プライムビデオ 登録チャンネル 解約。 Amazon Prime Videoチャンネルの料金と支払い方法を徹底解説!

Amazonプライムビデオチャンネルとは?登録から解約まで徹底解説

プライムビデオ 登録チャンネル 解約

Amazonプライムビデオチャンネルとは? Amazon Prime Video Channel(アマゾンプライムビデオチャンネル)とは、Amazonが提供している有料の専門動画チャンネルのことです。 Prime Videoチャンネルを利用できるのは、Amazonの有料サービスである「プライム会員のみ」です。 Amazon Prime Video チャンネルには、以下のような特徴があります。 Amazon Prime Video チャンネルの特徴• 40種類以上の専門チャンネルがある• 衛星放送やケーブルテレビとの契約が不要• 無料お試し期間が設定されている• 一部のチャンネルはライブ配信も観れる 40種類以上の専門チャンネルがある Amazonプライムビデオチャンネルには、映画や各スポーツから釣りなどの趣味系まで、幅広いジャンル計40以上のチャンネルがあります。 自分で観たいチャンネルのみを自由に選択して追加・視聴できます。 チャンネル一覧は後で詳しく解説します。 衛星放送やケーブルテレビとの契約が不要 「Amazonプライムビデオチャンネルの何がいいの?」と思っている方もいるかもしれません。 通常であれば、釣りやスポーツといった有料の専門チャンネルを観るためには、衛星放送やケーブルテレビを契約する必要があります。 それに対して、プライムビデオチャンネルでは、衛星放送やケーブルテレビを契約しなくても、オンラインで簡単に専門チャンネルを観られるというメリットがあります。 また、衛星放送では天気が悪いと放送が観られない場合がありますが、プライムビデオチャンネルなら台風の時でも問題なく放送が観られます。 無料お試し期間が設定されている プライムビデオチャンネルには、チャンネルごとに「7日間」「14日間」「30日間」等の無料期間が設定されています。 そのため、最初は無料で気軽にチャンネルを試すことができます。 無料お試し期間中に解約をすれば、利用料金はかかりません。 また、無料期間は各チャンネルで独立しているので、全てのチャンネルをそれぞれ無料でお試し可能です。 一部のチャンネルはライブ配信も観れる Amazon Prime Video Channelの一部チャンネルはライブ配信を行っています。 Amazonプライム会員とは、Amazonの有料会員のことです。 Amazonプライム会員になると、Amaoznの様々な特典を利用することができます。 Amazonプライムビデオチャンネルもプライム会員の特典の一つなので、プライム会員以外は利用できません。 Amazonプライム会員の特典一覧はこちら。 「Prime Video」と「プライムビデオチャンネル」の違い 先ほどの「Prime Video」と「プライムビデオチャンネル」の違いって何?って方は多いと思います。 両者の違いは以下の通りです。 ただし一部作品は有料で、有料作品は作品ごとにレンタルか購入する必要があります。 一方で、プライムビデオチャンネルはチャンネルごとに月額契約する必要があります。 契約すれば、その月はそのチャンネルの番組が見放題になります。 Amazon Prime Video Channelのチャンネル一覧と料金 「Amazon Prime Video Channelにはどんなチャンネルがあるの?」と思っている方のために、チャンネル一覧をお伝えします。 Amazonプライムビデオチャンネルの全41チャンネルは以下の通りです。 Amazonプライムビデオチャンネルのチャンネル一覧• セントラルスポーツ・フィットネスチャンネル• ブンデス・ポルトガル LIVE• バスケットLIVE for Prime Video• Tリーグ TV• GAORA Bros. J SPORTS• yoga esse ヨガエス• NHKオンデマンド• シネマコレクション by KADOKAWA• 日本映画NET• プラス松竹• JUNK FILM by TOEI• 極道戦線• 時代劇専門チャンネルNET• VパラTVプラス• アジアドラマチャンネル• KBS ワールド プラス• シネフィル WOWOW プラス• dアニメストア for Prime Video• NHKこどもパーク• キッズステーション・オンデマンド• ニコロデオン• HISTORY• テレビ東京ビジネスオンデマンド Select• 日経CNBC プラス• BBCワールドニュース• HISTORY• 大阪チャンネルセレクト• ファミ劇場Neoプラス• 京都ch• Channel恐怖• 寄席チャンネル 落語・お笑いSELECT• 釣りビジョン セレクト• 鉄道チャンネル• MTV MIX• ミュージック・エア SELECT• ダンスチャンネル オンデマンド Amazonプライムビデオチャンネルのチャンネル一覧は以下のページで確認できます。 独自に以下8つのジャンルに分けて、それぞれチャンネル一覧の料金と無料期間をご紹介します。 スポーツ&フィットネス• 日本映画&TV番組• 外国映画&TV番組• 総合バラエティー• 音楽 チャンネル名のリンクをクリックすれば、各チャンネルページに飛べますよ。 他の動画サービスには無いような作品が観られるため、その分野が好きな人にとってプライムビデオチャンネルは至高のサービスになると思います。 チャンネルの登録・追加方法 Amazonプライムビデオチャンネルのチャンネルの登録や追加の仕方は簡単です。 すぐにそのチャンネルを視聴できるようになります。 プライムビデオチャンネルのメリットは、Amazonで買い物をするかのように有料チャンネルを追加できることです。 スカパーなどの専門チャンネルを観るためには、衛星放送を契約したり、アンテナを設置したりと手間がかかりますが、プライムビデオチャンネルなら、クリックをするだけでアンテナ不要でチャンネル契約し、簡単に動画を観始められます。 プライムビデオチャンネルの管理方法や解約の注意点 Amazon Prime Video チャンネルを使わなくなった場合は、各チャンネルごとに簡単に解約できます。 チャンネルを見なくなったからと言って、プライム会員まで解約しないように注意しましょう。 Amazonプライム会員やプライムビデオの解約方法、Prime Videoチャンネルの解約方法や解約時の注意点は以下の記事を参考にして下さい。

次の

Amazon Prime Videoチャンネルを解約(キャンセル)する方法を大阪チャンネルセレクト&シネフィルWOWOWで解説|共働き家族MEMO

プライムビデオ 登録チャンネル 解約

AmazonのPrime Videoチャンネル、プライムビデオとの違いは? AmazonのPrime Videoチャンネル。 こちらは、Amazonで申し込みするだけですぐに見られる専門チャンネル。 AmazonのPrime Videoチャンネルは、プライム会員、Prime Student会員が対象のサービス。 プライム会員、プライムスチューデントの無料体験中でも利用が可能です。 プライム会員であれば、お好みのPrime Videoチャンネルを選んで登録、そのチャンネルの月額料金を支払うことで利用できます。 基本料などはかかりません。 プライム会員特典のプライムビデオは、プライムマークのあるものは全て見放題ですよね。 でも、AmazonのPrime Videoチャンネルでは、各チャンネルごとに設定された料金のお支払いが必要なんです。 料金はチャンネルごとにそれぞれ異なります。 プライムビデオはプライム会員なら追加料金なしで視聴可能。 Prime Videoチャンネルはプライム会員対象の有料チャンネル。 これがプライムビデオとPrime Videoチャンネルの大きな違いです。 Prime Videoチャンネル、Fire TV Stickで登録してみた 早速我が家のFire TV Stickで試してみました。 ホーム画面の一番上に出てました、Amazon Prime Videoチャンネル。 Amazonチャンネルは、「Prime Videoチャンネル」というのに登録するのではなく、Prime Videoチャンネルの中のお好みのチャンネルごとに登録をします。 「アジアドラマチャンネル」に登録したい場合は、この画面でそのアイコンを選択して実行ボタン、 「アジアドラマチャンネル」の画面になるので、ここで「今すぐチェック」を選択します。 ここで、無料お試しのオファーが表示されます。 無料体験のボタンの上に月額料金の表示があります。 ここで、無料体験のボタンを選択すると、即、登録となります。 確認画面などは一切出ないので、ここは要注意ですね。 「今すぐ14日間無料体験」でリモコンのOKボタンを押すと、画面右下に、「完了 配信サービスが開始されました」と表示されます。 これで登録は完了です。 登録したチャンネル内の番組を選ぶと、このような表示になるので、実行ボタンを押すと、すぐに視聴できます。 Prime Videoチャンネルとは チャンネルっていうから、リアルタイム配信なのかと思ったけど、AmazonのPrime Videoチャンネルはどうもそうでもないみたい。 例えば、「日経CNBCプラス」はライブ配信だけど、ライブ配信のチャンネル以外にも過去に放送されたドキュメンタリー番組なんかもストリーミング配信で見られたり。 「アジアドラマチャンネル」は、全てストリーミング再生の作品になっています。 ストリーミング再生の動画は、それぞれプライムビデオと同様、最初から見られます。 気になるチャンネルは、無料登録して自分の目でチェックしてみるといいですね。 個人的には、セントラルスポーツのフィットネスチャンネルが気になりました。 これ、297本の動画がいつでも視聴可能。 気が向いた時、その時の気分でスタジオレッスンを受けられるようなチャンネルになっているので、なかなかジムに通う時間がない人でも、自宅で気軽にジム体験が可能です。 太極拳って興味あるんだけど、動きが難しいんですよね。 でも、このチャンネルで見てみたら、まず動き方など解説、その後に実践、といったようにとてもわかり易いです。 このフィットネスチャンネルがあれば、下手なDVD付きの本とか買うよりお得でいいかも。 登録チャンネルの確認方法は? 試してみたい気持ちがあっても、解約する方法がわからないと不安ですよね。 解約するときも簡単です。 解約方法の手順 まずは、Amazonにログインして、アカウントサービス画面を開きます。 こちらの画面で「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」を選びます。 ここで、青文字の「Prime Videoチャンネルの管理」をクリックします。 この画面では、お支払い方法などもチェックできます。 このさらに下にスクロールすると、現在登録したチャンネルが表示されます。 更新日で有料となるので、そこから「価格」の欄に表示された月額料金が毎月請求されることになります。 上の方に表示のあったお支払い方法で料金が引かれます。 一番右側の「チャンネルをキャンセルする」をクリックすれば、解約はいつでも簡単にできます。 キャンセルすると、このような確認画面が表示されます。 キャンセルしても、期間中はそのまま利用継続可能です。 無料体験のみで解約したい場合は、こちらでキャンセルの手続きをしておきましょう。 解約したものについては、以下のような表示になります。 「チャンネルを再開する」で、再登録も簡単です。

次の

Amazonプライムビデオチャンネルとは?Prime Videoとの違いやチャンネル一覧と管理方法

プライムビデオ 登録チャンネル 解約

Amazonプライムビデオを利用するには、プライム会員になる必要があります。 プライム会員に登録して無料体験期間中もしくは、有料会員で月額料金500円を支払うことで利用できるサービス! ですが、それ以外に費用がかかるとすれば、以下の2つの有料コンテンツが該当します。 有料のレンタル・購入作品• Amazonプライムビデオチャンネル 項目 有料のレンタル・購入作品 Amazonプライムビデオチャンネル 料金 (1本あたり) レンタル作品 約400円前後 購入作品 約2,500円前後 月額500円前後のものが多い 料金システム プライム会費とは別の 個別課金サービス プライム会費とは別の 月額サービス 用途 レンタル作品 ・代金を支払うことで数日間見れる作品 購入作品 ・代金を支払うことでほぼ永久に見れる プライム会費とは別に月額会費を支払うことで、特別なチャンネルが見放題 以下より上記の2つの有料サービスについて、解説したいと思います。 有料作品の見分け方とテクニック ・検索窓で作品を検索しない限り、見放題作品しかない ・iPhoneだとアプリ上で課金できない(androidスマホはできる) スマホでAmazonプライムビデオを視聴する場合には、プライムビデオ専用のアプリを一度インストールする必要があります。 Amazonプライムビデオを アプリで利用する場合には、有料作品自体が表示されないので、見放題作品のみ利用したい方は安心して利用できるかと思います! ただし、見たい作品が決まっており、 検索窓に作品名を入力した場合には、有料作品も表示されるので注意しましょう。 なお、androidスマホの場合には、アプリ上での課金ができるようですが、 iPhoneの場合には、アプリ上での課金ができないシステムのようです。 プライムビデオは全てが無料ではない 課金作品と有料チャンネルの2つが含まれている 見放題作品のみ利用したい場合は、検索でプライムビデオのみに絞り込める 誤って課金してしまっても、キャンセルできる 最悪PINを設定をすれば、購入画面にロックをつけることができる ここまでをまとめるとこのようになりました。 ワンクリックで購入できる点は、課金しない私からすればとても使いづらく感じましたが、 注文の取り消しやPIN設定を知った今は特に不安なく利用できています。 一つアドバイスとして、見放題作品のみで検索をかけて有料作品を見ないようにすれば、誘惑に負けないで済むかと思います!笑 以上がAmazonプライムビデオの有料サービスの解説でした。

次の