ポケモンgo とは。 【ポケモンGO】ポケモンの巣とは?巣の定義と出現するポケモン

【ポケモンGO】チルタリスのおすすめ技と評価|ゲームエイト

ポケモンgo とは

私は、ポケットモンスター(ポケモン)は、世代ではないので、よく知りません。 知っている知識としては、 1990年代、ゲームボーイという携帯ゲーム機のゲームソフト(白黒画面)として始まって、 アニメとなった。 当時、小学生以下に流行っていたと思う。 中学生とかはどうか知らない。 大人はしている人は知らない。 そこらにいるポケモン(ポケット怪物?)を集める人間がそこらにいて、 何をする為かは知らないが、 集めたポケモンを、人間がトレーナーとなって、教育し(?)、 何をする為かは知らないが、 ポケモン同士を、人間が命令を出して戦い合わせる。 有名なポケモンがピカチュウで、技は電気攻撃。 主役の名前がサトシ。 という程度の知識しかありません。 ポケモンGOでは、ポケモンが現実世界を写したスマートフォンのカメラ上に出てきて、 ボールみたいなのを投げつけて、捕獲するようです。 敷地内に勝手に入られて、迷惑行為をされても困るので、 プレイする気はないのですが、 どんなものであるかだけは、知って置こうと思います。 ・ポケモンGOの概要 任天堂とNiantic社が作ったようです。 GPS位置情報を使ってポケモンを探し集めるゲーム。 151種類のポケモンがいるらしい。 自分自身が、スマートフォンを持って歩き回り、 スマートフォンの画面だけに映るゲーム上のポケモンを探して集める。 人によってポケモンが出る場所は異なるそうです。 同じ場所で、ポケモンを捕まえられるとは限らないらしい。 重要なアイテムを入手するスポットというのを 「ポケストップ」というらしく、 私有地や危険な場所まで勝手に設定されているそうです。 近くにポケモンがいると、スマートフォンが振動するようなので、 ずっとスマートフォンのポケモンGoアプリを起動している必要があると 思われ、電池がすぐなくなる可能性がある。 基本ゲームは無料らしいが、 モンスターを集めやすくする、ゲーム内アイテムを、 実際のお金で買う事で利益を得る仕組みのようです。 例えば、「おこう」というアイテムは、 30分間ポケモンをおびき寄せられるらしい。 ゲーム内通貨を「ポケコイン」といい、 100ポケコイン=実際の120円で手に入れられ、 1,200ポケコイン=1,200円とか、レートが異なる。 おこうは、1個80ポケコイン。 ・ゲーム上、ボールはなぜ投げているのか? モンスターにボールを投げて、当たると、モンスターが捕獲出来るそうです。 このボールの事を「モンスターボール」というらしい。 これは無料らしい(1日1個とか?)が、 何十個は、実際のお金いくらかで買う事も出来るらしい。 (不明点)投げたら無くなるのか? ・ゲーム上、何の為にポケモンを集めるのか? 集める為に集める? 捕まえたポケモンを強化したり、進化させたりできるらしい。 ユーザーは、トレーナーレベルも上げられるらしい。 捕まえたポケモンを「ポケモンジム」で対戦させるらしい。 ユーザー同士? ゲーム内キャラ同士? そこで、ジムの陣取り合戦をして、ジムを奪って、増やして行くそうです。 「ジム」自体も、 私有地なんかにも設定されているそうです。 ・公道以外・敷地内にもポケモンは出現するのか? 出現するそうです。 出現されたとされる住所がインターネットで晒されている。 東京電力の原発内でもポケモンが表示されるそうです。 福島第1原発事故の避難指示区域でも。 危険でない公道以外は、出現しないようにして欲しいです。 というか、出現させる所を、メーカーが地主と交渉して 作る形式を取らないと、無茶苦茶になりそうです。 ・屋内(家の中)にもポケモンは出現するのか? 出現するらしいです。 職場にも、図書館にも、病院にも出現するらしい。 ・ポケストップの場所を調べるには? 重要なアイテムを入手するスポットというのを 「ポケストップ」というらしく、 のサイトのような所で調べる事が出来るようです。 全部ではないかと思われます。 ・除外申請のページ 出現の除外申請のページも用意しておいて欲しいと思っていたのですが、 既に、あるようです。 Niantic社のページに、 がありました。 こちらから申請は出来るようです。 ・感想など ゲームをする自由もあるでしょう。 でもこのゲームの場合、 任天堂さんやNiantic社さんは、ポケモンが出ては行けない所(危ない所・進入禁止区域)を、 先に場外しておかないと駄目かと思います。 もしくは許可制に。 また、企業が、すべて自己責任で押し切るのもどうなんでしょう。 自己責任で迷惑を受ける一般の人が出るのが一番の問題です。 今回は、もし敷地内に迷惑行為をするような人が来た場合の対処の為、 ゲーム自体の基本を知って置かないという事で調べましたが、 まだ良くわかっていません。 またわかった事があれば追加します。 また、詳しい人にも教えて頂きたいです。 良かったら下の掲示板にでも書き込みください。 記載:2016年07月頃.

次の

【ポケモンGO】エクセレントの出し方を解説【固定投法】|ゲームエイト

ポケモンgo とは

記事の内容• ポケモンGOとは? ポケモンGOは、 普段の生活の中でスマホのカメラを使って実際の風景にキャラクターが合成され、ポケモンやレアなポケモンを探しては捕まえたり、他のポケモンとバトルして育てていくことができるスマホアプリのゲームです。 また、GPS 位置情報 を使用することにより、我々が住んでいる日常の現実世界そのものを舞台としています。 ポケモンGOのゲームは、家で寝転びながらでもできるゲームのようにはいかず、実際に家の外へと出掛けポケモンを探したり、他にもポケモンGOをやっている人と出会いながらコミュニケーションを楽しむこともできますし、新たなコミュニティを作る楽しみもあります。 ポケモンGOの危険性とは? 歩きスマホ ポケモンGOに夢中になり、 スマホを操作しながら歩きポケモンを探し歩き回まわったり、自転車に乗りながらや車の運転中にスマホを操作するのは、事故につながる危険性が高いです。 歩きスマホを始め夢中になりすぎてしまうかもしれませんが、スマホを操作しながらは控えめにし周囲に注意をして安全を確保しましょう。 もし、歩いている最中にレアキャラなどを見つけたとしても、冷静になってその場が安全なのかを確認してください。 歩きスマホの問題は今始まったことではありませんが、ポケモンGOが配信されたことにより、さらに浮き彫りになったのも事実です。 いま一度、歩きスマホがどれほど危ないか、改善させていく方法を見直したいですね。 鉄道駅のホーム ポケモンGOで遊ぶ際に、 特に気をつけなければいけない場所が鉄道駅のホームです。 ポケモンを獲得する時は、スマホに集中してしまうので、視界が狭くなりがちです。 さらに駅のホームは狭まっているところや混雑していることが多いので、人にぶつかったり最悪の場合、ぶつかった反動で線路へ突き落とされてしまうかもしれません。 もし、タイミングが悪く列車が駅のホームへと入ってくる時だったら・・・ 考えただけでもゾッとしますよね。 なので、命の危険にあいたくないのでしたら、駅のホームではポケモンGOをやるのは控えたほうが良さそうです。 SPONSOR LINK 不法侵入 ポケモンGOは 実際のMAPとゲームがリンクしているためポケモンGOに夢中になりすぎて危険な場所へ進入したり、私有地に無断で立ち入ったりと、知らぬ間に不法侵入をしてしまう可能性があります。 たとえ私有地内にレアキャラのポケモンがいたとしても、人様の敷地に無断で立ち入ってしまえば、悪気がなくてもどんな理由があれど言い訳は通用しません。 自分はポケモンをゲットしたいだけでも、侵入された側からしてみたら、不愉快極まりないですよね。 このように、相手を不快にさせるつもりがなくても、法律では他人の敷地に許可なく入ってしまうことが不法侵入としての罪に問われてしまいます。 特に夜中に出歩いてポケモンを探す際は、なおさら気をつけないと不審者に間違われてしまうかもしれないので、モラルのある行動をしてポケモンGOを楽しみましょう。 ポケモンGOで想定外な影響とは? ポケモンGOが うつ病や精神疾患を改善させるという影響が出ているらしいと言われています。 なぜそのような現象が起きているのかというと、うつ病や精神疾患の人は、そうじゃない人と比べると脳内ホルモンのセロトニンが少ないとされています。 このセロトニンが減少することにより、うつ病や精神疾患になりやすいそうです。 しかし、今回の画期的なゲームアプリとしてポケモンGOが配信されたことにより、精神疾患などが原因で今まで外に出られなかった人が、ポケモンGOをしたいという欲求から外に出ることができるようになってきました。 その結果、ポケモンGOのために外へ出て歩き回ることで適度な運動にも繋がり健康的にも良いですね。 また、 歩くことでうつ病や精神疾患に関係があると言われている、脳内ホルモンのセロトニンが分泌されるようになります。 このセロトニンは不安感を軽減させ、情緒を安定させ、うつ病や精神疾患を改善させる作用があります。

次の

ポケモンGOとは?熱狂的ブームに隠された危険性と想定外な影響

ポケモンgo とは

僕もポケモンGOをしばらくプレイしていない期間があり、復帰した際に「 レイドバトルって何!?」とか「 タスクとは!?」など困惑した記憶があります。 そこで本記事では「 ポケモンGOの遊び方がよくわからない人」向けに序盤から「 やった方が良い事」と「 やらなくても良い事」について解説していきます。 この記事を読むメリット• ポケモンGOで序盤はやらなくて良い事が分かる• やった方が良い事について詳細が分かる ポケモンGOの遊び方がわからない人向けに機能を解説 まずは最初に「 ポケモンGO序盤でやった方が良い事」から見ていきましょう。 リスト化すると下記のとおり。 ポケモンGO序盤にやった方が良い事• ジムバトル• 道具BOXの拡張• レイドバトル• タスク• コミュニティデイ ひとつずつ深掘りしていきますね。 ジムバトル ジムバトルをやる目的は「 ポケコインを集める」ことです。 ポケコインの使用用途は下記。 アイテムBOXの拡張• ポケモンBOXの拡張• 着せ替えアイテム購入• ゲーム内アイテム購入 ポケコインを多く稼ぐためには長時間ジムにポケモンが残っている必要があります。 人が普段から多く集まる場所ではジムの入れ替わりが激しいので避けるのが懸命です。 いわゆる激戦区ですね。 多色のジムを攻撃して自分のポケモンを置く場合は、 やる気(ハート)が満タンのジムではなく、 すでに弱っているジムを狙うのがオススメ。 ポケモンのやる気は時間と共に減っていきます。 長時間放置されているジムほど落としやすいので、バトル用のポケモンが揃っていない初心者は、そういったジムを攻撃すると良いでしょう。 辺境の地 上記のような条件はジムに置かれているポケモンのやる気が低下している可能性が高いです。 手持ちのポケモンが弱い場合でも、ジムが弱っていれば簡単に倒せるので、倒せそうなジムを選んで攻撃すると良いですよ。 道具BOXの拡張 上記で説明したポケコインの使い道として、 最優先したいのが道具BOXの拡張です。 上記は一例ですが、一定のレベルを超えると入手できるようになります。 どれも有用なアイテムなので、捨てずに貯めておきたいのですが、道具BOXの容量が少ない内は泣く泣く捨てる選択をする必要が出てきます。 なるべくそういった事態を避けるためにも、ポケコインは道具BOXの拡張を最優先に使用したいところですね。 道具BOXがいっぱいになってしまった場合に、優先的に捨てるべきアイテムについてもリストアップしてみました。 ナナの実:ボールが当てやすくなるだけ。 頻繁に手に入る• ズリの実:捕獲率が微増するだけ。 頻繁に手に入る• キズぐすり:回復量が少ない。 頻繁に手に入る• いいキズぐすり:上記と同様 基本的に頻繁に入手できるアイテムは優先的に捨ててOKです。 手持ちに上位互換アイテムがあるのであれば、下位アイテムは少し残して捨てるのがオススメ。 レベル1〜4までのレイドバトルでは、出現するまで何のポケモンがボスなのか不明ですが、レベル5のレイドバトルは伝説ポケモンでほとんどの場合が出現ポケモンが確定で分かっています。 欲しい伝説ポケモンが出現する期間であれば、強化用のアメ集めも含めて何度も挑戦するのがオススメ。 田舎など人が集まりそうにない場所の場合は、レイドバトル開催と同時に参加するように心がければ成立の可能性が高くなります。 都会などレイドバトル開催中はいつでも成立するような場所でない場合は、 レイドバトルが開始されると同時に参加できるように待機すると良いですよ。 タスク タスクをクリアすることで道具やポケモン、ほしのすなといった報酬を得ることができます。 タスクには大きく分けて2種類あり、詳しくは下記。 フィールドリサーチ:7回クリアすることで「 大発見」による伝説ポケモンが入手可能• スペシャルリサーチ:タスクを進めていくことで道具や経験値といった報酬が得られ、全てクリアすると幻のポケモンが入手可能 フィールドリサーチとは フィールドリサーチは、ポケストップを回すことで得られるタスクのこと。 タスクの内容は様々。 1つのポケストップから得られるタスクは固定されており、 日が変わると別の内容に変化します。 孵化装置やスペシャルレイドパスなどの課金アイテムが入手できるものもあるので、無課金勢には嬉しいですね。 全てのタスクをクリアすると「 ミュウ」や「 セレビィ」といった幻のポケモンが入手できます。 クリアに時間がかかる内容もあるので、普段のプレイを楽しみつつ、少しずつタスクをクリアしていくのがオススメ。 コミュニティデイ コミュニティデイは特定のポケモンが大量発生するイベント。 土日に行われることが多いですね。 参加するメリットは下記。 特定のポケモンのアメが大量に入手できる• イベント時間内に進化させると特別な技を覚える• アメ2倍や砂2倍などボーナスが美味い 特定のポケモンのアメが大量に入手できる 過去に行われたコミュニティデイで、個人的に嬉しかったポケモンは下記。 ダンバル• ミニリュウ• タツベイ• ヨーギラス 普段は稀にしか出会えないポケモンが大量にゲットできるイベントは参加しない理由がありません。 コミュニティデイは、上記のような珍しいポケモンの色違いも同時に実装され、出現率も上昇しているので都合が合えば参加すべきです。 イベント時間内に進化させると特別な技を覚える コミュニティデイの時間内に、対象のポケモンを進化させると通常は覚えない特別な技を覚えることができます。 その技が必ずしも強いとは限りませんが、限定技なので数匹は確保しておくのがオススメ。 中でも御三家と呼ばれるポケモンは、下記の通り強力な特別技が割り当てられています。 ヒトカゲなどの火ポケモン:ブラストバーン• フシギダネなどの草ポケモン:ハードプラント• ゼニガメなどの水ポケモン:ハイドロカノン どれも優秀な技なので、御三家ポケモンを進化させるならコミュニティデイが良いですね。 アメ2倍や砂2倍などボーナスが美味い コミュニティデイによって内容は異なりますが、発生するボーナスがめちゃくちゃ美味しいです。 ほしのすな2倍• 経験値2倍• たまごの距離が4分の1 これらのボーナスはかなりのメリットです。 通常時のプレイがバカバカしくなるほどの効果があるので、 コミュニティデイ対象のポケモンがそんなに魅力的ではなかったとしても、ボーナス目当てでプレイするのも大いに有り。 あまり美味しくないですね。 とはいえバカに出来ないのが、稀に報酬でもらえる下記アイテム。 ふしぎなアメ• わざマシンスペシャル• シンオウの石 確率は高くないですが、こういったアイテムを狙ってトレーナーバトルをするのは有り。 対戦してくれるフレンドがいる必要があるので、周りにポケモンGOプレイヤーが少ない人にとってはハードルが高いかも。 ロケット団とのバトル ポケストップが黒く変色している場所にはロケット団がいます。 トレーナーバトルはプレイヤー同士のポケモンバトルですが、その延長戦でNPCとのバトルが実装された感じですね。 ロケット団の実装により追加された要素が下記。 シャドウポケモン• ライトポケモン また訳のわからない要素が増えたと思う人が多かったはず。 簡単に言うと通常のポケモンとは「 見た目が違う」ということ。 技も固定されており、シャドウポケモンは「 やつあたり」を覚え、ライトポケモンは「 おんがえし」を覚えます。 ロケット団とのバトルの流れは下記。 ポケストップを回してロケット団との戦闘開始• 勝つとシャドウポケモンゲットチャンス• ゲットしたシャドウポケモンをリトレーンする• 変化させることで個体値が上昇するので、元々のシャドウポケモンの個体値が高ければリトレーンすることで、より高個体が作れるのがメリットですね。 しかしながらロケット団とのバトルには大きなデメリットがあり、それがオススメできない理由。 相手ポケモンが強すぎる• 戦闘後に手持ちのポケモンが回復していない• 報酬がしょぼい 相手ポケモンが強すぎる ロケット団が使ってくるポケモンはコラッタでさえCP3000超え。 CP5000超えのポケモンも使ってきたりするので、初心者ではまず勝てません。 他のソーシャルゲームでいうガチャのようなもの。 ポケモンGOで唯一ランダム要素に課金することになるのが孵化装置です。 僕も最初はポケコインが貯まる度に孵化装置を購入していましたが、結果はお察し。 ただ経験値やほしのすな目当てでガンガンたまごを割りたいという意見もあり、稀にレアなポケモンが生まれるのも事実。 そういう人は下記の選択肢があります。 スペシャルリサーチの報酬で孵化装置がもらえる• レベルアップ報酬で孵化装置がもらえる• 1480ポケコインのセットを購入する スペシャルリサーチやレベルアップ報酬で孵化装置がもらえるので、 ポケコインを消費しなくてもある程度の個数は入手可能。 どうしても買いたいのであれば1480ポケコインで複数の道具がセットになったBOXがあるので、そちらを購入しましょう。 単品で買うよりも圧倒的にお得です。 孵化装置は報酬で手に入る分を使えばOK。 どうしても買いたいならハイパーボックスなどでセット買いしよう。 個体値の厳選 ポケモントレーナーであれば高個体のポケモンを狙うもの。 しかし初心者にとっては高個体のポケモンよりも、CPが高いポケモンが優先です。 理由は下記。 レイドやジム戦での戦力を揃えるのが優先• 高個体でもPL(ポケモンレベル)が低ければ強化に膨大なほしのすなとポケモンのアメが必要になる 初心者の内はレイドやジムで戦えるポケモンを揃えることを優先した方が良いです。 正直、個体値が高かったとしてもポケモンGOの中では誤差にしかならないので、もはや自己満足の世界。 ただしPLも高くて個体値も高いということであれば、優先的にそのポケモンをBOXに残しておいた方が良いでしょう。 育てないとしても価値があるくらい珍しいですからね。 ポイント:個体値が高いポケモンは狙う必要はないが、手に入ったら大切にしよう。 まとめ 本記事では「 ポケモンGOの遊び方がよくわからない人」向けに序盤から「 やった方が良い事」と「 やらなくても良い事」について解説しました。 繰り返しになりますが、優先的にやった方が良いことは下記です。 ジムバトル• 道具BOXの拡張• レイドバトル• タスク• コミュニティデイ 結構ボリューミーな内容でしたが、初心者の人にとってはある程度の指針が示せたかなと思います。 とはいえゲームである以上、 自分が楽しめる方法でプレイするのが一番。

次の