シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 見逃し。 日10ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の見逃し、フル動画を視聴できるのはHuluだけ。|うらログ

『シロクロパンダ』フル動画【第1話~全話】見逃しドラマ無料視聴しよう【清野菜名/横浜流星(シロでもクロでもない世界でパンダは笑う)】

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 見逃し

TVerなどの見逃し配信の期間は基本的に1週間・・・。 「見逃し配信」すらも、見逃しちゃうことってよくありますよね 笑 そんな方の為に、期日を気にすることなく視聴できるのが、日テレ&読売テレビ公式の「Hulu フールー 」です。 そんな「Hulu フールー 」では現在 2週間の無料お試しキャンペーンを実施中。 見逃してしまった 過去の放送も【第1話~最終話まで】まとめて見ることができます。 もちろん、これまでに放送された話題のドラマ「 あなたの番です」や「 3年A組-今から皆さんは人質です-」「 ニッポンノワール」なども見放題で視聴可能ですので、気になる方はこの機会にチェックしてみては如何でしょうか? 登録方法については「」のページで解説していますので、そちらを参照してください。 ドラマ『シロクロパンダ』詳細・原作について 【イントロダクション】 闇に隠された真実を、忖度なく暴け! 巷にあふれる悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正に権力者への忖度… 週刊誌やネットで事件の噂や憶測が飛び交っても、 結局、真相は グレーなまま闇に消えていくことも多い。 この物語は、 驚異的な身体能力を持つ謎の女・ ミスパンダと 彼女を操る男・ 飼育員さんが、 「 Mr. ytv. 10年前のある事件をきっかけにネガティブで弱気な性格になってしまった。 それ以降、いつも守りに入ってしまい勝ちきれないでいる。 そんな彼女にはある別の顔が…。 動物的な直観から生まれる予期せぬ行動とトップアスリート顔負けの身体能力。 誰も踏み込めない真実に踏み込むヒーロー性とエキセントリックな風貌もあって熱狂的なファンも多い。 しかし、裏では【Mr. 卓越した記憶力・観察力・洞察力・推理力で、対峙している相手のほんの少しの心の揺れを敏感に感じ取り、考えている事、思っている事を瞬時に把握する事が出来る。 また対象者の眠っている記憶や力を呼び起こしたり、上手く同調できれば別の人格を刷り込み相手の行動をコントロールする事が出来る。 ミスパンダ 清野菜名 には、自分を「飼育員さん」と呼ばせているが、しばしば言うことを聞かず自由気ままな行動をとるミスパンダに手を焼いている…。 実は、8年前に突然失踪し遺体で見つかった父の死の真相を突き止め復讐を遂げる、という野望を持っている。 ノーコンプライアンス 佐藤二郎 さとう・じろう 直輝の能力に目をつけ、グレーな事件にシロクロつける指令を出す謎の人物「Mr. ノーコンプライアンス 佐藤二郎 」。 週刊誌やワイドショーで騒がれる事件が、グレーなまま間違った噂や憶測をはびこらせる現状に対し、法律では裁けない真実を暴き出す活動をしている。 この曲は全米シングル・チャート Billboard Hot 100 で1位を獲得しており、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の快挙となりました。 この楽曲のストリーミング数は全世界で35億回以上を記録しています! ドラマとあわせてチェックしておきたいですね。 ドラマ『シロクロパンダ』各話のあらすじ 第1話:あらすじー2020年1月12日放送ー 囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、かつては天才囲碁少女と呼ばれるほどだったが、23歳になった今はネガティブな性格が災いし、負けてばかり。 彼女はアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを目にする。 ミスパンダとは、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめて世間を騒がせる謎の人物。 上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていた。 神出鬼没で自由奔放なミスパンダ。 レンは、自分にはミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。 精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって通院の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。 時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。 彼は、出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露する。 番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜が飛び降り自殺した話を聞く。 愛菜は自殺直前、顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた。 一方、Mr. レンは、パンケーキ店で直輝と会う。 直輝がパンケーキにシロップをかける。 流れ落ちるシロップを見ているうち、レンの意識は遠のく……。 その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。 彼女を操る飼育員さんとなった直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げる。 ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れる。 ytv. 悪徳議員たちを一掃している時の映像で仮面を付けているとはいえ、アップで写ったら今どきすぐにネットで調べたり警察で何等か調べたら分かってしまうのではとヒヤヒヤしちゃいましたが。 ミスパンダと全然違うネガティブでおとなしいレン。 囲碁の試合でも勝てるのに対戦相手の子どものつぶやきを聞いてわざと負けてあげていましたが、だいぶ病んでいる気がしました。 案の定精神科へのカウンセリングに通っていましたが、そこでの知り合いがメンタリストNでミスパンダを操っている?男だったんですね。 最初の疑問がどんどん明かされるように話が進行していくので引き込まれて見てしまいました。 第一話だからか小さな部分にも知っているタレントさんが出て来て豪華だなぁと感じました。 IT会社の社員の自殺問題はリアルにあるような話なのでそこの設定もさすがだなぁと思いましたが、ドラマではさらに実は社長がその女性を愛していて歪んだ愛情になっちゃってたというのが見応えがありました。 メンタリストや精神科、医学生が出て来ているのでそれを絡めているのでしょうね。 次回も楽しみですが、レンが早く本来の明るい性格に戻るようになってほしいです。 はっきりしない事件を解決していくというシンプルなストーリー展開と思いきや父親が事件に巻き込まれ亡くなった過去を持つ森島や家庭環境から精神的問題を持つレンなど影の部分が見えており、簡単なストーリーではないと今後の展開に期待が持てる面白いドラマでした。 ミスパンダになっていたレンが「ここから出して」と言った犯人の言葉に対し何かを思い出したように舌打ちする姿があり、レンが過去に経験したトラウマを怒りとしてミスパンダが出した態度ではないかと思いました。 また、それをみて驚く森島がおり、今後森島では手が負えないミスパンダの一面が見えてくるのではと感じました。 ミスパンダになっている間の記憶がないレンがミスパンダの存在が自分と知ないまま憧れを抱き始めたとき、レンの人格が脅かされるのではないかと今度の展開が見逃せないと感じました。 セクハラ・モラハラ含め性的暴行をする男は全員宮刑に処すればいいと思っているので、やってくれるのはいい。 でもパンダチャンネルを見てバズらせている人々はどこまで考えているのだろう。 物事はシロクロつけられるほど割り切れるものではないのに、差し出された「結論」に飛びつくだけで満足してはいないだろうか。 グレーゾーンは消しても消してもなくならない。 それはさておき、官邸に近いからと大目に見られてきた某氏と「拒んでなかったのだから近親相姦じゃない」と無罪判決を出した裁判官も成敗してくれないかな、ミスパンダ。 違う人格に支配し、悪者を退治しようとするミスパンダに変身するということに、衝撃を受けました。 パンダになると全く人格が変わり、普段とは違う姿になり相手に迫るとこれではとても驚きました。 また清野奈々演じるレンには母との過去があることにも引っかかりました。 またレンに催眠をかけている横浜流星演じる森島にも警察官で殺された父がいたりとなぜ、レンに催眠をかけているのか、ということにつながりそうなところが気になる回だったと思います。 第2話:あらすじー2020年1月19日放送ー レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフで刺される事件に遭遇。 岸本は、意識不明の重体に陥る。 犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生。 犯行の動機は、岸本の息子・俊一をめぐる東京誠立大学の不正入試問題だった。 俊一の入試の成績表がネットに流出し、世間では俊一が父親の権力によって不正に入学したのではないかという疑惑が高まっていた。 副学長の池渕は不正入試を認め、徹底的に調査すると宣言。 東京誠立大学では、不正入試問題に関する第三者委員会が開かれる。 そこにミスパンダが現れ…。 ytv. 沙奈恵は、練習中にケガをしたため直前に迫った世界選手権を辞退すると発表し、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと訴える。 レンは、沙奈恵が中学時代の同級生だったと思い出す。 一方、直輝(横浜流星)はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件を調べるようにと告げられる。 レンは、入院中の沙奈恵に会いに行く。 沙奈恵と話すうち、過去のトラウマを刺激されて動揺するレン。 彼女は直輝に、自分を悩ませる10年前の忌まわしい出来事について打ち明ける…。 ytv. そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で3年生の翔太が同級生の涼介を人質にとって立てこもる事件が発生する。 涼介にいじめを受けていたと訴える翔太に対し、涼介はいじめていないと主張。 翔太は、ミスパンダを呼んでどちらが正しいかシロクロつけてもらいたいと要求する。 直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。 しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。 一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。 ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り…。 ytv. 浜口は死刑確定後に無罪を主張していた。 ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映像に残っていたため、警察はミスパンダを犯人として捜査を開始。 しかし、このミスパンダは何者かがなりすました偽者だった。 一方、レン(清野菜名)は直輝(横浜流星)を呼び出し、勇気を振り絞って彼への思いを伝える。 ytv. 直輝(横浜流星)は、殺人を犯した偽のミスパンダが誰なのかを突き止めるために奔走。 ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、ミスパンダの殺処分を直輝に命じる。 門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)はショックを受けていた。 あずさ(白石聖)はレンを訪ね、直輝を振り回さないでほしいと頼む。 ytv. リコは直輝に、門田(山崎樹範)を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。 直輝(横浜流星)はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。 リコが眠りにつき、戻ってきたレンは囲碁に打ち込む。 そんな中、再びリコが直輝に呼び出される。 直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。 ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく。 ytv. 神代は直輝に、佐島(佐藤二朗)から証拠を得たと告げる。 直輝は佐島が哲也を殺したと考え、佐島に疑いをぶつける。 すると佐島は、自分でシロクロつければいいと直輝を挑発。 直輝は、佐島を追い詰めるための証拠探しに奔走する。 レン(清野菜名)は、麻衣子(山口紗弥加)と拘置所で面会。 麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。 レンは、麻衣子がなぜそんなことを言うのかと苦悩を深める。 ytv. しかし直輝(横浜流星)は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜く。 その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた。 直輝は、コアラ男から連絡を受け、1時間以内にレンを監禁している場所に来いと脅される。 コアラ男は、1時間経つとタイマーが働いて矢がレンに向かって発射される仕掛けを作っていた。 レンのいる場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所だった。 直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。 ytv. 復讐を遂げたにもかかわらず、直輝の苦しみは深まる。 直輝は、自分のしたことが間違っていたのではないかと思い詰める。 そんな中、突然、パンダちゃんねるの配信が始まる。 配信の映像には、拘束された神代(要潤)とミスパンダらしき人物が映っていた。 ミスパンダらしき人物は、飼育員の手を離れてこれからは好きにやると言い「アタシが嫌いなグレーなヤツを片っ端からボコボコにしていきます!」と宣言する。 ytv.

次の

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う ドラマを無料でフル動画視聴する方法!|見逃し配信|あらすじ・キャスト|主題歌は?|評価・感想

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 見逃し

Huluのオススメポイント!! ・ 現在2週間の無料お試しキャンペーン中 ・無料期間中に解約すれば 料金は一切かからない ・人気映画・ドラマ・アニメ等 60,000本以上!! 毎度横浜流星くんの筋トレシーンと筋肉を見せつけるシーンが織り込まれていて最高。 筋肉が素晴らしいしあの顔面だしそして精神科医志望ででも裏で清野ちゃん操っててでも一番好きなのは、ぱ、、パパァ(田中圭)なのがヤバイ。 ミスパンダをしている自分に対して疑問に思い、直樹に対して何故このような状況になっているのか問いただします。 直樹はリコがレンにしてほしいと門田先生に頼んだこと、そしてミスパンダはリコが持っていた「理想の自分の姿」であるということを話します。 受け入れられないようなリコでしたが、門田先生を殺した犯人を知るためにあと一度だけ直樹に協力することを決めます。 直樹は門田先生の家に入り込み、パソコンが執拗に壊されていることを確認します。 犯人がわかった直樹はミスパンダを出現させるのでした。 ミスパンダは門田先生の病院に入り込み犯人をおびき寄せます。 そこに犯人が現れました。 フードを取るとその人はレンとリコの母親である麻衣子だったのです。 ミスパンダになっているリコは、パンダの変装を取り自分がリコでレンは死んだと伝えるのです。 取り乱しながら母親は昔の放火事件の犯人は自分であったことも告げるのです。 その後麻衣子は自首をし逮捕されます。 翌日のニュースは門田先生殺しの犯人と、コアラ男が直樹の父親であったと報じるのでした。 あらすじ別バージョン リコは森島さんにあなたは誰と言いました。 そして自分が子供の頃に門田先生に催眠でレンに変えられたことを、なんとなく思い出していきます。 そんなリコに森島さんは、ミスパンダとしてレンと一緒に悪い奴らを暴いていたことを話します。 それを聞いて、リコは出てきてはいけないからレンに戻して欲しいとお願いしました。 本当は門田先生に頼みたかったのですが、門田先生はすでに死んでしまっていました。 ショックを受けたリコは門田先生を誰が殺したか暴きたいと言い、森島さんと協力することになります。 森島さんの作戦によって、門田先生殺しを暴くためパンダチャンネルを放送します。 するとまんまと罠にはまった犯人が、そこへやってくるのでした。 リコは誰だと犯人に近づくと、それは自分の母親だったのです。 びっくりして何が何だかわからないリコでしたが森島さんはすでに、リコの母親が犯人だということをわかっていたのでした。 そして母親はあっさり犯行を自供するのでした。 あらすじ別バージョン 前回で、リコの記憶を取り戻したレン。 直輝からこれまでの経緯を知るが,リコの記憶を消しレンとして生きるため記憶の書き換えを直輝に依頼する。 しかし、精神科医の門田を殺した犯人だけは許せないともう一度だけミスパンダになることを決める。 直輝はリコの母 麻衣子 が門田を殺害したことをつきとめる。 麻衣子は今まで通りリコをレンとして洗脳して欲しいと門田に頼むが、自分の研究という欲望の為リコを利用していたのだが、一方でリコの苦しみを知っていることに苦悩を感じていた為麻衣子の頼みを拒否、それに激高した麻衣子に殺害された。 直輝はそれを知りながらも犯人は必ずあらわれるとミスパンダを出動させ、ミスパンダは母 麻衣子 が犯人だと知る。 母に自分はりこだと告白するも、麻衣子はレンしか「死んでほしかったのはあなた」だとリコに告白。 レンが亡くなる原因となった火事もリコを殺害するため、麻衣子が防火したことを告白する。 リコは失望し母の前に「リコが現れることは無い」と告げ去っていったのだ。 隠れ家に戻ったリコと直輝、リコは子どもの頃から自分は必要とされてなかったことを告白するも、直輝の言葉に涙する、そして直輝は父の復習にミスパンダの力を貸してほしいと頼み、リコも応じる。 そんなん中。 直輝の父がコアラ男だったとの報道が流れ直輝の心は壊れていった・・。 \Huluを 2週間無料お試し/ 20代女性 なーさんの感想 今回の話では双子を生んだ母親の苦労が描かれていました。 今までのドラマのシーンでは、麻衣子さんが「デキの悪いリコを可愛がっていない」だけというようなものばかりでした。 もちろん虐待や育児放棄はいけないことですが、「ひどいな」と思う程度でした。 今回の話で若くに子供を産んでしかも2人を一人で育てることの大変さが書かれていました。 産んだからには責任を持って育てるべきですが、それでも周りからの声に麻衣子さん自身も辛い思いをしていたことがわかりました。 今回の話を見て「母親なのに」と思う人も多いかと思いますが、母親に対して優しくない社会・甘えられない社会があるという問題提起のようにわたしは感じました。 どんな形であろうと麻衣子さんが当時頼ることができる人がいたら、麻衣子さんの言う「幸せも2倍」な人生を川田家は送ることができたのではないかと思いました。 今回の話は子育てをしている人にはかなりつらい話だったと思います。 30代女性 さみさんの感想 あまりにもびっくりすることが多すぎる回でした。 門田先生殺しは誰がやったんだろうとずっと思っていて、そうしたらカフェのマスターがすっごく意味深な態度を取っていたので、もしかしたらカフェのマスターが門田先生を殺したんじゃないかなとも思っていたんです。 それなのに真っ赤な服を着て犯人が現れたので驚きました。 しかもリコのお母さんだったとは、全てが衝撃です。 しかも殺した理由が、レンがリコに戻るのが嫌だったという理由だったなんてびっくりです。 そんな理由で門田先生を殺してしまったのですね。 どこまでリコが嫌いなんだろうと、リコがかわいそうになってしまいました。 リコだっていいかなのになと悲しいです。 さらにはレンが死んでしまったキャンプ場での事件についても驚かされました。 あれはただの事故だとずっと思っていたので、まさかお母さんがリコを殺すために仕組んだことだったなんて、びっくりです。 それでレンが死んでしまったなんて、レンもかわいそうです。 40代女性 ikwaltzさんの感想 これまでのストーリーでレンがリコになっていた理由はわかっていたけど、麻衣子の言葉はあまりにもひどすぎて心が痛んだ。 母としての麻衣子の苦悩はわからないでもないが、殺害まで考える気持ちはわからない。 門田に関しても、研究の為利用したことは事実で 酷い男だと思っていたが、リコの苦しみの一番の理解者であったことは確か、リコをレントして生きさせなければリコは生きていけないと 言う門田の思いもわからなくはない。 門田の研究はある意味、虐待された子どもたちが記憶の書き換えによって幸せになることを願った研究だったのかもしれないと思うようになった回でした。 直輝の父がコアラ男と報道されこの先直輝の復習はどうなるのか?Mrコンプライアンス佐島は直輝の父の死にどうかかわり、なぜ直輝を利用しているのか?そして直輝がミスパンダの飼育員と知り情報を共有していた神代は直輝を利用しただけなのか他に本当の狙いがあるのか今後がますます楽しみしなりました。 \Huluを 2週間無料お試し/ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第7話 Twitter感想 シロクロ7話面白すぎる。 マッドサイエンティストの研究室で辿々しいリコパン可愛い。 直輝に、もう少しだけ俺に力を貸してくれないか、と言われた後のリコの泣きかたがかわいすぎる。 男っぽい女の子の泣きかたそのもの。 これじゃあ直輝も惚れちゃう。 レンの恋も叶えたいけど、健気なリコにも幸せになって欲しいとドラマなのに真剣に悩む。 門田診察室に心霊スポットとして忍びこんだミスパンダ。 人影のあとに出た女装風の牙のあるミスパンダは誰?飼育員さんしかいないと思うけどごつくて髭濃すぎ。 いくら髭濃い流星くんでもさすがにあんなには。 一体誰なんだろう。 いろいろ考えさせられるな いやぁ演技がすごいわ 最後の横浜流星かっこよすぎた。。 辛かった… だからパンダなんだ…双子…子殺し…母…精神…放棄… やばい… — バナ dondabana シロクロ7話観了。 やっと追いついた! 面白くなってきたなぁ。 でもそう思わせるまでがちょっと長すぎたような😅 山口紗弥加さんほんとすごいな😓 — Lavendale lavendale 7話 今さらだけど登場人物ほとんどサイコパスで、その中でも今回の山口紗弥加は怪演光ってた。 第7話で印象に残ったセリフ 「レンを幸せにしてね」 「リコが必要だ」 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第8話考察 20代女性 なーさんの次回考察 今回の話の最後に直樹の父親である哲也が、8年前のコアラ 男によるあずさの誘拐事件である犯人だという報道がされました。 テレビ局の神城さんの最後の笑顔的にあれは裏取りはしてありますが、間違った報道だと思っています。 神城さんは佐島に近づいているので、佐島の口から哲也を犯人というような嘘の証言をもとに報道したと思います。 なぜ佐島は哲也を犯人として報道をさせたのか気になります。 また、あずさは自分に直樹が近づいたのは父親を殺した犯人を探すためではないのか気付くと書いてあります。 直樹はそのことを認めるようですがその事実を知ってしまったあずさは家族として佐島の味方をするのか、それとも記者として直樹の行動を協力するのかも気になります。 また、リコは拘置場にいる麻衣子のもとに行っていました。 麻衣子は「直樹を殺して」と伝えていました。 好きな人を殺せと言われたリコ(レン)はこの母親の言葉を聞いて直樹との関係をどうしていくのか注目したいです。 30代女性 さみさんの次回考察 今回はほとんど出てこなかったミスターノーコンプライアンスが次回は出てくるということなので、また何やら荒れそうだなと予想しています。 ミスターノーコンプライアンスが出てくると、必ず悪い事件が起こるからです。 森島さんのお父さんが森島さんの彼女のあずささんを誘拐したコアラ男だと言ったのも、おそらくミスターノーコンプライアンスの仕組んだ罠だと思います。 本当はミスターノーコンプライアンスが森島さんのお父さんを殺すように仕向けたんじゃないかなとも予想しているので、次回はそろそろ森島さんのお父さんの死の真相が暴かれるんじゃないかなと思っています。 さらに大好きだった門田先生をまさか自分の母親が殺してしまったなんて、それを聞いたらもしかしたらレンがおかしくなってしまうんじゃないかなという気がしています。 レンは気が弱いしとても優しい女の子なので、お母さんがそんなことをしてしまったという事実に耐えられなくて、次回はレンが何かしでかしそうです。 40代女性 ikwaltzさんの次回考察 父が犯罪者と言う報道をされ、壊れていく直輝。 、報道した神代への今後のコンタクトも気になる。 佐島が父の事件と何かしら関わっていることは気が付いているようも思うが 父を愛していた直輝が警察官であった父が犯罪者になったとは到底信じがたいと思う。 直輝の復習は加速していくだろう。 父の犯罪をスクープとして流したのは確実に神代であると直輝は神代をつい詰めるだろう。 神代の本当の目的は単なるジャーナリストとしての興味なのか、それ以外に何かにかかわっているのかはわからないが、ミスターコンプライアンス佐島が関わっていることは間違いない。 直輝も佐島が8年前の誘拐事件に被害者ではなく加害者としてかかわっているのか疑いを持っているだろう。 そうなると父の死にも佐島が関わっていることは間違いない。 真実を暴こうとした父が口封じのために殺害されたことになる。 一方で神代と直輝、二人が同じゴールを目指しているのか?ここも見ものだ。 ミスパンダに誰をどう白黒つけさせるのか、次回が楽しみです。 \Huluを 2週間無料お試し/ 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』をDailymotionやパンドラで観てはいけないの? 「ドラマや映画など、動画共有サイトで観てるよ」っていう人もいるでしょう。 ですが、私は 絶対にオススメしません。 特にDailymotionやパンドラは海外サーバを利用しているため、 ウイルスへの感染やフィッシング詐欺で個人情報を盗まれる可能性があります。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

次の

ドラマ『シロクロパンダ』見逃し配信!1話から全話フル動画で無料視聴する方法【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う】|オンデマンド部

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 見逃し

ちなみに、日テレ無料でも最新話のみをチェックすることが可能です。 ただし、放送から1週間後には見れなくなってしまうのでゆっくり観たいという場合はHuluが使いやすいと思います。 Huluは14日間無料で視聴することが出来るのでこの期間中に解約をすれば実質無料でシロでもクロでもない世界で、パンダは笑うを観る事が可能となります。 その年の暮れに一気放送される可能性はありますが、それも確実とは言えません。 再放送を期待出来ないとなれば、やはりここはレンタルか動画配信を利用して楽しむのがオススメです。 レンタルは一々返却しなければならないですし、DVDになるまでに結構な時間が掛かってしまいます。 そこでオススメしたいのが動画配信サービスなのです。 動画配信サービスを利用すればシロでもクロでもない世界で、パンダは笑うのDVD化を待つ前にいち早くおさらいが出来ますし、1話から最新話までチェックできるのでリアルタイムの放送に間に合います!レンタルするよりも安く、手間も省けるのもメリットです。 ノーコンプライアンスの掛け合いも一体どんな風になるのか気になるところ。 ノーコンプライアンスって何!って思う方も多いと思います 笑 アクション要素があるコメディなのかな?と期待も膨らみますね。 グレーな事件に対し、シロクロはっきりさせる! 2020年最初のドラマでスカっとしたい方・先の読めないドラマを満喫したい方にもオススメ出来るドラマとなっています。 因みにジャンルはシニカルミステリーだそうです! シロでもクロでもない世界で、パンダは笑うのキャスト 川田 レン 清野菜名 森島 直輝 横浜流星 神代 一樹 要潤 佐島 あずさ 白石聖 門田 明宏 山崎樹範 加賀 佳恵 椿鬼奴 東山 楓 吉田美月喜 伊藤 健人 坂東龍汰 田中 三太 永山たかし 菊池 勘平 水澤紳吾 中島 きよし 松浦祐也 小林 孝雄 スチール哲平 並木 しげる 浅見小四郎 小園 武史 中田圭祐 前川 雪乃 祷キララ 加賀 春男 升毅 飯田 兼一 福田転球 川田 麻衣子 山口紗弥加 Mr. ノーコンプライアンス 佐藤二朗 シロでもクロでもない世界でパンダは笑う あらすじ・ネタバレ感想 1話 あらすじ 囲碁棋士である川田レン 清野菜名 はネガティブな性格のため負けてばかりいたがかつては天才囲碁少女と呼ばれていた。 そんな彼女は精神科医、門田 山崎樹範 のカウンセリングをするために通院をしていた。 そこの医学生の森島直輝 横浜流星 にレンはときめきを感じ、たまにパンケーキを食べに行こうと誘われる仲だった。 そのころ、世間では「ミスパンダ」という謎の人物で騒がれていた。 裏で甘い密を吸う悪人を懲らしめるというその人物は、パンダの被り物をしていた。 レンはミスパンダがニュースになると、自分はそんなふうに生きられないと思っていた。 ある日また直輝からパンケーキを食べに行こうとレンに連絡が入った。 ふたりはお店に行きパンケーキが目の前に出され、そこに直輝がシロップをかける姿をみていたレンは意識が遠のいでいった。 直輝は、Mr. ノーコンプライアンス 佐藤二郎 からある指示を受けていた。 その頃あるIT企業の女性社員が顔に包帯を巻いて「醜い私、さようなら」という動画をネットにアップしたあとに自殺したという事件が起きた。 その女性の葬儀にミスパンダが現れ、「アタシがシロクロつけるから」と言い放ち参列者を驚かす。 そこに直輝もいて事件の真相が暴かれていくことになる。 ネタバレ・感想 現実離れした内容のドラマでした。 が、最近のぼり調子の横浜流星くんがでていて楽しめました。 清野菜名は久しぶりのドラマなのではないでしょうか? 流星くんは空手がすごいと話題ですが、ドラマではミスパンダ役の清野菜名がわりとアクションシーンが多めな感じです。 流星くんは軽く技を見せる程度の1話でした。 もっと激しく戦うところが見たかったなと思います。 流星くんがメンタリストとして登場するシーンはちょっとむず痒い感じがしてあまりおすすめではなかったなぁ。 ドラマの内容として、流星くんも清野菜名の役も過去になんらかのトラウマ的なものがあってメンタル面でなにかがおかしくなってる様子。 流星くんの過去シーンに田中圭が出演していて、あな番が最燃えでしたね! 流星くんの父親役として田中圭がでていました。 でもその父親が殺されたような過去があり流星くんのココロが少し複雑になってる感じ。 清野菜名の役は、母親との複雑な関係がポイントになってそうです。 これから楽しみです! 日テレ系ドラマ見逃し配信ならHuluが最強!.

次の