やぶさか では ありません。 「やぶさかではない」とは?意味や漢字・使い方・類語・英語表現を解説!

「やぶさかではない」の意味や使い方!「まんざらでもない」との違いは?

やぶさか では ありません

「やぶさかではない」意味や語源は? 「やぶさかではない」の意味と漢字 「やぶさかではない」という言葉は、もともとは「やぶさか」+否定、となります。 では、「やぶさか」とはどういう意味でしょうか。 漢字で書くと「吝か」となります。 多くの場合、否定的な気持ちを表現する言葉です。 「気が進まない」「あまりやりたくない」など、どちらかというと後ろ向きな気持ちを表します。 つまり、「やぶさかではない」は、「気が進まないわけではない」「気乗りしないわけではない」「あまりやりたくないわけではない」となり、前向きで肯定的な気持ちを歪曲して表現している、ということになります。 もう少し違う言い方をすれば、やる気である気持ちを前面に出さずに控えめに表現しています。 「やぶさかではない」の語源 「やぶさか」は平安時代の言葉です。 ためらうさま、物惜しみするさま、を意味する動詞「やふさがる」と、ケチであるという意味の形容詞「やふさし」が語源と考えられています。 鎌倉時代中期以降、上記の表現から移行して、「やふさ」に「か」をつけて、「やふさか」「やっさか」という語が生まれましが、「やっさか」は消滅しました。 その後、二音節が濁音化され、「やぶさか」となったようです。 さらに、現代では否定をつけることによって、肯定的なやる気を表現する言葉として用いられるようになりました。 「やぶさかではない」の使い方は? 比較的肯定的な使い方をする 意味からも分かるように、「やぶさかではない」は比較的肯定的な表現として使われます。 もう少し砕けて言うと、「結構やる気がある」ということです。 ですから、何か頼みごとをされたとき、やる気があるなら「やぶさかではありません」と答えることができます。 とはいえ、あまり日常会話では使われなくなっているのが現状です。 少々回りくどい表現でもあるので、「やります。 」とストレートに表現する場合が多いでしょう。 あまりストレートな表現を避けた方がいい時には、物事を荒立てずに円滑に進められる言葉なのかもしれません。 「まんざらでもない」誤用に注意! 「まんざらでもない」とは、それほど悪くない、かなりよい、という意味です。 「まんざら」自体は、「ひたすら/完全に」の意味から、「まったく/まるで」と変化していき、否定の語をつけると、上記のような意味になります。 (例) 「結果はまんざらでもない。 」 「まんざらでもない顔つき」 「まんざら捨てたもんじゃない」 一見、言葉の並びが「やぶさかではない」と似ていますが、意味は違うので、誤用に気をつけましょう。 「やぶさかではない」の例文は? ビジネスで使うとき ビジネスで使うときには、言葉遣いに気をつければ目上目下関係なく使うことができます。 基本的には、何かお願いされたときに返事として使う言葉と覚えておきましょう。 具体例 「協力することにやぶさかではない。 」 協力してもいいですよ 「彼の仕事ぶりを認めるのはやぶさかではない。 」 彼の仕事ぶりを大いに認めます 「この書類の内容を変更することにやぶさかではない」。 書類の内用を変更してもよい 親しい相手に使うとき 親しい相手にもう少しくだけて使いたいときは、以下のような使い方をします。 具体例 「これぐらいのこと、やぶさかではないでしょう?」 これぐらいのことできるでしょう? 「これっぽっちもやぶさかではないよ。 」 (少しもいやではないよ/喜んで) 「私が行くことにはやぶさかではないけれど、気が進まないな。 」 行くことはいいのだが、気が進まない 「やぶさか」他の使い方 「やぶさかだ」「やぶさかです」 「やぶさかではない」が「結構やる気がある」状態を指すのですから、「やぶさかだ」で、「あまりやる気がない」と表現できるのではないかと思うかもしれません。 しかし、「やぶさか」を肯定で使用することはほとんどないので、あまり使わない方が良いでしょう。 「やぶさかではありますが」 文語調で、本来あまり使われません。 あえて使うなら、「思い切りが悪いかもしれませんが・・・」というニュアンスで使うことができるでしょう。 「やぶさかではない」の類語は? 「構わない」 「気にしない」、「差し支えない」、「それでいい」など、肯定的な意味です。 ある物事に対して、大賛成というわけではありませんが、「まあ、いいよ」と、少し控えめな肯定を表現しています。 「異存はない」 相手の意見に対して「異存はありません」といった場合、それを肯定したことになります。 簡単に言えば、「賛成ですよ」という意味です。 「異存」が意見の相違を表すので、それを否定する形で表せば、上記のような意味になります。 ビジネスシーンでも使われる表現なので、覚えておきましょう。 「喜んでする」 依頼されたことを気持ちよく引き受ける表現です。 「やぶさかではない」に比べてかなりストレートな表現ですが、これも同類語になります。 「やぶさかではない」英語にすると? ニュアンス別で単語を使い分ける 「やぶさかではない」には多様な意味があるため、英語にする時にも様々な表現に分かれます。 こちらでは、ニュアンス別の表現方法を紹介します。 「まぁやってもいいよ」 I guess I have to(do)it. (やるしかないかなぁ) be willing to ~ (~してもいいかな) 「どちらかというとやりたいかも」 I might want to ~ (やりたいかも) That sounds good. あえて角を立てないようにする、日本語ならではの表現です。 状況に合わせてうまく使いこなせるとよいでしょう。

次の

やぶさかではないの意味はポジティブなもの?ビジネスでの使い方や例文とあわせて

やぶさか では ありません

「やぶさかではない」という言葉を日常生活で「よく使う」「よく耳にする」という人はむしろ少ないかもしれません。 また、「聞いたことはあるが、意味がよく分からない」という人も中にはいるのではないでしょうか。 「やぶさかではない」は、カジュアルな場面ではほとんど使用されることはありませんが、逆に改まった場面である政治やビジネスシーンでは使用されることがあります。 目上の方や上司が「やぶさかではない」をよく使う、という場合も考えられます。 自分では使用しないかもしれませんが、「やぶさかではない」を目上の方などから言われたときに、慌てずにコミュニケーションを取ることができるよう、「やぶさかではない」の意味をきちんと理解できるようにしておきましょう。 「やぶさかではない」の使い方にはもう1つ注意することがあります。 この言葉を使用するときには、相手が「やぶさかではない」の意味をきちんと理解していない可能性がある、ということに留意しなければなりません。 国により行われた調査によれば、国民の多くは「やぶさかではない」という言葉を「仕方なくする」という逆の意味で捉え、誤用している人の方が、本来の意味「喜んでする」という意味で使用している人よりも多い、という説があるからです。 ビジネスシーンでは曖昧さを避ける・誤解を避ける方が安全な場合が多いことから、もしも「やぶさかではない」という言葉を使用したときに、相手が理解していない様子を示す場合には、すぐに別の表現に言い換えるなどの対応が必要です。 「やぶさかではない」「吝かではない」を類語辞典 シソーラス で調べてみると、大きく分けて2つのグループが示されます。 その内の1つ目には「構わない」「反対しない」「依存はない」が挙げられています。 その背後にある意義は「反対や不満があるわけではない」様子、とされていることから、これらの類語には「否定はしていないものの、肯定することについて少し消去的なニュアナンス」が感じられます。 このことから「やぶさかではない」が持つ元々の意義と、「積極的に行う」というニュアンスを保ったまま言い換えられる言葉として、もう1つのグループに示されている類語を使用したほうが望ましいと考えられます。 それらについて、次の項で説明していきます。 本記事では「やぶさかではない」の意味、使い方、類語などについて、例文を挙げながら見てきました。 最後にもう一度「やぶさかではない」を使用するにあたっての大切なポイントをまとめます。 ビジネスシーンで活用していただければ幸いです。 1 「やぶかさではない」の意味は、〜する努力を惜しまない、喜んで〜する。 多くの場合積極的に「やりたい」という意思を示す言葉。 2「やぶかさではない」と「まんざらでもない」は意味が異なるので使い方に注意する。 3「やぶかさではない」の類語には「喜んでする」「むしろ進んでそうする」などがある。 4「やぶさかではない」は目上にも目下にも、誰に対しても使用することができる。 5「やぶさかではない」は日常会話ではほとんど使用されないが、ビジネスシーンで目上の方から聞かれる言葉の1つとして、意味をきちんと理解して対応できるようにしておくことが必要。 6「やぶさかではない」を自分が使用する場合には、相手が意味を理解していない場合には、誤解される可能性があることを念頭に置いて使用する。

次の

「やぶさかでない」の意味や使い方は?例文や類語を教えて?

やぶさか では ありません

「やぶさかではない」という言葉を日常生活で「よく使う」「よく耳にする」という人はむしろ少ないかもしれません。 また、「聞いたことはあるが、意味がよく分からない」という人も中にはいるのではないでしょうか。 「やぶさかではない」は、カジュアルな場面ではほとんど使用されることはありませんが、逆に改まった場面である政治やビジネスシーンでは使用されることがあります。 目上の方や上司が「やぶさかではない」をよく使う、という場合も考えられます。 自分では使用しないかもしれませんが、「やぶさかではない」を目上の方などから言われたときに、慌てずにコミュニケーションを取ることができるよう、「やぶさかではない」の意味をきちんと理解できるようにしておきましょう。 「やぶさかではない」の使い方にはもう1つ注意することがあります。 この言葉を使用するときには、相手が「やぶさかではない」の意味をきちんと理解していない可能性がある、ということに留意しなければなりません。 国により行われた調査によれば、国民の多くは「やぶさかではない」という言葉を「仕方なくする」という逆の意味で捉え、誤用している人の方が、本来の意味「喜んでする」という意味で使用している人よりも多い、という説があるからです。 ビジネスシーンでは曖昧さを避ける・誤解を避ける方が安全な場合が多いことから、もしも「やぶさかではない」という言葉を使用したときに、相手が理解していない様子を示す場合には、すぐに別の表現に言い換えるなどの対応が必要です。 「やぶさかではない」「吝かではない」を類語辞典 シソーラス で調べてみると、大きく分けて2つのグループが示されます。 その内の1つ目には「構わない」「反対しない」「依存はない」が挙げられています。 その背後にある意義は「反対や不満があるわけではない」様子、とされていることから、これらの類語には「否定はしていないものの、肯定することについて少し消去的なニュアナンス」が感じられます。 このことから「やぶさかではない」が持つ元々の意義と、「積極的に行う」というニュアンスを保ったまま言い換えられる言葉として、もう1つのグループに示されている類語を使用したほうが望ましいと考えられます。 それらについて、次の項で説明していきます。 本記事では「やぶさかではない」の意味、使い方、類語などについて、例文を挙げながら見てきました。 最後にもう一度「やぶさかではない」を使用するにあたっての大切なポイントをまとめます。 ビジネスシーンで活用していただければ幸いです。 1 「やぶかさではない」の意味は、〜する努力を惜しまない、喜んで〜する。 多くの場合積極的に「やりたい」という意思を示す言葉。 2「やぶかさではない」と「まんざらでもない」は意味が異なるので使い方に注意する。 3「やぶかさではない」の類語には「喜んでする」「むしろ進んでそうする」などがある。 4「やぶさかではない」は目上にも目下にも、誰に対しても使用することができる。 5「やぶさかではない」は日常会話ではほとんど使用されないが、ビジネスシーンで目上の方から聞かれる言葉の1つとして、意味をきちんと理解して対応できるようにしておくことが必要。 6「やぶさかではない」を自分が使用する場合には、相手が意味を理解していない場合には、誤解される可能性があることを念頭に置いて使用する。

次の