斉唱 読み方。 「人間万事塞翁が馬」の読み方と意味、使い方とは?英語で何ていうの?

式辞の意味とは?式辞とは何か、解説いたします|終活ねっと

斉唱 読み方

「人間万事塞翁が馬」の読み方と意味 読み方は 「にんげんばんじさいおうがうま」または 「じんかんばんじさいおうがうま」です。 略して 「塞翁が馬(さいおうがうま)」と言うこともあります。 中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に由来しています。 読み方がふたつありますが、辞書では「にんげんばんじ~」と書かれています。 しかし中国語で「人」と書くと人そのものですが、「人間(じんかん)」と書くと「世間」という意味になります。 「人間万事塞翁が馬」の意味を考えると「人間」は「世間」のことなので「じんかんばんじ~」という読み方もされるということです。 意味が通じやすいのは辞書で書かれている「にんげんばんじ~」ですが、由来にこだわりたいのなら「じんかんばんじ~」という読み方にするといいですね。 また、 塞翁とは、「砦・塞(とりで)に住む翁(老人)」のことです。 由来となった話の内容は次のようになっています。 中国の北のほうの国境に城塞があり、そこには占いが上手な老人が住んでいました。 あるとき、 その老人の馬が逃げ出してしまいました。 北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので逃げ出したことを知った近所の人々は気の毒がって老人を慰めました。 ところが老人は 「このことが幸運を呼び込むかもしれないよ」と言いました。 それからしばらく経ったある日、逃げ出した馬が戻ってきました。 しかも、 良い馬をたくさん連れて戻ってきたのです。 近所の人々は喜びましたが老人は 「このことが禍(わざわい)になるかもしれないよ」と言うのです。 しばらくすると、 老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。 近所の人々がお見舞いに行くと老人は 「このことが幸福になるかもしれないよ」と言いました。 やがて戦争が起き、城塞は襲撃されました。 城塞の近くの若者はみんな戦いに行き、戦争が終わる頃にはその多くが命を落としていました。 しかし、 老人の息子は足を骨折していたので戦争に行かずに済みました。 占いが上手な老人は、先を見通せる力があると考えられますが、 結局人生はなにが起こるかわからないということです。 近所の人々は馬が逃げたことを気の毒に思い、馬がほかの馬を連れて戻れば喜び、老人に起こることに一喜一憂しています。 しかし老人は冷静に「禍が幸福につながるかもしれない」「幸福が禍にかわるかもしれない」と言います。 一見、不幸なことに思えることが、幸福につながることがあったり、その逆もあるということですね。 つまり、 「世の中の幸福や不幸は予測ができないものだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない」という意味になります。 英語で何ていうの? 人間万事塞翁が馬と全く同じ意味になる英語はありませんが、同じような表現のものはいくつかあります。 人間万事塞翁が馬と言うでしょう?」 「人間万事塞翁が馬という言葉もあるように、一流企業に就職できたからと油断してはいけませんよ。 」 というふうに、 悪いことが起った時は励ますように、良いことが起った時は戒めるように使うといいですね。 長い人生ですから、幸福があれば禍もあるでしょう。 幸福が禍に転じることもあるし、その逆もあるということを教えてくれることわざなのですね。 良いことが起るとついつい油断してしまう人も多いと思いますが、そういうときは「人間万事塞翁が馬」ということわざを思い出して、気を引き締めていきましょう! 関連: 関連: -.

次の

式辞の意味とは?式辞とは何か、解説いたします|終活ねっと

斉唱 読み方

合唱(がっしょう)と斉唱(せいしょう)の違いや、斉唱と唱和(しょうわ)の違いが分かりますか。 合唱や斉唱や唱和の言葉の意味を理解していなければ、正しい言葉使いはできません。 ビジネスシーンや日常生活で困らないように、合唱・斉唱・唱和の違いを調べてみませんか。 唱和(しょうわ)を辞書で調べると、 ・一人がまず唱えてから続いて他の多くの人たちが同じ言葉を唱えること ・一方の作った詩歌に答えて他方が詩歌を作ること、とされています。 唱和の使い方では、「万歳を唱和する」などと言います。 次に、合唱(がっしょう)と斉唱(せいしょう)の違い・斉唱と唱和(しょうわ)の違い・君が代を歌うのはご唱和とご斉唱のどっち?などの紹介をします。 合唱(がっしょう) 合唱(がっしょう)と斉唱(せいしょう)の違いを分かるために「合唱」の概要を紹介します。 合唱(がっしょう)は、複数の人が複数の声部に分かれて、各々の声部を複数で歌う声楽の演奏形態です。 器楽における「合奏」の対語が、人が複数で歌う合唱だとも言われます。 合唱は、「クワイア(choir)」・「コーラス(chorus)」とも呼ばれます。 「合唱(がっしょう)」は、厳密には複数の声部をそれぞれ複数の人数で歌うことを指します。 複数人の歌唱であっても声部が一つで全員が同一の旋律を歌う場合や、声部が複数であっても各々の声部が一人ずつとなる場合とは区別されています。 一般的に大雑把に言う場合は、大勢が声を合わせて歌うことを「合唱」と呼ぶケースもあります。 民謡などで見られる複数で掛け合いをおこなう歌い方では、声が重なり合う部分が長ければ合唱的になると考えられています。 世界の民謡には合唱の例も少なくないようです。 次に、合唱と斉唱の違い・斉唱と唱和の違いを紹介します。 斉唱(せいしょう) 合唱と斉唱の違いが分かるために「斉唱(せいしょう)」の概要を紹介します。 斉唱(せいしょう)は西洋音楽で用いられている用語になります。 斉唱の英語表記は「Unison」になります。 斉唱とは、複数の人が同じ旋律を歌うことです。 複数の人が同じ旋律を歌う時に伴奏があっても斉唱といいます。 斉唱に対する言葉として、一人だけが歌う場合の「独唱」があります。 複数の人が歌う時でも、それぞれ別のパートを歌うことは「重唱」と呼ばれます。 「合唱」は、複数のパートをそれぞれ複数の人が歌う場合なので、複数の人が同じ旋律を歌う「斉唱」とは違います。 オクターブが異なる場合でも、同じ音を出していれば斉唱になります。 女声と男声で同じ音を歌えば斉唱になります。 人が歌う斉唱に対して、器楽の場合は斉奏(せいそう)といいます。 斉唱に対して「唱和」は一人がまず唱えてから続いて他の多くの人たちが唱える違いがあります。 次に、君が代を歌うのはご唱和とご斉唱のどっち?を紹介します。 君が代を歌うのはどっち? 君が代(きみがよ)は、日本の国歌です。 「君が代」は、世界で最も短い国歌でもあります。 「君が代」は、「古今和歌集」の「読人知らず」の和歌を初出としています。 当初は「祝福を受ける人の寿命」を歌ったものでしたが、転じて「天皇の治世」を奉祝する歌となりました。 1880年(明治13年)に宮内省雅楽課が旋律を改めてから、ドイツ人の音楽教師フランツ・エッケルトが西洋和声により編曲したとされています。 1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で、正式に日本の国歌として法制化されています。 君が代を歌うのはご唱和とご斉唱のどっち?と考える人もいるようです。 複数の人が同じ旋律を歌う「ご斉唱」が正しいとされています。

次の

地謡(じうたい)とは

斉唱 読み方

合唱コンクールがあるパラ!コンクール楽しみパラ。 ぬぉ?国歌斉唱があるパラ。 斉唱と合唱は何が違うパラ? 合唱と斉唱の違いとは 合唱と斉唱は、どちらも複数の人が同じ曲を歌ったり、演奏したりします。 学校でみんなと一緒に歌う「合唱」。 そして、学校でみんなと一緒に歌う「国歌斉唱」。 どちらの意味も似たようなイメージがあります。 合唱と斉唱はの違いを見ていきましょう。 合唱のわかりやすい意味 合唱は、複数のパートをそれぞれ複数の人が歌うことを指しています。 違う旋律のパートが合わさって一つになるので、独特の美しさを出すことができます。 合唱は責任重大!パートがずれたら大変です。 ユニゾンとも呼ばれる斉唱は、パートに分かれて歌うような合唱曲の中でも、パートが同じ旋律を歌う部分があれば、その部分は斉唱と呼びます。 斉唱のわかりやすい意味 斉唱は、複数の人が同じ旋律を歌うことを指しています。 国歌斉唱は皆で同じパートを歌います。 コーラスとも呼ばれる合唱は、パートの数によりパートが二つの二部合唱、パートが三つの三部合唱などがあります。 女性だけで歌う場合は女声合唱、男性だけで歌う場合は男声合唱と呼ばれています。 「PR」.

次の