オギノ式 産み分け。 オギノ式とは?

排卵日計算 妊娠しやすい日を予測

オギノ式 産み分け

実際、過去に独自にネットにてアンケートを取ってみたところ、7割近くの方が当たっていた!という結果になりましたが、 当たっていた方ほど、調査に協力的な傾向があるため、7割近くになったのではないかと推測されます。 科学的にも、受胎月と女性の年齢と、赤ちゃんの性別との関係は解明されていないため、 あくまで、血液型占いや、神頼みと同じような感覚でお使いいただけたら幸いです。 ちなみに、科学的な観点では、季節的には性別の偏りが出る可能性はあります。 気候が良い時期と、寒かったり暑かったりする場合では、 愛撫や性交の仕方・性交時間などに差があり、膣分泌液の量が異なり、 男性精子・女性精子の受精確率が異なってくるためです。 ブラジル式産み分けカレンダー 実は、中国だけでなく、ブラジルでも科学者により同じような産み分けカレンダーが作成されています。 こちらも、受胎月と女性の年齢から、男女を当てる・生み分けるカレンダーなのですが、 ブラジルでの出生統計から作られたものといわれています。 作られた時期は不明ですが、比較的新しいもののようです。 ブラジル式産み分けカレンダーはこちらです。 ただ、こちらもどのように、どこで統計がとられたのかなどが全く記されていないため、信ぴょう性は低めです。 科学的にも、受胎月と女性の年齢と、赤ちゃんの性別との関係は解明されていないため、 あくまで、血液型占いや、神頼みと同じような感覚でお使いいただけたら幸いです。 女性の方の生年月日が必要な理由 中国式産み分けカレンダーが作られた13世紀ころは、 今の 新暦ではなく、旧暦を使用していました。 また、女性の方の年齢を、数え年に変換する必要もあるため、正確な生年月日が必要となります。 子作り日・受胎日 予定日 子作り日・受胎日 予定日 は、赤ちゃんの「 受胎月」を計算するために必要となります。 中国式産み分けカレンダーが作られた13世紀ころに使われていたのは、 新暦ではなく、旧暦であるため、 夫婦で子作りした日・する予定の日(受胎日)も、新暦ではなく、旧暦に変換する必要があります。 通常、 着床するのは受精後6日~8日後が多いため、正確に受胎日を計算するのであれば、排卵日+数日になります。 ただ、排卵時期を解明した「オギノ法」で知られる「荻野久作」が論文を発表したのは1924年であり、 13世紀の中国では排卵日と受胎日の関係がわからず、受胎日・受胎月=性交・セックスが行われた日と考えていたと思われます。 よって、本ツールでも、受胎日・受胎月=性交・セックスが行われた日にて計算しています。

次の

中国式産み分けカレンダー逆算ツール(自分や家族は当たってる?)ブラジル式も

オギノ式 産み分け

「あれ?この日は男の子が産み分けれるはずなのに、この計算では女の子だ…。 」 という結果が出てしまって困惑してしまうケースはよくあります。 当然、 結果や成功率だって変わってきます。 それでは、それぞれの計算方法でどれだけ違いが出てくるのでしょうか。 もしかしたら、今使っている方法は根拠が薄く成功率の低い方法かもしれませんよ。 計算を使った産み分け方法は何がある? 実際に数字を使って産み分けをする計算方法は、次の3つがあります。 星座宮を使った産み分け方法 星座宮は次の式を使います。 ・女の子の場合:あまりが0や2のとき ・男の子の場合:あまりが1のとき 数え年は産まれた年を1歳として、お正月を迎えたときに1歳としを重ねていくという年齢の数え方です。 数え年を使うときには産まれた年は旧暦に直しましょう。 旧暦や数え年はインターネットで簡単に調べられます。 星座宮を産み分けに使う場合には、 『今セックスをしたら出産予定日がいつになる』ということを割り出し、逆算して考える必要があります。 そのため、科学的な根拠は全くありません。 これだけで産み分けをしていくのは失敗のリスクが高すぎておすすめできません。 バイオリズム法を使った産み分け方法 バイオリズム法で産み分けをする場合には、まずは 女性が産まれてからの日数を数え、複雑な計算からグラフを描くことからはじめます。 いわゆる 『バイオグラフ』を作図していきます。 計算には、三角関数を使った次の式を使うことになります。 実際に使用する場合には、インターネットの計算サイトで誕生日とグラフを見たい期間を入力することで次のようなバイオグラフを描いてくれます。 1987年4月1日生まれの方の場合の2017年3月21日~4月11日までのバイオグラフ あとは正しく読むだけでOK。 グラフの読み方は、身体曲線 P と感情曲線 S の線の位置を確認し、 それぞれの産みたい性別に合った日にセックスをするようにしましょう。 ・男の子の産み分け:身体曲線 P の方が感情曲線 S よりも大きいとき ・女の子の産み分け:身体曲線 P の方が感情曲線 S よりも小さいとき グラフの値が高いほど、身体・感情・知性などの曲線が示しているものの調子がよいという風に考えることができ、全ての曲線で高い値が出たときは絶好調、反対に全部が低かったら絶不調の時期にあるといえます。 曲線どうしの数字幅があまりにも大きい場合には、事故やミスが増える傾向にありますので危険日とされていて、産み分けにも向いていません。 バイオリズム法の根拠と成功率 バイオリズム法の根拠は、 『臨床心理学や医学から導き出されたバイオリズム』にあります。 バイオリズムは、人が産まれながらに持っている「なんだか調子がよい 悪い な」とう時期が周期的に訪れることを経験から数字として導き出した方法です。 バイオリズム法で使われるのは女性のバイオリズムだけですが、これは女性の膣の状態を産み分けに使っているためです。 科学的に、セックスをしたときに女性の膣内環境で産まれやすい性別が決まってくることが分かっています。 それをまとめますと、次のようになります。 ・弱酸性:女の子になる精子が子宮までたどり着きやすく、女の子が産まれやすい ・弱アルカリ性:男の子になる精子が子宮までたどり着きやすく、男の子が産まれやすい 膣内の酸性濃度は、普段は弱酸性な膣内に、弱アルカリ性の 『排卵のときに卵子と一緒にでてくる粘液』や 『セックスのときに分泌される膣内分泌液』がそれぞれ中和する形で変えていくことになります。 つまり、身体の方が感情よりも数字が大きいときにはセックスのときに濡れやすく、反対に小さいときには濡れにくくなっているため産み分けができるということです。 割と高めになりますが、 あまり安心できない数字でもあります。 排卵日を女性の月経周期から割り出す方法で、病院でも使っています。 周期法 オギノ式計算法 を使った産み分け方法 周期法の計算方法は単純で、前回の生理がスタートした日から生理周期の日数を足し、そこから黄体期である14日間の期間を引いた日が排卵日になります。 これを式で表しますと、 となります。 排卵日が分かれば、それぞれ次のような日にセックスをすれば希望する性別の赤ちゃんが産まれやすくなります。 ・男の子の産み分け:排卵日当日 ・女の子の産み分け:排卵日の2日前 生理周期は人それぞれ違ってきますが、排卵が起こって生理が起きるまでの黄体期の期間はほとんどの人が 14日間になります。 そのため、生理周期が分かると、次の排卵がいつあるのかがわかるのです。 周期法 オギノ式計算法 の根拠と成功率 周期法は、生理周期を見つけた荻野久作の計算方法を利用しています。 もともとは女性の妊娠しやすい日を特定するための計算でしたが、男女の産み分けにも使えるということが分かり、多くの病院で産み分けのためにも使われています。 排卵日当日や2日前にセックスをするのは、バイオリズム法でもあった女性の膣内の酸性濃度を利用するためでもありますが、ほかにも精子の特徴をよく理解した産み分け方法になります。 産み分けの計算にはデメリットも 産み分けの計算法と根拠、成功率を見てみると思っていたより簡単に産み分けができそうだと思った方もいるでしょう。 ですが、実際は星座宮の方法では成功率は低く、 バイオリズム法もバイオリズムが絶対ではなかったり濡れにくい体質だったりということがあります。 周期法が一番信頼できそうですが、排卵周期を見つけるための産み分けの準備期間や手間がかかってくることになります。 そこでおすすめしたいのが 産み分けゼリーという産み分けグッズです。 産み分けゼリーは射精前に膣内に酸性やアルカリ性のジェルを注入することで、膣の環境を産み分けたい性別の精子に合わせた環境に一定に保ってくれます。 また、科学的な根拠に基づいた計算でも『外れてしまう』こともあります。 そんなときに産み分けを失敗することを防ぐという意味でも使用している人は多いです。 産み分けをサポートしてくれる産み分けグッズを使って、ぜひ産み分けを成功させましょう!.

次の

女の子希望|生み分けネット

オギノ式 産み分け

周期は30日前後です。 23 - 2009. 4 - 2009. 6 - 2009. 22 - 2009. 26 と出ました。 どなたか、詳しい方教えて下さい。 よろしくお願いいたします。 生理期間は排卵日に関係ありません。 排卵日の予想は、1.排卵は低温期の最後にあること、2.高温期は14日間続くこと、から計算されます。 したがって、計算の順序は次のとおりで、生理の期間は排卵日の予想に関係ありません。 1.前回生理開始日+生理周期=次回生理開始日 2.次回生理開始日-15日=予想排卵日(高温期が14日間続くので、排卵日は15日前) 3.予想排卵日に個人差(前後2日)や精子の寿命(3~5日)を考慮して妊娠可能期間を予測する 精子の寿命は3~5日間ある一方、卵子の寿命は12~24時間しかありません。 したがって妊娠可能期間のうち前半は妊娠の可能性は高いのですが、後半は実際の排卵日が推定排卵日の前のほうだった場合には妊娠の可能性はありません。 また排卵日と性交日、男女の産み分けについては関係はありません。 薬を使う方法については分かりません。

次の