの人には見せたくない」という相手が数人程度なら、その人をブロックすればあなたのライブ配信は見られません! ブロックすることで投稿やストーリーズもその人にだけ非公開になるため、あまり関わりたくない人はブロックするのも有効です。 ブロックしにくい相手の場合には、どうしてもライブ配信が公開される状態なので、他のライブ配信サービスの利用を検討してみてください。 アカウントの制限機能 制限することでその人のコメントを制限したり、DMの既読を隠したりできるのですが、 制限範囲は狭く、残念ながらライブ配信を隠すことはできません。 インスタライブ配信の検索方法について インスタライブにも他のライブ配信アプリのように 人気の配信を検索できる機能があったら便利ですよね。 ハッシュタグによる写真・動画の検索機能がありますし、インスタグラムの別アプリ「IGTV」にも検索機能があるため、ライブ配信の方にも期待しがち。 では、ライブ配信に限定して検索できる機能や検索する方法はあるのでしょうか? インスタライブの検索機能は無い! まずは結論ですが、 残念ながらインスタライブには検索機能はありません。 誰がライブ配信をしているのかは、インスタグラムを開いて上のストーリーズを見れば確認可能です。 ストーリーズの表示順は、投稿やその人のストーリーズを視聴する頻度の高さの順番です。 以前はライブ配信中のアイコンが一番左側に表示され、すぐ気付きやすくなっていました。 しかしアップデートにより、ライブ配信中でも必ずしも左側に表示されるわけではなくなりました。 フォロワー以外のライブ配信はストーリーズに出てきません。 そのため、一度その人のプロフィール画面に移動し、アイコンをタップしてライブ配信を開く必要があります。 もちろん検索もできないため、 事前に誰がいつライブ配信をしているかを把握しておく必要があります。 その人のライブ配信を見たいなら、 事前にフォローしておくことをおすすめします。 検索の代わりにプッシュ通知を活用 インスタライブの検索方法はありませんでしたが、 検索の代わりにプッシュ通知を活用しましょう! インスタグラムでは毎日大量に「いいね!」が来るため通知そのものをOFFにしている人も多いかもしれませんが、 実はOFFにする通知・ONにする通知が選べるようになっているのです。 「ライブ動画」をONに すると「ライブ動画」の項目が一番上に出てきます。 普段は「いいね!」通知をOFFにしている人でも、 ライブ配信の通知をONにしておけば、誰かがライブ配信をしたときにすぐに気付けて見落としが減るでしょう。 ライブ配信に限らず、インスタグラムの通知設定はかなり細かく設定できるため、自分が使いやすいように設定してみましょう! インスタライブの限定配信で秘密のライブ配信をしてみよう インスタライブには「限定配信」という機能はないものの、アカウントを非公開にすれば実質フォロワーのみの限定配信ができるようになります。 非公開アカウントの人は普段から投稿・ストーリーズ・ライブ配信を見せても良い相手だけフォロー許可をするように注意するといいですね。 そして限られたフォロワーと一緒に、秘密のライブ配信を楽しみましょう!.

次の

インスタの通知が来ない 7つの原因と解決方法をご紹介

インスタ 通知 特定の人

そもそもフォロワーを外したい理由を調べてみた すごく苦手な人にインスタのアカウントが知れてしまったため フェイスブックやツイッターからインスタのアカウントがバレてしまうことがあり、 知られたくない相手に写真を見られたくないからフォロワーから外したいというケースです。 知らない人からのフォローを外したい 知らない人からのフォローは外したいというケースです。 フォロワーは知人のみに留めておきたい人も多いみたいです。 変な人にフォローされていて困っている AV女優や芸能人などに フォローされて困っているなどの理由もありました。 インスタのフォロワーを外す2つの方法 インスタのフォロワーを外す方法を2つご紹介します。 結果はどちらも同じで、 フォロワーを外す手順が2通りあるという意味です。 再フォローされたる可能性はアリ フォロワーを外すのは簡単ですが、再フォローされる可能性はあります。 完全にフォロワーから外したい場合は ブロック状態にしておくことをおすすめします。 ただし、ブロックすると相手が自分の写真を一切見ることができなくなり、ブロックされていることは伝わってしまいます。 どちらを選択するかは難しいところですが、地道にフォロワーを外し続けるほうが角も立たずに済ませられる可能性が高いです。 インスタの特定のフォロワーを外す方法まとめ インスタのフォロワーを外したいときの方法を2つの手順でご紹介しました。 フォロワーを外したい人がいましたら、ぜひ試してみてください。

次の

Instagramで特定ユーザーの投稿だけプッシュ通知させる方法

インスタ 通知 特定の人

kiwamiです。 今回は 「Instagramで、特定の相手からのダイレクトメッセージだけ通知オフ(ミュート)にする方法」についてご紹介します。 全体の通知はオフにしたくないけど、この人だけ通知はいらない・・・・という場合には設定してみて下さい。 ブロックをすると相手にバレる可能性もありますが、ミュートはただの通知オフ機能なので、より相手にはバレにくくなります(既読にならない、などから推測するしかない)。 Instagramで特定の相手からのダイレクトメッセージ通知を停止する方法 もしもダイレクトメール全体の通知を設定したい場合には以下の記事をご覧下さい。 【関連】 特定の相手からの通知をオフにする方法は以下で説明します。 Android版のInstagramを使ってますが、方法はiPhoneでも同じです。 Instagramのアプリを開いて、右上にあるメールボックスのアイコンをタップします。 ミュートにしたい相手を選びます。 右上の「i」のアイコンをタップします。 詳細設定が表示されました。 「お知らせをミュート」の項目があるので・・・ オンにします。 これでこのユーザーがダイレクトメールを送ってきても、通知が来なくなりました。 上の画像の様に、ユーザーネームの下に「斜線の入ったスピーカー」のマークが表示されました。 これがミュートの印です。 ここに新しいメッセージは表示されますが、その事が通知される事はありません。 この方法で通知をオフにしておいて、たまにダイレクトメッセージの一覧から最新のメッセージの確認をする・・・という感じでもいいかも知れないですね。 相手によっては。

次の