ドッカン バトル パンチ マシン 攻略 パーティー。 【ドッカンバトル】パンチマシンの攻略とおすすめパーティ編成

【ドッカンバトル】『DOKKANと叩け! パンチマシン!』攻略情報。7777万・9999万ダメージの与え方

ドッカン バトル パンチ マシン 攻略 パーティー

日頃育てたキャラクターたちの力試しにもってこいのイベントだ。 逆に言うと高レア高性能な戦士がいないとまともにクリアできない戦いでもあるが…。 ルール ・ステージは3つ 【龍石ステージ】【潜在能力玉ステージ】【ゼニーステージ】の3つに分かれており、それぞれ与ダメージミッションが設定されている。 ・バトルは2ターン 行動できるキャラクターは6体。 1体は行動させることができないので無駄になってしまう。 通常のバトルと同じく、行動キャラクターは開始時にランダム。 ・サポートアイテム使用不可能 ステージ1~3のみの条件 挑戦する場合は【サポートアイテムを外さなければならない】。 制限イベントではアイテム所持してても使えない状態にできているはずだが…? ・ アックマン使用不可能 極低確率ではあるが、ATK10000倍のパッシブスキルを持つアックマンを使うことはできない。 出禁である。 発動しさえすればATK1億を余裕で超えるので仕方ない。 ・計測は一撃の最大ダメージ 計測するダメージは2ターンの間に出した「1回のダメージ量」。 連続攻撃での連続ダメージなどは計測の対象にならず、純粋に【一撃のダメージ】を重視する。 編成 一撃を重視した『 メンバー1体の火力を最大限発揮できる状態を作る』ということをコンセプトにするのが一番重要。 他のパーティメンバー4体は基本的に サポート重視。 気玉変化で盤上の気玉を一色染めしたり、ATKサポートパッシブスキル、リンクスキルなどアタッカーのための編成を組もう。

次の

【ドッカンバトル】パンチマシンの攻略とおすすめパーティ編成

ドッカン バトル パンチ マシン 攻略 パーティー

常設イベント『DOKKANと叩け! パンチマシン!』ですが、こちらはパンチングマシーン相手に『最大のダメージを与える』というイベントで、ある種ドッカンバトルの本質を突いているイベントであるとも言えます。 ただ、こちらのイベントは消費actは0ですが、『1日2回まで』という縛り付きです。 ここでは、同イベントでいかに大きなダメージを稼ぐかについての方針・その他情報等を示しておきます。 ・アイテム使用が可能な『ステージ4・5・6』が追加 アイテム使用が不可だった『ステージ1・2・3』に、新たにアイテム使用が可能な『ステージ4・5・6』が追加されました。 この新ステージでは『9999万ダメージ』は十分に狙えるようになったでしょう。 特に、気玉取得毎に火力が増すアイテム 『チライ』 『レモ』 『ロシアンたこ焼き』 『ダーブラクッキー』 が使えるようになったのは非常に大きいです。 知属性だけ専用アイテム無しで不利ですが… ここを駆使すれば9999万ダメージは十分届くようになりました。 私も挑戦して、また色々と追記します。 ・ステージ4・5・6達成可能なキャラクター例 こちらはアイテムで大きく火力を上乗せ出来るので、達成可能なキャラクター数、解放条件も大幅に緩和されています。 例えば、『被り無し解放』のであっても、『ロシアンたこ焼き』『アナウンサー』を使ってやれば達成可能です。 例えば上の編成で、1ターン目にグルドでATK低下を入れ、2ターン目にブウ・ターレスと一緒に登場して23個の技気玉を取れれば、ATK値は『6770万』、会心が出るまでもなく確実に9999万ダメージを出せてしまいます。 ATKにも余裕があるので、実質23個も必要無いレベルです。 このように『被り無し解放』『1凸』程度でもカンストを狙えるようになりました。 その他、も2凸以上になれば『会心』抜きですらギリギリ狙えますし、突破出来る人はぼつぼつ出て来るでしょう。 私も毎日挑戦しつつ、また汎用性の高そうな『達成可能な条件・キャラクター』も時間があればまとめて行こうかなと思います。 ・フレンドにスペシャル枠が追加 このイベント、フレンドキャラが見つからないのが最大のネックでしたが、2019年2月15日から『スペシャル枠』が追加され、いつでも気玉リーダーのキャラをフレンドに選べるようになりました。 ようやくいつでも挑戦出来ます。 対象はです。 アイテムも旧ステージは使用不可なので、かなり手持ちのキャラクターを選んでくるイベントという感じですね。 ・『気玉リーダー』が有効 一撃の重さを競うイベントですから、当然リーダースキルのATK倍率は高ければ高い程良いです。 以下は各属性の『気玉リーダーキャラ』のリストです。 属性 覚醒前 覚醒後 キャラクター 技 体 知 力 速 『5属性全部の敵』が登場しますから、基本的には、自分が気玉リーダーを持っているキャラで挑んで行くのが一番ダメージを稼ぎやすくはあります。 ・『気玉変換』要員は必須 先にも述べた通り、最大限にダメージを稼ぐなら間違いなく『気玉リーダー』を採用すべきですが、その場合は『気玉取得』をしっかりと行わなくてはなりません。 ・アタッカーは1体 or 2体で十分。 キャラ枠は『サポート』『気玉変換』『リンク要員』に割く 『1度の攻撃で与えたダメージ』がカウントされるので、アタッカーキャラを複数入れる意味はありません。 基本は本命アタッカー1体で十分です。 ただ、このイベントは制限時間が『2ターン』なので、運悪くアタッカーが『7枠目』に配置されると何も出来ずに終了します。 その最悪の事態をどうしても避けたいならアタッカーは2体入れても良いですが、並びが悪けりゃ大人しくリタイアした方が良いかなとも思いますし…。 どちらにしても、アタッカーは最大でも2体、後は気玉変換キャラ、アタッカーの火力を高めるためのリンク要員とサポートキャラをぶち込めば十分です。 ・アタッカーはLR・フェス限が望ましい 言うまでもないことですが、アタッカーとしては『LR』『フェス限』などの規格外の力を持ったキャラ達が望ましいです。 基本、通常ガシャ産キャラとはどうしても差が付いてしまいがちですから。 このイベントのためだけに潜在能力解放すべきではないでしょう。 また、LRやフェス限の中でも、のような気玉パッシブ持ち、のように超火力かつサポートが掛け算で乗りやすいキャラは更に適性があると言えます。 例えば『本命アタッカーが7枠目』に来ればその時点で終了ですし、『1ターン目にアタッカーが来て2ターン目に変換キャラが全員詰まる』なんてパターンも実質詰み、その他リンク要員がアタッカーと一緒に出なくてもダメ、この辺はプレイヤースキルではどうしようもありません。 こればかりはどうしようもないので、ダメならダメで切り替えていきましょう。 2回だけとはいえ、毎日act 0で挑戦出来ますからその内噛み合うこともあるでしょう。 ・ステージ1・2・3の『7777万ダメージ』ミッションは現状無理? ステージ1・2・3のミッションの最高ラインは『7777万ダメージ』で、現状では理論上これを達成出来るキャラクターは2体存在しますが、『実質達成不可能』に近いです。 パンチングマシンは『超』も『極』も付いていない『未Z覚醒』の敵なので、誰で挑んでも属性補正が大きくダメージはATK値の約2倍程入るので、この条件なら『7777万ダメージ』は達成可能でしょう。 もう1人、をとで挟んで気玉23個取得で『ATK3700万』まで行くので、これも会心が加わるとギリギリ届くでしょう。 実質的には、現状では不可能に近いでしょう。 このハードルは一先ず置いておいて、自分の出来る限界を攻めていく程度の意識で挑みたいです。 以上です。 旧ステージの方はまだ誰も全ミッションを達成出来ていないでしょうが、新ステージについては『アイテム解禁』の影響が極めて大きく、続々と9999万ダメージの達成者が出て来そうです。 旧ステージのハードルの高さに比べ、新ステージは達成可能なキャラクターのラインもガクっと下がり、挑戦し甲斐も出て来たでしょうか。 まあ結局は『運』なので、並び順に恵まれないといつまで経っても…という部分はありますが、フレンドも見つけやすくなりましたし、毎日しっかり挑戦して行きましょう。

次の

【ドッカンバトル】『DOKKANと叩け! パンチマシン!』攻略情報。7777万・9999万ダメージの与え方

ドッカン バトル パンチ マシン 攻略 パーティー

日頃育てたキャラクターたちの力試しにもってこいのイベントだ。 逆に言うと高レア高性能な戦士がいないとまともにクリアできない戦いでもあるが…。 ルール ・ステージは3つ 【龍石ステージ】【潜在能力玉ステージ】【ゼニーステージ】の3つに分かれており、それぞれ与ダメージミッションが設定されている。 ・バトルは2ターン 行動できるキャラクターは6体。 1体は行動させることができないので無駄になってしまう。 通常のバトルと同じく、行動キャラクターは開始時にランダム。 ・サポートアイテム使用不可能 ステージ1~3のみの条件 挑戦する場合は【サポートアイテムを外さなければならない】。 制限イベントではアイテム所持してても使えない状態にできているはずだが…? ・ アックマン使用不可能 極低確率ではあるが、ATK10000倍のパッシブスキルを持つアックマンを使うことはできない。 出禁である。 発動しさえすればATK1億を余裕で超えるので仕方ない。 ・計測は一撃の最大ダメージ 計測するダメージは2ターンの間に出した「1回のダメージ量」。 連続攻撃での連続ダメージなどは計測の対象にならず、純粋に【一撃のダメージ】を重視する。 編成 一撃を重視した『 メンバー1体の火力を最大限発揮できる状態を作る』ということをコンセプトにするのが一番重要。 他のパーティメンバー4体は基本的に サポート重視。 気玉変化で盤上の気玉を一色染めしたり、ATKサポートパッシブスキル、リンクスキルなどアタッカーのための編成を組もう。

次の