目の当たり 読み方。 呼びかたのなぞが知りたい

ピンインをローマ字読みしてはいけない理由。「牛肉麺」の読み方は?

目の当たり 読み方

「翻弄」の意味とは? 「翻弄」の読み方は「ほんろう」 「翻弄」は「ほんろう」と読みます。 「翻弄「の「翻」は風に乗ってひらひらとすることを意味し、「ひるがえる」「ひるがえす」とも読む漢字です。 また「翻弄」の「弄」は欲しいままにするという意味があり「ロウ」また「もてあそぶ」とも読むことができます。 この二つの漢字が持つ意味が「翻弄」の意味へとつながっていきます。 「翻弄」とは「思いのままなぶりものにすること」 「翻弄」とは「思いのまま、相手をなぶりものにする」という意味を持つ言葉です。 相手の意思や考えを超越し、思い通りに惑わすこと、また相手を意思を考慮せず思いのまま行動させるという意味があります。 自分の意思が確固たるある中、何か人生を揺さぶる要素が登場した時、人は自分の行動や考えをコントロールできなくなる時があります。 「翻弄」は「翻弄される」という受身での形が多く使われますが、それは誰かに意図的に振り回されていることを示しています。 「翻弄」は状況的に厄介なこともある 「翻弄」それぞれの漢字が意味するところの「風がひらひらと吹くように、自然と何か(誰か)にもてあそばれている状態」を表す言葉となります。 時として、状況によっては翻弄されている状況を半ば楽しむ人もいますが、多くは戸惑いや苦しみを伴う場合がほとんどです。 もちろん、翻弄されることによって生き方や人生が変わってしまうこともあるため、実際は厄介な状況であるとも説明できるでしょう。 意図的に「翻弄」する側は悪い? 「翻弄される」のではなく、意図的に「翻弄する」側はどうでしょうか?他人をもてあそぶように行動や意思さえも動かしてしまうのは、決して良い行いとは言えないでしょう。 相手や他人を翻弄しすぎてしまうと、それを受ける側は心底疲れ果ててしまいます。 「翻弄」の使い方と例文 仕事や社会・恋などに「翻弄」されることが多い 「翻弄」を使う状況を見てみると、たとえば仕事や社会生活、また恋愛や自分の子供など、人生を左右する事柄に対して使われることが多いようです。 「翻弄」が持つ「もてあそぶ」からイメージできるように、周囲の環境や事象を原因とし、意識のないまま振り回されてしまうことを表すのが「翻弄」です。 自分を取り巻くいくつかの状況で「翻弄される」ことはありますが、加えて、ある時点で「振り回されているかも?」と感じる時に「翻弄された」という表現を使うことができます。 「翻弄」を使った例文• 魅力的な女性に翻弄されるも、途中までは楽しんでいた自分がいる。 夢のIT企業に就職したが、毎日仕事に翻弄される日が続いている。 子供が出来たあとは、家事と子育てに翻弄されるばかりである。 相手を翻弄することだけに生きがいを感じている彼女だが、いつかしっぺ返しがくるはずだ。 社会に翻弄されるのはまっぴらだ。 これからは自分らしい生き方をしていきたい。 ここで欲を張って生産数を増やせば、余剰在庫が出てしまう。 これではライバル会社の思うツボだ。 同情を誘うメールを送ったら、デートに誘ってくれた。 言葉は悪いが思うツボであった。 まとめ 「翻弄(ほんろう)」は「相手を思いのままに困惑させ、行動させること」という意味を持つ言葉です。 何かに翻弄されると「周囲に振り回された」「自分でコントロールができない」というような状況に陥るため、場合によっては生活や人生そのものが変わってしまうこともあります。 仕事や社会生活、恋愛などのように、自分より大きなカテゴリーに、ついつい考えや行動を制限され、縛られてしまうことはあるでしょう。 恋愛のように多少の期間で翻弄されることを、ちょっとだけ楽しむことはあるかもしれませんが、やはり基本的には翻弄される生き方は、息苦しいものと言えるのかもしれません。

次の

労いの言葉の例文・読み方・類語・敬語での目上の人への使い方

目の当たり 読み方

労いは言葉として表現する事ができます。 例えば挨拶は「おはよう」「こんにちは」の様な言葉で表現する事が可能です。 では労いの場合はどんな言葉が労いの言葉になるのでしょうか。 労いの場合は「努力したね、よく頑張った」や「いつもありがとう」などが労いの言葉です。 労いの意味で解説したように、労いは相手に働いてくれた事への感謝の気持ちを伝える事を意味しています。 労いの言葉にはビジネスとプライベートのどちらでも使用する事が可能です。 例えば御兄弟やご両親や恋人や奥さん・旦那さんにも労いの言葉は掛けることが可能です。 ビジネスでも上司に対しても使用する事もできます。 ちょっとした事でも「労いの言葉」を掛けられると人は嬉しいのでたまには、普段お世話になっている人に労いの言葉を掛けてみるのもいいでしょう。 労いの挨拶の「お疲れ様」や「ご苦労様」にも意味があるのはご存知でしょうか。 まずはお疲れ様の意味から説明していきます。 「お疲れ様」とは「相手の苦労をねぎらう」意味の挨拶の言葉です。 お疲れ様は相手が目上でも同じ立場の人でも問題なく使用できる言葉です。 覚えておきましょう。 続いてご苦労様の意味ですが、複数の意味があります。 一つ目は「お疲れ様」と同じで相手の苦労を労う挨拶の意味です。 もう一つは「相手の苦労や努力をあざ笑う」意味があります。 そのため目上の方に使用すると上司を怒らせてしまう可能性があります。 基本的には目上から目下に対してこのように同じ労いの挨拶でもそれぞれ違った意味が込められています。 敬語での労いの挨拶や言葉の使い方 ・お疲れ様です。 今日も営業ではフォローして頂きありがとうございます。 今日も良い勉強になりました。 もっと勉強して田中部長のようになりたいと思います。 ・今日の会議の山下専務の商品プレゼンを聴いていて感動しました。 思わず引き込まれました。 さすがです。 勉強になりました。 ・下田専務お疲れ様です。 今日は研修会ではアドバイスとお褒めくださりありがとうございました。 それではお先に失礼します。 ・田中部長お疲れ様です。 今日はアドバイスありがとうございました。 部長のアドバイスを今後も活かしてこれからももっと精進していきます。 ・お疲れ様です。 今週も何かと忙しかったですね。 今週末はゆっくり休んでまた来週もよろしくお願いします。 ・部長残業ですか?お疲れ様です。 差し出がましいようですが私で良ければ、何かお手伝いできることはありませんか? 件名:アルバイト研修会お疲れ様でした。 山下先輩おはようございます。 昨日の全店舗アルバイト合同研修会、本当にお疲れ様でした。 全店舗の約100名物アルバイトの研修に集まり研修を行いましたが、山下先輩のフォローがなければ私と岩谷さんと岩田さん、一ノ瀬さんだけでは研修会の司会進行を滞りなく行うことはできなかったでしょう。 山下先輩のおかげと感謝しています。 研修会を始める前の挨拶や研修生へのスピーチとても素晴らしかったです。 私も山下先輩のように臨機応変に対応できるような仕事ができるよう今後も努力していきたいと思います。 至らない点が多いとおもいますが。 これからも色々とご指導のほどよろしくお願いいたします。 谷口です。 イーホック商事のクレームの件聞きました。 今回は経費の問題や先方の予算が足りないという事があとで判明したため結局は受注できないという事で結局破断になってしまったんですね。 会社では田中さんがとても落ち込んでいるとお聞きして心配してこうしてメールしてます。 先方の担当者さんとのプレゼンでも好調だったので、スムーズに話が決まると思っていたのですが残念でしたね。 経費や予算が理由なので田中さんが落ち込む事はないです。 先方の山下さんも謝罪されていましたし、今回は残念でしたが今回の件は学びと受け取ってまた田中さんらしく頑張りましょう。 私でできる事があればいくらでもフォローさせていただきます。 一緒に頑張りましょう。 まず冒頭では労いの読み方と意味について説明してきました。 労いの読み方は「ねぎらい」で意味は「相手の労苦を労ること」という事がわかりました。 労いの使い方では労いの言葉や労いの挨拶・労いの贈り物などの使い方を紹介してきました。 労いの類語では労いには慰労と労りと労るの3つの類語があることが分かりました。 労いの敬語での目上の人への使い方では労いの挨拶を掛ける際は「お疲れ様です」と敬語で表現すれば上司に失礼ではない事がわかりました。 労いの言葉の例文では上司や部下に労いの言葉を掛ける場合のポイントや例文も紹介してきましたので、よく読んで労いの言葉を掛ける際の参考にしてみてください。 照れくさくて言い難いときは手紙にしても大丈夫なので勇気を出して労いの言葉を掛けてみてください。

次の

「目の当たりにして」、「眼の当たりにして」(読みと使い方)

目の当たり 読み方

「目の当たり」の意味とは? 「目の当たり」は「目の前で見る」こと 「目の当たり」とは、「自分で実際に目の前で見る」こと。 人から聞いた話などではなく、事件や事故などを直接自分の目の前で見たり偶然その場にいて見てしまったりしたことを「目の当たりにする」と表現します。 「目の当たり」の読み方は「まのあたり」 「目」という漢字は訓読みで「め」、音読みで「モク」と読みますが、「目の当たり」は「めのあたり」でも「もくのあたり」でもなく、「まのあたり」と読みます。 「まぶた」「まつげ」「まなざし」「まぶち」など、目という字は他の言葉と合わせた場合に「ま」と読むことが多くあり、「目の当たり」もそのひとつとされています。 「目の当たり」の使い方と例文 「目の当たりにする」という言い回しで使う 「目の当たり」はそのまま「目の当たりです」や「目の当たりでした」とは使わず、「する」などの動詞をつけて使います。 「目の当たりにする」や「目の当たりにした」などの言い回しが一般的です。 良い出来事にも悪い出来事にも使う 「目の当たり」という言葉は、「惨状を目の当たりにする」や「悲劇を目の当たりにした」など、ネガティブな出来事や良くない出来事を目の前で見たときによく使います。 しかしネガティブな出来事だけではなく、「奇跡を目の当たりにする」や「美しい景色を目の当たりにする」などポジティブな物事や良い出来事を見たときにも使える言葉です。 物事を知ったり体験したりするときにも使う 「目の当たり」という言葉は、実際に目の前で起こった出来事を見るだけではなく、世の中の過酷な現状を知ったときや悲しい現実に気づいたときにも使う表現です。 ある物事の本当のことを知ったり体験したりしたときに「現実を目の当たりにする」などの言い回しで使います。 「目の当たり」を使った例文・短文• 見渡す限りの絶景を目の当たりにして、思わず感動で叫んでしまった• 災害の現状を目の当たりにして言葉を失いました• 普段はおとなしい彼女の取り乱した様子を目の当たりにして、社内は騒然となった• 現実を目の当たりにして悲しくなった.

次の