葉酸 サプリ ピジョン。 知らずに飲んでない?葉酸サプリの危険性

赤ちゃんに安全な葉酸サプリの選び方10の基準&比較ランキング!

葉酸 サプリ ピジョン

もくじ• 葉酸サプリを飲む期間と摂取量、効果効能を知ろう! 最初に、葉酸サプリ選びの前提知識として、葉酸サプリを飲む必要のある「期間」と「摂取量」、そして「効果効能」についてお話しします。 以下、 「食事系葉酸」「サプリ系葉酸」と省略します。 まず厚生労働省は、普通に生きるうえで必要な葉酸摂取量として「食事系葉酸1日240ug マイクログラム 」を基準としています。 これは普段の食事から摂って欲しい量です。 そして、妊娠と関係のある人の場合は、サプリ系葉酸のプラス摂取が必要としています。 期間・摂取量・効果効能の関係は次の通りです。 【妊活中】 +1日400ug 子宮内膜を強化し、着床しやすい子宮環境を整えることができ、妊娠力UPが期待できるでしょう。 【妊娠1ヶ月以上前~妊娠初期】 +1日400ug 赤ちゃんの神経管閉鎖障害リスクを70%低減。 子供の自閉症リスクや、流産のリスクを低減。 つわりを和らげたり、子宮内胎児発育遅延予防や貧血予防の効果もあります。 【妊娠中期~妊娠後期】 +1日240ug 流産のリスクを低減、早産予防、妊娠高血圧症候群予防、貧血予防の他、免疫機能や消化管機能を高める効果もあります。 【授乳期】 +1日100ug 造血効果により母乳の出を良くしたり、母乳の質を高める効果がある。 他にも、産後の子宮回復の促進効果や、産後うつ予防、産後の抜け毛予防、美容効果などがあります。 以上のような効果が期待できるということで、妊活中・妊娠中・授乳期には葉酸サプリを飲むことをオススメします。 ちなみに、厚生労働省がサプリ系葉酸を勧めているのは、 【期間】妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月 【理由】胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクの低減のため 【摂取量】サプリ系葉酸を+1日400ug のポイントのみで、妊娠中期以降は食事系葉酸のみでも問題ありません。 しかし、食事系葉酸は「熱に弱い、水に溶けやすい、生体利用率が50%と低い 効率がわるい 」などの特徴があり、 食事のみで必要量を満たすのが大変なため、サプリで効率よく摂取するほうが好ましいと考えています。 それでは、葉酸サプリの重要性を分かっていただいたところで、次に葉酸サプリを選ぶ基準についてご紹介します。 葉酸サプリの正しい選び方10の基準とは? 厚生労働省の資料やデータなどを元に、葉酸サプリの選び方の基準を10つご紹介します。 ビタミンB6と一緒に摂ると、動脈硬化の原因となるホモシステインという物質を、別のアミノ酸に変化させてくれます。 また、ビタミンB6には、皮膚や粘液を丈夫に保つ働きや、つわりを緩和してくれる働きがあります。 ビタミンB12が配合されていること! ビタミンB12は葉酸とともに「造血のビタミン」と呼ばれ、ヘモグロビンの合成を促進して悪性貧血を予防する働きがあります。 そして、DNAの合成に必要な不可欠な栄養素でもあり、妊娠中にはとても重要とされています。 ビタミンB6・B12の両方を配合してる葉酸サプリが良いでしょう。 ビタミンCが配合されていること! ビタミンCは葉酸を活性化させるために、葉酸に水素をくっつける働きをします。 また、コラーゲン生成を促進し、皮膚・骨・血管を丈夫にしたり、免疫力をアップさせる働きもあります。 他にも、鉄分の吸収を助ける作用もありますので、「鉄分」と一緒に摂取すると良いでしょう。 妊娠中のビタミンC推奨摂取量は1日110mgですが、20代・30代の女性は70mgほどしか摂取出来ていません…。 鉄分が配合されていること! 妊娠中、摂取量を増やすべき栄養素の1つが「鉄分」で、貧血予防の効果があります。 推奨摂取量は「妊娠初期:1日8. 5~9. 0mg」「中期~後期:1日21. 0~21. 5mg」です。 しかし20代・30代の女性は「1日6. 5mg」程度しか摂れていませんので、 その差を埋める量「初期:2. 5mgほど」「中期~後期:15mgほど」の鉄分を摂れる葉酸サプリが良いでしょう。 カルシウム Ca が配合されていること! 鉄分の他に、妊娠中に不足しやすいのが「カルシウム」で、赤ちゃんの骨格形成に関わる大切な栄養素です。 ただ、妊婦さんの推奨摂取量は「1日650mg」ですが、20代・30代の女性は「1日430mg」ほどしか摂れていません。 その差を埋める「220mg」ほどの鉄分を摂取できる葉酸サプリが良いです。 原材料が安全&明記されていること! 葉酸サプリは妊娠中や授乳中に、毎日ずーーっと飲み続けるものです。 赤ちゃんとママの身体のためにも、不安のある原材料を使っているサプリは避けたいところです。 妊婦さんでも飲みやすいこと! 葉酸サプリは特に妊娠初期の摂取が大切ですが、この時期は悪阻 つわり がひどくなりやすい時期でもあります。 錠剤を飲み込むのもツラい時期ですから、 「つわりの時でも、飲みやすい大きさ・形状・におい」であることも重要なポイントです。 大きさは直径1cm未満、無味無臭に近いものがベストでしょう。 GMPマークが付いていること! GMPは「Good Manufacturing Practice」の略で「適正製造規範」のこと。 厚生労働省の「」に書かれているように、 一定の品質が確保されているGMPマークのある葉酸サプリを選びましょう。 放射線検査をしていること! 妊娠中・授乳中など毎日飲むサプリですから、赤ちゃんの為にも「放射能汚染」についてはとても気になるポイント。 安心して摂取できるよう、しっかり「放射線検査」が実施されているサプリを選ぶと良いでしょう。 信頼できる会社であること! 葉酸サプリを販売している会社の信頼性も大切なポイント。 健康食品業界は誰でも参入できるため、怪しい業者がお金儲け目的で販売していることもあります。 ですので「会社の実績」だったり「お客様相談室の設置の有無」などをチェックし、信頼できる会社かどうか判断しましょう。 以上、葉酸サプリの正しい選び方として、10の基準をご紹介しました。 赤ちゃんの健やかな成長の為にも、ママの身体の為にも、出来ることなら全ての基準を満たすサプリを選ぶことをオススメします。 みんなが買ってる、人気葉酸サプリを徹底比較! 上で説明した10の基準を元に、売れ筋の人気葉酸サプリ11商品について比較しました。 ママニック葉酸サプリ 15日間の返金保証があって安心! 販売元のレバンテ株式会社は平成18年設立の新しい会社ですが、人気化粧品【リッツシリーズ】を販売している会社でとても信頼できます。 ママニック葉酸サプリは 「23種のビタミン・ミネラル・アミノ酸配合、8種類の国産野菜を配合、美容成分8種類配合、乳酸菌配合」など、ママの健康や美容にも役立ってくれるでしょう。 特に、妊娠中は便秘になりやすいので、毎日乳酸菌を摂れるのは嬉しいポイントです。 10の基準を全て完璧に満たしていて安心できるサプリです。 また、他の葉酸サプリにはないママニックならではメリットが 「15日間の返金保証」があること。 「味が合わないな、商品が合わないな」と思ったら15日以内であれば返金対応をしてくれるので安心でしょう。 ベルタ葉酸 ママニック葉酸サプリと同様、人気があり口コミ評価の高い葉酸サプリです。 葉酸の他にも、 「27種類のビタミンやミネラル・20種類のアミノ酸・21種類の野菜・6種類の美容成分・鉄分・カルシウム」などが配合されており、赤ちゃんの成長だけじゃなく、ママの健康と美容の強い味方になってくれるでしょう。 さらに 「お客様サポートチーム」があって、困った事があれば1人1人しっかりサポートしてくれるから安心です。 Lara Republicの葉酸サプリ Lara Republicの葉酸サプリは、葉酸の他にもビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・鉄分・カルシウムが含まれています。 鉄分も10mgなので、 妊娠初期ならほぼパーフェクトな葉酸サプリです。 ベルタ葉酸やママニック葉酸ほどではありませんが、ビタミン・ミネラル・国産野菜・美容成分も配合されており、ママの美容や健康にもオススメです。 以前はコーティング剤を使用していないため、「鉄の味が気になりました」のような口コミを多数見かけましたが、現在は植物由来の原料でコーティングしており、においや味の点では心配はいらないでしょう。 AFC 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ 株式会社エーエフシーは健康食品の販売実績が45年以上もあり、とても信頼できる会社です。 原材料の最終加工国を全て表示するなど、健康食品会社ならではのこだわりを感じます。 AFC葉酸は カルシウムが200mgで理想量にちょっと足りない点や、鉄分が10mgで妊娠中期~後期にはちょっと足らなくなる点が残念ですが、10の基準をほぼパーフェクトで満たしている葉酸サプリです。 美容成分・サポート成分などは配合されていませんが、ベルタ葉酸やママニック葉酸よりもリーズナブルなのが嬉しいポイントでしょう。 葉酸サプリとして欲しい成分はほぼ満たしているので 「必要なものだけあれば良い。 なるべく安く。 」というタイプの人にはオススメと言えるでしょう。 美的ヌーボ 美的ヌーボは平成21年創設の株式会社フックという会社が販売しています。 美的ヌーボ以外にもたくさんの人気商品を販売していますから、信頼できる会社と判断できるでしょう。 美的ヌーボは10の基準をほぼパーフェクトで満たしていますし、他にも「ビタミン・ミネラル27種類配合」「DHA&EPA配合」などとても魅力を感じます。 ただ、 粒の大きさが大きいもので2cmもあるため、「大きすぎる」「飲み込みにくい」といった口コミが多いことに驚きます。 また、厚生労働省が推奨するビタミンB6の摂取量は1日1. 4mg 上限45mg ですが、 美的ヌーボには100mgも含まれており基準を大きく上回っていますので、過剰摂取による悪影響が心配です。 この2つのマイナスポイントと、 料金がベルタ葉酸の約2倍で高額という点が残念なところです。 以上となります。 もちろん他にも沢山の種類の葉酸サプリが販売されていますが、『10の基準を満たすこと』『売れ筋&口コミ評価が高いこと』の条件に合う商品のみ厳選して紹介させていただきました。 【重要】安いサプリを複数飲むのは危険!? 葉酸サプリの正しい選び方10の基準でお話ししたように、葉酸は「ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC」と一緒に摂取した方が良いですし、妊婦さんに不足しがちな「鉄分・カルシウム」も含まれていた方が良いです。 ただ、例えばDHCサプリなどは激安価格ですから、 「葉酸サプリはこれにして、他の栄養素は別のサプリを飲めばいいですよね。 」と思ってしまう人もいるかもしれません。 しかし、厚生労働省の「」では次のように記載されています。 【いくつもの製品を同時に摂取しない】 「あの成分も良い、この成分も良い、そっちの成分も」と、多種類の成分を同時摂取することは一見体に良さそうに思いますが、「人への作用が明らかにされていない物質を、複数の種類、自己判断で使用する」ことになるので、注意が必要です。 ・・・・・・一度に多種類の健康食品を摂取することは、健康被害の可能性を高め、被害の原因究明も困難にします。 ですので、安いからと言って複数のサプリを飲む事は、赤ちゃんの健康被害の可能性を考えるとオススメできません。 安さや嘘情報に惑わされず、正しい葉酸選びを! 以上、葉酸サプリの選び方や、11種類の葉酸サプリについて比較してみましたが、いかがでしたでしょうか? なかなか全ての条件を完璧に満たす商品がない、という事は分かっていただけたでしょう。 その点で、 ママニック葉酸や ベルタ葉酸はパーフェクト!Lara Republic葉酸やAFC葉酸もほぼパーフェクトでオススメです。 もちろん他の商品を選んでいただいても構いませんが、「不安要素のある原材料が使われている」「足りない栄養素がある」「過剰摂取の恐れがある」「無駄な添加物が多い」「粒が大きい、味が不味い」など、デメリットがある事をしっかり理解した上で摂取するようにして下さい。 一番怖いのはデメリットがあるにも関わらず、「これで大丈夫!」と信じて飲み続けてしまう事です。 それがあなたにとって、悲しい結果をもたらす可能性もありますから、そういった事がないように安さや嘘情報に惑わされず、正しい葉酸サプリ選びを心がけていただけたらと願います。 そのほか葉酸に関する記事は次にまとめています。 良かったらチェックして、お役立ていただけたら嬉しいです。

次の

先輩ママさん2,005人が選んだ!妊活から飲んでおきたい葉酸サプリランキング

葉酸 サプリ ピジョン

Contents• 葉酸サプリの危険性「副作用」 葉酸サプリメントは、本来安全性の高い物でなければなりませんし、薬ではありませんから、副作用等の心配は無いはず。 しかし、 数ある葉酸サプリの中には、妊娠中に飲み過ぎると危険な副作用を引き起こす恐れがある物があります。 一体、どんな事が原因で副作用が引き起こされるのでしょうか。 食品添加物とは、そもそも厚生労働省が認めた安全性の高い物しか使えませんから、微量を摂る分には問題はありません。 サプリに関しても、絶対に無添加の物でなければダメと言う訳では無いのです。 しかし、合成着色料や保存料、人口甘味料等の化学合成添加物については、継続して大量に摂った場合の安全性が未だ解明されていない物もあり、妊娠中に毎日飲むサプリメントに入っているのは好ましくありません。 中には、摂り過ぎるとお腹の赤ちゃんのアレルギー疾患や、染色体異常を引き起こす原因になると言われる物もあるのです。 葉酸の過剰摂取による副作用 妊娠中に積極的に摂るべき葉酸ですが、実は1日に1000ugと言う上限摂取量があります。 これを越えて摂取し続けた場合には、葉酸の過剰摂取となり「葉酸過敏症」「お腹の赤ちゃんの喘息のリスクが高まる」「ビタミンB12欠乏症の診断を困難にする」等の副作用を引き起こす事があるのです。 葉酸過敏症 葉酸過敏症の主な症状は、発熱、蕁麻疹、吐き気、不眠症状、呼吸障害などが挙げられます。 そのため、妊娠中の葉酸の過剰摂取は、お腹の赤ちゃんにもダイレクトに影響を及ぼす可能性があるのです。 ビタミンB12欠乏症の診断を困難にする 葉酸と共に血液を作る大切な役割をしているのがビタミンB12という栄養素。 ビタミンB12が欠乏すると、赤血球が上手く作られず巨大化してしまう「悪性貧血」と呼ばれる物や、神経系の障害を引き起こします。 悪性貧血は、鉄分の不足によって引き起こされる鉄欠乏性貧血とはメカニズムが違うため、専門的な治療が必要なのですが、葉酸を過剰摂取していると、このビタミンB12欠乏症の診断を困難にしてしまうのです。 サプリメントは過剰摂取になりやすい これまでお話したように、妊娠中に欠かせない栄養素である葉酸ですが、過剰摂取は危険な副作用を引き起こす事があります。 食品に含まれている葉酸は、吸収率が約50%と低いため、毎日の食事だけでは過剰摂取の心配はありません。 しかし、吸収率が約90%と高いサプリメントでは、注意が必要なのです。 海外製の葉酸サプリ等には、1日分で1000ugを越えてしまう物や、国産のサプリとは表記の違う物もありますから、注意して選びましょう。 そして、良質なサプリメントであっても、用量を守って飲む事が大切です。 葉酸の副作用については、こちらの記事で詳しく紹介しています。 どちらも身体にとって必要な栄養素なのですが、過剰摂取になりやすいのが脂溶性ビタミンでしょう。 特に、動物性のビタミンAであるレチノールは、摂り過ぎると肝臓に蓄積されやすく、妊娠中には胎児の危険や流産にも繋がる事があるのです。 しかし、脂溶性ビタミンも身体にとって必要な栄養素のひとつですから、葉酸サプリの中には、ビタミンA・E・D等が配合されている物も多く存在します。 大切なのは、過剰摂取に配慮された物を選ぶ事、そしてそのようなサプリメントであっても、まとめ飲みなどをせず1日の用量を守って飲む事なのです。 天然葉酸は安全?合成葉酸は危険? 葉酸には「天然」と「合成」の2種類が存在します。 天然葉酸とは、もともと食品等に含まれている「ポリグルタミン酸型葉酸」のことを指し、合成葉酸とはサプリメント等に配合されている「モノグルタミン酸型葉酸」の事です。 「天然」「合成」と聞くと、天然の方が身体に良さそうなイメージでは無いでしょうか。 しかし、 厚生労働省が妊活中や妊娠中の女性に勧めているのは、実は合成葉酸なのです。 それは何故なのでしょうか。 お腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐのは合成葉酸 葉酸が妊娠中に良いと言われている理由は、何となくご存知の方は多いかと思いますが、ハッキリとは答えられない人が多いのでは無いでしょうか。 妊娠前から妊娠初期にかけて、1日400ugの葉酸をしっかりと摂る事で、胎児が二分脊椎等や無脳症等の神経管閉鎖障害を引き起こすリスクを約70%軽減できると言われています。 もちろん、妊娠中期以降にも葉酸は必要であり、様々な効果を発揮してくれるのですが、厚生労働省が妊婦さんに葉酸を推奨している理由はここにあるでしょう。 しかし、この神経管閉鎖障害のリスクを下げると言う研究結果は、天然葉酸では無く、合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸の事なのです。 ですから、妊娠中には合成葉酸が配合されたサプリメントが良いのですが、中にはオーガニックの物などで、天然葉酸を配合した商品があります。 原材料名にハッキリと「葉酸」と記載されている物が合成葉酸ですから、しっかりと確認してから購入すると良いでしょう。 天然葉酸は吸収率が悪い 厚生労働省は、妊活中や妊娠中の女性に対して、1日400ugの葉酸を摂取する事を推奨しています。 毎日の食事だけでは足りないため、サプリメント等で補う事が大切でしょう。 「毎日沢山の野菜や果物、レバー等を食べれば良いんじゃないの?」と思う人もいるかと思いますが、食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は約50%と高くありません。 また、水溶性ビタミンである葉酸は、水洗いや熱に弱く、その調理過程において約50%程が失われてしまうと言われています。 毎日の食事だけで妊娠中に必要な葉酸量をまかなう事は、とても難しいのです。 ですから、毎日の食事では足りない分を、吸収率の良い合成葉酸が配合されたサプリメントで補う事が推奨されています。 天然葉酸と合成葉酸の違いについては、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 実は、それは強ち間違いとも言い切れません。 合成葉酸には、食品等の天然の物から抽出した原料で合成された物と、石油等の化学物質から合成された物があるのです。 石油由来の合成葉酸が配合されたサプリメントを妊娠中に飲み続ける事は、お腹の赤ちゃんのアレルギー疾患等のリスクを高めると言われています。 ですから、価格が安いから、味が美味しいから等と言う理由だけで、安易に葉酸サプリを選ぶのは危険なのです。 石油由来の葉酸の危険性については、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 どんなに良い原料を使っていても、工場での管理や扱いが良くなければ安全性が高いとは言えません。 そこで、製造工程において危険性が無いかを見極める基準があります。 GMPの認定工場で作られているかどうか 製造工程での安全性を見極めるポイントとして、GMPの認定工場で作られているかと言う事が挙げられます。 GMPとは、サプリメント等の商品の品質や安全性を保つために設けられた製造規範です。 このGMPの厳しい基準をクリアした工場は認定され、定期的にチェックも受けていますから、しっかりとした管理が出来ていると言えます。 一番分かりやすいのが、GMPマークがついている商品なのですが、付いていない物でもGMPの認定工場にて製造されている物も多くありますから、問い合わせ等をしてみるのも良いでしょう。 GMPについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧下さい。 そこで、残留農薬や放射能のテストをしっかりとしている商品は、安全性が高いと言えるでしょう。 これらのテストをクリアしている商品は、パッケージや公式サイトに記載がある物が多いので、通販で購入出来る商品等はサイト等をチェックしてみると良いかと思います。 妊娠中に理想的な危険性の少ない葉酸サプリとは?.

次の

ピジョンの葉酸カルシウムプラスの口コミ・評判・効果は?

葉酸 サプリ ピジョン

5 ネットで検索すると、とんでもない量の葉酸サプリ。 はじめての妊娠であり迷うことも沢山でした。 まずは大手メーカー品を探すことに。 ドラッグストアの店頭や、ネットでの口コミをみてこちらを選択。 ネットで多めに注文することで送料無料となり安く手に入ったと思います。 匂いは無く大きさもちょうど良い。 尚且つ鉄分なども配合されていたため一石二鳥だと思っています。 効果に対してはあまり実感はないですが、、、主治医からの指摘なども無いので効果が出ていると思い込んでいます(笑 自分で袋に移し替えればいいのですが、、瓶タイプで購入したので、出かける際や旅行、泊まりの時は荷物になるのでこういう時にパウチタイプだとバッグに邪魔にならず運べるのにな? と思う点は一つありました。 ・コズレでは、商品・サービス・スポットごとの点数によるランキングを提供しています。 ・点数は、コズレ会員の皆様に投稿いただいた感想をもとに算出した参考指標です。 ・本記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、適合性、有益性、その他一切について当社はいかなる責任も負いません。 本記事の情報に基づくすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 ・口コミなどの投稿はあくまで投稿者の感想です。 個人差がありますのでご注意ください。 ・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。 ご了承ください。 ・掲載情報に誤りを発見された場合は「」フォームよりご連絡ください。

次の