サレ妻の逆襲。 サレ妻とは|体験談と復讐したい…やり場のない思いを解消する方法

フルタイムワーママが“サレ妻”になった話、実録漫画作者語る「不倫を許すのがエライという風潮は許せない」

サレ妻の逆襲

漫画「依存する女」シリーズは電子書籍ストア「eBookJapan」で取扱い、試し読み可能です! 漫画「依存する女(サレ妻)」6巻ネタバレ 女子会にて旦那の自慢なのか…悪口なのか…語っていく菜摘。 彼女の夫である幸雄は彼女いない歴30年だった男性。 そんな彼と結婚した菜摘は幸雄の事を『男としては残念だけど旦那としては当たり』だったと友人達に漏らしていきます。 その理由は共働きながらも家事や食事は全て幸雄がやってくれるから。 簡単に言ってしまえば幸雄は自分の言いなりなので生活が非常に楽だったのです。 同僚から聞かされる夫の意外な行動…!? 幸雄に尽くされる日々に幸せを感じていた菜摘。 ある日、会社の同僚から夫の黒い噂話を聞かされる事へ。 それは幸雄が休日に若い女性と水族館デートをしていた事。 同僚は写真も撮っていたので見せてもらうと男性の方は間違いなく幸雄でした。 仕事が終わって自宅に帰宅した菜摘は事の事実を幸雄に突きつけていく事へ。 直ぐに自分の非を認めて謝罪する幸雄。 浮気していた事はガチでした。 浮気した理由は相手の女性が出会った頃の菜摘に似ており、告白をされたから。 今まで彼女が居なかった夫が浮気する事など微塵も感じていなかった菜摘。 ショックと言うよりもプライドを傷つけられた事で彼女は幸雄に離婚を突きつけていきます。 離婚の2文字を聞かされた幸雄。 必死で引き止めるかと思いきや、あっさりと離婚を受け入れる事へ。 ここで菜摘は離婚後、幸雄は浮気相手と再婚すると察知。 それが気に食わなかった菜摘は翌日から態度を急変させていきます。 献身的な妻に変貌するも…!? 夫が他の女に盗られる事を阻止したい菜摘。 彼女は翌日から態度が急変。 愛妻弁当を作ったり、夜の方も積極的になっていったり…。 浮気女に負けないように必死で幸雄の気持ちを繋ぎ止めようとしていきます。 しかし、3ヶ月後。 幸雄は突然、菜摘の前から姿を消していきます。 自分が浮気された妻こと『サレ妻』である事を知った菜摘。 ネットで情報収集を行って慰謝料請求する事を考えていきます。 探偵に依頼して徐々に明らかとなっていく浮気相手の女性の素顔。 名前は佐藤文香。 24歳。 菜摘にそっくりな容姿をしていました。 また探偵の調査で幸雄は文香の住むアパートで寝泊まりしている事を突き止めた菜摘。 直接対決をする為、文香のアパートに訪れていきます。 話し合いの末、浮気相手に勝利するサレ妻!? 文香のアパートを訪れて幸雄、文香を交えて話し合いの場を設けていく菜摘。 彼女は文香に幸雄と別れなければ浮気の証拠を会社にバラして法的手段に出ていくと語っていきます。 さすがの幸雄もここまでされると手の施しようがなく菜摘の言い分を認めて、文香と別れ、菜摘の下へ戻る事に。 それから3年間。 順調に見えていた夫婦生活でしたが、突然幸雄が菜摘に離婚届を手渡していきます。 幸せにしたい人がいるから離婚して欲しいと語る幸雄。 菜摘は法的手段に出る事を振りかざしますが、法の穴とでも言うのでしょうか…。 不貞行為による慰謝料請求は3年までしか出来ない事を伝えていく幸雄。 この時を待っていたのです。 菜摘も素直に離婚届にサイン。 ここで二人の夫婦生活は終わりを告げていきます。 そして幸雄は市役所へ離婚届を提出に行きますが想定外の事態へ。 離婚届が受理されなかったのです。 菜摘は勝手に離婚される事を回避する為、事前に離婚届不受理を提出していたのです。 この手続の効力によって離婚不可能な状態になってしまった幸雄。 根回しをしていた菜摘は自宅でニヤリと笑い、幸雄と文香の関係がどうなっていくのか高みの見物をする事へ。 ここで第6巻は幕引きとなります。 漫画「依存する女(サレ妻)」6巻の感想 女は怖い…と思わせてくれる内容。 ちなみに私はこの漫画で離婚届不受理なんて制度がある事を初めて知りました(笑)一方の都合で勝手に離婚は出来ないようになっているんですね。 いやはや勉強になりました。 このシリーズの結末の先は読者の想像にお任せといったスタイルですが、色々な推測ができる終わり方だったので妄想が捗ります(笑) 夫に依存していたサレ妻の逆襲。 リアルにあったら本当に怖いなぁ〜なんて思いながら楽しませてもらえました。

次の

萌えた体験談 <サレ妻の逆襲>

サレ妻の逆襲

夫に浮気をされるというのは、妻にとって大変なショック。 しかしそれだけでなく、夫への怒り、浮気相手への怒り、悲しみ、自信の喪失、無力感など…心は大きな傷を負うものです。 今回は、そんなどん底から「目には目を、浮気には浮気を」で復讐を決意した妻たちのエピソードをご紹介。 忙しい毎日のせいもあって、会話も少なくなっていたし、心ない言動が増えてきた…と感じるようになっていました。 娘がまだ 2歳になったばかりのある日のこと、食事が終わると旦那が洗い物をしてくれたんです。 「突然どうしたんだろう?」と思っていたのですが、その日以来、だんだん旦那が家事を手伝うようになってきて…。 急な態度の変化に、うれしさよりも怪しさを感じ、あれこれ調査。 結果、浮気していることが発覚したのです。 浮気をごまかすためか、罪滅ぼしなのかわかりませんが、旦那の言動のすべてが嘘くさく感じられ、旦那だけがやりたいことをやっているのが、我慢できませんでした。 実は私には、前々からいい雰囲気になりかけていた会社の同僚がいました。 そこで彼の誘いを OKし、自由に楽しむことにしたんです。 じらされていた彼は大喜び。 もともと旦那より好みのイケメンでしたし、いままでのストレスが一気に解消されたように感じました。 最初は「いい男とちょっと遊んで仕返ししてやろう」というつもりでしたが、結局は彼に夢中になってしまい…。 お互い浮気していたこともあり、旦那とはその後スッパリ離婚。 彼とはその後の関係も良好で、連れ子である娘ともよく遊んでくれています。 娘が生まれてしばらくたったころから「今日はちょっと …」と、はぐらかされることが多くなって …なのに旦那がこっそり AVを見ていることを、私は知っていたんです。 ある日、そのことで大喧嘩をし、いよいよ夫婦の間で性的関係はゼロに。 もちろん私ともしてくれているなら、 AVくらい大目に見ますけど、自分だけ性的に満足していることに、腹が立っていたんです。 そしてその後、なんと浮気をしていることも発覚。 この頃にはもう、私のほうでも旦那に嫌悪感を抱くまでになっていました。 「旦那だけ楽しんでいるのって、おかしくない?」と振り切った私は、ややこしい恋愛関係ナシで楽しめる相手を探すことに。 ちょうど同じような境遇の既婚男性とネットで知り合い、お互いに割り切った関係で会うようになったんです。 少し緊張や不安もありましたが、お互い求めているものが同じだったので、すぐ快感に身をゆだねることができました。 いまでは、彼と会ってセックスするのが楽しみのひとつです。 旦那はよくいる「俺のほうが稼いでいる」と威張り、家事も育児もしないタイプ。 つくづく「なんでこんな男と結婚したのか…」と思っていた、矢先に旦那の浮気が発覚しました。 「なんで」「どうして」という思いばかりが募るつらい日々。 そんなとき、働いているお店にいつも来てくれる男性に誘われたんです。 実際、私のほうが 5つも年上でしたが、同い年の旦那よりもよっぽど上手にエスコートしてくれて。 何度かデートした後、そのままホテルへ …いままで欲しいと求めていたものが満たされたような感覚になって、我慢していたものが一気に噴出し、彼の胸の中でたくさん泣いてしまいました。 そんな私を、事情も聴かずただ抱きしめてくれていた彼。 彼とは、月に 2、 3回ほど会っていますが、デートの日はいつも幸せな気分になれます。 本人も浮気したんですから、お互いさまでいいですよね? もちろん最初に浮気したほうが悪いのですが、浮気で「復讐」しようというのは、夫の不誠実を自分もなぞってしまうような行為。 恨みは恨みしか生みません。 結果的に、幸せや心の満足を得ている妻もいましたが、もう一度自分の心に「この形でいい?」と確認しなおして、幸せになってほしいと思います。 ライター:藤崎陽菜 ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。 ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。 公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

次の

フルタイムワーママが“サレ妻”になった話、実録漫画作者語る「不倫を許すのがエライという風潮は許せない」

サレ妻の逆襲

ああもうこの人の妻としての人生が終われる やっと堂々と離婚を主張できるきっかけをつかめた! 結婚生活が終わるきっかけをずっと探し求めていたので 神様からのプレゼントをもらったような気持ちになったんですよね。 サレ妻のリアルな気持ち:元旦那には今でも死んでほしいと思ってる 半分冗談ぽく言ってますけど、けっこう本音です。 私はサレ妻になって離婚できたことはすごくホッとしているけれど、 12年間の結婚生活をくだらないものにした元旦那のことは死ぬほど恨んでいます。 結婚生活の間、ずっと我慢していた元旦那への嫌悪感。 離婚すると決めてからは、旦那への嫌悪感を抑えることはやめました。 やっぱり 私は元旦那が大嫌いです。 会いたくない。 話したくない。 かかわりたくない。 サレ妻って惨めな気持ちになるの? 惨めな気持ちにはあんまりならなかったですね。 元旦那に対して少しでも愛情があれば、惨めにもなっただろうけども。 むしろ親しい人には旦那が不倫してたわーって言いふらしていたくらい。 やっと 結婚生活が終われる喜びの方が強かったです。 まあでも、一般的にサレ妻となるとこんな気持ちもわくでしょう。 サレ妻の惨めな気持ち• 旦那を寝取られた• 不倫相手の女性として負けた• 家庭が壊された 私の場合、ですし、相手の女性もマダムかよ!っていう年上女性 おそらく50前後 、家庭は形でしかなかっただけですからね。 サレ妻の心の回復法とは? 旦那が不倫していたから離婚したわけですが、心の面でいうと 離婚したからといって旦那の不倫をなかったことにはできません。 繰り返して言いますが、 私は元旦那には死んでほしいと思ってます。 元旦那に死んでほしいと思っているのは、心に傷を負っているからこそ言える言葉だよなって自覚があります。 不倫の事実をしってもうすぐ1年経ち、離婚してからも数か月経っているんですけど 元旦那への憎しみは何ひとつ和らぎません。 どうしてこんなに憎めるんだろうって自分でも不思議なくらい。 どうしたら回復するの?なんて私も分からない。 だって私も 元旦那への憎しみを抱えていることで苦しんでいる最中だから。 元旦那への黒い感情がわき出てきてしまった時は、なるべく吐き出すようにしています。 ひとりでモヤモヤ考えているとロクなことにならないんですよね。 子供に当たってしまったり。 やっぱり周りの人に迷惑はかけたくありません。 吐き出す相手として、最近のお気に入りは 親しい人には本音を吐き出せるタイプではないので、距離感ある人に話す方が私には合ってるみたい。 吐き出すだけで楽になれることってけっこう多いです。 もしあなたも私と同じようにサレ妻なのでしたら、苦しみはためこまないで吐き出してほしい。 サレ妻としての復讐 元旦那には死んでほしいと思ってるわけですから当然復讐についても考えます。 浮気なんて1回や2回じゃなかったですからね。 誠実に生きることができない元旦那に対し、浮気を見つけるたびにいろんな復讐をしてきました。 私が実際にやってきたサレ妻としての旦那に対する復讐はこんな感じ。 坊主にさせる• 高価なものを買ってもらう• 自宅ではネット使用禁止• 携帯電話の通話明細を提出させる• 旦那の親にチクる• 家計を雑に管理する• 嫁としての仕事を放棄する• 自分も浮気する 何をどうしても無理でした。 浮気癖のある男性は一生浮気していくんだと思う。 だから私は元旦那を切り捨てることにしました。 最後の切り札=離婚を突きつけたわけです。 離婚こそ元旦那に対しての復讐。 私は旦那を見捨て大事なものを奪ってやりました。 それは子供とお金です。 母親である自分が親権を取れるのは大筋わかっていましたが、万が一向こうが主張してきてもこちらが勝てるように入念に準備しておきました。 お前なんかいなくたって平気だし! むしろこんなに幸せだし!! っていうのを思い知らせたい。 そのためには今のシングルマザー生活を思いっきり楽しむこと。 元旦那への黒い感情はなるべく吐き出すこと。 負の感情を抱える時間を少しでも減らして楽しい時間を増やすための心がけが大事なんじゃないかなって信じています。 この記事のまとめ サレ妻としての苦しみは、離婚しても終わりません。 旦那のことを死ぬほど恨んでいる気持ちはどうやったら消えるのかなって 私もまだ苦しんでいる最中。 離婚したことを後悔はまったくしてないし、 元旦那から子供とお金を奪ったけれど全然気持ちは切り替わりませんでした。 今は シングルマザーを楽しんで充実させることが元旦那への復讐だと信じてます。 いい人生を送りたい。 だから 復讐なんてドロドロした感情は早く消したい。 分かってはいるけれどそれでも時おりわきあがる黒い感情。 もうこれはどうしようもないです。 吐き出して次に進むしかないの。 ひとりで抱え込まずに吐き出しながら、シングルマザーをお互い楽しんでいけたらいいですね。

次の