フリー ゲーム おすすめ。 2017年に遊んだガチで面白いフリーゲーム10選【全てクリア済】

おすすめフリーゲーム(シミュレーションRPG)紹介記事まとめ

フリー ゲーム おすすめ

最近フリーゲームが面白い。 無料でダウンロードできて、パソコンでプレイするゲームである。 グラフィックのレベルはスーパーファミコンくらいだが、ゲーム性で勝負している作品が多い。 特に 「最新のゲームより昔のゲームの方が楽しかった」と思う人には、かなりおすすめだ。 たぶん制作者の多くが自分と同世代なんだろう。 「ドラクエ」、「FF」、「ロマサガ」、「クロノトリガー」、「メタルマックス」などに影響を受けたと思われるゲームがたくさんある。 最近はあまり面白いゲームがないなと思っていた自分にとって、金の鉱脈を掘り当てたような気分である。 特に「ドラクエ5」とか「FF5」とかの時代のゲームが好きであれば、フリーゲームをやらない手はない。 今回はドラクエ好きの自分がハマった、フリーゲームRPGの名作ランキングを紹介する。 原作ではよくわからなかったアネイルの戦士「リバスト」の謎が明かされる。 かつてマスタードラゴンたちと共にエスターク軍と戦ったリバスト。 なぜ彼が天空の鎧を装備できたのか。 そしてなぜ彼の戦いが後世に伝わっていないのか。 ファミコンを忠実に再現しているが、数百年前ということでバトランドがまだ町だったり、スタンシアラがまだ水没していなかったりと微妙な違いを見つけるのが楽しい。 またドラクエ6を補完するような設定も追加されていたりもする。 ファミコンをやったことのない世代には古臭く感じるかもしれないが、ファミコンのドラクエ4に触れたことのある人はプレイ必須の傑作フリーゲームである。 しかしドット絵を見ると熱くなるのは何故だろう。 何度も繰り返しダンジョンに潜りながら、アイテム収集とパーティ強化を図っていくゲームである。 戦闘はドラクエと一緒で、コマンド選択式のターン制。 一見単調になりそうだが、1000種類近い膨大なアイテムと、歯ごたえのあるボスの存在でまったく飽きさせない。 ボスは初見では勝てないが、相手の攻撃スタイルに応じて装備と戦略を考えれば勝てるという絶妙なバランスである。 「ゲームはグラフィックじゃない」ということを証明するゲーム。 余計なものを削ぎ落して「ハクスラRPG」の面白さが凝縮されている。 ハクスラとは ハックアンドスラッシュの略。 モンスターを倒して経験値やアイテムを入手し、キャラを強化して強力なモンスターを倒すというプレイスタイルを指す。 ストーリーよりも戦闘に勝つことを意識しているスタイルに対して使われる言葉。 40時間で表ダンジョンまではクリアしたが、まだ裏ダンジョンもあり100時間はプレイできるボリュームがある。 ストーリーのベースはドラクエ4だが、過去のドラクエ、FFから多くの町やダンジョン、敵キャラが登場する。 さらに総勢30人のドラクエ・FFキャラクターが出演し、自由にパーティーを組むことができるという魅惑のクローンゲームである。 例えるなら「スーパーロボット大戦」のRPG版。 使えないキャラがいないと言われるほどの絶妙なバランス調整が行われており、思い入れのあるキャラでパーティー編成が可能。 過去のドラクエ、FFファンであれば、プレイしないという選択肢はない。 プレイ感覚はファミコンのドラクエそのもので、不便さもある。 しかしこの不便さが逆に懐古厨の心をくすぐるのである。 ドラクエ2、3のプレイ感をそのまま引き継いでいて、「ドラクエの本当の嫡流」とも呼ばれているそうだ。 当時の人たちが求めていた「本当のドラクエ」の要素がここにはある。 マップが一マス毎に区切られ、設置されたポイントを選ぶことでイベントが発生する。 それに対する行動を選ぶことで物語が進むアドベンチャーのようなシステムである。 経験値はイベントで手に入る。 ダンジョン攻略における無駄や作業感を徹底的に削ぎ落とした点が特徴。 ムダな移動や経験値稼ぎがないため、プレイ時間は短いのにボリュームは十分に感じる。 戦闘はドラクエ式のコマンド選択型で、10人の仲間を組み合わせるパーティー編成が楽しい。 強さだけではなくて、「解錠」などのダンジョンで使う探索スキルも考慮して編成しなければならない。 一見地味だが、世界観や設定が練られていて、ストーリーも面白い。 やり込み要素や周回引き継ぎもあり、クリア時間も短いので何周も楽しめる作品。 数あるドラクエのクローンゲームの中でも名作と名高い作品。 ダンジョン探索がメインのゲームで、「らんだむダンジョン」のキャラとアイテムをドラクエに変えたような感じ。 ドラクエ好きなら絶対楽しめるゲーム。 シナリオ置いてけぼりで戦闘ばっかりしたりウロウロしてアイテム集めたりするのが好きな方へどうぞ。 ・・・とゲームの紹介には書かれているが、実は結構ストーリー重視のRPG。 序盤はシナリオがないように感じられるが、中盤以降はシナリオにグイグイ引っ張られてプレイが進む。 戦闘システムはサイドビューだがドラクエ式のコマンド選択型でオーソドックス。 自分は凝った戦闘システムよりもシンプルなものが好み。 ボスは強めで、勝てそうで勝てない絶妙なバランス。 さらに倒さなくてもいいが強力アイテムが手に入る強めの敵がたくさん配置されていて、挑戦心を駆り立てられ飽きない。 クリア後はおまけ編に突入するが、ストーリーはここからが本番。 ニーアレプリカントみたいに、別キャラの視点で物語の裏側が明らかにされる。 さらに仲間が一気に8人に増えてキャラ選択の面白さが加わる。 奇をてらわないオーソドックスなゲームだけど、ドラクエの面白さがつまった名作。 特筆すべきシステムはブレイブクリアレベル。 指定されたレベル以下でダンジョンをクリアすると、報酬としてアイテムなどがもらえるシステムである。 ブレイブクリアのためには、仲魔(使い魔)の選択、取得するスキルの選択などを考え抜かないといけない。 試行錯誤するシステムの面白さがこのゲームの最大の魅力。 高い難易度と、戦略性の高いエンカウントシステムが特徴。 敵シンボルと接触した時の位置関係で、戦闘時の敵の配置が決まるため、敵をうまく一箇所にまとめることができれば、有利に戦闘を進めることができる。 逆に囲まれてしまうとすぐにゲームオーバーになってしまう。 とにかくザコ敵が非常に強いので、フィールドの探索も相当緊張感がある。 「ドラクエ」というよりは「ロマサガ」みたいな歯ごたえのあるRPGをやりたい人におすすめ。

次の

定番!おすすめフリーゲームRPG作品13選

フリー ゲーム おすすめ

ついつい夢中になってしまう、中毒性の高い「やりこみ系」のRPG RPGの醍醐味は何と言ってもプレイを進めてゲーム内の物語を完結させることです。 そして、そんなプレイヤーをターゲットにしたやりこみ度の高い、いわゆる「やりこみ系」と呼ばれるゲームも最近では増えてきましたね。 そこで今回は、そんなやりこみ系のRPGを厳選してご紹介したいと思います! 中毒性の高いおすすめのやりこみ系RPG10選 シンプルなタイトルに秘められたやりこみ度の高さ「行商!」 プレイヤーは新米の行商人となって世界を旅してお金を稼いでいくという一風変わったRPGです。 行商ですから、町ごとの物価の違いを利用して、安く仕入れて高く売るという行動がメインの攻略となります。 行商でお金を稼ぎ、自分のお店を持つのが目的ですが、そのお金をどんな風にして稼ぐかがプレイヤーごとに違うのが面白いところですね。 ロマサガが好きな人におすすめ「Time Flow」 人気のフリーシナリオのRPGがTime Flowです。 最初に男女4人の中から主人公を選び、世界の各地で起こるシナリオをクリアながらゲームを進めていきます。 「ロマンシング・サガ」のように「閃き」「連携」「見切り」といった戦闘システムがあり、装備の品やアイテムを作れるといった要素もあります。 ファンタジーな世界で自由に生きる「Elona」 ElonaはフリーのローグライクRPGの代表的存在とも言える超有名作です。 特徴的なのはその自由度の高さで、日本の一般的なRPGでは考えられないような行動を主人公であるあなたは行うことができます。 メインクエストを進めて国の英雄になるもよし、それらを無視して究極の装備と肉体を持つキャラクターを作り上げるもよし、町にモンスターを召喚しまくって阿鼻叫喚の地獄を作り上げるもよし、さらには核弾頭を爆発させてその身もろとも吹き飛ばされるもよし・・・と、用意されている選択肢は無数にあります。 操作方法が難解なので初見の人にはハードルが高いゲームなのですが、それを乗り越えたらきっと指がキーボードから離れなくなるぐらいには夢中になっているでしょうね。 遊園地が舞台という異色のRPG「Fantasy Dream Land」 こちらは遊園地が舞台という異色の長編ファンタジーRPGです。 指定された100種類のアイテムを財宝がもらえるという遊園地で、数多くのアトラクション、ミニゲームを体験することができます。 ボスが強いのですが、弱点に合わせて装備品を合成・強化したり、スキルを付け替えたりして挑むことができるのが楽しいところです。 キャラクターごとの育成を楽しめる「カペラの約束」 こちらはストーリーが一本道のRPGなんですが、育成がやりこめるのが特徴です。 戦士っぽいキャラ、盗賊っぽいキャラ、魔法使いっぽいキャラ・・・のように、キャラクターごとにテーマを作って好きなようにステータスを上げていくことができます。 その他にも、アイテムのランダムエンチャントや数々のサブクエスト、そしてクリア後のおまけシナリオなど、やりこみたくなる要素がたっぷりのゲームです。 書籍化までした人気のフリーRPG「魔王物語物語」 ファンから「まもも」とも呼ばれ、なんと書籍化までしてしまった人気のフリーRPGがこちらです。 敵とのエンカウントシステムがかなり特徴的で、上手く使いこなせれば大量の敵を一瞬に葬り去ることができますが、ミスをすると逆にこちらが一瞬でやられてしまう、そんなシビアなシステムになっています。 秀逸なシナリオに美麗なグラフィック、そして発見難易度の高い隠しアイテムなど、なるほど名作だなと改めて思える作品です。 フィギュア収集してみる!?「フィルスォーズ」 フィルスォーズは仲間からスキルを奪って主人公を育てるという面白いシステムのハクスラ系RPGです。 酒場で受けるクエストをこなしつつ、新たな仲間を加え自らを強化し、ダンジョンの最深部を目指しましょう。 超爽快なハックアンドスラッシュ「らんだむダンジョン」 らんだむダンジョンという名前の通り、いくつかの決められたパターンの中からランダムで選ばれたダンジョンをひたすら探索するというハックアンドスラッシュなRPGです。 村に住む個性的な女の子3人組が特に何の目的も無くダンジョンに潜り始めるのですが、やがてはついに自分たちの村だけでなく世界まで救っちゃったりするかもしれない、そんなRPGです。 仲間を集めて賑やかに「ざくざくアクターズ」 上述の「らんだむダンジョン」の作者はむすた氏の手掛けるフリーRPG第二弾がこの「ざくざくアクターズ」です。 らんダン同様のハクスラ色の強いシステムに加え、今作では30人以上のキャラが仲間に加わり、その内8人をパーティーに入れて行動することができます。 多種多様なスキルを持つ仲間たちの力で難敵を打ち倒したり、アイテム集めに夢中になったり、前作のらんダン以上にやりこみ度の高い一作に仕上がっています。 やりこみによる廃人化に注意「巡り廻る。 」 やりこみ度の高いRPGとして名高いのがこの「巡り廻る。 」です。 アイテム収集やスキルレベルなど色々とやりこみ要素はあるのですが、一番の特徴は「時間」の概念だと思います。 と言うのも、このゲームでは何も考えずにプレイしていると、勇者が率いるパーティーがそのうち勝手に世界を救ってくれちゃうんです。 もちろんそのままゲームを続けても良いのですが、どうせなら自分が世界を救いたいですよね? そう思ってしまってからが、このゲームの本番と言えます 笑 ハマりすぎにはくれぐれも気をつけましょう! やりこみ度が高いおすすめのフリーRPGを紹介しましたが、いかがでしたか? 紹介したゲームはどれもやりこみ度が高いので、ハマリ過ぎないように注意です! もしハマってしまえば、間違いなく日常生活に支障をきたすことでしょう。 もしそうなっても責任は取れませんので、全ては自己責任でお願いします! 逆に、暇すぎてどうしようもないという人には一押しのゲームたちかもしれませんが 笑 今一番おすすめのスマホRPG! スポンサーリンク.

次の

おすすめのフリーゲームを紹介するやで!【フリゲ名作】

フリー ゲーム おすすめ

OPがサイレントなのと、 DLページのあらすじから解釈した。 プレイヤーキャラが 156人と多いので、 非常に楽しいのですが、何をしたらいいのか分からなくなるので、 仲間から攻略のヒントを聞けたり、練習用のサンドバックやチュートリアルといった 親切設計が盛り込まれています。 156人もいるので、低耐久だけど一部の属性攻撃無効化する ピーキーなキャラが混じってたりしてるので、 五つ葉的には非常に楽しいです。 (変な性能のキャラ大好き) 勇者と呼ばれるキャラが10人程いるので、 勇者オンリーPTも組めたりします。 (バランスが悪いですが) 戦闘はRPGツクール2000のデフォルト戦闘ですが、 特殊な演出やギミックといった工夫が凝らされているので、 勝てなくても目だけで楽しめます。 主人公のアウラルが頼りになる おばちゃん(自称)なんだよなぁ。 勇者アウラルはアルラウネ族の女性。 人々から恐れられているモンスターの身でありながら、 世界を救った事によって勇者と呼ばれるようになり、 人々に慕われている模様。 この少女がエリス。 人間としての意識はまだ残されているが、 魔王病の影響で体の半分がモンスターっぽくなってきている。 彼女を救うことがこの旅の目的だ。 ダンジョン内ではランダムで中身が変わる宝箱を ひたすら漁って仲間達を強化していこう! 運というステータスが高いほどレアアイテムが手に入りやすいので、 戦闘力重視か、レアアイテム狙い重視かで攻略の方法が変わってきます。 (対して重要な要素ではない) 戦闘画面ではコマンド入力時に立ち絵が出てきます。 RPGツクールMVのデフォルト戦闘ながらも、 とてもいいスパイスになっております。 (デフォルト戦闘ってバカにされがちらしいけど、五つ葉は大好きです。 ) POINT ・2015 2018年に体験版リリース ・ツクール2000究極のデフォルト戦闘 ・豊富な装備や豊富な技 ・推定プレイ時間は70時間以上 ・2019年現在も制作が続いています。 ストーリー 辺境の地、赤の森。 赤の森で最強のフレイムだが、為す術もなく力尽き、動物達は虐殺された。 それから一週間後、フレイムは復活したが大きく力を落としてしまった。 そこで冥界からやってきたお化けのゴス子が 清らかな魂の動物が大量に冥界にやってきたという理由で フレイムの仇討ちの旅に協力すると持ちかける。 こうしてフレイムの長い長い冒険が始まった。

次の