大動脈 解離 合併 症。 救急看護 大動脈解離A&B型の知識

突然起こる「大動脈解離」 事例からみる予防するためのポイントとは?

大動脈 解離 合併 症

大動脈解離とはどんな病気? 大動脈の壁は3つの壁が重なってできています。 ベニヤ板のように3層構造になっており、簡単に壁が破れないようになっています。 内膜、中膜、外膜とよばれており、中膜はいわばボンドのように内膜と外膜をくっつけているようになっています。 その中膜が弱くなって、内膜の一部が裂けて内膜と外膜がはずれるのを、解離といいます。 解離した血管は一部が外膜だけになるために、薄くなって瘤となるので解離性大動脈瘤といいます。 この解離性大動脈瘤も普通の動脈瘤と同様破裂しやすくなります。 また、本来の血管が細くなって、血流が悪くなり様々な症状を引き起こします。 解離性大動脈瘤はほとんどが突然起こる病気で、破裂する危険性があり恐ろしい病気の一つです。 先ほど説明した動脈瘤を解離性大動脈瘤と区別して、真性大動脈瘤と言うこともあります。 解離の始まり 解離は三層構造 内膜の亀裂と中膜の破たん 解離の進行 正常血管 内膜に亀裂 中膜に進展 偽腔の進展と外膜の瘤化 偽腔の拡大 偽腔から真腔への再亀裂 いろいろなタイプが 内膜が裂けた場所、血管がはずれた場所、破裂出血しているかどうかによって、重症度、治療方法が変わってきます。 A型: 心臓に近い上行大動脈に存在するものを言います。 破裂により心臓を圧迫し救命できない場合が多く、ほとんどが緊急手術となります。 B型: 胸部の下行大動脈から腹部にかけて存在します。 破裂する確率が少ない場合は、血圧を下げて安静にすることによって、破裂を防止する事ができます。 破裂する危険性がある場合、血流の低下があり腹痛、足の痛みがある場合は緊急手術となります。 原因は? ほとんどが動脈硬化で高血圧の方に急激に発症する病気です。 まれに生まれつき血管の壁(中膜)が弱い病気の方もいます。 発症は突然内膜が裂けることによるものですが、急激に血圧が上がったりした場合に発生しやすくなります。 症状は? 解離は突然起こります。 よって、症状も突然出現します。 症状は解離による痛みと、破裂、血管の機能障害による症状があります。 痛みは激烈な場合がほとんどです。 血管の解離の場所によって、前胸部痛から肩、背部につけての痛みまであります。 まれに痛みがほとんどなく無症状のこともあります。 破裂した場合はショックによる失神を起こすことから、突然倒れ、命を失う程の激烈な症状を来すこともあります。 血管の機能が障害され、たとえば頭の血流が悪くなってた場合、脳梗塞と同じ症状の失神、けいれん、意識障害を起こすこともあります。 同じように心筋梗塞、あるいはお腹の血管が詰まって腹痛を起こしたり、足の血管が詰まって足の痛みを来すこともあります。 いずれにせよ医者からみると様々な症状を来たし、診断が難しい病気のひとつです。 診断は? 診断が難しいと言いましたが、この病気ほど的確かつ迅速な診断が必要な病気はありません。 われわれは救急患者を診る場合常にこの病気を考える必要を肝に銘じていますが、発生頻度がまれなために忘れがちになることもしばしばです。 心電図 心臓が脈を打っている電気信号を記録するわけで、これで全てが分かるわけではありませんが、心筋梗塞を合併した場合に心電図に異常を認める場合があります。 胸部レントゲン検査 急性大動脈解離が胸部レントゲン検査で判明することはありません。 しかし、心電図と同じで簡便ですぐできる検査であ り、非常に有用な場合があります。 破裂で心嚢内に出血している場合には心拡大を認め、上行大動脈の拡大によって縦隔が拡大していることがあります。 確定診断ではなく疑いがあればCT検査をする必要があります。 心臓超音波検査 緊急の場合、ショック状態等で素早く診断したい場合にプローベを胸に当てて容易に検査ができますが、診断が困難な場合もあります。 破裂して心臓へ出血しているかどうかの診断には適しています。 大動脈が解離しているかどうかもある程度分かります。 CT検査 解離の確定診断にはCT検査が欠かせません。 ショック状態の場合、意識低下の場合ではCT検査を容易に行えない場合もありますが、必須の診断ツールです。 造影CT検査がベターですが単純CTでもある程度わかります。 解離の範囲、程度、血流の異常の診断、破裂の部位と程度等すべての情報が分かります。 造影検査 急性大動脈解離の診断は難しく最初に心筋梗塞と初期診断されて冠動脈造影検査で解離が判明することも時々あります。 解離による下肢は内臓臓器の血流低下を疑い造影検査をすることもあります。 血液検査 血液検査だけで急性大動脈解離を診断することは不可能です。 しかし炎症所見のデータの上昇がみられること、出血により貧血が見られることがあります。 治療しないとどうなるの? 大動脈瘤と同じで、破裂により出血を来すことがあります。 しかも、緊急です。 血管がはげることにより、血管の機能が障害される場合、たとえば心筋梗塞、脳梗塞、虚血性腸炎、腎不全、下肢の血流障害が起こった場合も何らかの治療をする必要があります。 いずれにせよ、このような合併症が起こった場合、命に関わってきます。 タイプがB型である場合、破裂する危険性が少ない場合、血管の機能が正常である場合には血圧を下げて安静にすることにより、危険を脱する場合があります。 どんな手術? 血管が裂けて破裂している血管、或いは破裂しそうな血管を人工血管に置き換える手術です。 ほとんどが、心臓、脳に近い上行大動脈を人工血管に置き換えるので、大がかりな手術となります。 人工心肺装置を用いた体外循環を行い、心臓を停止させたり、脳への血流を一時的に遮断して、人工血管に置き換えます。 背中にある胸部下行大動脈は開胸して行い、人工血管に置き換えます。 吻合する血管も解離している場合があり、解離部分を修復するものの、血管の壁は弱くなっており、手術後の出血が最も心配です。 手術の危険性は? 解離性大動脈瘤のタイプ、緊急かどうか、破裂しているかどうかによって危険性も違ってきます。 ほとんどが緊急であり、血管の壁も弱くなっており、手術の危険性も高くなります。 死亡率は15%から25%と言われています。 当院では年間60例以上の急性大動脈解離の手術を行っており、死亡率は13%です。 合併症としては術後の出血、心機能が低下すること、脳合併症(脳梗塞)が重大な合併症であります。 タイプBでは、さらに脊髄麻痺、呼吸の合併症を起こす場合があります。 カテーテル治療はできるの? 大動脈瘤と同じで、基本的には手術です。 タイプBで破裂の危険性が少ない場合は、約2週間、血圧を下げて安静にすることで、破裂を予防する事が出来ます。 ステントグラフト手術:タイプBの場合に解離して血管が細くなったり破裂しそうな時に部位によってはカテーテルによるステントグラフト手術を行うことがあります。 しかし、さらに解離が進行したり血管が裂けることもあるので時間をおいて行ったりすることもあります。 術後の注意は? 解離性大動脈瘤にかかり、手術或いは安静治療で退院した方は、今後も引き続き経過観察が必要です。 解離した血管は手術を行っても、すべてを人工血管に置換する事は出来ません。 また安静療法で破裂の危険がなくなっても、解離そのものが消失したわけではありません。 すくなくとも血管が膨れて破裂することはなくなったのですが、今後徐々に拡大して再破裂する可能性もあります。 半年あるいは年に1回CT等にて解離の悪化がないか経過観察する必要があります。 残りの残存している解離している大動脈が明らかな拡大傾向あるいは5. 5cm以上になれば治療を考慮します。 治療は解離の状態、前回手術方法によりステントグラフト治療あるいは人工血管置換手術(オープンステントグラフト法)になります。 患者さんの年齢、状態を考慮して治療法を決めます。 予防は? 解離は突然起こるものですが、原因はほとんどが動脈硬化と高血圧です。 よって予防は動脈硬化の予防となります。 高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満の是正を行い、激しい運動をひかえ、急激な寒冷にさらされたりしないようして血圧を急に上げないようにする事が大事です。

次の

大動脈疾患 | 疾患解説

大動脈 解離 合併 症

2017年7月6日に舞台から転落し、亡くなった俳優の 中嶋しゅうさんの死因が 急性大動脈解離だったことが、所属事務所の発表で明らかになりました。 同じ循環器の病気である心筋梗塞や狭心症に比べて、大動脈解離の発生率は低いのですが、 加藤茶さん、 石原裕次郎さんはこの病気を発症しながら生還し、 塩屋俊さん(俳優)、 大滝詠一さん(ミュージシャン)、 立松和平さん(作家)らは残念ながら亡くなった、といった報道が記憶のどこかに残ってはいないでしょうか。 2015年5月18日には、タレントの 大木凡人さんが、同年1月に大動脈解離を発症して緊急手術を受けたことを公表しました。 「胸部に突然発生した強烈な痛みに気絶しそうになりながら119番に電話し、大がかりな手術を受けて生還した」という話に、他人ごとではないと恐ろしくなった方もおありでしょう。 急性大動脈解離は、 前兆といえる症状がほとんどない上に、発症すれば短時間のうちに死亡するリスクが高い、やっかいな病気です。 いったん発症したら、治療を受けられる施設に、できるだけ早く「生きて」到着しなければなりません。 【大動脈とは】 心臓から全身に血液を送り出す、最も太い血管 大動脈は、 酸素を多く含んだ動脈血を心臓から全身に送り出す、体内で最も太い血管です(下図)。 心臓から出る上行大動脈の付け根から分岐した冠動脈は、心臓の筋肉に血液を送ります。 首に向かって延びる上行大動脈は、鎖骨より若干下の位置で弓なりに曲がって(弓部大動脈)、下行します(下行大動脈)。 弓部大動脈から3本の血管が分岐して、頭部と両腕に血液を送ります。 下行大動脈からは胸部の臓器や背骨(胸椎)などに血液を送る血管が分岐しています。 背骨のすぐ前側を下行する大動脈は、やがて横隔膜にあいている穴を通って腹部に至り(腹部大動脈)、腹部の臓器や下肢に血液を供給します。 腹部大動脈の直径は20~25mm、胸部大動脈の直径は約25~30mmもあります。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

大動脈解離(解離性大動脈瘤)|心臓血管病を理解しよう|心臓血管外科特設サイト|医療法人徳洲会名古屋徳洲会総合病院

大動脈 解離 合併 症

・急性動脈閉塞症 急性大動脈解離 大動脈とは? 動脈とは、心臓から血液を全身に運ぶ管です。 大動脈はその中で最も太い動脈です。 大動脈は横隔膜をはさんで大きく 胸部大動脈と 腹部大動脈に分かれます。 まず胸部大動脈では、心臓から出てすぐの最も太い動脈を 上行大動脈といいます。 頭や腕へ血液を送る頚動脈などの中動脈を分枝しながら大きくUターンします。 このUターン部を 弓部大動脈といいます。 次の胸の中で心臓の後ろをお腹に向かって降りてくる部位を 下行大動脈と言います。 次に横隔膜を貫き 腹部大動脈となります。 腹部大動脈は肝臓、胃腸、腎臓などの腹部の臓器に血液を送りだす枝を出し、臍の高さで、骨盤内の内臓や左右の足を栄養する左右総腸骨動脈に分かれます。 急性大動脈解離(解離性大動脈瘤)とはどんな病気ですか? 動脈の壁は内膜、中膜、外膜の3重の層でできています。 動脈解離とは、内膜に亀裂(内膜に穴があき、入り口)ができて、中膜の層で内膜と外膜の間にすきまができます。 血圧と血流による、すきまはどんどんと裂けていきます。 動脈が中膜の層でさけて、二重の腔になってしまう状態です。 大動脈に解離が発生した場合、 解離性大動脈瘤または 急性大動脈解離といわれます。 大動脈解離は、近年増加しつつあり、予後が不良のために注目されている病気です。 突然発症し、放置すれば、発症後48時間以内に50%、1週間以内に70%、2週間以内に80%の高率で死亡するといわれています。 偽腔の血流状態から、偽腔に血流のあるものを偽腔開存型、偽腔が血栓で閉塞したものを偽腔閉鎖型に分けられます。 大動脈解離の原因としては、大動脈壁の脆弱さ、動脈硬化、高血圧などが考えられており、各々が様々に絡み合って、突然に発症すると考えられています。 急性大動脈解離の治療 解離の部位から、A型、B型 Stanford分類 に分かれます。 A型解離:上行大動脈に解離があるもの A型解離は、急死にいたる合併症(心嚢内への破裂・出血、心筋梗塞、大動脈弁閉鎖不全症、心不全など)を生じやすく、速やかな外科的治療が必要になります。 緊急手術までの間に、破裂により突然死することもあり、予断を許さない状態が続きます。 B型解離:上行大動脈に解離がないもの B型解離は破裂、臓器障害などの合併症の発生時には緊急手術を要しますが、まずは血圧を下げ、解離や合併症の進展が起こらないように集中治療管理が行われます。 48時間の絶対安静、約1週間のベッド上安静が必要です。 その後、内服薬による血圧の調整を行いながら、ゆっくりと日常生活に復帰していきます。

次の