スキル アップ ブック ff7r。 【FF7リメイク攻略】神々の黄昏(ラグナログ)入手までの下準備編

【FF7リメイク】スキルブックの入手方法まとめ|スキルアップブックを解説【FF7R】

スキル アップ ブック ff7r

クリア後に解放される要素 チャプターセレクト(強くてニューゲーム) ゲーム本編をクリアすると「チャプターセレクト」の機能が解放されます。 チャプターセレクトは1〜18章を自由に選ぶことができ、キャラクターの強さもクリアした状態のままできるため、いわゆる「強くてニューゲーム」が出来るようになります。 チャプターセレクト手順 1 メインメニューを開く 2 「SYSTEM」を開く 3 「CHAPTERSELECT」を選ぶ 4 好きな章を選ぶことが出来る 難易度ハードの追加 難易度「イージー」「ノーマル」に加えて新たに、「ハード」が追加されます。 難易度「ハード HARD 」は アイテム使用不可、休憩所ではHPのみ回復(MP回復なし)、新アイテムの追加があります。 経験値2倍&AP3倍 「チャプターセレクト」でゲームを開始した際、敵撃破時の経験値とAPにボーナスが入ります。 獲得できる経験値2倍、APが3倍になるため、キャラクターの育成やマテリアの成長がはかどります。 プレイログの追加 プレイヤーのゲームのやりこみ度を表した「プレイログ」が解放・確認できるようになります。 「SYSTEM」から「PLAY LOG」で確認できます。 プレイログはバトルのやりこみ要素、ストーリーの分岐状況などが確認できます。 新たなバトルシミュレーターの追加 チャプター17で訪れる「宝条研究所」で、新たな「バトルシミュレーター」がプレイ可能になります。 後述のやりこみ要素にもまとめていますが、本作の裏ボスや有用アイテムを入手することができます。 エネミーレポートコンプリート プラウドクラッド零号機撃破 取得できる トロフィー 本作の隠しボス「プラウドクラッド零号機」を倒すのもやり込みの一つです。 プラウドクラッドと戦うには「バトルレポート」と「コルネオコロッセオ」、「神羅バトルシミュレーター」の全制覇が必要になってくるので、合わせて解放しましょう。 バトル中アイテムの回復が使えない、休憩所の回復がHPのみなどの厳しい制限があるので、MPを節約しながらの戦いが求められます。 なお、裏ボスを倒すと貰える「」の効果が強力なのでハード攻略のお供に最適です。 レベル最大50まで上げる 取得できる トロフィー 『FF7リメイク』のやりこみを達成するためには、キャラクターのレベルを上げることが必要不可欠です。 以下の記事に効率的なレベル上げを記載しているので是非参考にしてください。 スキルアップブック収集で武器レベル6 武器レベルをMAXにするには「スキルアップブック」の収集が必要不可欠です。 難易度ハードでしか入手できないスキルアップブックもあるので、難易度ハードで進めるようにキャラクターも一緒に強くしておくと良いでしょう。 なんでも屋クエストの制覇 取得できる トロフィー なんでも屋クエストは全部26個あります。 これをすべてクリアすることもやりこみ要素の一つです。 チャプター9のなんでも屋クエストでは選択肢によって受けられるクエストが変わってくるので、2週はしないといけません。 条件分岐については下記記事で詳しく書いているので参考にしてください。 ドレスを全パターン見る 取得できる トロフィー ドンコルネオの嫁オーディションで「クラウド」「ティファ」「エアリス」が着るドレスはそれぞれ各3種類あります。 条件分岐で着る衣装が変わるのでチャプターセレクトを駆使して全パターンを見てましょう。 てきのわざ全習得 取得できる トロフィー 『FF7』ではお馴染みの「てきのわざ」マテリア、今作は分作第1弾ということもあり覚えられる技が「4つ」だけとなっています。 以下の記事を参考にすれば簡単に修得できるはずなので是非参考にしてください。 14章の決意イベントを全部見る チャプター14ではストーリー上での選択肢や行動で、「ティファ」「エアリス」「バレット」の内、誰かが決意を語るイベントがあります。 これを全パターン見ることもやりこみの一つと言えるでしょう。 プレイログのコンプリートにも必要です。

次の

FF7 リメイクをやっているのですが、

スキル アップ ブック ff7r

もくじ• PS5で出しそうなので、早くても三年とか掛かりそうですが……。 クリアまでの時間は、 なんでも屋クエストは八割ほどこなした状態で25時間程度。 「ミッドガルにしてはたくさん遊べた」って感想です。 FF7としては……って感じ。 クリア後のやり込み要素はあるので、まだまだ遊べますけどね。 クリア後の追加要素・やり込み要素 クリア後の追加要素 難易度ハードが解禁 クリア後は 難易度「ハード」が追加されます。 ハードモードでは、 アイテムが使用できず、回復は休憩所のみという縛りが存在しますね。 そして、ハードモード限定アイテムとして 「スキルアップブック」が追加されます。 周回要素「チャプターセレクト」が解禁 クリア後は 「チャプターセレクト」が解禁されます。 この機能では、 好きなチャプターを選択してプレイすることが可能です。 ステータスや装備は引き継がれるため、強くてニューゲームが楽しめますね。 この機能を使う事で、各イベントの条件を満たしたり、なんでも屋クエストなどの寄り道要素のコンプリートをすることもできます。 花嫁衣裳の全入手はしておいた方が良いでしょう。 また、チャプターセレクトでプレイすると、 「獲得経験値が2倍・APが3倍」になります。 マテリアはまだ育ち切っていないのも多いと思いますし、裏ボスや高難易度攻略に向けて育成に励みましょう。 裏ボスの追加 クリア後にチャプター17の 「新羅バトルシミュレーター」で、裏ボスに挑戦が可能になります。 ハードモードのバトルシミュレーターはやり応えがありますが、育成を万全にしていないと勝つのは困難です。 クリア後のやり込み要素• 装備、マテリアのコンプリート• 装備、マテリアを最大まで成長させる• 各イベントのコンプリート• 花嫁衣裳のコンプリート• 寄り道要素のコンプリート• トロフィーのコンプリート• ハードモードの裏ボスを倒す 基本的にはトロフィーのコンプリートを目指せば、やり込み要素はほぼ網羅できます。 特定のチャプターでしか出来ないミニゲームも、チャプターセレクトで好きな時に楽しめますね。 最後にハードモードの裏ボスを倒せたら、もうやれることはありません。 まとめ クリア後は思ったよりやれることがあるのは安心です。

次の

【FF7R】ハードモードをプレイするときの注意点

スキル アップ ブック ff7r

皆様こんにちは! 如何お過ごしでしょうか。 もちろん全武器もコンプ済み! というわけで、各キャラの武器の性能について解説します。 おすすめの武器もご紹介! 今回おすすめする武器でHARDモード全クリ、裏ボスまで攻略できたので、問題ないと思います。 人によって賛否両論あると思いますが、あくまで1個人の意見として参考にしていただけましたら幸いです。 では早速解説します。 クラウドのおすすめ武器 クラウドはバスターソードがおすすめです!最大まで鍛えると、攻守共にバランスよく、最強候補になります!原点回帰! 物理最強はハートブレイカーですね。 魔法最強はミスリルソードです。 ツインスティンガーはバスターソードの下位互換になっていますが、MP消費が少なくラストリーヴの効果で瀕死のダメージを受けても体力が1残ります。 バスターソードを鍛えるまではツィンスティンガーでも良いかもしれません。 HARDで攻略する際には、魔法を使わずどれだけ温存するかが大切なので、魔法特化よりも物理特化のほうが良いです。 MPはMPアップをつけて温存すれば十分足ります。 物理特化で脳死で殴ったほうが楽です。 ですので、ハートブレイカーやツィンスティンガーを使うのがおすすめです。 バスターソードが育ったらバスターソードを使いましょう。 バレットのおすすめ武器 バレットはラージマウス一択ですね。 攻撃力が高くて魔法もそこそこ。 バランスならガトリングガンです。 見た目かっこいいし笑 魔法特化ならハートビートですが、バレットに魔法は悪手なのでおすすめしません。 近接ならキャノンボールがおすすめです。 アトミックシザーもバランス型なので、まぁ、こちらでもOK。 しかし、バレットの持ち味は遠距離攻撃が出来ることだと思うので、正直近接を使うのは微妙な気がします。 近接はクラウド、ティファに任せて、バレットは遠距離で攻撃するのがおすすめです。 ティファのおすすめ武器 ティファはメタルナックル一択ですね!ティファは最強のアタッカーなので、圧倒的火力で攻め立てるのが強いです。 フェザーグラブもバランスが良いのでおすすめ。 魔法最強ならミスリルクローですが、HARD攻略時はおすすめしません。 エアリスのおすすめ武器 エアリスはフルメタルロッドがおすすめです!魔法が高くて物理もそこそこ高いです。 また、ミスリルロッドは魔力が最も高いので、こちらもおすすめ。 と思ったけど、シルバーロッドが強いみたいです。 MP消費軽減とかが強いみたい。 総括 いかがだったでしょうか。 今回は、各キャラの武器の性能解説、おすすめ武器のご紹介をしてみました。 スキルアップブックを集めて、全武器をMAXまで強化すると、謎の達成感があります。 皆様もよければぜひ全武器をMAXまで強化してみてください。 よければ下記の動画をご視聴下さい。 今回の記事及び下記の動画が、少しでも参考になりましたら幸いです。

次の