浅田真央 アンチ。 【国民的嫌われ者】浅田真央アンチスレ難民199【日本で私を知らない人っているのかな?】

浅田真央

浅田真央 アンチ

「浅田を批判したり、笑うのがタブーっていう空気の方が怖い」 この発言は、2017年4月14日未明のTBSラジオ番組「ハライチのターン!」で飛び出した。 相方の澤部佑さんが、浅田さんの引退について話を振ると、岩井さんは、 「1回辞めるみたいなことを言ってなかった?グダグダ辞めていったんだね、じゃぁね」 と返した。 あわてた澤部さんが「グダグダ辞めた」事を否定し、「国民のアイドルだよ!」と返すと、 「何、国民のアイドルって?」 と気のない返事をした。 さらにあわてた澤部さんは、そんなことを言うと「炎上」する、と注意したところ、 「しねぇよ、しねぇから言ってんだよ。 察してくれよ」 と語った。 しかしこの発言は様々なメディアで取り上げられる事になり、大きな話題に発展した。 浅田さんは13年4月、翌年のソチオリンピック出場を最後にして引退の意向を表明。 同五輪では、金メダルが期待されたが6位に終わった。 その後、14年3月に日本で行われた世界選手権で4年ぶり3度目の優勝を果たした。 進退についての結論は出ず、14年5月から1年間の休養に入った。 そして15年5月、18年2月に行われる平昌オリンピックを目指すと現役復帰したが国内、海外での結果は出せず、16年12月に行われた全日本選手権で12位に終わり、これが引退を決定付けた。 今回の岩井さんの発言に対し、浅田さんのファンは怒りを露わにし、岩井さんのツイッターへの攻撃が始まり、 「浅田真央はあなたみたいな三流芸人とは比べ物にならないくらいの努力や実績を残してきた方ですよ。 早く謝罪してください」 「お前みたいな無能なゴミが、アスリートをけなすとかありえんわ。 お前は浅田の糞以下の価値しかねーんだよ」 などといったリプライが寄せられ「炎上」するかに思われたが、 「誰しもが思ってることを言っただけ。 気にするなよ」 といった擁護や応援も書き込まれている。 そして、ツイッターや掲示板を見ると、「よくぞ言ってくれた!」という賛同がかなり多いのだ。 「もやもや感じていたことを公に言ってくれた。 浅田を批判したり、笑うのがタブーっていう空気の方が怖い」 「潔さがなかった」 その他にも、 「正論だと思うよ。 岩井の事見なおした。 岩井ありがとね」 「少なくとも浅田をアイドルだと思ったことも、オリンピックで勝てない悲劇のヒロインだと思ったこともない」 「いかに浅田真央にヘイトが集まっていたのかを表している」 などといったことが書き込まれている。 そして、岩井さんの発言は浅田さんに向けたものではなく、異常に浅田さんを持ち上げるメディアや関係者に対する皮肉だと考えている人もいる。 というのも、4月10日の引退発表から12日の記者会見以降にかけネット上で急上昇したワードは「しつこい」「うんざり」だった。 どの局のニュースや情報番組を見ても「電波ジャックかと思われるくらいの横並びっぷり」の放送ばかりだったからだ。 特にNHKが槍玉に挙がっていた。 その割に、テレビ朝日系緊急特別番組「ありがとう!真央ちゃん」(4月11日放送)の平均視聴率が5・7%。 フジテレビ系ドキュメント番組「浅田真央26歳の決断~今夜伝えたいこと~」の平均視聴率は7・3%で、ネット上では「視聴率が核爆死」などと取り沙汰された。 スポーツジャーナリストの菅谷齊さんは4月20日、J-CASTニュースの取材に対し、人気選手は引退を決意したとき、時期とその明快な理由を提示することが重要なのに、 「潔さがなかった」 と指摘した。 それは浅田さんにではなくメディアや関係者に向けたもので、ターニングポイントは3年前のソチオリンピックだったという。 普通に取材しているスポーツ記者ならばあの時点で浅田さんは限界であることを知っていた。 金メダルを獲ると臨んだのに結果は6位。 「負けは負け。 期待に応えられない惨敗だった。 それをメディアは『悲劇のヒロイン』『感動の演技』にすり替えた。 浅田はそのシナリオに乗せられたわけだが、ファンは疑問を抱くようになり気持ちを冷やすこととなった。 それは、スポーツは結果が全てだからです」 と菅谷さんは説明した。 その後、平昌オリンピックを目指すとしたが惨敗が続き、結局は引退を発表。 引退会見も選手が行うようなものではなく、タレントがやるような会見だった。 「国民的アイドルというのは、全国民に夢を見せたり、与えることができる存在を指すのです。 いまの浅田がアイドルだというのなら、アイドルというものの価値はどれだけのものなのか、という気がします。 もちろん浅田の実力、人気、功績というのは誰もが認めるものですが、もう周りが作り上げたアイドル状態になっているため、芸人が言ったような話に賛同する人が増えるのも無理はない話だと思います」 と菅谷さんは話していた。

次の

浅田真央

浅田真央 アンチ

今日もご訪問有り難うございまお ー人ー でわでわ。 ヴィジョンがくっきり見えたのは平昌であるものを目たとき。 サンクスツアーが始まりさらに想いは強くなった。 ツアー2年目の今年… プロジェクトを実行するなら今年だと思う。 でも俺に出来るのだろうか… 多くの方の協力が必要。。。 元四大陸チャンピオン 現四大陸銀メダリストトゥルシンバエワ ロシア選手権シニア1位コンスタンティノワ そうそうたる選手らと共に。 信じられないくらい凄いこと。 去年からの成長を見ているともう😭 — 晴夜 azayakanablue 😭😭😭 — 晴夜 azayakanablue 😭😭😭 『ありがとうございました』って日本語で。 89 2A美 1. 32 FSSp4 3F美 x 1. 70 CCoSp4 StSq4 LSp4 ノーミスオールLv4パーソナルベストおおおおおーーーーー もちろん1位!!! 😭😭😭 — 晴夜 azayakanablue でわでわ。 1プロ。 出来ればフリーで。 俺にステップの概念を変えさせたタラソワによる歴史的プロ!! NAMIE AMURO 日本の至宝。 このアルバムをマドンナが出したら確実に全米No. 1なレベル。 YUJI NAKADA 色気過多につきクラクラ注意!!ナニモカモが好き。 とりあえず泣く。 イメージは新宿東口から二丁目方面の空に広がる朝焼け。

次の

浅田真央

浅田真央 アンチ

の表彰式にて 選手情報 生年月日 1990-09-25 (29歳) 代表国 出生地 姉 163 cm 47 kg B 、 、、 2010- 元コーチ 2008-2010 2006-2008 2000-2006 伊藤朋子 元振付師 樋口美穂子 所属クラブ 週間練習時間 20 開始 1995 引退 2017年4月10日 1 ,, 1 2012—13 1 2006—07 サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 216. 69 78. 66 2014 世界選手権 142. 71 国内競技会成績・シングル 優勝 ,,,,,• 史上初 全7大会の制覇• アジア人初のシングル3回優勝• 女子初• 女子初 1大会で3度のトリプルアクセル成功• 女子初 ショートプログラムでのトリプルアクセル成功• 女子初 同一プログラムで2回トリプルアクセル成功• 女子ジュニア初 国際大会でのトリプルアクセル成功• 国際大会で女子最年長でのトリプルアクセル成功 受賞 獲得メダル 大会 1 位 2 位 3 位 0 1 0 3 1 1 3 2 1 4 2 0 0 0 2 1 1 0 1 0 0 合計 12 7 4 銀 銀 女子シングル 金 女子シングル 金 女子シングル 銅 女子シングル 金 女子シングル 金 女子シングル 銅 女子シングル 金 女子シングル 銀 女子シングル 銀 女子シングル 金 女子シングル 銅 団体 銅 団体 金 女子シングル 銀 女子シングル 銀 女子シングル 金 女子シングル 金 女子シングル 金 女子シングル 金 女子シングル 銀 女子シングル 金 女子シングル 浅田 真央(あさだ まお、:Mao Asada、 - )は、2000年代から2010年代にかけて活躍したの選手(女子)。 主な戦績は、銀メダリスト。 6位入賞。 、、優勝。 優勝4回。 優勝3回。 優勝6回。 シングルの選手で男女を通じ史上初めてを含むグランプリシリーズ全7大会を制覇。 2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させた。 姉はフィギュアスケート選手・の。 アマチュア引退後は、プロスケーター・()などで活動している。 マネージメントは。 人物 生まれ。 、(84回生) 、体育学科卒業。 血液型は。 名前の 真央は、父親が女優ののファンであったことに由来する。 浅田の2005年のGPファイナル優勝とのトリノオリンピック優勝ので、日本はフィギュアスケートブームになった。 尊敬しているフィギュアスケート選手は、。 伊藤の衣装を着用して競技に臨んだこともあり、「みどりさんの衣装を着るといつも調子がいい」と語っていた。 金メダリストのにも憧れの言葉を寄せており 、彼女の演技を見て自分もオリンピックに出たいと思うようになったという。 趣味はと制作。 現役時代、練習中や試合前によく聴いていた曲はの「」。 2005年の世界ジュニア選手権で優勝した時からトイ・プードルを飼いだした。 愛犬の「エアロ」は、のチョコレート菓子「」に由来しており、同製品のイメージキャラにも選ばれた。 による「好きなスポーツ選手ランキング」の女性部門において、2007年 、2009年 、2010年 、2011年 2013年 、2014年で1位 となった。 が行ったアンケート「バンダイこどもアンケートレポート」によると、子供が好きなスポーツ選手として、2009年7月(集計は5月に実施)では総合2位女の子部門1位 、2011年9月(集計は7月に実施)では総合1位 に挙げられている。 技術・演技 浅田のスパイラル ジャンプ やを得意 とし、当時の女子としては希少な3回転アクセルを含む6種類全ての3回転ジャンプを跳ぶことができる選手であった。 小学生のうちから3回転アクセルの練習を始め 、2003年の中部ブロック大会(ノービスA)で3回転アクセル-2回転トウループのコンビネーションに成功。 2006年世界ジュニア選手権で SP に3回転アクセルを取り入れ 、の(フリー)で女子シングル史上初の2度の3回転アクセルに成功。 2010年では、オリンピックの女子シングル史上初めてSPで3回転アクセルを成功させた。 同一競技会でSP、フリーと合わせて3度の3回転アクセルを成功させたのも女子シングル史上初であり、に認定されている。 オリンピックの女子シングルで3回転アクセルを成功させたのは、2020年現在も伊藤みどり、浅田、の3人だけである。 一方でやを苦手 としており、プログラムに取り入れていなかった時期があった。 特にルッツではインサイドエッジから踏み切る癖があり、2007-2008シーズンのルール改定でエッジ判定が厳格になってからは踏切違反を取られることが多かった。 コンビネーションジャンプはセカンド、サードジャンプに得意なループを用いることが多い。 中でも3回転(または3回転ループ)-2回転ループや3回転フリップ(または3回転ループ)-2回転ループ-2回転ループの3連続ジャンプを多く取り入れていた。 を用いたコンビネーションでは2回転アクセル-3回転トウループ、3回転アクセル-2回転トウループを取り入れていた。 3回転フリップ-3回転トウループも2008年世界選手権フリーで成功 させているが以降はプログラムに入れていない。 かつては3回転フリップ-3回転ループを積極的に取り入れており、数々の試合で成功させていたが2008-2009シーズンからセカンドジャンプで回転不足を取られることが多くなり、2009年世界選手権SPでの成功を最後にプログラムから外すようになった。 2013年四大陸選手権から再び取り入れるようになり、中々完璧な成功とはならなかったが、2015年NHK杯SPで久々に成功と認定 された。 ジャンプ以外 しなやかさと力強さを兼ね備え 、現行採点では評価のウエイトが大きい柔軟性を生かしたや、 現在のルールでは技術要素から外されている を行うことができ、高いGOEを獲得することができる。 片手を行うこともできるがレベル認定の規定の二回転を行う前に体勢が崩れてしまい、レベルを取りこぼすことも多く以来しばらくプログラムに取り入れていなかったが、からフリーで用いている。 のレベル4を2007年の日米対抗戦のSP で、またのレベル4をのSPで獲得(2011-2012シーズンからステップのレベル取得の要件が緩和されたが、それ以前にレベル4を獲得していたのは、、、浅田の4人のみ)している。 経歴 ジュニア時代 5歳の時、姉のと共にスケートリンクに遊びに行き、スケートに出会う。 舞と共にコーチが教える名東フィギュアスケートクラブに入会。 当時、同クラブにはも所属していた。 3歳から12歳まではによるのレッスンを受けていた。 スケートを始めたのは、バレエでも使う足首を鍛えるためであった。 競技歴のない母は浅田を強くするために一人で学んだ。 トレーニングの本を購入し、1998年長野五輪を制したタラ・リピンスキーの演技を映像で見て、夜中まで研究した。 母は「素人が何をやっているんだ」という声にも屈しなかった。 2000-2001シーズンからグランプリ東海クラブに所属し、・両コーチに師事。 小学6年生の時に特例で出場したで不完全ながら3回転-3回転-3回転のコンビネーションジャンプ(3回転-3回転-3回転)を跳び 、「天才少女」と呼ばれた。 全日本ノービス選手権では、2000-2001シーズンから2001-2002シーズンまでBクラスで、2002-2003シーズンから2003-2004シーズンまでAクラスで、それぞれ2連覇を達成した。 2004-2005シーズン、で出場した3戦全てで優勝し、ジュニアデビューを飾る。 では女子ジュニア史上初の3回転に成功。 国内ではで初優勝し、シニアクラスのでも3回転アクセルを跳んで2位となった。 でも初出場初優勝を果たした。 2005-2006シーズン、初のシニア国際大会となるで2位、では優勝した。 では世界女王のを破り、日本代表選手として以来2人目の優勝を果たした。 では女子シングル史上初となる2度の3回転アクセルに成功(ISU非公認)したが、他のジャンプにミスがあり2位となった。 GPシリーズの実績から出場を期待する声もあったが 、ISUの定めた「五輪前年の6月30日までに15歳」という年齢制限に87日足りず、代表資格を得られなかった。 連覇が期待されたでもジャンプのミスが響き2位に終わった。 シニア以降 全日本選手権・世界選手権初優勝 2006年夏、コーチをに変更し、米国に拠点を移す。 2006-2007シーズンが開幕すると、で総合得点199. 52点のを叩き出して優勝。 は、フリーのジャンプで2度転倒して2位に終わった。 地元名古屋開催のでは右手小指を骨折しながらも初優勝。 東京開催のはSPで出遅れたが、フリーで当時のISU歴代最高得点を出して銀メダルを獲得した。 で優勝 2007年夏はロシアに渡り、のもとでなどに取り組んで表現力や芸術性の強化をはかった。 2007-2008シーズンのは2戦とも優勝し、3季連続出場のではSP6位から巻き返して2位となった。 のSPで、同シーズンにミスが続いていた3回転フリップ-3回転ループを成功させる。 フリーでは冒頭の3回転アクセルが1回転半になったが、2連覇を達成した。 同年12月、慣れない海外生活での心労 や、5月にのフィギュア専用リンクが完成し、国内で練習に専念できる環境が整ったことを理由に、練習拠点を米国から愛知に戻す。 アルトゥニアンは定期的に来日することになっていたが、四大陸選手権の直前に電話で「責任を持てない」と伝えられたため、師弟関係を解消した。 で初出場初優勝。 だが、この大会後に左足首を傷めてしまう。 コーチ不在のうえ足首の怪我が完治していない状況下で臨んだ では、フリー冒頭の3回転アクセルに入ろうとした所で大きく転倒したものの、その後は落ち着いて演技をまとめ て逆転優勝。 日本人選手5人目の世界女王となった。 バンクーバー五輪で銀メダル獲得 2008-2009シーズンからはタチアナ・タラソワに師事。 苦手なルッツやサルコウをプログラムに入れること、フリーで2度の3回転アクセルを跳ぶこと、フリーの『仮面舞踏会』でこれまでとは違う傾向のプログラムを滑ること、と多くの課題に挑戦した。 シーズン2戦目、NHK杯のフリーで2度の3回転アクセルに挑戦し、2度目が回転不足判定となったものの、他の出場選手に大差をつけて優勝した。 そして、の地元という「完全アウェー」 で開催されたで、国際大会では女子史上初となる2度の3回転アクセルに成功し、3季ぶり2度目の優勝を果たした。 では3連覇を達成。 では、SPで3回転フリップ-3回転ループが認定される一方、3回転ルッツが2回転になり出遅れた。 フリーは再び2度の3回転アクセルに挑んだが、転倒や小さなミスが重なって総合4位となり、シニア国際大会では初めて表彰台を逃した。 はSPで3回転アクセルのコンビネーションに成功、フリーでは2度の3回転アクセルに挑戦(2度目が回転不足判定)し、自身初めて200点を越える総合得点を出して女子シングル1位となった。 このシーズンはジャンプの回転不足が厳しく判定される傾向にあったため、3回転-3回転が成功と見なされないことが多く苦心した。 GPファイナルの優勝後に、視聴者に「浅田選手よりもキム選手のほうが実力が上」と感じさせる報道をした日本のマスコミ(フジテレビ系番組「」、後に不適切な表現であったと謝罪)の評価 がある事を聞いて落ち込み、一時期は練習の意欲を失った。 世界選手権連覇の重圧に苦しむなど、メンタルコントロールの難しさも課題となった。 で銀メダルを獲得 2009-2010シーズンはルッツ、サルコウ、3回転-3回転のコンビネーションジャンプをプログラムに入れず、SP・フリーで計3度の3回転アクセルを決めることに集中する構成を組んだ が、では、3回転アクセルが6回中1回しか成功せず、エリック・ボンパール杯は2位、は5位に終わった。 シニア移行後初めて進出を逃すほどの不調に、国内外のスケート関係者からは「フリープログラムの『鐘』が合っていない。 もっと浅田に合った滑りやすいプログラムに変えるべきではないか」との意見も聞かれた。 では復調を見せ、4連覇を達成してに決定。 韓国で開催されたではフリーで2度の3回転アクセルを成功させ優勝。 なお、この大会で浅田は競技前に妨害予告を受けた と報じられた。 では、オリンピックの女子としては初となるSPでの3回転アクセルに成功し、2位につける。 フリーでも2度の3回転アクセルを成功させるが、後半の3回転フリップが回転不足となりオーバーターン。 また3回転トウループが1回転となってしまった。 それでも2度の3回転アクセルに加え、成功した要素のGOEと演技構成点では高評価を得て自己ベストを更新し、銀メダルを獲得した。 その夜、悔しさを引きずる娘に母は「銀メダルって凄いんだよ」と言い、その言葉があったことで、浅田は結果を受け入れることができた。 では、オリンピック金メダリストの金妍兒を破って2年ぶりに金メダルを獲得。 変革と復調 2010-2011シーズンは6月から9月頃までをジャンプ専門のコーチにつけ6種類全てのジャンプの矯正に取り組む。 9月からコーチに師事し、ジャンプの矯正も続けた。 、では新しく変えたジャンプに苦しみ、2大会とも表彰台に登れず進出を逃した。 1か月後のでは復調し、SP1位、フリー2位の総合2位となる。 ではSPで冒頭の3回転アクセルが着氷に乱れたもののフリーでは成功させ、シーズンベストを大幅に更新し、安藤に次いで2位となった。 連覇のかかったはの影響により1か月先に延期、その間に被災地の惨状を目の当たりにし、「こんな時に大会に行ってもいいのだろうか? 」と練習に身が入らなくなった。 みかねた佐藤コーチから1週間の休養を与えられたが、重要な時期に食が細くなり、いつもより体重が4・5kg減少した。 大会本番では佐藤コーチから3回転アクセル回避を提言されたが、浅田は自分の信念を貫き通した。 結果はショート7位、フリー6位の総合6位に終わった。 ショートプログラムの演技 2011-2012シーズンは初戦ので2位、では日本選手最多となるGPシリーズ8度目の優勝を果たし、3季ぶりに進出を決めた。 だが、カナダでのGPファイナル開幕直前、以前から体調不良だった母親の健康状態が悪化したとの日本からの連絡を受けて帰国、ファイナルを欠場した。 その後母は肝硬変のため死去、48歳没。 浅田はその死の際に間に合わなかった。 母親の葬儀翌日の12月13日から練習を再開し短期間の調整で臨んだでは、2年ぶり5度目の優勝を果たした。 ではSP、フリー共に同シーズン中封印していた3回転アクセルに挑戦したが、どちらも回転不足と判定された。 SPではトップに立ったものの、フリーではルッツやサルコウなどのミスも響き2位となった(ただし総合点ではシーズンベストを更新した)。 ではSP・フリー共に3回転アクセルを含むジャンプのミスが重なり、2年連続の総合6位に留まった。 シーズン終了後にはスケートへの意欲を失い、辞めることも考えたという。 その後、でバレエの指導を受けるなど心身のリフレッシュを図り、8月に入ってから本格的に練習を再開した。 2012-2013シーズンは、とGPシリーズで連勝、だがNHK杯後に疲労から発症した腰痛が悪化してしまう。 腰痛が完治していない状況下で臨んだ では4年ぶり3度目の優勝を果たした。 でも2度目の2連覇と6度目の優勝を果たし、との代表に選出された。 四大陸選手権では、SPで冒頭の3回転アクセルを成功させ、バンクーバーオリンピックでマークした自己ベストに迫る総合205. 45点で3年ぶり3度目の優勝を飾った。 世界選手権はSPで6位と出遅れたが、フリーでは自己ベストを6年ぶりに更新し2位となる。 総合3位で3年ぶりの表彰台に立った。 このシーズンは出場した国際大会と全日本選手権を合わせた6戦中5勝を挙げ、復活を印象づけた。 2013年4月、ソチ冬季オリンピックのシーズンを限りに引退する意向を表明した。 2013-2014シーズン、で優勝。 続くも2連覇、では歴代最多タイ記録となる4度目の優勝を果たした。 ソチ五輪 の浅田 では、団体戦のSPで冒頭の3回転アクセルを失敗し3位。 女子シングルのSPでも3回転アクセルの転倒に加えて3回転フリップの回転不足、またSPの必須要素であるコンビネーションが跳べないなど痛恨のミスを犯し、16位と大きく出遅れてしまう。 演技後のインタビューでは「何もわからない」と放心状態となった。 しかし、翌日のフリーでは冒頭の3回転アクセルを成功。 その後も多少の回転不足はあったものの、全6種類、計8度の3回転ジャンプを大きなミスなく滑り切り、142. 71点と自己ベストを更新し3位となる。 また3回転アクセルは前回のバンクーバーオリンピックでは計3回成功しており、2大会連続の成功は女子で初めての快挙となった。 演技を終えると感無量の表情で涙を浮かべ、歓声に笑顔で答えてリンクを去った。 結果成績はSPの点差が響きメダル獲得にはならず、最終順位は6位入賞となった。 フリー終了後、世界中から寄せられたエールについて「昨日はすごく悔しい思いをして、心配してくださった方もたくさんいると思うんですけど、今日はこうして自分の中で最高の演技をできたので、恩返しができたと思います」と答えた。 自国・で開催のではSPで完璧な演技を披露して78. 66点をマーク、歴代最高得点を更新する演技で首位に立った。 FSでも首位を守り総合では自己ベストを大きく更新し216. 69点で4年ぶり3度目の優勝を果たした。 世界選手権の3回制覇は、日本男女シングル通じて最多となった。 今後の去就については、集大成と位置付けて臨んだ2月のシーズンを終えても、進退についてなかなか結論が出せずにいたが、2014年5月19日に2014-2015シーズンの全試合出場を見送り、1年間競技生活の休養を発表した。 その後は現役続行の可能性について「ハーフハーフ」と話し、引退するかどうかは、休養期間中にゆっくり決める予定であるとしていた。 競技復帰へ 2015年5月18日、公式ブログにおいて、現役続行の意思を明らかにした。 2015-2016シーズン、で競技復帰し、141. 70点という高得点をマークして女子1位となる。 復帰戦となるを優勝で飾り、では3位となりに進出するもグランプリファイナルでの出来はSPで3位、FSで6位と芳しくなく総合では最下位の6位に留まった。 フリー当日は体調を崩しており、フリー演技後に医師の診察を受けた結果「胃腸炎」と診断され、出場が予定されていたエキシビジョンをキャンセルし緊急帰国した。 ではSPで5位と出遅れるも、フリーで苦手の3回転ルッツをクリーンに成功させ3位となりに並ぶ、11個目のメダルを獲得した。 との代表に選出されたが、世界選手権に集中するために、四大陸選手権は辞退した。 2季ぶりの出場となった世界選手権では、シーズンベストを記録し、7位に入った。 2016-2017シーズン、グランプリシリーズのスケートアメリカで6位、フランス杯では9位と不振続きで、3回転アクセルの解禁も全日本選手権まで遅れた。 全日本選手権では3回転アクセルを解禁して臨んだが、SPでは1回転となり8位と出遅れ、フリーでは転倒。 その後3回転ルッツを成功させるものの、その他ではミスが目立って12位となり世界選手権代表を逃した。 現役引退 2017年4月10日夜、競技選手としての現役引退をブログで表明し 、同12日にで引退会見を開いた。 プロスケーターとしての1歩として、アマチュア時代の夏から毎年開催出演するアイスショー「」の大阪公演(~、)および愛知公演(~、)に出演した。 国民栄誉賞への言及 は、「(浅田さんは)国民栄誉賞に値する選手だと思う」と述べている。 菅義偉官房長官は、記者会見で国民栄誉賞を授与するかについて「引退を表明したばかりなので具体的な検討はしていない」としたが、「多くの国民が活躍をたたえてきたことは事実だ」と述べている。 記録 スコア:• 女子ショートプログラムスコア世界記録 ( 78. 66)、 2014年世界選手権 (2016年が更新)• 女子2人目となるISU大会での200点超え• 女子フリースコア世界記録更新(133. 13)、 2007年世界選手権 (2007年が更新)• 女子合計スコア世界記録更新 (199. 52)、 2006年NHK杯 (2009年金妍児が更新)• 女子ジュニアフリースコア世界記録更新 (119. 13)、 2005年世界ジュニア選手権(2012年が更新)• 女子ジュニア合計スコア世界記録更新 (179. 24)、 2005年世界ジュニア選手権(2012年ユリア・リプニツカヤが更新) トリプルアクセル:• 国際大会でのトリプルアクセル成功最年少記録(14歳70日、2016年が14歳66日で更新)• 国際大会でのトリプルアクセル成功最年長記録(25歳)• 女子5人目となる国際大会でのトリプルアクセル成功 (2004年ジュニアグランプリファイナル)• 女子ジュニア初となる国際大会でのトリプルアクセル成功 (2004年ジュニアグランプリファイナル)• 女子初となる世界ジュニア選手権でのトリプルアクセル成功• 女子初となる1大会で3度のトリプルアクセル成功 (2010年 バンクーバーオリンピック)• 女子初となる冬季オリンピックショートプログラムでのトリプルアクセル成功• 女子初となる同じプログラムで2回トリプルアクセル成功 (2008年 グランプリファイナル) 他記録:• アジア人初の世界選手権シングル3回優勝• 史上初となるグランプリサーキット現7大会シングルすべて優勝• 女子初となる達成• 歴代3位 グランプリシリーズシングル通算15回優勝• グランプリファイナル優勝4回シングル最多タイ記録• 四大陸選手権優勝3回シングル最多タイ記録 主な戦績 マークが付いている大会はISU公認の国際大会。 32 12 114. 10 12 174. 42 2016年11月10日-13日 () 8 61. 29 10 100. 10 9 161. 39 2016年10月22日-24日 () 5 64. 17 6 112. 61 6 176. 78 2016年10月6日-9日 () 2 64. 87 2 121. 29 2 186. 16 金メダル 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年3月24日-30日 () 1 78. 66 1 138. 03 1 216. 69 2014年2月6日-22日 () 16 55. 51 3 142. 71 6 198. 22 2014年2月6日-22日 団体戦() 3 64. 07 - 5 団体 2013年12月20日-23日 () 1 73. 01 3 126. 49 3 199. 50 2013年12月5日-8日 () 1 72. 36 1 131. 66 1 204. 02 2013年11月8日-10日 () 1 71. 26 1 136. 33 1 207. 59 2013年10月18日-20日 () 1 73. 18 1 131. 37 1 204. 55 2013年10月5日-日 () - 1 135. 16 1 団体 金メダル 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年4月11日-14日 () 5 59. 39 5 117. 97 5 177. 36 2013年3月10日-17日 () 6 62. 10 2 134. 37 3 196. 47 2013年2月8日-11日 () 1 74. 49 1 130. 96 1 205. 45 2012年12月20日-24日 () 2 62. 81 1 130. 75 1 193. 56 2012年12月6日-9日 () 1 66. 96 1 129. 84 1 196. 80 2012年11月23日-25日 () 1 67. 95 2 117. 32 1 185. 27 2012年11月2日-4日 () 2 62. 89 1 118. 87 1 181. 76 2012年10月6日-日 () - 2 122. 04 1 団体 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2012年3月26日-4月1日 () 4 59. 49 6 105. 03 6 164. 52 2012年2月7日-12日 () 1 64. 25 2 124. 37 2 188. 62 2011年12月23日-26日 () 2 65. 40 2 118. 67 1 184. 07 2011年11月25日-27日 () 1 64. 29 1 118. 96 1 183. 25 2011年11月10日-13日 () 3 58. 42 1 125. 77 2 184. 19 銀メダル 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年3月22日-28日 () 2 68. 08 2 129. 50 1 197. 58 2010年2月14日-27日 () 2 73. 78 2 131. 72 2 205. 50 2010年1月27日-30日 () 3 57. 22 1 126. 74 1 183. 96 2009年12月25日-27日 () 1 69. 12 1 135. 50 1 204. 62 2009年10月22日-25日 () 6 51. 94 5 98. 34 5 150. 28 2009年10月15日-18日 () 3 58. 96 2 115. 03 2 173. 99 2009年10月3日-日 () - 3 102. 94 3 団体 金メダル 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年4月16日-18日 () 1 75. 84 1 126. 03 1 201. 87 2009年3月23日-29日 () 3 66. 06 4 122. 03 4 188. 09 2009年2月2日-8日 () 6 57. 86 1 118. 66 3 176. 52 2008年12月25日-27日 () 2 65. 30 2 117. 15 1 182. 45 2008年12月10日-14日 () 2 65. 38 1 123. 17 1 188. 55 2008年11月27日-30日 () 1 64. 64 1 126. 49 1 191. 13 2008年11月13日-16日 () 2 58. 12 2 109. 47 2 167. 59 銀メダル 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2008年4月20日-日 () - 1 128. 03 1 団体 2008年3月17日-23日 () 2 64. 10 2 121. 46 1 185. 56 2008年2月11日-17日 () 1 60. 94 1 132. 31 1 193. 25 2007年12月26日-28日 () 1 72. 92 2 132. 41 1 205. 33 2007年12月13日-16日 () 6 59. 04 1 132. 55 2 191. 59 2007年11月15日-18日 () 1 56. 90 1 122. 90 1 179. 80 2007年11月1日-4日 () 3 58. 08 1 119. 58 1 177. 66 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年4月29日-日 () - 4 101. 47 1 団体 2007年3月19日-25日 () 5 61. 32 1 133. 13 2 194. 45 2006年12月27日-29日 () 1 71. 14 1 140. 62 1 211. 76 2006年12月14日-17日 () 1 69. 34 4 103. 18 2 172. 52 2006年11月30日-12月3日 () 1 69. 50 1 130. 02 1 199. 52 2006年10月26日-29日 () 1 68. 84 4 102. 39 3 171. 23 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2006年5月14日-日 () - - - 1 団体 2006年3月6日-12日 () 1 113. 58 2 56. 10 2 97. 25 2 153. 35 2005年12月23日-25日 () - 3 66. 64 3 121. 46 2 188. 10 2005年12月16日-18日 () - 1 64. 38 1 125. 24 1 189. 62 2005年11月17日-20日 () - 1 63. 96 1 118. 46 1 182. 42 2005年11月3日-6日 () - 2 62. 92 2 113. 68 2 176. 60 2004-2005 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2005年2月28日-3月6日 () 1 112. 32 1 60. 11 1 119. 13 1 179. 24 2004年12月24日-26日 () - 4 60. 46 2 106. 36 2 166. 82 2004年12月2日-5日 () - 1 57. 91 1 114. 92 1 172. 83 2004年11月20日-21日 第73回() - 1 54. 56 1 117. 57 1 172. 13 2004年9月30日-10月3日 () - 1 56. 24 1 86. 75 1 142. 99 2004年9月9日-12日 () - 1 50. 14 1 87. 88 1 138. 02 2000-2004 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2003年12月25日-26日 () 6 8 8 2003年11月22日-23日 第72回() 4 4 4 2002年12月20日-22日 () 9 7 7 2002年11月23日-24日 第71回() 3 4 4 2001年11月23日-24日 第70回() 8 6 6 プログラム使用曲 シーズン SP FS EX 2016-2017 バレエ音楽『』より Danza Ritual del fuego 作曲: 振付: バレエ音楽『恋は魔術師』より En la cueva - La noche Pantomime El aparecido 作曲:マヌエル・デ・ファリャ 振付:ローリー・ニコル 作曲: 振付:ローリー・ニコル 2015-2016 振付:ローリー・ニコル 歌劇『』より 作曲: 振付:ローリー・ニコル 踊るリッツの夜 作曲: 振付:ローリー・ニコル 2013-2014 作曲: 振付:ローリー・ニコル 作曲: 振付: 作曲: 作曲:ジョージ・デヴィッド・ワイス ボーカル:イマ 振付:ローリー・ニコル 2012-2013 作曲: 振付:ローリー・ニコル 作曲: 振付:タチアナ・タラソワ ミュージカル映画『』より 作曲: 振付:ローリー・ニコル 2011-2012 作曲: 振付:タチアナ・タラソワ 作曲: 振付:ローリー・ニコル I Vow to Thee My Country 唄: 振付:ローリー・ニコル 作曲:フレデリック・ショパン 演奏: 振付:タチアナ・タラソワ 2010-2011 タンゴ 作曲: 振付:タチアナ・タラソワ 作曲:フレデリック・ショパン 振付:タチアナ・タラソワ 2009-2010 作曲: 振付:タチアナ・タラソワ 作曲: 振付:タチアナ・タラソワ 作曲: 振付:タチアナ・タラソワ 2008-2009 作曲: 振付:ローリー・ニコル 仮面舞踏会 作曲:アラム・ハチャトゥリアン 振付:タチアナ・タラソワ 作曲: パジャドーラ 作曲:フリアン・プラサ 振付:タチアナ・タラソワ 作曲: 振付:ローリー・ニコル 2007-2008 ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア 映画『』より 作曲: 演奏: 振付:タチアナ・タラソワ 作曲:フレデリック・ショパン 振付:ローリー・ニコル ソー・ディープ・イズ・ザ・ナイト ボーカル:レスリー・ギャレット 振付:ローリー・ニコル 2006-2007 ノクターン 第2番変ホ長調 作品9の2 作曲:フレデリック・ショパン 振付:ローリー・ニコル 作曲: 振付:ローリー・ニコル 歌劇『』より 作曲: ボーカル: 振付:ローリー・ニコル 映画『』より 作曲:ハロルド・アーレン ボーカル:エヴァ・キャシディ 振付:ローリー・ニコル 2005-2006 歌劇『カルメン』より 作曲:ジョルジュ・ビゼー 振付:、 スノーダンス 振付: 作曲:ピョートル・チャイコフスキー 振付:ローリー・ニコル 虹の彼方に 映画『オズの魔法使い』より 作曲:ハロルド・アーレン ボーカル:エヴァ・キャシディ 振付:ローリー・ニコル 2004-2005 虹の彼方に 映画『オズの魔法使い』より 作曲:ハロルド・アーレン 振付:リー=アン・ミラー 風変わりな店 作曲:、 振付:リー=アン・ミラー ピック・ユアセルフ・アップ ミュージカル映画『スイング・タイム』より 作曲: ボーカル: 振付:山田満知子、樋口美穂子 2003-2004 オーケストラ組曲「」 作曲:クリフ・エイデルマン 振付:山田満知子、樋口美穂子 ワルツ・スケルツォ ハ長調Op. 2004年度 新人賞• 2007年度 最優秀賞• 2009年度 最優秀賞 日本スケート連盟• 2013年度JOC杯• 2016年度特別表彰 行政• 2005年国際競技大会優秀者表彰()• 2007年国際競技大会優秀者表彰(文部科学省)• 2008年国際競技大会スポーツ功労者顕彰(文部科学省)• 名古屋市スポーツ功労賞• 愛知県スポーツ功労賞• 愛知県県民栄誉賞 マスコミ• 第20回中日体育賞(2005年)• 第40回(2005年)• 第43回,第45回,第47回,第48回,第49回ビッグスポーツ特別賞(2008年,2010年,2012年,2013年,2014年)• 第43回テレビ朝日スポーツ放送大賞(2008年)• 第52回ビッグスポーツ特別功労賞(2017年)• 第55回 奨励賞(2005年)• 2008年度• 東京運動記者クラブ 2009年度、2013年度スケーター・オブ・ザ・イヤー 雑誌• 2017年()• 2018() 協会• 2017年度第65回()• 2019年度第20回(日本フォーマル協会)• 2020年度第31回(日本ジュエリー協会) Sports nifty フィギュアスケートアワード• 2007 コスチューム・オブ・ザ・イヤー ショートプログラム『ノクターン』• 2008 フィギュアスケーター・オブ・ザ・イヤー• 2008 コスチューム・オブ・ザ・イヤー フリープログラム『幻想即興曲』(四大陸&世界選手権バージョン)• 2009 フィギュアスケーター・オブ・ザ・イヤー• (2007、2008、2010 - 2016) 日本の興行会社による国内公演• (2006、2008、2010 - 2014)• (2007 - 2017)• (2014)• 浅田真央サンクスツアー(2018 - 2020) 海外の興行会社による海外公演 テレビ出演 バラエティー番組のゲスト出演等は除く。 誓い〜一番大切な約束〜(2008年8月30日)アイスショー「」で義手のヴァイオリン少女が演奏する「」に乗せて演技する模様が放送された。 ありがとう〜今、あの人に伝えたい〜(2010年8月22日)アイスショー「THE ICE」で右半身の少女と競演する模様が放送された。 人と人〜ともに新たな時代へ〜(2019年8月24 - 25日) - チャリティーパーソナリティー• 秋の1時間スペシャル(2008年10月24日、、第2期) - 本人役(声の出演)• (2009年4月19日 - 2010年3月28日、)• 真央が行く!(、でも再放送)• 熊本編(2018年7月24日)• 北海道編(2018年12月16日)• 真央が行く!年末スペシャル(2018年12月31日、NHK総合)• 大阪編~シッティングバレー&アーチェリー~(2019年5月3日)• 岐阜編~競泳&ゴールボール~(2019年7月30日)• 東北編~車いすバスケットボール&やり投げ~(2019年12月7日)• 福岡編~車いすラグビー&パラ柔道~(2020年3月20日) ラジオ出演• (2015年3月2日 - 6月29日、) - パーソナリティ 番組枠は姉の浅田舞が引き継ぐこととなった(「」)。 CM出演• (2006年 - )• 「ネピア プレミアムソフト ティシュ」• 「ネピア プレミアムソフト トイレットロール」• 「鼻セレブ」• 「ウェットントン」• 「トイレットン」• 「朝のフレッシュ」(2006年 - )• 「」(2006年)• 「大豆ノススメ」(2006年)• 「エアロボックス」(2006年 - )• 「電動歯ブラシ」(2007年 - )• 「カラダスキャン」(2007年 - )• 「歩数計」(2010年)• 「」(2008年 - 2011年)• (2008年 - )• 「」(2008年 - )• 「クリミオ」(2008年 - 2009年)• 「」(2009年 - 2016年)• 「」(2010年)• 「」(2011年)• 「デュアル」(2012年)• 「ストナ」(2010年 - )• 「ストナリニS」(2011年 - )• 「ストナリニZ」(2011年 - )• 「ナザール」(2017年 - )• 「」(2018年 - )• 「エアウィーヴ」(2011年 - )• (2013年 - )• 「浅田真央応援プロジェクト」(2013年 - 2014年)• 「ヤングジャパンアクション」(2014年 - 2015年)• 「好きこそ、無敵。 」(2016年 - )• アルソア「アルソアクイーンシルバー」(2015年 - )• 「アサヒスタイルバランス」(2015年 - )• 「ECCジュニア開設者募集」(2015年 - )• ウォーターサーバー「Kirala」(2017年 - ) - 愛知県、岐阜県、三重県限定• にいがた「新潟米コシヒカリ」(2017年 - )• 「おやつタウン」(2019年 - )• (2019年 - )• 「トリプルヨーグルト」(2020年 - ) スポンサー(五十音順)• アルソア化粧品• 新潟米コシヒカリ• 雑誌連載• 「私のスケート愛」(隔号)(、2018年3月15日 - )• 「おうちごはん1年生」(、2020年3月2日 - ) 公的活動• 2006年3月31日、で行われた対の開幕戦で舞とともに始球式を務めた。 「」の曲をバックに特注のコスチュームで登場し、捕手に投球。 野球観戦は初めてだったそうで再登板を希望していた。 2007年4月6日、姉の舞と日本とカナダの観光での交流を推進する「日加観光親善大使」に任命され、国土交通相とジョセフ・キャロン駐日カナダ大使と共に記者会見を開いた。 2010年4月15日、に招待され、、と懇談した。 懇談後、記者に「お会いできてすごく光栄でした。 本当に優しい方だと思いました」と感想を述べた。 2010年4月23日、に招待され、当時のと初対面し、地方自治体などの財源縮小で場が減り続けている現状などを訴えた。 関連作品 書籍• 浅田真央、15歳(、2006年)-• 浅田真央、16歳(文藝春秋、2007年)-• 浅田真央、17歳(文藝春秋、2008年)-• 浅田真央、18歳(文藝春秋、2009年)-• 真央らしく(、2009年)-• 浅田真央 奇跡 ミラクル の軌跡〜ファースト・フォトブック(、2010年)-• 浅田真央公式写真集 MAO(、2010年)-• 浅田真央物語 Princess Mao(、2010年)-• 浅田真央 さらなる高みへ(、2011年)-• 浅田真央、20歳への階段(文藝春秋、2011年)-• 浅田真央 Book for Charity(学研教育出版、2011年)-• 浅田真央 美しく舞う言葉 (、2012年11月18日)-• 浅田真央 そして、その瞬間へ (、2013年10月22日)-• 浅田真央 age 18-20 (文藝春秋、2013年12月4日)-• 浅田真央 夢の軌跡〜ドリームのきせき〜 (新書館、2013年12月26日)-• 浅田真央 希望の軌跡 (新書館、2017年8月12日)-• 浅田真央 私のスケート人生 (新書館、2017年12月15日)-• 浅田真央 オフィシャルフォトエッセイ また、この場所で (、2018年5月2日)-• 浅田真央 スケーティング・ミュージック 2011-12(EMI Music Japan、2011年11月9日)• 浅田真央 スケーティング・ミュージック 2012-13(EMI Music Japan、2012年12月19日)• 浅田真央 スケーティング・ミュージック 2013-14(、2013年10月2日)• 浅田真央 スケーティング・ミュージック 2015-16(DVD付属)(ユニバーサルミュージック、2015年11月25日)• ジュピター ~未来への光~(LIBERA RECORDS、2016年2月17日) DVD• 浅田真央 20歳になった氷上の妖精(、2011年3月16日)• 浅田真央 Smile ~氷上の妖精10年の軌跡~(ポニーキャニオン、2014年4月16日)• All History 浅田真央 ~花は咲き星は輝く 浅田舞・浅田真央姉妹11年間密着~(ポニーキャニオン、2014年4月16日)• 『Smile Forever』~美しき氷上の妖精~(ポニーキャニオン、2017年10月4日)• 浅田真央 チャリティーBlu-ray&DVD『祈り』(ポニーキャニオン、2018年4月18日)• 浅田真央 サンクスツアー Blu-ray&DVD(ポニーキャニオン、2020年4月1日) 著書の発売中止 2月8日に発売予定であった「大丈夫、きっと明日はできる」(浅田真央著 佐藤雅美著)が浅田の意向により発売中止となった。 予定されていたエッセーは209ページにわたり、のでを獲得した以降の生活などを綴ったもので、書店からは10万部以上の予約が入っていたという。 ところが、浅田は12月に母を亡くした事を踏まえ、自身ので「本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められたところがあり、出版を中止させていただくことになりました」と報告している。 発売を予定していたの広報では、宣伝告知ポスターに浅田の写真と『ママ、ほんとうにありがとう』という母の死を強調する様なメッセージが添えられていた事が問題だったのでは無いかと言う見解を示した。 また浅田のマネジメント会社では、浅田が出版社側の宣伝方法に不信感を抱き、年明けには出版中止の意向を固めたとの説明をしている。 これについて出版社であるポプラ社のウェブサイトでは、「この本は約1年以上前から企画していたもの」と前置きした上で「一部宣伝方法に著者ご本人の意にそぐわない部分がございましたので、誠に勝手ながら発売を中止させていただきたいと思います。 」と読者に向けて謝罪文を公表した。 尚、ポプラ社の広報では、出版中止に伴う損害賠償については、その意向を否定し「今後も真央さんのご活躍を心から願っています」と表明している。 またNEWSポストセブンでは、母を亡くした直後にポプラ社へ発売延期を申し入れたが断られた事、その3週間後に「真央ならできる! 」と、本文から遺言の如く引用した広告を出した事に対し、「ママの死を売り物にするようなことは絶対にやめてほしい」と関係者に洩らしていた事、そして追い討ちの如く「ママ、ほんとうにありがとう。 何度、ありがとうと言っても足りません」と、本の引用ではない宣伝用の言葉が用いられた事の3つの要因による決断であるとの、フィギュア関係者の見解を紹介した。 関連項目• - 2017年3月、リカちゃん誕生50周年にあたり、コラボレーション商品『浅田真央・リカちゃん人形セット(記念フレーム切手セット付)』を発売。 2013年 - 2014年シーズンのフリープログラムで着用した青い衣装を浅田自らが監修したものをリカちゃんの衣装として再現した。 com(日刊スポーツ新聞社)• 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック』実業之日本社、2004年11月、p. 2014年2月27日, at the. 東京新聞 2010年3月2日• 2013年10月23日, at the. 『産経ニュース』2013年10月21日• 2010年2月27日. の2010年3月2日時点におけるアーカイブ。 2012年1月6日閲覧。 『ワールド・フィギュアスケート 36』新書館、2009年2月、p. 『』2014年2月17日• 著『日本フィギュアスケート 氷上のアーティストたち』日本経済新聞社、2005年11月、p. 163• 著『浅田真央、15歳』文藝春秋、2006年4月、p. 『浅田真央、15歳』p. 120• 2012年6月6日, at the. 『』2013年12月20日• livedoorスポーツ、2007年7月27日配信。 PDF プレスリリース , , 2009年7月 , 2011年11月29日閲覧。 PDF プレスリリース , バンダイ, 2011年9月 , 2011年11月29日閲覧。 2014年2月20日配信。 、、2019年4月26日配信。 著『Stay Gold フィギュアスケート編』ナナ・コーポレート・コミュニケーション、2003年4月、p. 201• 『little wings 新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔』双葉社、2003年12月、p. 118• (2006年9月3日時点の)• 『WFS36』p. - 時事通信、2010年4月11日、2010年4月11日閲覧。 [ ]• 『フィギュアスケートファンブック!2014』宝島社、2014年1月、p. 6を受けた。 これはスパイラルシークエンスとしては最高加点となっている。 2015年9月24日, at the. 『浅田真央、15歳』p. 36, p. 120• 「トップ選手 こぞって導入 美技の秘密はバレエ」『東京新聞』11版S、2010年2月25日、26面• 『素直な心が才能を伸ばす! 』 p. 『パーフェクトプログラム』p. 『little wings』p. 118• 『素直な心が才能を伸ばす! 』 p. 『素直な心が才能を伸ばす! 』 p. 当時の日本の総理大臣である小泉純一郎も「出場すべき」と述べたが、外務大臣で五輪出場経験もあるは「ルールで決まっているのだから特例にしろというのはおかしい」とこれに反対• 『パーフェクトプログラム』p. 山田満知子は2005-2006シーズン終了時に浅田姉妹を手放す決意をしたという。 理由は山田の体調不良と、国内のフィギュアスケート人気の高まりにともなう練習環境の悪化とされる。 田村明子著『パーフェクトプログラム 日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』新潮社、2010年3月、p. 『素直な心が才能を伸ばす! 』 p. 「浅田真央 奇跡の軌跡」p68• 「浅田真央 奇跡の軌跡」p68• 『キャラクターブック 2008-2009』pp. 5-6• 『パーフェクトプログラム』p. 70-71• 2008年12月18日14時29分 ナリナリドットコム• 『パーフェクトプログラム』p. 210• 『パーフェクトプログラム』p. 74, p. セカンドの2Tは回転不足と判定された• 韓国のネット上では「演技直前に奇声を発し」たり「サイン攻め」にして浅田を妨害しよう、と呼びかける書き込みが相次ぎ、大会主催者がボディーガードを付ける事態となった。 『スポーツ報知』2010年1月27日(2010年1月29日時点の)• 2011年4月30日. の2011年5月3日時点におけるアーカイブ。 2011年11月25日閲覧。 サンケイスポーツ. 2011年5月1日. 2011年11月25日閲覧。 MSN産経ニュース 産経新聞. 2011年11月9日. の2011年12月9日時点におけるアーカイブ。 2011年12月10日閲覧。 デイリースポーツ. 2011年12月25日. の2011年12月25日時点におけるアーカイブ。 2011年12月25日閲覧。 『中日スポーツ』2012年11月4日より• MSN産経ニュース 産経新聞. 2012年12月9日. の2013年4月7日時点におけるアーカイブ。 2013年3月2日閲覧。 毎日新聞 毎日jp. 2013年3月17日. の2013年3月23日時点におけるアーカイブ。 2013年3月17日閲覧。 毎日jp 毎日新聞社. 2013年4月14日. の2013年4月17日時点におけるアーカイブ。 2013年4月14日閲覧。 2013年10月23日, at the. 『産経ニュース』2013年10月21日• 『聖教新聞』10月22日第11面• 『時事通信』2014年2月21日• 『』2014年2月21日• 2014年5月5日, at the. 『』2014年3月29日• 『』2014年5月19日• デイリースポーツ online 2015年5月18日. 2015年5月18日閲覧。 2015年10月4日. 2015年10月4日閲覧。 2015年12月15日, at the. 日刊スポーツ、2015年12月13日• 2016年4月15日, at the. 日刊スポーツ、2016年4月4日• [ ] zakzak 2016年12月24日• 日刊スポーツ 2016年12月24日• sanspo 2016年12月26日• スポーツ報知 報知新聞社. 2017年4月10日. 2017年4月10日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2017年4月10日. 2017年4月10日閲覧。 日本経済新聞電子版 日本経済新聞社. 2017年4月10日. 2017年4月11日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年4月13日. 2017年4月13日閲覧。 東京スポーツ. 2017年4月12日. 2017年4月13日閲覧。 ログミー. 2017年4月12日. 2017年4月13日閲覧。 THE PAGE. 2017年4月12日. の2017年4月13日時点におけるアーカイブ。 2017年4月13日閲覧。 産経新聞電子版 産経新聞社. 2017年4月12日. 2017年4月12日閲覧。 ISU Results. International Skating Union 2014年3月29日. 2014年4月9日閲覧。 Golden Skate. 2014年4月11日閲覧。 ISU Results. International Skating Union 2014年3月29日. 2014年4月9日閲覧。 2010年2月25日. 2014年4月13日閲覧。 Chicago Tribune. 2010年2月24日. 2014年3月22日閲覧。 Europe on Ice 2010年2月24日. 2014年3月22日閲覧。 World Figure Skating. 2013年10月21日. 2014年4月16日閲覧。 Rutherford, Lynn 2013年10月20日. Icenetwork. com. 2014年4月10日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2016年6月26日. 2019年11月5日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2015年6月29日. 2019年11月5日閲覧。 47NEWS 株式会社全国新聞ネット. 2013年5月31日. の2013年6月9日時点におけるアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2013年5月31日. の2013年5月31日時点におけるアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 『フィギュアスケートDays Plus 2009-2010女子シングル読本』ダイエックス出版 2009年9月、pp. 26-27• フリープログラムを制作する際、タラソワは「鐘」と「愛の夢」を候補に挙げ、浅田が「鐘」を選択した。 『パーフェクトプログラム』pp. 78-80• もともとSPにする予定だったが、「しっくりこなかった」ためEXにした。 『フィギュアスケートDays Plus 2009-2010女子シングル読本』pp. 4-7、文・野口美恵• 『キャラクターブック 2008-2009』pp. 7-8• 『2008-2009女子シングル読本』pp. 7-11• 『ファンブック2009』p. Sports nifty. nifty 2005年5月22日. 2005年5月25日時点のよりアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 野辺山合宿後に変更したため、競技会では滑っていない。 135• 日本経済新聞電子版 日本経済新聞社. 2017年4月28日. 2017年4月28日閲覧。 日本経済新聞電子版 日本経済新聞社. 2017年4月23日. 2017年4月23日閲覧。 Number Web 2017年12月17日. 2020年4月7日閲覧。 GQ JAPAN 2018年11月21日. 2019年6月15日閲覧。 2017年10月12日. 2019年11月4日閲覧。 2019年10月24日. 2019年11月4日閲覧。 2020年1月22日. 2020年1月23日閲覧。 ORICON NEWS 2019年6月15日. 2020年4月7日閲覧。 、2014年2月5日閲覧• ネピア. 2020年4月7日閲覧。 2018年12月14日. 2020年2月8日閲覧。 2015年6月23日. 2015年6月23日閲覧。 2015年8月18日. 2015年8月19日閲覧。 ウォーターサーバー「キララ」オフィシャルサイト. 株式会社MTG 2017年4月25日. 2017年4月25日閲覧。 日本経済新聞. 日本経済新聞社 2019年7月3日. 2019年7月30日閲覧。 CHUNICHI Web 中日新聞社. 2019年11月5日. 2019年11月5日閲覧。 music. jp 2020年3月19日. 2020年3月31日閲覧。 Number Web 2019年1月15日. 2020年4月7日閲覧。 アットプレス 2020年2月28日. 2020年4月7日閲覧。 MSN産経ニュース(). 2010年4月15日. の2010年4月17日時点におけるアーカイブ。 2010年4月15日閲覧。 SANSPO. COM(サンケイスポーツ). 2010年4月24日. の2010年4月26日時点におけるアーカイブ。 2010年4月24日閲覧。 47NEWS. 共同通信 株式会社全国新聞ネット. 2012年1月12日. の2012年1月13日時点におけるアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 ZAKZAK 産経デジタル. 2012年1月13日. の2012年1月15日時点におけるアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 ポプラ社 2012年1月12日. 2012年1月12日時点のよりアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞. 2012年1月13日. の2012年1月15日時点におけるアーカイブ。 2019年11月5日閲覧。 NEWSポストセブン 小学館. 2012年1月20日. 2019年11月5日閲覧。 J-CASTトレンド 2017年3月23日. 2017年3月23日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• maoasada2509 - 1906-1907:• 1908-1911:• 1912-1914:• 1922-1926:• 1927-1936:• 1937:• 1938-1939:• 1947-1948:• 1949-1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956-1960:• 1962-1964:• 1965:• 1966-1968:• 1969-1970:• 1971-1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1985:• 1986:• 1987-1988:• 1989:• 1990:• 1991-1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:• 2018:• 2019: 1934:• 1935:• 1936-1940:• 1946:• 1947:• 1950:• 1952:• 1953-1954:• 1955-1958:• 1959:• 1960:• 1961-1965:• 1966-1967:• 1968-1971:• 1972-1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1991:• 1992-1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997-1998:• 1999:• 2000-2002:• 2003-2004:• 2005:• 2006-2009:• 2010:• 2011-2012:• 2013:• 2014-2017:• 2018:• 女子シングル• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018-2019: 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984-1985:• 1986-1987:• 1988-1991:• 1992-1993:• 1994-1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 1980: 非開催• 1981:• 1982:• 1983:• 1984: 非開催• 1985:• 1986:• 1987: 非開催• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995-1997:• 1998:• 1999-2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008-2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 1975:• 1976:•

次の