ジャニー さん 中居 正広。 中居正広「力をくれ」ジャニーさんの遺骨忍ばせ会見

中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

ジャニー さん 中居 正広

タレントの(46)が13日、MCを務めるテレビ朝日のニュース番組『ニュースな会』(毎週土曜 正午〜後0:56)に出演。 9日に87歳で亡くなった所属事務所代表取締役社長のさんへの思いを口にした。 事務所所属のタレントはジャニーさんが亡くなって以降、談話を発表しているが、中居は沈黙を守っていた。 番組の冒頭からジャニーさんの訃報を伝えた。 ジャニーズの歴史を振り返ると中居は神妙な面持ちで映像を見つめていた。 SMAPデビュー時の映像では、ときおり微笑む場面も見られた。 約10分のVTRを終えると、このタイミングでのコメントとなった理由を説明した。 「公式的なコメントをさせてもらっていない。 たまたまなんですけど、プレミア12のリリースがきのう、おとといだったんです」と語った。 中居の話す通り、11日には中居が『世界野球プレミア12』第2回大会(11月2日〜17日)で野球日本代表『侍ジャパン公認サポートキャプテン』に就任するという発表があった。 そのため「何ヶ月前とずいぶん前から、プレミア12は、この日と決まっていた。 同じような時期で(ジャニーさんについて)コメントしてしまうと、プレミア12の話題がにごってしまうし、大事なジャニーさんのこともにごってしまう。 その後、番組でジャニーさんへの思いを口にした。 「個人としてもとても大きな出来事でした」と話し始めた中居は「僕は怖かった世代かな。 すごく厳しくしてもらいました」と吐露した。 「トークのスキルを1番、最初に見出してくれたのはジャニーさん。 15歳とか16歳のときなんですけど」と思い返していた。 鉄板ネタである「ユーのマイクは入ってないんだよ!」と告げられたエピソードなど、笑いも交えつつトークした。 最後にかけた言葉を問われると「今でも、まだ本当に亡くなったのかなという…」と複雑な思いを口にしつつ「ちょこちょこ(お見舞いに)行ってた。 『バイバイ、また来るね〜』というが最後だったのかなぁ」とぽつり。 「たくさんの人に愛されるように教育と育成をして世に出した。 でも、このタイミングで『みなさんの人愛されるように』と言ったジャニーさんが1番、愛されるなと感じた。 言ってあげたい。 『あなたが1番、愛されちゃってるよ』と。 これも不思議な感覚だなと思う」と涙を堪え故人を偲んでいた。 6月18日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため自宅で倒れ、 闘病中だったジャニー喜多川さん。 3週間の闘病の末、 7月9日に87歳で亡くなった。 同事務所は「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしておりますので、決定次第、ご案内申し上げます」としている。 きのう12日には家族葬をジャニーズアイランドの稽古場で執り行い、「ジャニーは、自身の子供のような存在でございますタレント達と最後のお別れをいたしました」と公式サイトで報告。

次の

【悲報】中居正広さん、ジャニーさんの遺骨を手に退所会見してしまう(※画像あり) ::ぱぴぷ速報

ジャニー さん 中居 正広

一足早く退所した新しい地図(左から稲垣、香取、草なぎ) ジャニーズ事務所のメリー喜多川会長が勇退、そして去就が注目されていた元SMAPの中居正広(47)がついに独立することが分かった。 近日中に発表される見込みだ。 SMAP解散の際、退所が既定路線とみられていた中居だが、最終的には木村拓哉(47)と事務所に残留した。 それがなぜこのタイミングで決意したのか? 2017年に独立した「新しい地図」の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)との合流は? 徹底追跡した。 「メリーさんがジャニーズ事務所の会長職を退任することになりました。 90歳を超えているため健康問題を抱えており、最近は入退院を繰り返していました。 現在も経営にほとんどタッチしていなかったが、いよいよ正式に勇退ということになりました」と衝撃の情報を明かすのは、ある芸能関係者だ。 ジャニーズを去ることになるのは、メリー会長だけではない。 「中居も近いうちに退所する方向で決まりました。 元SMAPのメンバーの契約更新の時期は毎年9月ですが、中居に関しては『辞めたい時に辞めていい』という権利が与えられています。 想像しているよりも早い退所となるかもしれません」(前同) 2016年のSMAP解散騒動時は、新しい地図の3人、元チーフマネジャーの飯島三智氏(現CULEN社長)と行動をともにするとみられていた中居だが、まさかのジャニーズ残留という決断を下した。 「ジャニーさんはSMAPを絶対に解散させたくなかった。 結果、解散は止められなかったが、心のどこかで再結成はあきらめていなかった。 『5人を再びまとめられるのは中居しかいない』と、中居に『オレが死ぬまではジャニーズを辞めないでくれ』とお願いしていた」(芸能プロ幹部) 仮に中居がジャニーズを退所していれば、木村を含めたジャニーズと新しい地図のパイプ役がジャニーズ内にいなくなってしまう。 再結成の兆しが生まれた時にスムーズに事が進むように、ジャニーさんは中居に頼んだのだという。 ジャニーさんに恩義を感じている中居は、その願いを受け入れた。 ほかにも理由はある。 テレビ番組MCなどの活動が多かった中居は、退所することによりテレビ局がジャニーズに忖度し、レギュラー番組がなくなることを危惧していたのだ。 実際、中居に先駆けてジャニーズを退所した新しい地図の3人は、厳しい逆風にさらされていた。 主だったレギュラー番組は次々と消滅。 それでも3人は、ネット番組や舞台などジャニーズの息のかからないフィールドを中心に再スタートを切ったが、テレビがメインの中居だったら3人よりもさらなる窮地に陥っていただろう。 そんな状況が一変したのは昨年だ。 前出のようにジャニーさんが他界。 さらに公正取引委員会が、ジャニーズ事務所が新しい地図の3人を番組に出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いで調査したことが発覚。 同事務所は公取委から「注意」を受けた。 これにより、テレビ局も3人への態度を軟化させ、少しずつではあるが、テレビ番組に復帰させるようになってきた。 「象徴的だったのは昨年末放送されたダウンタウンの特番。 裸一貫で下ネタを連発し、なりふり構わず、笑いを取りにいっていた。 男を上げた3人に、各局もタイミングが合えば起用するという風向きになっているのは事実です」(某テレビ局のプロデューサー) このタイミングでジャニーズを退所しても干されない、という見込みが中居にはあるのだ。 気になるのは、退所後に中居は新しい地図、そして飯島氏と合流するかどうかだ。 事情に詳しい関係者は「絶対にないだろう。 中居と3人は連絡を取り合える関係だが、シコリがないとも言えない。 ジャニーズとは業務提携という形を取ることになりそうだ」と解説した。

次の

中居正広「力をくれ」ジャニーさんの遺骨忍ばせ会見

ジャニー さん 中居 正広

タレントの(47)が21日、都内で記者会見を行い、事務所からの退所、個人事務所となる新会社『のんびりな会』の設立を発表した。 約2時間に渡って行われた超ロング会見では、司会などを置かずに自ら進行。 ジャニーさんについて中居は「僕の世代では怖い人だった。 いろんなことを教えてもらったなって…。 人間的にショーをつくるのにも。 いっちょ上がるというか階段をひとつ上がると、急にそのタレントから引いてしまう。 ジャニーさんと会う機会もなくなった」と寂しさをにじませた。 そして「じゃあ。 とっておきのエピソードを…これ言わないほうがいい?」と関係者を覗いつつも話を切り出した。 「理想があれば準備できるんですけど、会見の成功と理想がわからない。 出たところも勝負あるな〜、でもわかならいな〜って。 神頼みとか験担ぎする方ではないですけど。 これ一応持ってきたんです。 これはなかなかです。 これポッケに忍ばせてもらった」と遺骨を取り出しフラッシュを浴びた。 本物の遺骨に会場が驚くと「当時の滝沢(秀明)くんに、僕(お別れ会に)行けなかったので、骨をかっぱらってくれと。 もう少し大きいやつに入ってて…。 一片が入ってます。 どこか『ジャニーさん、力をくれ』って。 でも今の会見を振り返ると、まだ力をくれてない感じがします…」とニヤリ。 「でも滝沢もかっぱらったらしいですよ(笑)。 自宅にもう少し細かく。 終始、笑いも交えながら順調に進んでいた会見だったが、遺骨を持ってきた理由については「『おい、頼むよ〜』みたいなのは思ったかも」と不安もあったそうで、「今の(話題)じゃないですか?サビは?」ととっておきのエピソードに手応え。 ジャニーさんからどんな声が聞こえるかと尋ねられると「『ユー、最悪だよ』?でも『ユー、最悪だよ』はあいさつみたいなものだから」と変わらぬ愛情を覗かせていた。 中居は1986年14歳のときからジャニーズ事務所に所属。 1988年のデビューから、2016年末の解散まで国民的人気を博したSMAPのリーダーを務め、司会・タレント業としてバラエティー番組などでも活躍。 『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)などテレビレギュラーは5本、ラジオレギュラーが『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)1本を抱えており、現段階ではこれらを継続することを明かしている。

次の