仮想 通貨 時価 総額。 ビットコインの時価総額は?仮想通貨の時価総額ランキング

Bitcoin

仮想 通貨 時価 総額

ブームは去ったかのようにも感じる「仮想通貨」ですが、その普及は世界中で着実に進んでおり、今後もさまざまなシーンでの活用が期待されています。 本稿では、「仮想通貨に興味はあるけれど、なにからどう手を付ければいいかわからない」というような方向けに、仮想通貨に関連するさまざまな話題をご紹介。 仮想通貨を2014年より保有してきた筆者の経験から、なかなか人には聞きにくい仮想通貨の基礎知識や歴史、未来像などもわかりやすくお伝えします。 今回のテーマは、「仮想通貨の時価総額でなにがわかる? 仮想通貨の時価総額で何がわかる? 仮想通貨の時価総額から読み取れること 仮想通貨の時価総額からは、そのコインの市場規模や過去の値動きを読み取ることができます。 大切なのは現時点のデータだけでなく、過去までさかのぼったデータを見ること。 あとは、データから未来を考えること 妄想すること です。 妄想力 想像力 があれば、仮想通貨の市場全体の動向や未来を読み取ることもできるかもしれません。 未来を予想するのは難しいことですが、自分が仮想通貨業界に入って価値を創造することで、業界全体の存在価値を高め、仮想通貨投資で利益を出すこともできるでしょう。 妄想力、想像力、創造力と言葉遊びみたいになってきましたが、でご紹介したように「ビットコインの価値を上げたのはホルダーたち」です。 仮想通貨はホルダー同士で価値を認め合い、価値を創造し、高めていく通貨ですので、仮想通貨投資で利益を出すことはまだまだ不可能ではありません。 仮想通貨の時価総額を見てみると、あるときのデータでは市場全体の暴騰が、あるときのデータでは市場全体の暴落が確認できるかもしれません。 市場全体の動きと反発するように、全体が下がっているときに時価総額を上げているコインもわかるようになるでしょう。 今の価格は底値なのか、それともさらに下がるのか、これから上がりそうかなども、過去の時価総額データの推移で予想することができるかもしれません。 将来有望なコインや、最近人気のコインも見つけられるかもしれませんね。 仮想通貨の時価総額ランキングはどこで見られるの? 仮想通貨の時価総額ランキングは、「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」という情報サイトで確認できます。 このサイトを見ると、世界にはすでに5000種を超える仮想通貨があることがわかります。 なかには、発行量や価格がわからないコインもありますが、仮想通貨の種類を多く知ることで、投資先の選択肢も増えるでしょう。 種類がありすぎて、正直わけがわかりませんけどね。 値動きを見てみると、「ビットコインと同様の値動きを見せるもの」「全く異なる値動きをするもの」があることがわかります。 ビットコインと連動して値が動くコインは、投資判断がしやすいコインといえます。 しかし、ビットコインが値下がりすると、同じように価値が下がってしまう点には注意が必要です。 ちなみに、ビットコインと連動して値動きするコインが多く見えるのは、ビットコインが仮想通貨の世界の基軸通貨だからです。 仮想通貨の時価総額とファンダメンタルズ分析 「ファンダメンタルズ分析」とは、株式投資で使われる投資のための分析方法のひとつです。 ファンダメンタルズ分析では、株式の本質的価値と市場の株価に大きな隔たりがあったとしても、いずれは本質的な価値に近づくという考えのもとに相場を予想します。 本質的な価値よりも市場価値が高ければ売り、本質的な価値よりも市場価値が低ければ買う。 これを繰り返すことで、利益を得ることができます。 日々のチャートやレートを確認する必要がないため、取り組みやすい投資法といわれています。 ただ、この「本質的な価値」を測定する方法が、仮想通貨にはありませんけどね。 コイン1枚あたりの価値だけでなく、そのコインが市場でどれだけの影響力があるのかも確認できるのが時価総額です。 2020年2月5日時点の時価総額ランキングTOP3は、以下のとおりです。 第1位 ビットコイン BTC 時価総額は、18兆3,529億7,951万9,238円。 ビットコインは、サトシ・ナカモト論文から生まれた世界初の仮想通貨です。 誕生から10年以上が経った今でも不動の1位を誇っています。 第2位 イーサリアム ETH 時価総額は、2兆2,727億7,017万34円。 イーサリアムは、スマートコントラクトや分散型アプリケーションのプラットフォーム機能を持つ仮想通貨です。 イーサリアムは、今後も世界経済にプラスの影響を与える可能性が高いため、多くの人が保有し取引を行っています。 第3位 XRP XRP 時価総額は、1兆3,173億8,477万4,600円。 XRPは、リップル社が発行する仮想通貨です。 XRPではなくリップルと呼ばれることもあります。 こちらの方が呼びやすいですからね。 1XRPあたりの価格は30円前後と安く見えますが、流通量が多いため、時価総額はランキング第3位です。 今後、あらゆる通貨をつなぐブリッジ通貨として、世界中で活躍する可能性を秘めた、将来性のあるコインです。 イーサリアムとリップルは、2位と3位をよく競っていますので、ビットコインとあわせて「3大仮想通貨」と呼ばれることもあります。 仮想通貨の時価総額ランキングを見ると、1位と2位には大きな差があることがわかります。 時価総額ランキングからも、世界初の仮想通貨であるビットコインの人気の高さがわかりますね。 ビットコインが不動の第1位をキープしているのは、圧倒的な知名度の高さと、仮想通貨の世界の基軸通貨であるからです。 これは、今後も揺るがないように感じます。 時価総額ランキングを確認することで、多くの人が保有し取引している人気のコインがどれなのかが一目でわかります。 ただ、「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」は情報サイトに過ぎません。 お金を払えば掲載できるという面もありますので、「『CoinMarketCap コインマーケットキャップ 』に掲載されているから安心できるコインだ」と解釈するのは安直です。 「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」に載っていなくても安心して取引ができるコインはありますし、「CoinMarketCap コインマーケットキャップ 」に載っていても詐欺が疑われるコインはあります。 サイトを妄信せず、目利き力を養うことが大切ですね。 次回は、「LINEが目指す手のひら金融 仮想通貨取引所BITMAXと独自仮想通貨LINK」についてご紹介します。 1986年、埼玉県生まれ。 2012年より、大手人材会社のアウトソーシングプロジェクトに参加。 プロジェクトが軌道に乗ったことから2014年に独立し、その後は主にフリーランスとして活動中。 2014年、一時インドネシア・バリ島へ移住し、その前後から仮想通貨投資、不動産投資、事業投資を始める。 現在は、SAKURA United Solutions Group ベンチャー企業や中小企業の支援家・士業集団 、しごとのプロ出版株式会社で経営戦略チームの一員を務めるほか、バリ島ではアパート開発と運営を行っている。 監修を担当した書籍『THE NEW MONEY 暗号通貨が世界を変える』が発売中。 予めご了承ください。 連載一覧 第59回 第58回 第57回 第56回 第55回.

次の

暗号資産(仮想通貨)レート・相場 時価総額順【リアルタイム更新】

仮想 通貨 時価 総額

もくじ• CoinMarketCapは日本語対応 仮想通貨のいろんな情報が見れるサイトをたまにアップしてますが、CoinMarketCapをあげるの忘れてましたw あれーなんでだろ、記事にしたと思い込んでいました。 私がはじめたときは英語のみでしたが、今やいろんな言語に対応しております。 日本語対応もばっちりですね。 サイト右上の「EN」部分をクリックすると日本語が選択できます。 時価総額・発行枚数などが確認できます 日本語表示にするとこんな感じ。 名前・時価総額・価格・取引ボリューム(24時間)発行枚数などなどが表示されます。 循環サプライってのが現時点での発行枚数的な感じかな。 ビットコインはマイニングされて供給量が少しづつ増えていきます(上限2,100万枚)。 現時点では1,763万枚があるってことですね。 間違ってるかもなので適当にご覧ください ウェブサイトやエクスプローラーの詳しい情報も見れる 詳しく知りたい通貨の名前をクリックすると、より詳細な情報が見れます。 ここではビットコインを見てみましょう。 赤枠で囲んだ部分に「ウェブサイト・エクスプローラー・github」などのリンクがあります。 ウェブサイトを見たい時やエクスプローラーでトランザクションを検索するときはここから飛ぶと楽ですし安心です(フィッシング広告とかなにやらよくわからんサイトも多いし)。 チャートが見れます 下にスクロールするとタブを切り替えて様々な情報を見ることができます。 詳しいチャートはcryptowatchやTradingViewの方が見やすいですが、ざっくり見る分には全然OK。 取り扱っている取引所 「市場」タブをクリックすると、その通貨がどの取引所で取引できるか確認することができます。 どのようなペアでどれくらいのボリュームがあるかなどです。 ここを見るとどの国で人気なのかわかったりもしますね。 これを見ると仮想通貨市場にお金が入ってきているのか、お金が抜けて行っているのかなども把握することができますね。 う~ん、見事なバブルチャートですw マウスオーバーするとその日の時価総額とボリュームが表示されます。 上記画像の時はBCHハードフォークの時あたりでしょうかねぇ。 ビビッて全部フィアットに逃げてて結果損したヤツでした。 ううう。 3円)。 2017年8月時点の時価総額は13. 65兆円でした。 軽いアルトバブルのあとですので、その時がどんな感じだったか気になる方はブログでまとめてますのでどうぞ。 2017-08-09 22:23 仮想通貨ドミナンス 一時期ドミナンスドミナンス言われてましたが、ドミナンスとは 仮想通貨の割合みたいなもんです。 ビットコインの割合が増えればビットコインドミナンスが上昇ってことですね。 基本ビットコイン基準で言われることが多いので、「ビットコインのドミナンスが下がってきた、アルトコインのターンか」みたいな感じで使われたりします。 ビットコインのドミナンスが下がるということは、他アルトコインに流れている可能性が高いわけですしね。 ビットコインが32. 46%まで落ち込んだことも 上記のマウスを合わせているところあたりが、一番ビットコインドミナンスが下がったあたりかな、大暴落前夜近辺w その割合「ビットコイン=32. 46%」、「イーサリアム=18. 39%」。 「イーサリアムがビットコイン抜くのは時間の問題」って感じで結構言われてたね。 ってな感じで、アルト祭り開催中はビットコインの割合が下がります笑。 反対に「ビットコインの割合が高まる=アルトコインから資金が吸われる」ってことで「アルトドレイン」なんて言われたりもします。 アルトチューチューでも可です() サイト内検索 カテゴリー• 328• 226• 111• 106• 138• 13 アーカイブ•

次の

仮想通貨の流通量・時価総額ランキングを一挙紹介 ビットコインだけじゃない!

仮想 通貨 時価 総額

MSD(エムエスディー)とは?基本情報 MSDは、 多国籍企業Monspaceによって開発された仮想通貨です。 2017年6月より、世界各地のMonspace会員への発行され、9月よりMonspace会員内での取引が開始されました。 Monspaceは、アジア地域を中心に、電気通信、不動産業、金融業、エンターテイメント、テクノロジー、航空業、ホスピタリティ産業、食品・飲料産業の8つの主要なセクターで投資ビジネスを展開するマレーシアの企業です。 Monspaceは現在、アジア・中東地域20か国以上に1500万人以上の会員からなるコミュニティーを形成しています。 MSDは流通量世界第二位の通貨のブロックチェーンに基づき作成されています。 MSD(エムエスディー)の特徴・仕組み MSDは以下のような特徴を備えています。 市場におけるMonspaceのバックアップ• あらゆるビジネスにおけるMSD取引の導入• Ethereumプラットフォームの利用 市場におけるMonspaceのバックアップ Monspaceは、長年にわたりあらゆる分野での投資ビジネスで成功をおさめており、アジア地域のトップ企業として確固たる地位を確立しています。 つまり、ICO(Initial Coin Offering:資金調達のために仮想通貨の発行)を行っている企業とは異なり、仮想通貨の開発前に、Monspaceは既に圧倒的な資金力と知名度を誇っていました。 より革新的な企業となり、競争力を高めていくために、2017年に仮想通貨事業への参入を決定、MSDを発行するに至ったのです。 そのため、MSDは発行前からあらゆる可能性を持ち合わせた仮想通貨であり、様々な市場で注目されていました。 あらゆるビジネスにおけるMSD取引の導入 Monspaceはアジア地域を中心に様々なビジネスを展開していますが、今後それらの取引において、直接MSDが利用できるシステムの導入を予定しています。 その一部はすでに運用が開始されており、旅行会社AsianCitiesでは、2017年11月より、MSDによる代金支払いシステムを導入しています。 AsianCitiesは、主にマレーシア、インドネシア、フィリピンなどで旅行業を行っている企業で、Two seasons・Diamond Hotel(フィリピン)、RHR Hotel(マレーシア)、Kei Art Hotel(インドネシア)などの有名ホテルを顧客としています。 AsianCitiesはMonspaceとの事業協力を発表し、ホテル宿泊費、航空券、レンタルカー代金の支払いオプションとして、MSDを受け入れています。 今後もさらにMSD取引の場は広がり、Monspaceのビジネスパートナーとなるショッピングモール、レストラン、カフェなどでの使用が可能となる予定です。 Ethereumプラットフォームの利用 MSDのシステムはEthereumプラットフォームで動作するプライベートブロックチェーンに基づいており、通貨はERC20規格によって設計されています。 ERC20は、Ethereumの技術を使って、新規に通貨を発行(ICO)するときに採用される、統一の基準・仕様のことを意味します。 ERC20に対応したウォレットはすでに開発されているので、そのウォレットを使うことで、同じERC20の規格に適合した様々な種類の通貨を、同一のウォレットで保管することができます。 ユーザー側も、多数のウォレットを作成する必要がありませんし、開発者側からしても、ERC20規格で設計することで、通貨により大きな信頼度を付加することができるのです。 2017年12月時点で20,000を超えるERC20系の仮想通貨が発行されており、その利便性は今後さらに増していくと思われます。 MSD(エムエスディー)の相場・チャート・高騰/暴落情報• 取引開始日:2017年10月2日• 取引開始価格:0. 221365USD• 直近価格:0. 016571USD(2018年3月17日)• 最高値:0. 234131USD(2017年10月2日)• 最安値:0. 003974USD(2018年2月6日) 取引開始直後に最高値を記録した直後、価格は急激に下落していきました。 その後は2か月に一度上昇を見せ、再び下降した後、価格変化はなくなる傾向を見せていましたが、現在は、下降後も緩やかに上昇を続けています。 MSD(エムエスディー)の買い方・売り方・購入方法・取引所 仮想通貨のMSDの購入できる取引所はこちらです! 取り扱い国内取引所 取り扱い海外取引所 MSD(エムエスディー)の将来性 2017年時点で、実に300億ドル以上のMSDが、商品オーナー、開発者、あるいは特定の会員によって保持されることなく、私募で流通しています。 さらに、MSDは様々なeコマースビジネスに支えられている点からも、今後もより信頼性が高く、投資すべき仮想通貨として多くの人に選択されると考えられます。 また、ERC20規格に基づいており、その他のERC20系通貨とも同一ウォレットで管理がしやすいため、今後もさらにユーザー数を伸ばしていくことが予測されます。 MSD(エムエスディー)の最近のニュース・最新情報・今後の予定 Monspaceは、世界各地に広がる系列会社のネットワークを持っています。 現在、これらの系列会社内では、その取引に仮想通貨が用いられていますが、今後それらはMSDに切り替えられる予定となっており、それはつまり、MSDはさらに約350万人ものユーザーから支持されることを意味しています。 さらに、Monspaceは大規模なエコシステムを有しており、その中の多くのeショップやその他の企業がMSDを取引に使用していくと考えられます。 以上より、今後もMSDはより多くの人々に支持され、また、その使用範囲もますます広がっていくと推測され、仮想通貨市場における注目度はますます高まっていくと考えられます。

次の