焼き肉。 焼肉

とにかく「デカい肉」を買え! 元肉屋が教える「肉のハナマサ」徹底攻略法

焼き肉

どうも、株式会社バーグハンバーグバーグで働いている加藤と申します。 みなさんは、業務用食品スーパー "肉のハナマサ"をご存知でしょうか? 業務用スーパーということで、キロ単位の食材やボトルサイズの調味料なんかを販売しているのですが、 "肉の"と名乗るほどですから、特に精肉コーナーが充実しているスーパーでもあるんですよ。 肉が好きな人にとっては、まさに天国みたいなお店です。 ですが、 "プロの為の店"ってハードルから、あまり活用できていない人もいるのではないでしょうか? だって、肉の塊を買っても普通の人では調理できないですからね…。 というわけで、3年間スーパーの精肉部に務めていた元肉屋のぼくが、 "肉のハナマサ"の活用法をお教えいたします! 肉を安くたくさん食べたいって人は見ていってくださいね!(まさかとは思いますが、 肉屋は豚肉アレルギーになったので辞めました) というわけで、「肉のハナマサ 店」にやってきましたよ! 肉のハナマサは、まさに"肉天国" こちらが精肉コーナー! ズラララ~っと並んでいるのは どれも 肉! 肉! 肉! ハムは1本単位で売ってるし、 はバラ肉丸ごとで売ってます! 腐る前に消費できる気がしない!! もちろん、生肉だって塊で販売。 食材というか、もう鈍器みたいなもんですよ鈍器。 これこそが業務用スーパーのメリットですよね!! ちなみに、ハナマサの値段ですが、このように小さい豚バラブロックだと 100gあたり=119円この値段ですが…。 大きい豚バラブロックで 100gあたり=109円…。 さらに丸ごとだと 100g=99円と、どんどん安くなります! デカく買えば買うほどお得になるので 「パズドラの魔法石と一緒」 「LINEのコインと一緒」と覚えておいてください。 課金中毒者にはわかりやすい例えですね! つまり、僕が言いたいのは "肉のハナマサではできるだけデカい肉の塊を買え!! "ということです。 例として、牛肉の中では安価で手に入る牛モモ肉。 こんな塊でも、カンタンにさばけます。 肉っていうのは、そこら中に 硬いスジが入っています。 この白い線ですね。 こいつをそのままにして調理すると、歯では噛み切れないので、包丁で肉を割って取り除く必要があります。 手で引っ張ればビリビリーっと割れていくので、包丁はその間をちょんちょんと切る程度でOK。 外した肉にこういったぶっとい筋が入っているので、包丁の刃を沿わせるようにして、できるだけ肉を傷つけずに取り除いていきます。 思春期のハートと同じだと思って扱ってあげてください。 この真ん中にもぶっといスジが!! スジ~~!! コラ~~!! 何入ってんだコラ~~!!!! 白い部分は全部スジです! こんな感じでどんどん割っていけば、3つのブロックになりました。 余った切れ端は、左のようにカレー・シチュー用の肉に。 右の取り除いたスジは、牛スジカレーとか、牛スジ煮込みとかにしちゃいましょう。 牛スジはハナマサでも 100g=158円するので、捨てるのはもったいないですよ! 賢く使い切りましょう。 あと、しょっちゅうカレー作りましょう! モモ肉は脂肪がなく焼くとガッチガチに硬くなる肉質なので、ステーキやなんかにはあまり向いていません。 みんなも太もも硬いでしょ? なんたって、あの牛の巨体を支えているお肉ですからね。 そりゃ硬くなります。 なので、塊はこうして下味を付けて…。 表面を強火でササッと焼いて…。 弱火で蒸し焼きにしながら10分、その後火を消して15分ほど放置すれば…。 ローストビーフの完成じゃ~~~!!!!!!!! なんかたいそうな料理のイメージがあるローストビーフですが、基本的に "焼いて放置するだけ"でいいので、ハッキリ言って 超ズボラ料理です。 焼いて放置ってマニアックなプレイみたいですが、巨大な牛モモ肉を買ったら絶対に作りましょう!! 盛り付ければこんな感じ!! 大盛り2皿分ができてしまいました。 100gあたり=148円のローストビーフ!! 貧乏人でも食えるぞ~~~!!!! 8割引きですよ! 100gあたりの単価が倍くらいの黒毛和牛のモモ肉なら、こんな感じで適度なサシが入ったローストビーフも作れます。 買ったら100g=2,200円くらいですが、こちらも同じく 8割引きの価格で作れちゃうわけです。 みんなも作ろうよ! 焼いて放置しようよ! 牛ロース肉で作れば、ローストビーフステーキを作ることもできます。 サッパリしたのがいいか、脂のおいしさを楽しみたいかはお好みなのでどうぞ!! ぺろ~んとめくれるところがあるので、そこをめくるとこういう血管が浮いていたりします。 これを取ってあげましょう。 「血管が好きで好きでしょうがない」「男性の手に浮き上がる太い血管がたまりません!! 」という人はそのままでもいいです。 マズいけど。 あと、バラ肉には骨が入っていることも多いです。 アバラ骨に引っ付いていたところですから、解体のときに削られた骨が紛れ込んでいるわけですね。 ぼく、以前仕事の研修で養豚場で解体されるところまで見たんですが、職人さんが 包丁をパブニカのナイフみたいに逆手に持って、超高速で豚をバラバラにしていくんですよ。 めちゃめちゃ速いので、骨が削れることも多々あるんでしょう。 骨は噛んだらヤバいくらい硬いので、このように指で触ってしっかり取り除きます。 バラ肉って脂が多いので、上に乗っかっている余分な脂はお好みでとってください。 "バラ肉"というだけあって、あばら骨が入っていた名残で溝の隙間に硬い部分があるので、これもしっかり取ってあげましょう。 で、こちらがバラ肉の断面図。 指を刺している右側の方が赤身が多くて色味もいいので、こちらをメインにしましょう。 肉は繊維がつながってできているので、肉の目(木目みたいな繊維の線)と交差するように包丁を入れていかないと、硬い肉になってしまいます。 肉は切り方で硬さが変わりますから、注意してください! 肉の柔らかさを決めるのは、アナタの腕次第だ! 肉の目を見定めて、柔らかくなる方向で切るため、一度このようにブロックにします。 豚バラ肉は用にするので、にちょうどいい厚みに切っていきましょう。 豚バラ肉は 「安い牛カルビより23倍うまい(個人の感想です)」ので、ぜひ家の時は焼きまくってください。 脂っこいですが、牛の脂よりはサッパリしていてMORIMORI食べられます(夢が)。 100g=59円ですよ!? 豚トロって、赤身で肉質が硬い「肩肉」の脂の中に隠れている薄い部分で、豚なのに霜降りっぽくサシが入っている貴重な部位だったりします。 肩肉も、モモ肉と同様に硬いお肉です。 肩だろうがモモだろうが、四足動物にしてみれば前足と後ろ足の違いしかありませんからね。 基本的に一緒なんです。 空けるとこんな感じ。 脂が多いのでピンク色ですね。 肩肉の脂の中にくるまれているので、基本的にあっつい脂がついています。 全部取ってしまうと 夢ばっか追ってる男みたいにペラッペラになるので、適度にそぎましょう。 それでも豚トロってペラッペラの肉なので、普通に肉の目に沿って切ると、チンジャオロースの細肉みたいになってしまいます。 なので、画像のように包丁を寝かせて、異様に斜めに切ります。 豚バラと豚トロを盛り付けるとこんな感じ。 1枚をさばいた豚バラは、まだ これの3倍以上の量があります。 こうやって立ててみると、上の方は 豚ロース肉なんですよ。 リブロースという部位に近いです。 肩ロースというだけあって、ロース肉と肩肉の間の肉になっています。 なので、2枚分くらいは ロースとんかつ用に切れてしまいます。 豚肩ロースも豚バラ肉と同様、骨や血管があるので、そぎ落としてください。 豚肩ロースは いろんな肉が複雑に絡み合った部位で、肉の目が非常にわかりづらくなっています。 しかし、そもそもロースと近くて柔らかい肉質なので、あまり肉の目は気にせず調理されることが多いのです。 ですが、今回はよりおいしく食べるため、画像で指差している 「肩ロース肉の一番うまい部分」だけを割って、キチンと肉の目にそって切ってみます。 包丁を入れつつ、肉を持ち上げて切っていきます。 割れたおいしい部分がコチラ! ブリーフみたいな形ですが、キチンと肉の目がわかりますね。 これを用に切ると、 柔らかくてうま味の強い肩ロース肉の用が完成です! 残った部分は、ブロック肉としてカレーとか角煮とかに使ってください。 そうです、 肉塊をさばいた後はカレーを作りまくってください。 そのまま用に切ってもうまいはうまいです。 いかがだったでしょうか? のタレやホットプレートを買った代金を入れても、全部で1万2000円ほど。 男6人で2回分のができましたから、1 回1,000円でとローストビーフを腹いっぱい食べられるのです! というわけで…。 肉をたくさん食べたいなら、肉のハナマサを活用しまくれ!! ということでございます。 ギリギリセーフをモットーに絶妙なラインをキープしつつ、ギャップを利かせた企画で世界を闇に包むのが目的です。 会社HP: Facebookページ:.

次の

とにかく「デカい肉」を買え! 元肉屋が教える「肉のハナマサ」徹底攻略法

焼き肉

オイルミストを減らし、家で焼き肉をおいしく焼くにはどうすればいいのか? 今回はホットプレート焼き肉をメインに、使える裏技をご紹介しました。 それ以下の温度設定で加熱すれば、オイルミストの量はぐっと減ります。 そこで… 肉は引きずりながら焼け! 実はホットプレートは、肉を置くと一気に温度が下がってしまいます。 そこでおすすめするのが、引きずり焼き。 ホットプレートの上で肉をゆっくり引きずることで、常に温度の高い場所で加熱するという方法。 「ジュー」という肉の焼ける音が、良い温度で焼けている合図です。 生肉に触った箸で食事をすると、食中毒のリスクが高まります。 人気焼き肉店の秘伝の下味 都内の人気焼き肉店で実際に使われている下味のレシピをご紹介。 牛肉 ・・・200g• 塩 ・・・3g• こしょう ・・・適量• ニンニク ・・・2g• ごま油 ・・・大さじ1 (作り方) ボウルに肉を入れ、そこにすべての調味料を入れて、まんべんなくもみこんでください。 「焼き肉をするときは、極力ひっくり返さない」。 どこかで聞いたこのあるこの焼き肉の「常識」、実は大間違いだったんです。 肉は大きく、2種類のタンパク質が形作っています。 その結果、肉汁が外に流れ出して、捨ててしまうことになるんです。 そこで今回お伝えしたのは、人気焼き肉店の職人が実践する「肉を何度もひっくり返す」焼き方。 同じ肉が別格の味わいに!ぜひお試しください! 何度もひっくり返し焼き• 肉をあみや鉄板の上に乗せる• 肉の側面の下半分が白く変色してきたら1度ひっくり返す• 反対側の面が同じ焼き色になるまで加熱する• 中まで十分に火が通るように、何度もひっくり返して焼いてください。 ホルモンや成形肉、また豚肉や鶏肉はじっくり焼いて、中までより確実に火を通してください。 (食べる肉がホルモンかどうか、成形肉かどうかは、お店の人によく確認してください).

次の

最新 焼き肉術!いつもの焼き肉が高級店の味に

焼き肉

どうも、株式会社バーグハンバーグバーグで働いている加藤と申します。 みなさんは、業務用食品スーパー "肉のハナマサ"をご存知でしょうか? 業務用スーパーということで、キロ単位の食材やボトルサイズの調味料なんかを販売しているのですが、 "肉の"と名乗るほどですから、特に精肉コーナーが充実しているスーパーでもあるんですよ。 肉が好きな人にとっては、まさに天国みたいなお店です。 ですが、 "プロの為の店"ってハードルから、あまり活用できていない人もいるのではないでしょうか? だって、肉の塊を買っても普通の人では調理できないですからね…。 というわけで、3年間スーパーの精肉部に務めていた元肉屋のぼくが、 "肉のハナマサ"の活用法をお教えいたします! 肉を安くたくさん食べたいって人は見ていってくださいね!(まさかとは思いますが、 肉屋は豚肉アレルギーになったので辞めました) というわけで、「肉のハナマサ 店」にやってきましたよ! 肉のハナマサは、まさに"肉天国" こちらが精肉コーナー! ズラララ~っと並んでいるのは どれも 肉! 肉! 肉! ハムは1本単位で売ってるし、 はバラ肉丸ごとで売ってます! 腐る前に消費できる気がしない!! もちろん、生肉だって塊で販売。 食材というか、もう鈍器みたいなもんですよ鈍器。 これこそが業務用スーパーのメリットですよね!! ちなみに、ハナマサの値段ですが、このように小さい豚バラブロックだと 100gあたり=119円この値段ですが…。 大きい豚バラブロックで 100gあたり=109円…。 さらに丸ごとだと 100g=99円と、どんどん安くなります! デカく買えば買うほどお得になるので 「パズドラの魔法石と一緒」 「LINEのコインと一緒」と覚えておいてください。 課金中毒者にはわかりやすい例えですね! つまり、僕が言いたいのは "肉のハナマサではできるだけデカい肉の塊を買え!! "ということです。 例として、牛肉の中では安価で手に入る牛モモ肉。 こんな塊でも、カンタンにさばけます。 肉っていうのは、そこら中に 硬いスジが入っています。 この白い線ですね。 こいつをそのままにして調理すると、歯では噛み切れないので、包丁で肉を割って取り除く必要があります。 手で引っ張ればビリビリーっと割れていくので、包丁はその間をちょんちょんと切る程度でOK。 外した肉にこういったぶっとい筋が入っているので、包丁の刃を沿わせるようにして、できるだけ肉を傷つけずに取り除いていきます。 思春期のハートと同じだと思って扱ってあげてください。 この真ん中にもぶっといスジが!! スジ~~!! コラ~~!! 何入ってんだコラ~~!!!! 白い部分は全部スジです! こんな感じでどんどん割っていけば、3つのブロックになりました。 余った切れ端は、左のようにカレー・シチュー用の肉に。 右の取り除いたスジは、牛スジカレーとか、牛スジ煮込みとかにしちゃいましょう。 牛スジはハナマサでも 100g=158円するので、捨てるのはもったいないですよ! 賢く使い切りましょう。 あと、しょっちゅうカレー作りましょう! モモ肉は脂肪がなく焼くとガッチガチに硬くなる肉質なので、ステーキやなんかにはあまり向いていません。 みんなも太もも硬いでしょ? なんたって、あの牛の巨体を支えているお肉ですからね。 そりゃ硬くなります。 なので、塊はこうして下味を付けて…。 表面を強火でササッと焼いて…。 弱火で蒸し焼きにしながら10分、その後火を消して15分ほど放置すれば…。 ローストビーフの完成じゃ~~~!!!!!!!! なんかたいそうな料理のイメージがあるローストビーフですが、基本的に "焼いて放置するだけ"でいいので、ハッキリ言って 超ズボラ料理です。 焼いて放置ってマニアックなプレイみたいですが、巨大な牛モモ肉を買ったら絶対に作りましょう!! 盛り付ければこんな感じ!! 大盛り2皿分ができてしまいました。 100gあたり=148円のローストビーフ!! 貧乏人でも食えるぞ~~~!!!! 8割引きですよ! 100gあたりの単価が倍くらいの黒毛和牛のモモ肉なら、こんな感じで適度なサシが入ったローストビーフも作れます。 買ったら100g=2,200円くらいですが、こちらも同じく 8割引きの価格で作れちゃうわけです。 みんなも作ろうよ! 焼いて放置しようよ! 牛ロース肉で作れば、ローストビーフステーキを作ることもできます。 サッパリしたのがいいか、脂のおいしさを楽しみたいかはお好みなのでどうぞ!! ぺろ~んとめくれるところがあるので、そこをめくるとこういう血管が浮いていたりします。 これを取ってあげましょう。 「血管が好きで好きでしょうがない」「男性の手に浮き上がる太い血管がたまりません!! 」という人はそのままでもいいです。 マズいけど。 あと、バラ肉には骨が入っていることも多いです。 アバラ骨に引っ付いていたところですから、解体のときに削られた骨が紛れ込んでいるわけですね。 ぼく、以前仕事の研修で養豚場で解体されるところまで見たんですが、職人さんが 包丁をパブニカのナイフみたいに逆手に持って、超高速で豚をバラバラにしていくんですよ。 めちゃめちゃ速いので、骨が削れることも多々あるんでしょう。 骨は噛んだらヤバいくらい硬いので、このように指で触ってしっかり取り除きます。 バラ肉って脂が多いので、上に乗っかっている余分な脂はお好みでとってください。 "バラ肉"というだけあって、あばら骨が入っていた名残で溝の隙間に硬い部分があるので、これもしっかり取ってあげましょう。 で、こちらがバラ肉の断面図。 指を刺している右側の方が赤身が多くて色味もいいので、こちらをメインにしましょう。 肉は繊維がつながってできているので、肉の目(木目みたいな繊維の線)と交差するように包丁を入れていかないと、硬い肉になってしまいます。 肉は切り方で硬さが変わりますから、注意してください! 肉の柔らかさを決めるのは、アナタの腕次第だ! 肉の目を見定めて、柔らかくなる方向で切るため、一度このようにブロックにします。 豚バラ肉は用にするので、にちょうどいい厚みに切っていきましょう。 豚バラ肉は 「安い牛カルビより23倍うまい(個人の感想です)」ので、ぜひ家の時は焼きまくってください。 脂っこいですが、牛の脂よりはサッパリしていてMORIMORI食べられます(夢が)。 100g=59円ですよ!? 豚トロって、赤身で肉質が硬い「肩肉」の脂の中に隠れている薄い部分で、豚なのに霜降りっぽくサシが入っている貴重な部位だったりします。 肩肉も、モモ肉と同様に硬いお肉です。 肩だろうがモモだろうが、四足動物にしてみれば前足と後ろ足の違いしかありませんからね。 基本的に一緒なんです。 空けるとこんな感じ。 脂が多いのでピンク色ですね。 肩肉の脂の中にくるまれているので、基本的にあっつい脂がついています。 全部取ってしまうと 夢ばっか追ってる男みたいにペラッペラになるので、適度にそぎましょう。 それでも豚トロってペラッペラの肉なので、普通に肉の目に沿って切ると、チンジャオロースの細肉みたいになってしまいます。 なので、画像のように包丁を寝かせて、異様に斜めに切ります。 豚バラと豚トロを盛り付けるとこんな感じ。 1枚をさばいた豚バラは、まだ これの3倍以上の量があります。 こうやって立ててみると、上の方は 豚ロース肉なんですよ。 リブロースという部位に近いです。 肩ロースというだけあって、ロース肉と肩肉の間の肉になっています。 なので、2枚分くらいは ロースとんかつ用に切れてしまいます。 豚肩ロースも豚バラ肉と同様、骨や血管があるので、そぎ落としてください。 豚肩ロースは いろんな肉が複雑に絡み合った部位で、肉の目が非常にわかりづらくなっています。 しかし、そもそもロースと近くて柔らかい肉質なので、あまり肉の目は気にせず調理されることが多いのです。 ですが、今回はよりおいしく食べるため、画像で指差している 「肩ロース肉の一番うまい部分」だけを割って、キチンと肉の目にそって切ってみます。 包丁を入れつつ、肉を持ち上げて切っていきます。 割れたおいしい部分がコチラ! ブリーフみたいな形ですが、キチンと肉の目がわかりますね。 これを用に切ると、 柔らかくてうま味の強い肩ロース肉の用が完成です! 残った部分は、ブロック肉としてカレーとか角煮とかに使ってください。 そうです、 肉塊をさばいた後はカレーを作りまくってください。 そのまま用に切ってもうまいはうまいです。 いかがだったでしょうか? のタレやホットプレートを買った代金を入れても、全部で1万2000円ほど。 男6人で2回分のができましたから、1 回1,000円でとローストビーフを腹いっぱい食べられるのです! というわけで…。 肉をたくさん食べたいなら、肉のハナマサを活用しまくれ!! ということでございます。 ギリギリセーフをモットーに絶妙なラインをキープしつつ、ギャップを利かせた企画で世界を闇に包むのが目的です。 会社HP: Facebookページ:.

次の