タリーズコーヒー 株主優待。 「毎日コーヒーが飲みたい!」を株主優待で実現 1年分のコーヒーをゲットできるオススメの4社 | マネーの達人

19年最新版! コーヒー株主優待銘柄ランキング【家庭用】 [株主優待] All About

タリーズコーヒー 株主優待

ドトール株主になるには ドトールの株主優待や配当金をもらうには、ドトールの株主になる必要があります。 株主になる手順は以下の通りです。 証券会社で口座を開設する• ドトールの株式を100株購入する• 権利確定日(2月末)まで株式を保有し続ける• 権利確定日の数ヶ月後に株主優待、配当金を受け取る ドトールの株価(2018年4月12日現在)は1株2,465円なので、100株購入するために必要なお金は約25万円です。 2018年の配当は1株32円と予想されており、100株保有で年間3,200円の配当がもらえる見込みです。 ドトールの株主優待の内容 次に、ドトールの株主優待の内容を確認していきましょう。 株主優待の内容 ドトールの株主優待の内容 保有株数 優待内容 100株以上300株未満 1,000円分の株主優待カード 300株以上500株未満 3,000円分の株主優待カード 500株以上 5,000円分の株主優待カード ドトールの株主になると、保有株数に応じて、全国のドトールで利用できる株主優待カードがもらえます。 2015年2月期までは自社製品でしたが、現在は株主優待カードに変更されています。 保有株数を100株から300株(3倍)、500株(5倍)に増やすと、株主優待カードの金額も3,000円(3倍)、5,000円(5倍)に増えるので、「100株、300株、500株」のいずれかで保有するのがお得です。 株主優待カードが利用できるのはドトールのみで、エクセルシオールカフェや星乃珈琲店では利用できないのでご注意ください。 (公式サイト) ドトールバリューカードと株主優待カードの違い ドトールには「バリューカード」と呼ばれるプリペイドカードがありますが、株主優待カードと何が違うのでしょうか。 ドトールバリューカードは、ドトール、エクセルシオールカフェなどで利用できるキャッシュレスのプリペイドカードです。 nanacoやwaonのような電子マネーと同じように、店舗で現金、または会員登録してクレジットカードでチャージができます。 2,000円以上のチャージで5%のポイントが付与される、新商品の購入でポイントがもらえるなど、チャージや利用でポイントが貯まる仕組みがあるのが特徴です。 ドトールをよく利用する人は、バリューカードをうまく利用するとポイントが貯まるメリットがあります。 一方、株主優待カードは、保有株数に応じたポイントがあらかじめチャージされた使い切りのプリペイドカードです。 バリューカードとは違い、チャージはできません。 また、ポイントが貯まる仕組みもないのでご注意ください。 ただし、株主優待カードのポイントはバリューカードに移行可能です。 そのため、株主優待カードからバリューカードにポイントを移行すれば、新商品の購入などでさらにポイントがもらえます。 (公式サイト) 気になる利回りは? ドトール株を100株保有した場合、優待利回りは約0. また、配当利回りは約1. 7%になります。 優待利回りはあまり高くありませんが、配当と合わせると2%近くあり、今後の株価の動向によっては利回りが上昇する可能性もあります。 ドトールは自己資本比率が約80%と高く、配当金が安定して支払われているのも魅力です。 ドトールとよく比較されるコーヒー会社について 株主優待について、ドトールとともによく検索されているのが、タリーズコーヒーとネスレ日本です。 この2つの会社は株主優待を実施しているのでしょうか。 次に、ドトールとよく比較されるタリーズコーヒー、ネスレ日本について確認していきましょう。 タリーズコーヒー タリーズコーヒーはドトールとよく比較されますが、伊藤園(2593)のグループ会社で、株主優待は実施していません。 ちなみに、伊藤園は株主優待を実施しています。 優待内容は以下の通りです。 伊藤園の株主優待の内容 保有株数 優待内容 100株以上 1,500円相当の自社製品 1,000株以上 3,000円相当の自社製品 保有株数に応じて自社製品がもらえるので、今後はタリーズコーヒーブランドの製品が含まれるかもしれません。 しかし、株主優待でコーヒーをもらうなら、ドトールを選ぶほうがよいでしょう。 ちなみに、伊藤園の株価(2018年4月12日終値)は1株4,230円で、売買単位は100株単位なので、優待をもらうための最低投資額は約43万円です。 (公式サイト) ネスレ日本 ネスレはスイスにある世界最大の食品飲料会社で、ネスレ日本はネスレの日本法人です。 「ネスカフェゴールドブレンド」などのインスタントコーヒー、飲食店や職場などで利用されるコーヒーマシーンなど、ネスカフェブランドでさまざまなコーヒー製品を供給しています。 ネスレ日本もドトールとよく比較されますが、実は非上場会社で、株主優待は実施していません。 そのため、株主優待でコーヒーをもらうなら、ドトール株の購入をおすすめします。 (公式サイト) まとめ• ドトールの株主優待をもらうチャンスは年1回。 2月末の権利確定日までに100株以上購入すればもらえる• ドトールバリューカードと株主優待カードの違いは、チャージができるかどうか。 株主優待カードは使い切りでチャージはできないが、バリューカードにポイント移行は可能• ドトールとよく比較されるタリーズコーヒー、ネスレ日本は株主優待を実施していない。 株主優待でコーヒーをもらうならドトール株を購入しよう.

次の

コーヒー株主優待銘柄、最もお得なのはどれ?タリーズ、キーコーヒ―、星野珈琲etc . [株主優待] All About

タリーズコーヒー 株主優待

私鉄株主優待・私鉄電鉄カード・私鉄切符• その他私鉄関連切符• その他交通系の金券 デパート・百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 全国百貨店共通商品券・ギフト券・百貨店ギフトカード• 三越伊勢丹百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 高島屋百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 小田急百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 松屋百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 大丸松坂屋百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 西武そごう百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 東急百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 東武百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 京王百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 阪急阪神百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 和光商品券・ギフト券• プランタン銀座商品券・ギフト券• その他デパート・百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• スーパー商品券・ギフト券・株主優待券 レジャー券・チケット・入場券• ディズニーチケット ランド・シーのリゾートパスポート)• テーマパーク券・遊園地券・プール券・チケット・入場券• スパ・温泉・スーパー銭湯・サウナ等の割引券• 動物園・植物園・水族館のチケット・入場券• 展望台のチケット・入場券・株主優待券• スポーツ施設・フィットネス商品券・ギフト券・利用券・株主優待券• スポーツ観戦チケット・株主優待券• ゴルフ場プレー券・ゴルフ場関連の割引券• スキー場リフト券・スキー場関連の割引券• 観劇チケット 芝居・コンサートなど ・入場券• カラオケ・ボウリング他室内レジャー券・割引券• ホテルギフト券・宿泊券・宿泊割引券・観光レジャー券• クルーズ・客船関連ギフト・株主優待券• その他レジャー券・株主優待券• 旅行券・ギフト券 私鉄株主優待・私鉄電鉄カード・私鉄切符• 東武鉄道株主優待券• 京王電鉄株主優待券• 京成電鉄株主優待券• 小田急電鉄株主優待券• 西武電鉄株主優待券• 京浜急行 京急 株主優待券• 東京急行 東急 株主優待券• 相模鉄道 相鉄 株主優待券• 新京成電鉄株主優待券• 富士急行株主優待券• 近畿日本鉄道 近鉄 株主優待券• 名鉄 名古屋鉄道 株主優待券• 阪急阪神ホールディングス株主優待券• 南海電鉄株主優待券• 京阪電鉄株主優待券• 神戸電鉄株主優待券• 山陽電鉄株主優待券• 西日本鉄道 西鉄 株主優待券• その他私鉄株主優待券• 私鉄電鉄カード• その他私鉄関連切符• その他交通系の金券 デパート・百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 全国百貨店共通商品券・ギフト券・百貨店ギフトカード• 三越伊勢丹百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 高島屋百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 小田急百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 松屋百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 大丸松坂屋百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 西武そごう百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 東急百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 東武百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 京王百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 阪急阪神百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• 和光 銀座和光 商品券・ギフト券• プランタン銀座商品券・ギフト券• その他デパート・百貨店商品券・ギフト券・株主優待券• スーパー商品券・ギフト券・株主優待券 レジャー券・チケット・入場券• ディズニーチケット ランド・シーのリゾートパスポート)• テーマパーク券・遊園地券・プール券・チケット・入場券・株主優待券• スパ・温泉・スーパー銭湯・サウナ等の割引券• 動物園・植物園・水族館の割引券• 展望台のチケット・入場券・株主優待券• スポーツ施設・フィットネス商品券・ギフト券・利用券・株主優待券• スポーツ観戦チケット・株主優待券• ゴルフ場プレー券・ゴルフ場関連の割引券• スキー場リフト券・スキー場関連の割引券• 観劇チケット 芝居・コンサートなど ・入場券• カラオケ・ボウリング他室内レジャー券・割引券• ホテルギフト券・宿泊券 宿泊チケット ・宿泊割引券・株主優待券• クルーズ・客船関連ギフト・株主優待券• その他レジャー券・株主優待券• 旅行券・ギフト券 タリーズカード 10000円券 タリーズカード各種は金券ショップチケットレンジャーで買取中! タリーズカード各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。 郵送買取および各店舗にて買取しております。 タリーズカードデザイン photo : タリーズカードとは タリーズカードとはお好きな金額をチャージして繰り返し使えるプリペイドカードです。 タリーズカードの有効期間は最終利用日(チャージ、支払い、残高照会)から2年間です。 タリーズカードの残高は、店頭またはWeb(タリーズコーヒー ホームページ)でご確認いただけます。 利用履歴は、Webの「残高照会ページ」でご確認ください。 タリーズカードは、入金は1,000円単位、残高上限が20,000円になるまでチャージが可能です。 タリーズカード取扱店の店頭で、現金またはクレジットカード(一部店舗のみ)での受付となります。 タリーズカードのカードの再発行はできませんので、取扱いにご注意ください。 ただし、カードの裏面にあるカード番号が判読不可能な場合に限り、情報確認の上、店舗で再発行いたします。 (ご希望のデザインをご用意できない場合もございます) タリーズコーヒーとは photo : タリーズコーヒーは、アメリカ・ワシントン州シアトルを本拠とするコーヒーのチェーン店。 アメリカ国外では、ブランドライセンス供与の形で日本と韓国に出店している。 アメリカ西海岸を中心に約200店舗のコーヒーショップを運営し、スターバックスに続いて全米2位の売り上げを誇る。 日本では別法人による店舗展開を行っている。 豆を使うコヒートは違い、エスプレッソベースのコーヒーにアレンジを加えたものである。 (参考引用元:より).

次の

「毎日コーヒーが飲みたい!」を株主優待で実現 1年分のコーヒーをゲットできるオススメの4社 | マネーの達人

タリーズコーヒー 株主優待

,Ltd. ,Ltd. )は、日本においてコーヒーショップ「」の経営を行っている会社である。 の()。 概要 [ ] に当時員であった が、渡米中に飲んだの味に感動し、創業者のトム・タリー・オキーフに直談判して日本での店舗展開を実現した。 知人から譲り受けた株式会社ロコ・トレーディングで、にで一号店を開店することに始まる(この開店日にちなんで、8月7日を「 タリーズの日」として様々なアニバーサリー・キャンペーンを行っている)。 当時破竹の勢いで店舗展開を行っていたスターバックスとの競合から一時は売上不振により倒産寸前に追い込まれるが、後に地道な営業努力により成績を上げ、に正式な日本法人「 タリーズコーヒージャパン株式会社」へと業務を移管した。 東京都心部のオフィス街を中心に直営店を出店していたが、より方式による全国展開を開始している。 (平成13年)7月には、当時飲食業界最速の記録を更新して(現:)へと株式を果たした。 組織と商号の変遷 [ ] (平成14年)に フードエックス・グローブ株式会社に社名変更したうえで、を実施し、タリーズコーヒーの営業を新設「タリーズコーヒージャパン株式会社」(現在のタリーズコーヒージャパン株式会社とは別法人)に移管して店舗展開を推し進める他、緑茶を中心とした「」、中国スイーツを中心とした「(シャンライカ)」をオープンさせるなど、として飲食店の経営・展開を行う事業会社を統括していた。 (平成15年)9月に「経営戦略上」の理由からを行って上場廃止をする。 これはTully's Coffee Corporation()がの状態に陥っていること、また株主等の様々なしがらみから解かれることで、より積極的な経営展開を行いたいという考え方の下で実施された。 また、同年から、若年層の認知度を高めるためもあって、向けを販売している。 (平成17年)8月に子会社のタリーズコーヒージャパンがTully's Coffee Corporation(米)からタリーズコーヒーの日本における、営業権などの各種ライセンス権利を譲り受けて、完全独立を果たした。 (平成18年)、の子会社、SBIキャピタル(社長)へ(17. (平成19年)には、SBIキャピタル系のSBI Value Up1号有限責任投資組合から株式を追加取得して、80. 、フードエックス・グローブ株式会社は子会社のタリーズコーヒージャパン株式会社(2代目)と合併し、 タリーズコーヒージャパン株式会社に商号変更した(元の商号に戻した)。 タリーズ以外の展開店舗 [ ]• ナチュラルステーション - ジュースバー。 現在は個別経営は1店舗、タリーズコーヒーとの併設は5店舗。 沿革 [ ]• - タリーズコーヒー・ジャパン株式会社(初代)設立。 7月 - ナスダックジャパン(現:ヘラクレス)へ株式上場。 当時としては、飲食業界最速での上場となる。 10月 - Tully's Coffee Corporation(米)から日本国内におけるコーヒー豆の焙煎と卸売の権利を取得。 - フードエックス・グローブ株式会社に商号変更したうえで、会社分割でタリーズコーヒー・ジャパン株式会社(2代目)を新設し、持株会社化。 - 上場廃止。 8月 - Tully's Coffee Corporation(米)から日本における「Tully's Coffee」を完全取得。 11月 - 株式会社伊藤園のグループ会社となる。 - 本社をからへ移転。 - タリーズコーヒージャパン株式会社(2代目)と合併。 タリーズコーヒージャパン株式会社に商号変更。 脚注 [ ] [].

次の