ツムラ の 葛根 湯。 三和葛根加朮附湯エキス細粒

ツムラ漢方葛根湯エキス顆粒A(カッコントウ) : 一般用漢方製剤・一般用医薬品

ツムラ の 葛根 湯

葛根湯の名前の由来 葛根湯には 葛根(かっこん)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、生姜(ショウガ)の7種類の生薬が含まれています。 主薬が葛根であるため、 葛根湯と命名されています。 葛根湯の作用機序と特徴 葛根湯は風邪の初期に多く用いられる、漢方薬の中でもポピュラーなものです。 風邪の他にも、肩こりなどでも用いられています。 葛根湯には様々な生薬が含まれており、それらが複合して効果を発揮していきます。 含まれている生薬は冒頭でお話し通り、葛根、大棗、麻黄、甘草、桂皮、芍薬、生姜の7種類です。 漢方薬はすべて、適応となる人を「証」を見て判断します。 「証」とは、人の状態を現す東洋医学の考え方で、葛根湯が効果的な人にあたる「証」は実証、つまり 大まかに書いてしまえば体力がある人のことです。 関連記事: 添付文書には以下のように記載されています。 効能又は効果 自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のあるものの次の諸症 感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じんましん 用法及び用量 通常、成人1日7. 5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 ツムラ葛根湯エキス顆粒 医療用 の添付文書より引用 葛根湯の主な作用は 抗アレルギー作用と インフルエンザウイルス感染症に対する作用の2つ。 これらの作用は、体内での免疫反応を葛根湯が調節してくれることにより発揮されています。 経験則に頼り、作用機序が判明していない漢方薬が多い中、葛根湯ではその作用機序がほぼ明らかにされています。 まず、葛根湯は ブラジキニンによるプロスタグランジンE2の生成を調節し、遊離されることを抑制します。 これらの作用が体内の免疫機能を活発に働かせ、不必要となる過剰な炎症反応を抑制することにより、アレルギー反応はもちろん、インフルエンザによる諸症状に対しても効果を発揮していると言えるでしょう。 これらの炎症反応を抑えてくれる効果により、関節痛や各種炎症性疾患、じんましんなどにも効果を発揮するのです。 ・ ブラジキニン:血圧の調節や炎症反応の誘発に関与する物質。 発痛物質として知られています。 ・ プロスタグランジンE2:体内において炎症反応を調節する役割を持つ物質。 痛みや発熱を誘発するものとして知られています。 一般的な痛み止めは、このプロスタグランジンE2の産生を阻害することにより、その効果を発揮しています。 ・ サイトカイン:免疫に関する細胞から分泌される情報伝達物質の総称のことです。 プロスタグランジンE2の合成を促進し、炎症反応を促進する働きがあります。 ・ インターロイキン12:白血球から分泌され、細胞間の情報伝達を行う物質。 体内においてウイルスを退治する役割をもつT細胞を活性化させる働きがあります。 スポンサーリンク 葛根湯の副作用 漢方薬の副作用は、ほぼ含まれている生薬によって決まります。 葛根湯の副作用は多くは報告されていませんが、偽アルドステロン症やミオパチー、肝機能障害の報告があるので注意しましょう。 これらの副作用により、血圧の上昇やむくみ、脱力感などを感じてしまう場合があります。 なにか異常を感じた場合には服用を中止し、処方医の指示を仰ぎましょう。 その他の副作用として、頻度不明ですが発疹、発赤、掻痒、不眠、発汗過多、頻脈、動機、精神興奮、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、排尿障害の報告があります。 葛根湯の飲み方と注意事項 葛根湯はもともと液剤だったものを抽出して散剤にしたものです。 ですので、服用時にはそれに即してぬるめのお湯で服用したほうが効果的だと言われています。 約60度のお湯が最も効果的であり、あまりに熱いお湯では有効成分が揮発してしまうので注意が必要です。 実証の人向けの漢方薬であるため、 体力がなく胃腸が弱っている人では逆効果になってしまう場合があります。 ただの風邪薬だと考えて自己判断で使用するのではなく、きちんとした判断ができる医師・薬剤師の指導のもとで使用することをおすすめしておきます。 また基本的に漢方薬には複数の生薬が含まれています。 葛根湯を服薬している時に他の漢方薬を併用した場合、含まれている生薬の量が多くなりすぎる場合があります。 そうなってしまうと副作用の危険性が増しますので、注意して下さいね。 それでは葛根湯については以上とさせて頂きます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

三和葛根加朮附湯エキス細粒

ツムラ の 葛根 湯

津村重舎は奈良時代から伝わる家伝薬に改良を加えた婦人良薬「中将湯」を1893年に発売し、津村順天堂 現ツムラの前身 を創業しました。 その中将湯を製造する過程で出る生薬の切れ端や粉を社員が持ち帰り、お風呂に入れたところ、 体が非常に温まり、汗疹 あせも も良くなったことから「浴剤中将湯」が1897年に誕生しました。 その後、津村重舎の意思を引継ぎ、「本物志向で、科学的根拠のしっかりした入浴剤を世に出したい」という開発者の強い想いから、 1975年に誕生したツムラのくすり湯「バスハーブ」 医薬部外品。 入浴剤の臨床評価研究手法が確立されていなかった当時、5年をかけてデータの収集・解析を行いました。 そして40年以上経った今も変わらず、多くの人に愛されています。 バスハーブは生薬の力 ツムラのくすり湯「バスハーブ」は、温浴効果を高めるトウキ、センキュウ、ハマボウフウ、チンピ、ハッカ、 西洋の薬草であるカミツレといった6種の生薬から抽出され、湯浴効果を高め、冷え症や肩こり、腰痛、疲れを緩和します。 お湯にすぐに広がる液体タイプで、生薬独特の香りと自然な草色のお湯を心ゆくまで楽しめます。 湯あがり肌もすべすべに。 基原植物はトウキ。 山地に自生するセリ科の多年草。 日本を代表する地道生薬の1つで、特に「大和当帰」が有名。 使用部位は根。 基原植物はセンキュウ。 中国原産のセリ科の多年草。 使用部位は根茎。 基原植物はウンシュウミカン。 日本で最も多く生産されている日本原産の柑橘類。 使用部位は果皮。 基原植物はハマボウフウ。 東アジアの海岸の砂地に自生するセリ科の多年草。 八百屋で防風として売られていることも。 使用部位は根及び根茎。 基原植物はハッカ。 ペパーミントとして知られるシソ科ハッカ属の多年草。 菓子の清涼剤やハーブティーなどにも使用されている。 使用部位は全草。 基原植物はジャーマンカモミール。 キク科の植物で、主に花の部分を生薬、茶剤として用いられ、ハーブとして有名。 使用部位は頭花。 浴槽や風呂釜を傷めませんか? バスハーブは中性です。 浴槽や風呂釜を傷めにくいです。 注 原液を浴槽・浴室内のポリ・大理石に長時間付着させるとまれにシミになることがあります。 肌の弱い人でも利用できますか? 数多くのサンプルを使って入浴試験、パッチテストを行い、刺激性を確認しています。 注 すべての方に刺激がないというわけではありません。 入浴剤の残り湯で洗濯できますか? ご利用いただけます。 また、洗濯洗剤のはたらきを妨げる成分は入っておりません。 注 すすぎとつけおきは清水で行ってください。 注 ただし次の衣料には着色する場合があるので使用しないでください。 乳幼児に入浴剤を使用しても大丈夫ですか? 満3ヵ月頃までの赤ちゃんの皮膚は安定していないため、大人と同じ浴槽に入ること自体をおすすめできません。 皮膚が安定してくる満3カ月を過ぎてから入浴剤のお風呂でご一緒にご入浴ください。

次の

葛根湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ1

ツムラ の 葛根 湯

桂枝加葛根湯 スポンサード リンク 成分(一般名) : 桂枝加葛根湯 製品例 : 〔東洋〕桂枝加葛根湯エキス細粒 ・・ 区分 : 漢方/漢方/漢方製剤 PR 概説 カゼのひき始めや、肩こりなどに用いる漢方薬です。 作用 【働き】 桂枝加葛根湯(ケイシカカッコントウ)という方剤です。 体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。 具体的には、カゼのひき始めで、肩こりや頭痛をともなうときに適応します。 自然に汗が出やすく、体力のあまりない人に向く処方です。 【組成】 漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 桂皮 ケイヒ• 葛根(カッコン)• 芍薬 シャクヤク• 生姜 ショウキョウ• 大棗(タイソウ)• 甘草 カンゾウ 特徴• 方剤名の由来もそこにあります。 適応証(体質)は、表証(急性期)、虚証(虚弱)、寒証(悪寒)となります。 桂枝湯の証で、肩こりや頭痛をともなうときに適します。 また、カゼで発汗のひどいときは、葛根湯よりも、桂枝加葛根湯を用いるべきです。 注意 【診察で】• 持病のある人は医師に伝えておきましょう。• 市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。 飲み合わせに注意..甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)など。 【使用にあたり】• ふつう、漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。 顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。 むかつくときは、水で飲んでもかまいません。• もし、かえって食欲がなくなったり、吐き気を催すようでしたら、食後でもよいと思います。• 効果のないときは、医師と相談してみてください。 証の再判定が必要かもしれません。 【備考】• 漢方は中国で生まれた体系医学です。 その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。 そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。• 漢方の特徴は、体全体をみるということです。 体全体の調子を整え、病気を治していくのです。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの体の状態や体質をあらわすのが「証(しょう)」という概念です。 このような考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、その考え方にあるといっても過言でないでしょう。• 病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。 これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬のまま調合することも)。 現在、桂枝加葛根湯をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。 効能 身体虚弱なものの風邪の初期で、肩こりや頭痛のあるもの。 用法 通常、大人1日3回1回2. 0g(1包)を空腹時経口服用。 年齢症状により適宜増減する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 漢方薬にも少しは副作用があります。 人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなるかもしれません。 しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。 重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。 「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。 複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。 【その他】• 胃の不快感、食欲不振、軽い吐き気• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の