気象庁雨雲。 日本気象協会、10分単位で局地的な雨雲が分かる「豪雨レーダー」開始

気象庁のテレビ情報

気象庁雨雲

他にもこんな番組で紹介されています… 令和2年7月豪雨では特別養護老人ホームで14人が犠牲になった他、14日には島根県の江の川が氾濫するなど被害は異例の広範囲かつ長期に及んだ。 これまでに77人が死亡。 特筆すべきは雨量の多さで、専門家が原因として挙げるのは「梅雨前線の長期に渡る停滞」、「二方向から前線に温かく湿った空気が流れ込み、水蒸気を大量に供給し続けた」。 現在、中国でも長江流域などで記録的大雨 今回の7月豪雨では7月3日から4日にかけて熊本県などで記録的な大雨が降り大きな被害が出たが気象庁は3日当時「大雨特別警報を発表するような記録的な大雨になる」と予想していなかった。 気象庁の関田康雄長官は「予想を大きく超える大雨となったことを重く受け止め線状降水帯を含めた大雨の予測精度向上についても技術開発を進める必要がある」という見解を示した。 そのうえで3日夜 西之島で噴火が確認された。 西之島は小笠原諸島父島の西にある火山島で、今月11日に海洋気象観測船「凌風丸」で付近の海上から観測を行った。 夜間撮影された映像では高温の溶岩が火口から約200メートルの高さまで噴き上がっている様子がみられた。 東京都は警戒レベルが最高に引き上げられ、全国新規感染者は456人と緊急事態宣言解除後最多となった。 室井さんは「どう捉えたらいいのか分からなくなってきた」などとコメント。 一方でGo To キャンペーンが始まることにも触れた。 そして、気象庁長官が記録的豪雨に対し「想定外であり、我々の実力不足」と話した。 村上知子が「日焼けが気になる季節になってきましたよね」と入る。 ウガッティーが「2人とも知ってる?紫外線って4秒浴びたらもう日焼けし始めるっていう説もあるのよ」と説明した。 エステティシャンの舟津真里さんが、紫外線の強い時期にオススメの美白美容液を紹介した。 舟津さんはこれまで3万人以上を美に導いてきたカリスマエステティシャンで、舟津さんが開発した「MEマスター.

次の

北~西日本・局地的に雨雲発達 NHK総合【ニュース・気象情報】|JCCテレビすべて

気象庁雨雲

前線や低気圧の影響で北日本から西日本の各地で局地的に雨雲が発達している。 前線の活動が活発になるため、西日本と東日本ではあすからあさってにかけて再び大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫に引き続き警戒するよう呼びかけている。 気象庁によると前線や低気圧の影響で北日本から西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達している。 これまでの雨で青森県と岩手県では氾濫危険水位を超えている川がある。 黄海にある別の低気圧があすからあさってにかけて日本海へ進み九州から日本の南岸に伸びる前線の活動が活発になる見込み。 西日本ではあすから東日本でもあさってには局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがある。 あす夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで九州北部で150ミリ、中国地方で120ミリと予想されている。 また、あさって夕方までの48時間には九州北部と四国で200ミリから300ミリ。 中国地方と近畿、北陸、東海それと関東甲信で150ミリから250ミリ。 九州南部で100ミリから200ミリの雨が降る見込みで記録的豪雨となった九州などでも再び大雨となるおそれがある。 被害を受けた地域では地盤が緩み川の堤防が傷んだ場所があり少ない雨でも災害が発生する危険性が非常に高くなっている。 気象庁は土砂災害や川の氾濫低い土地の浸水に引き続き警戒するよう呼びかけている。 仙台、岩手・一戸町、球磨川、大分・九重町の映像。

次の

気象庁 雨雲レーダー アプリ

気象庁雨雲

前線や低気圧の影響で北日本から西日本の各地で局地的に雨雲が発達している。 前線の活動が活発になるため、西日本と東日本ではあすからあさってにかけて再び大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫に引き続き警戒するよう呼びかけている。 気象庁によると前線や低気圧の影響で北日本から西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達している。 これまでの雨で青森県と岩手県では氾濫危険水位を超えている川がある。 黄海にある別の低気圧があすからあさってにかけて日本海へ進み九州から日本の南岸に伸びる前線の活動が活発になる見込み。 西日本ではあすから東日本でもあさってには局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがある。 あす夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで九州北部で150ミリ、中国地方で120ミリと予想されている。 また、あさって夕方までの48時間には九州北部と四国で200ミリから300ミリ。 中国地方と近畿、北陸、東海それと関東甲信で150ミリから250ミリ。 九州南部で100ミリから200ミリの雨が降る見込みで記録的豪雨となった九州などでも再び大雨となるおそれがある。 被害を受けた地域では地盤が緩み川の堤防が傷んだ場所があり少ない雨でも災害が発生する危険性が非常に高くなっている。 気象庁は土砂災害や川の氾濫低い土地の浸水に引き続き警戒するよう呼びかけている。 仙台、岩手・一戸町、球磨川、大分・九重町の映像。

次の