イラン 飛行機 墜落。 「イランが旅客機を撃墜」カナダのトルドー首相が発言→イランは否定 何が起こった?

テヘラン空港 ウクライナ機墜落の動画現れる

イラン 飛行機 墜落

墜落したウクライナ国際航空の旅客機。 REUTERS 事故が発生したのは1月8日、イランがアメリカへの報復としてイラク国内の米軍基地を攻撃した5時間後だった。 搭乗していた乗員・乗客176人は全員死亡。 このうち82人がイラン、63人がカナダ、11人がウクライナ国籍だった。 当時イラン上空は、アメリカからの攻撃に備えて防空警戒が敷かれていたという。 は米当局者からの情報として撃墜説を報道。 当局が「イランが誤って撃墜した公算が大きいとの考えを示した」と伝えた。 も米当局者の話として「旅客機が墜落する直前、イランの地対空ミサイル2発が発射された兆候をアメリカの衛星が捕捉した」と報じた。 テヘランのウクライナ大使館は当初、事故原因をエンジントラブルだと説明していたが、のちに声明を撤回した。 トランプ大統領「私は疑いを持っているが……」 アメリカのトランプ大統領も……。 REUTERS カナダのトルドー首相は「私たちは、同盟国や私たちの情報当局を含む複数の情報源から得た証拠を得ている。 旅客機がイランの地対空ミサイルによって撃墜されたと示している」と話した。 一方でトルドー首相は、「撃墜は意図的ではない」とも言及。 現時点で結論を出すのは時期尚早だとし、証拠に関する詳細な説明は控えた上で、「徹底的な調査が必要だ」とした。 トランプ大統領は9日ので、「私は疑いを持っているが、それについては言いたくはない」「悲劇的なことだ。 しかし、誰かが反対側で、間違いを起こした可能性がある。 飛行機は荒れた地域を飛んでいた」と述べた。 イランは撃墜説を否定 ウクライナ国際航空機の墜落現場(イラン・テヘラン)。 乗客、乗員176人全員が死亡した。 REUTERS イランの民間航空局は、事故の初期調査報告書を公表。 旅客機が墜落直前に炎上していたと指摘し、撃墜説を否定した。 あくまで「技術的な問題」だったとしている。 イランの民間航空局のトップは「アメリカ人と航空機メーカーに、ブラックボックスは渡さない」と。 イランとウクライナで事故を調査するとしている。 ただ、旅客機の墜落事故の調査には複数の国や政府当局、専門家、企業が協力する必要がある。 正確な原因を特定するには数カ月を要することもある。 ロイターは「24時間以内に最初のレポートを発行することは極めて異例」としている。 イラン政府の報道官も「アメリカによる、イランに対する心理的な戦争だ」と。 今後のイラン情勢は.

次の

旅客機墜落、イランの「誤射」浮上 偶発衝突リスク露呈 (写真=ロイター) :日本経済新聞

イラン 飛行機 墜落

752便の残骸 事件の概要 日付 概要 の誤認による撃墜 現場 ()付近 : 乗客数 167 乗員数 9 負傷者数 (死者除く) 0 死者数 176(全員) 生存者数 0 機種 運用者 UR-PSR 出発地 目的地 ウクライナ国際航空752便撃墜事件は、にの 発 行きの752便(型機)が、離陸直後にのにより誤ってされたである。 乗員乗客176人全員が死亡した。 752便の撃墜事件はウクライナ国際航空で初めて乗員乗客が死亡した出来事である。 イランの大統領はこの事件を「許されない間違い」と言った。 当初、イラン当局は撃墜について否定し、事故原因は機械的な故障であるとしていた。 ウクライナ当局も当初は機械的な故障が原因と見ていたが、イランの発表を受けて撃墜が原因であると発表した。 調査によれば、752便はイスラム革命防衛隊のによって撃墜された。 事件から3日後の1月11日にイランは2発の地対空ミサイルによって752便を撃墜したと認めた。 この事件は ()の最中に発生した。 アメリカ合衆国の大統領がイランで発生した ()を受けて、を指示し、これによりイスラム革命防衛隊の少将を爆殺した。 イランは報復としてしており、撃墜事件はこの数時間後に発生した。 は事件の前にアメリカ籍の旅客機はイラン空域を避けるよう指示しており、同様の命令はウクライナを含む各国によっても行われていた。 専門家は報復攻撃後に空港を閉鎖しなかったイラン側の対応に疑問を呈している。 イスラム革命防衛隊の ()は空域を閉鎖するよう要求したが拒否されたと述べた。 は、イラン当局が空港を閉鎖すると、パニックが起こることを危惧して閉鎖しなかったようだと報道した。 また、イラン当局が旅客機の存在によりアメリカ側に攻撃を躊躇させられると考え、「無防備な旅客機と旅行客をにしたようだ」と報じた。 撃墜とその後の対応から、イラン国内では ()が発生し、最高指導者の辞任を要求した。 回収された752便の乗員乗客の遺体 752便の搭乗者 国籍 乗客 乗員 合計 82 0 82 63 0 63 2 9 11 10 0 10 7 0 7 3 0 3 合計 167 9 176 752便には乗員9人乗客167人が搭乗していた。 内訳は、イラン人が82人、カナダ人が63人、ウクライナ人が11人、スウェーデン人が10人、アフガニスタン人が7人、イギリス人が3人であった。 また、146人がイランのパスポートを使用しており、その他、10人がアフガニスタン、5人がカナダ、4人がスウェーデン、2人がウクライナのパスポートを使用していた。 乗客167人のうち138人がウクライナを経由してカナダへ向かう旅行客だった。 また、カナダ人の多くは、カナダの大学に在籍する生徒と職員だった。 この事件はに次いで、航空事故・事件によるカナダ国民の死亡者数が多いものとなった。 2020年1月15日、カナダの運輸大臣は57人のカナダ国民が死亡したと発表した。 墜落機には、パイロット3名と6名の客室乗務員が乗務していた。 機長は Volodymyr Gaponenkoで、ボーイング737では11,600時間の経験があり、うち5,500時間を機長として飛行していた。 副操縦士はSerhii Khomenkoで、ボーイング737では7,600時間の飛行経験があった。 指導教官はOleksiy Naumkinで、ボーイング737では12,000時間の経験があり、うち6,600時間を機長として飛行していた。 事件の経過 [ ] 752便の墜落現場 752便を運航していたのはウクライナのであり、同国最大の航空会社であるだった。 同機はイランの首都であるのからウクライナの首都であるのへ向かう国際定期旅客便だった。 当局は9人の乗員と15人の子供を含む、176人が搭乗していたと報告した。 752便は5時15分 にテヘランを離陸する予定だったが、事件当日は遅延していた。 最終的に752便は6時18分に滑走路29Rから離陸し 、キエフ到着は8時00分 を予定していた。 ()に記録された最後のデータは6時14分57秒に752便から送信されたのものだった。 6時14分17秒から6時14分45秒の間に752便は予定された方位の289度から313度に逸脱した。 その後、752便は ()の開けた土地に墜落した。 ニューヨーク・タイムズの映像の解析から752便にイスラム革命防衛隊の発射した2発のミサイルが命中し、炎上しながら墜落したことが判明した。 ウクライナの調査官はコックピット付近でミサイルが炸裂し、パイロットが即死したと推定している。 752便の離陸から墜落の約1分ほど前までの詳細な飛行経路は不明であり、最後の数秒は映像に記録されていた。 機体は空港の北西15kmにある公園と野原に墜落した。 墜落の直後、現場に22台の救急車、4台の医療バス、ヘリコプターなどが急行したが、激しい火災により救助活動は妨げられた。 残骸は広範囲に散乱しており、生存者は居なかった。 機体は墜落の衝撃により完全に破壊されていた。 調査活動 [ ] ()(CAO)は事故現場に調査チームを派遣した。 同日、ウクライナ政府は専門家をテヘランへ派遣し、調査を援助すると発表した。 また、大統領は ()に犯罪捜査を開始するよう求めた。 政府は、政府高官、調査官、ウクライナ国際航空の代表者など計53人をイランに派遣した。 ボルィースピリ国際空港で政府高官、調査官、ウクライナ国際航空の代表者などを乗せてイランへ向かう準備を行うウクライナ空軍のIl-76 の第13付属書に基づき、航空機の製造国であるアメリカの(NTSB)が調査に参加した。 また、エンジンを製造したがアメリカとフランスのだったため、が参加し、ウクライナの ()も加わった。 イランによれば、アメリカ、フランス、ウクライナの当局も事故調査に関与する。 CAOの代表者は、事故機から遭難信号が送信されていなかったことを明らかにした。 また、(FDR)と(CVR)を回収したと発表した。 報道によれば、CAOはやアメリカ当局にFDRとCVRを送らない姿勢を見せている。 1月9日、イランの調査官はブラックボックスが損傷を受け、データの一部が失われた可能性があると述べた。 元アメリカ運輸省の調査官の ()は遭難信号が乗員や機体から送信されていないと話した。 1月9日、 ()(TSB)と ()(SHK)の調査官が正式に調査に参加した。 また、NTSB 、ボーイング、ウクライナ政府も事故調査に加わった。 ()のため、との職員はイランへ渡航するため特別な許可が必要になると考えられている。 1月9日、残骸の撤去にブルドーザーが使用されたとメディアが報道した。 一部の専門家は、徹底的な調査が行われる前に現場から残骸を撤去することなどに対して証拠が改竄される恐れがあると述べた。 これに対してイラン側は証拠の改竄を否定した。 1月10日、イランはウクライナの調査官が現場に立ち入ることとブラックボックスを調査することを許可した。 1月14日、TSBの責任者である ()はTSBがブラックボックスの解析に加わることが許可されるようだと述べた。 1月23日、TSBはイランから正式に解析の支援を求められたと発表した。 2020年2月3日、イランはウクライナで752便の墜落に関する情報がテレビて漏洩したことを受けて、ウクライナとの調査協力を中断した。 2月15日、イランはウクライナの調査協力を再開した。 墜落原因を巡る各国の発表 [ ] 752便の残骸 事件直後の、イランの国営メディアは「752便は6時22分に墜落し、生存者はいない」と報じた。 イランの道路交通省の広報担当者は「エンジン1基で火災が発生し、それによりパイロットが機体の制御を失った」と述べた。 また、その他のイランのメディアも「752便は機械的故障により墜落した」と報じた。 在イランウクライナ大使館は声明を出し、この中で「事故調査委員会が出す結論より前の事故の原因に関する記述は公式ではない」とする声明を出した。 ウクライナ国際航空は、テヘラン空港は「単純な空港ではない」と述べ、そのためパイロットは充分な訓練を受けており、パイロットエラーが事故原因とは考えにくいと発表した。 ウクライナ政府も当初は機械的故障が原因とみていた。 しかしその後、声明を撤回し、ミサイルが原因である可能性も否めないと述べた。 ゼレンスキー大統領は墜落原因に関していかなる憶測もすべきではないと発言した。 1月9日、アメリカの諜報機関や防衛当局がのデータから 、752便はイランのによって撃墜された可能性があると発表した。 ウクライナ当局は撃墜は1つの可能性として考えられるとしたが、イラン当局は否定し、ミサイルによる撃墜はアメリカによるだと述べた。 イギリス国防省はアメリカの意見に同意した。 カナダの首相は、複数の情報や証拠は752便がイランのミサイルによって撃墜されたことを示唆していると述べた。 当初、(IRGC)は「アメリカの嘘」、「との間違ったシナリオ」、「ボーイング株が急落することを防ぐための作戦」などと発言し撃墜説を否定していたが 、1月11日に752便を敵対勢力と誤認して撃墜したことを認めた。 イランで運用されているのものと思われる地対空ミサイルの部品が事件後に散乱していたことが、決定的な証拠とみなされた。 事故当日752便は、当初の重量が最大離陸重量を超過していたため、貨物を下ろしており離陸が1時間近く遅れていた。 IRGCは声明で、752便が機密の軍事施設に向かっているようだったため、敵対的な目標であると誤認し、撃墜したと述べた。 これに対してイランの民間航空局は752便は予定された正しい飛行経路を飛んでおり、経路を逸脱などしていなかったと反論した。 ADS-B飛行追跡データなども752便が適切な経路を飛行していたことを示していた。 イスラム革命防衛隊の ()は、 ()のミサイル・オペレーターが752便をアメリカ軍の巡航ミサイルと誤認し、独断でミサイルを発射したようだと述べた。 またハジザデは、752便は順調な飛行をしており、何も間違いをしていなかったと発言した。 西側諸国の専門家は以前、752便がシャヒド・モーダレスミサイル基地等の軍事施設付近を飛行していたことを指摘した。 映像の解析 [ ] 1月9日、 ()が上に752便が炎を上げながら墜落する様子を映した映像を投稿した。 この映像は機械的故障が原因であるとイランが主張している最中に公開された。 イランの国営メディアは動画の信憑性については述べなかったが、墜落前に機体が燃えていたと報道した。 また、イランの交通都市省の代表者は撃墜について否定し、エンジン1基で火災が発生し、パイロットがコントロールを失ったようだと述べた。 同日、 ()は機体が空中で爆発する様子を捕らえた映像を公開した。 はこの動画の信憑性を確認した。 ベリングキャットのチームがこの動画について分析した。 また、ベリングキャットは出所不明の写真を解析し、ミサイルの弾頭部を示した画像は見つかっていないと述べた。 Torミサイルの弾頭は中央部に位置し、炸裂しても爆発はしない。 は ()が映像を分析し、信頼できるものと判断したと述べた。 Opsgroupは、撃墜を否定する明確な証拠がでない限り、752便の墜落はと同様の撃墜事件であるという仮定を指示すると述べた。 イスラム革命防衛隊の主張 [ ] イスラム革命防衛隊 IRGC は声明の中で、ウクライナ機を撃墜するに至った原因を以下の通り述べた。 アメリカによる報復の際、領土内の多数の場所が標的になったこと、前例のないほどに航空機の往来量が増加していたことを考慮して、イラン軍は最高レベルの臨戦態勢にあった。 イラクでのミサイル作戦遂行後、イランの国境周辺でアメリカ軍の戦闘機の往来量が増加し、自国の戦略的な地点へ近づく飛行物体を目撃したと報告があった。 イランの各地の防衛拠点がレーダー活動の増加を探知し、イランの防空センターで緊張感が高まっていた。 このような状況の中でウクライナ航空機が離陸した。 また、同機はイスラム革命防衛隊の拠点へ近づいた。 同機の高度、および飛行経路などを考慮してウクライナ機を「敵対的な標的」と判断した。 一方、航空機追跡・表示サイトのは、事件発生直前にエマーム・ホメイニー国際空港を離陸したフライト(10便)および過去3ヶ月の752便の飛行経路と事件当日の752便の飛行経路を比較した画像を掲載し、事件当日の752便が異常な飛行経路を辿っていたわけではないことを示した 事故の責任 [ ] 1月11日の声明でイラン革命防衛隊の航空宇宙部隊司令官であるアミールアリ・ハジザデは「全ての責任を負い、下されるどんな決定にも従う」と責任の所在を認めた。 イラン司法当局は、撃墜をめぐって数人を逮捕したことを明らかにした。 大統領は、首都テヘランで演説し、「世界がわれわれを注視している。 責任や失態があった人々はいかなるレベルでも裁きを受けることが重要だ」と述べ、関係者を処罰する必要性を強調した。 事件への対応・反応 [ ] ウクライナ国際航空 [ ] ウクライナ国際航空は声明を発表し、「遺族に深い哀悼の意を表し、支援するために可能な限りのことを行う」とし、併せて「追って通知があるまで、テヘランへのフライトを停止する」と発表した。 イラン国内 [ ]• Aviation Safety Network. 2020年1月8日閲覧。 2019年11月25日閲覧。 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 Reuters 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 The Telegraph. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月11日. 2020年1月12日閲覧。 Hooper, Ryan 2020年1月8日. plymouthherald. 2020年1月10日閲覧。 Slotnick, David. Business Insider. 2020年1月10日閲覧。 Bowden, John 2020年1月8日. TheHill. 2020年1月10日閲覧。 Hannah Jackson. Global News 2020年1月13日. 2020年1月16日閲覧。 BBC News 2020年1月11日. 2020年1月16日閲覧。 Fernando Alfonso III, Amir Vera and Sheena McKenzie. CNN 2020年1月11日. 2020年1月16日閲覧。 Fassihi, Farnaz 2020年1月26日. New York Times. 2020年5月17日閲覧。 Axios. 2020年1月13日. 2020年5月17日閲覧。 2020年5月17日閲覧。 www. planespotters. net. 2020年1月8日閲覧。 www. planespotters. net. 2020年1月8日閲覧。 ウクライナ国際航空. 2020年1月8日閲覧。 Business Insider. 2020年1月10日閲覧。 Business Insider. 2020年1月10日閲覧。 Sputnik News. 2020年1月8日閲覧。 CNN. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月10日閲覧。 ua 2020年1月8日. 2020年1月9日時点のよりアーカイブ。 2020年1月9日閲覧。 Reuters. 2020年1月10日. 2020年1月17日閲覧。 2020年1月10日. 2020年1月15日閲覧。 2020年1月9日. 2020年1月9日閲覧。 Iranian Students News Agency 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月8日. 2020年1月9日閲覧。 2020年1月13日閲覧。 Jackson, Hannah 2020年1月8日. Global News. 2020年1月8日閲覧。 WBAL. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月8日. 2020年1月9日閲覧。 WBAL. 2020年1月8日閲覧。 Weikle, Brandie 2020年1月8日. CBC News. 2020年1月8日閲覧。 Global News. 2020年1月15日. ウクライナ国際航空. 2020年1月9日閲覧。 Facebook. 2020年1月9日閲覧。 Bhattacharjee, Amanda Macias,Jacob Pramuk,Riya 2020年1月7日. CNBC. 2020年1月9日閲覧。 Iran Front Page 2020年1月11日. 2020年1月11日閲覧。 Mehr News. 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 ウクライナ国際航空. 2020年1月8日閲覧。 Safi, Michael 2020年1月8日. The Guardian. 2020年1月8日閲覧。 CNN. 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 Flightradar24 Blog 2020年1月8日. 2020年1月16日閲覧。 2020年1月18日閲覧。 Bloomberg. com. 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 Brown, Chris 2020年1月12日. CBC News. 2020年1月22日閲覧。 2020年1月9日閲覧。 Atshani, Mohammad 2020年1月9日. Quite a few minutes in the sky the plane was on fire. Doesn't the missile strike the plane in the tail and detonate it? ] ペルシア語. MohammadAtshani. 2020年2月18日閲覧。 2020年2月18日閲覧。 2020年1月12日閲覧。 Gelles, David; Troianovski, Anton; Victor, Daniel 2020年1月7日. The New York Times. 2020年1月9日閲覧。 2020年1月8日閲覧。 The Economic Times. 2020年1月8日. 2020年1月9日閲覧。 UNIAN Information Agency. 2020年1月9日閲覧。 BBC News BBC News Online. 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月8日閲覧。 Sky News. 2020年1月8日閲覧。 AFP 2020年1月9日. 2020年1月9日閲覧。 2020年1月9日. 2020年1月10日閲覧。 Stimson, Brie 2020年1月9日. foxnews. com. Fox News. 2020年1月9日閲覧。 2020年1月9日閲覧。 CNN. 2020年1月9日閲覧。 Troianofski, Anton; Kitroeff, Natalie 2020年1月9日. The New York Times. 2020年1月9日閲覧。 CNN 2020年1月9日. 2020年1月10日閲覧。 CNN 2020年1月9日. 2020年1月10日閲覧。 2020年1月8日. 2020年1月10日閲覧。 Brennan, David 2020年1月9日. Newsweek. 2020年1月10日閲覧。 CNBC 2020年1月9日. 2020年1月10日閲覧。 Frias, Lauren 2020年1月10日. Business Insider. 2020年1月10日閲覧。 National Post. 2020年1月10日. 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 Carroll, Oliver; Trew, Bel 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 Cornwell, Alexander; Hafezi, Parisa 2020年1月10日. Reuters. 2020年1月10日閲覧。 BBC News BBC. 2020年1月14日. 2020年1月14日閲覧。 Gilles, Rob 2020年1月23日. AP NEWS Associated Press. 2020年1月24日閲覧。 2020年2月3日閲覧。 2020年2月3日閲覧。 Kyiv Post Interfax-Ukraine. 2020年2月15日. 2020年2月16日閲覧。 2020年1月8日閲覧。 Livemint 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 ABC News 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 2020年1月8日閲覧。 CNN, Artemis Moshtaghian and Joshua Berlinger. CNN. 2020年1月8日閲覧。 在イランウクライナ大使館. 2020年1月8日閲覧。 Financial Times. 2020年1月9日閲覧。 2020年1月8日. 2020年1月9日閲覧。 Khurshudyan, Isabelle; Cunningham, Erin 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 Davies, Gareth; White, Josh 2020年1月8日. 2020年1月8日閲覧。 cnbc. com. 2020年1月9日. 2020年1月13日閲覧。 Newsweek. com. Newsweek 2020年1月9日. 2020年1月9日閲覧。 www3. nhk. NHK NEWS WEB 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 BBC News Online. 2020年1月9日閲覧。 Mirovalev, Mansur 2020年1月10日. Al Jazeera. 2020年1月10日閲覧。 2020年1月9日. 2020年1月12日閲覧。 BBC News Online. 2020年1月9日閲覧。 Lamoureux, Mack 2020年1月9日. Vice. 2020年4月28日閲覧。 2020年1月11日閲覧。 2020年1月11日閲覧。 11 January 2020 at the. , , 11 January 2020. KYODO News. 共同通信社. 2020-01-11. 2020年1月11日閲覧。 www3. nhk. NHK NEWS WEB 2020年1月11日. 2020年1月11日閲覧。 BabakTaghvaee 2020年1月9日. 2020年1月13日閲覧。 Reuters. 2020年1月11日. 2020年1月11日閲覧。 Gizmodo. 2020年1月11日閲覧。 Reuters. 2020年1月11日. 2020年1月11日閲覧。 2020年1月18日閲覧。 2020年1月8日閲覧。 Khurshudyan, Isabelle; Ryan, Missy; Lamothe, Dan; Sonne, Paul 2020年1月9日. 2020年1月12日閲覧。 Porter, Tom; Collman, Ashley 2020年1月10日. 2020年1月12日閲覧。 Instagram. 2020年1月30日閲覧。 The Manila Times 2020年1月18日. 2020年2月7日閲覧。 The Sydney Morning Herald. 2020年1月8日閲覧。 Agencies 2020年1月9日. The Guardian. 2020年1月31日閲覧。 Business Insider. 2020年1月31日閲覧。 CNN. 2020年1月8日閲覧。 Reuters. 2020年1月10日. 2020年1月30日閲覧。 BBC. 2020年1月30日閲覧。 Press, The Associated 2020年1月10日. Haaretz. 2020年1月30日閲覧。 Philip Bump 2020年1月10日. washingtonpost. com. The Washington Post. 2020年1月12日閲覧。 bellingcat 2020年1月9日. 2020年1月11日閲覧。 bellingcat 2020年1月9日. 2020年1月13日閲覧。 Bill Galluccio 2020年1月9日. max1063. iheart. com. 2020年1月9日時点のよりアーカイブ。 2020年1月9日閲覧。 John Bacon 2020年1月9日. usatoday. com. 2020年1月9日時点のよりアーカイブ。 2020年1月9日閲覧。 The Independent. 2020年1月8日閲覧。 IRIB. 2020年1月11日閲覧。 BBC. 2020年1月11日閲覧。 CNN. 2020年1月11日閲覧。 2020年1月18日閲覧。 AFP. AFP通信. 2020-01-11. 2020年1月11日閲覧。 時事通信. 2020年1月14日閲覧。 ウクライナ国際航空. 2020年1月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 誤射したとされるロシア製地対空ミサイルシステム• 類似した事件• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ウクライナ国際航空 (英語).

次の

ウクライナ国際航空752便撃墜事件

イラン 飛行機 墜落

ウクライナ航空機の乗員乗客176人全員が死亡したテヘラン郊外の墜落現場に記者が10日に訪れると、乗客らの遺品が数百メートルにわたって散乱していた。 地面には至る所に血のりが残り、油や焦げた臭いで満ちていた。 現場はイマーム・ホメイニ国際空港から北西に約20キロの民家や工場が点在する地区。 同機は、離陸した直後の8日午前6時過ぎにサッカー場がある空き地に墜落した。 隣接する公園の遊具やブロック塀も焼け焦げ、破壊されていた。 地元住民は「墜落後は、そこら中が炎に包まれて地獄のようだった」と口をそろえた。 墜落直後に現場に駆けつけた男性(44)は「私が見た中で、人の形が残っていた遺体は2人だけだった。 墜落場所がずれていれば、私たちが犠牲になっていたと思う」と話した。 墜落事故は、イランがイラク国内の米軍拠点を8日に攻撃した約5時間後、米・イランの緊張が極限まで高まっている最中に起きた。 現場近くに住む女性(50)は「米国からのミサイル攻撃で航空機が撃墜されたのだと思った」と振り返る。 当初は、墜落は「技術的な問題….

次の