おしゃぶり 消毒 頻度。 【小児科医監修】おしゃぶりって効果あるの?おしゃぶりの効果的な使い方と注意点|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

赤ちゃんのおしゃぶりはいつからいつまで?その効果とは?

おしゃぶり 消毒 頻度

育児をしていく中で、赤ちゃんの寝かしつけや止まない泣き声に困った経験はありませんか?小さな赤ちゃんを育てるママにとって、頻繁に泣かれることは大きなストレスになってしまうことも多いです。 そんな時に活躍してくれるのが 「おしゃぶり」です。 しかし、使える期間や効果について詳しく知らないと不安になってしまう方も多いでしょう。 特に新生児などの場合、おしゃぶりを使っていいのか悩んでしまうでしょう。 そこで今回はおしゃぶりがいつからいつまで使えるかと、その効果について詳しく紹介します。 正しい知識を身に付ければ、子育てがさらに楽しくなること間違いなし!おしゃぶりのメリットやデメリット、選び方なども詳しく紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。 おしゃぶりはいつから?新生児も OK? 簡潔に言えば、おしゃぶりは新生児から使うことができます。 薬局やベビー用品店などを見てみると、新生児から使えるおしゃぶりがたくさん販売されています。 ただし、使わなければならないわけではありません。 おしゃぶりを使わずに育児をしているママもたくさんいますし、おしゃぶりを使っているママもたくさんいます。 赤ちゃんの様子やママの気持ちを最優先にして、使うかどうかを判断しましょう。 赤ちゃんによっては嫌がる場合も おしゃぶりは新生児から使えると紹介しましたが、赤ちゃんによっては嫌がる場合もあります。 また、新生児の頃は上手く吸えないことも多いです。 口にくわえられても、すぐに外れてしまうことも少なくありません。 そのため、無理に使うことは避けましょう。 また、新生児の頃からおしゃぶりを常用させてしまうと母乳やミルクを飲まなくなることもあります。 おしゃぶりの方が簡単に吸うことができるので、赤ちゃんがそちらばかり好むようになってしまうからです。 特に母乳の場合は、おしゃぶりを使いすぎないように注意しましょう。 多くの場合が 2ヶ月頃から 上手におしゃぶりが使えるようになるのは、およそ 2ヶ月頃からです。 個人差はありますが、 2ヶ月頃になると吸う力も強くなるのでおしゃぶりも上手に吸えるようになるでしょう。 赤ちゃんの成長に合わせ、適切なおしゃぶりを使うことが大切です。 おしゃぶりは生後数ヶ月単位で買い替える必要があります。 いつから使うことができるかの目安が書かれていますので、赤ちゃんの月齢に合ったものを購入してください。 おしゃぶりはいつまで?気をつける点は? おしゃぶりは 2歳頃までにやめさせるのが良いでしょう。 いつから使い始めたかにもよりますが、あまり長く依存してしまうとどんどんやめにくくなってしまいます。 1歳を過ぎた頃から使用頻度を減らし、スムーズにやめられるように促していくのがおすすめです。 長く続けた場合のデメリット おしゃぶりを長く使ってしまうと、さまざまなデメリットが生じます。 歯並びや噛み合わせが悪くなるというのが、最も有名なデメリットです。 常に吸っている状態になってしまうと、前歯が突出してしまうこともあります。 それらを防ぐためにも、乳歯が生えそろう頃にはやめさせておきましょう。 おしゃぶりをやめることで、噛み合わせが改善される場合もあります。 また、 言葉が遅くなるというデメリットもあります。 おしゃぶりを吸っている状態だと言葉を話すことができず、コミュニケーションも薄れてしまいます。 親子でゆっくり話をする機会も減り、言葉が出るのが遅くなってしまうことがあります。 他にも中耳炎のリスクが高まるなど、デメリットはたくさん挙げられます。 そのため、 おしゃぶりは適度な時期に使うことが大切です。 習慣にならないように注意 適度な使用期間を守っていても、常におしゃぶりを使うことはおすすめできません。 状況によって上手に使い分け、 1日中おしゃぶりに頼ることのないように注意しましょう。 あまり使いすぎてしまうと、赤ちゃんもママもおしゃぶりに依存してしまいます。 依存してしまうとなかなかやめられず、赤ちゃんにもママにも悪影響を及ぼしてしまうことがあります。 おしゃぶりの効果は? おしゃぶりにはさまざまな効果があります。 正しく使うことができればママの負担を軽減するだけでなく、赤ちゃんにとってプラスになることもあります。 泣き止む 特に新生児期や生後数ヶ月頃は、泣いている時間が長いです。 突然泣き出すことも多く、外出時や公共機関の中では緊張してしまうママも多いです。 そんなとき、おしゃぶりを使えば赤ちゃんを泣き止ませることができます。 どうしても泣かせたくないときや、泣き声に付かれてしまったときに利用すると良いでしょう。 寝かしつけが楽 抱っこしないと寝ない、布団に下ろすと泣いてしまって困ることはありませんか?そんなときにも、おしゃぶりは活躍してくれます。 おしゃぶりを咥えればすぐに寝てしまう赤ちゃんも多いので、どうしても寝ないときには活用してみるのもおすすめです。 ただし、毎日のようにおしゃぶりで寝かしつけるのはやめましょう。 おしゃぶりなしでは寝なくなってしまい、ママとのコミュニケーションも減ってしまいます。 おしゃぶり効果、やっぱり凄いな。 半分覚醒?状態の息子氏に咥えさせたらまた眠りに戻っていった。。。 鼻呼吸が上手になる おしゃぶりをしていると、鼻呼吸が上手になります。 鼻呼吸ができるようになると、風邪の予防にもつながります。 喉を守ってくれるだけでなく、鼻の粘膜がウイルスの侵入を防いでくれるので風邪やその他の病気にかかりにくくなります。 一方で、あまり鼻呼吸ばかりしていると唾液が減るとも言われています。 唾液が減ると虫歯になるリスクが高まるとされているので、おしゃぶりの使い過ぎには注意しましょう。 おしゃぶりさせた方がいいよー!この時期は特に!! — 大谷 加菜 azumatsu1020 4. 指しゃぶりをしなくなる おしゃぶりをしない赤ちゃんの中には、代わりに指しゃぶりをする子もいます。 手にはほこりやごみが付いていることも多く、指しゃぶりは衛生的ではありません。 頻繁に指しゃぶりをするよりも、おしゃぶりの方が衛生的と言えるでしょう。 おしゃぶりをしていると指しゃぶりをしない場合が多いので、早めの時期からおしゃぶりを使うことで指しゃぶりを防止できます。 いつから指しゃぶりをするかは個人差がありますが、早い子だと新生児期から指しゃぶりを始めます。 RT 私もチョジョーでは否定的で使わなかったおしゃぶり。 結局指しゃぶりするのも気にいらなかったし怒ってしまうこともあった。 ジージョは2か月くらいから使った。 いくつか持ってて清潔な予備も用意できたし、ものっっっっすごい助かった。 ママのストレス軽減 おしゃぶりの効果の中でも、一番大きいのがママのストレス軽減ではないでしょうか。 毎日のように泣く赤ちゃんに、ストレスが溜まってしまうママは少なくありません。 おしゃぶりは使いすぎるのはよくありませんが、適度に使うことはママのストレス軽減に繋がります。 ママにも休息は必要です。 あまり思いつめず、上手におしゃぶりを使いながら育児を楽しみましょう。 おしゃぶりの選び方 おしゃぶりにはいろいろな種類があります。 最初はどんなものを購入したらいいか分からない方も多いので、おしゃぶりの選び方を簡単に紹介します。 月齢に合わせたものを選ぶ まず、基本的には月齢に合わせたものを選びましょう。 おしゃぶりのパッケージには、いつからいつまで使えるかが記載されています。 赤ちゃんの月齢に合わせ、その都度買い替えながら使うのが一般的です。 新生児から使えるものや生後 6ヶ月頃から使えるものなど、種類によって素材や形が異なります。 その月齢の赤ちゃんにとって一番心地いい形状で作られているので、必ず月齢に合わせたものを使うようにしてください。 素材で選ぶ 素材をチェックするのもポイントです。 おしゃぶりの素材は大きく分けて 2種類あります。 多くのおしゃぶりがシリコン製もしくは天然ゴム製です。 赤ちゃんによっては嫌がる素材もあるため、様子を見ながら選ぶと良いでしょう。 シリコン製は丈夫でしっかりした作り、天然ゴム製は柔らかくて劣化が早い傾向にあります。 吸う力の弱い新生児期などは、天然ゴムのおしゃぶりがおすすめです。 歯並びへの影響で選ぶ おしゃぶりを使う際、歯並びへの影響を心配するママは多いでしょう。 最近では、歯並びへの影響が少ないおしゃぶりも多く売られています。 形や素材にこだわって作ることで、影響を最小限に抑えてくれるものもあります。 どうしても気になる方は、そういった影響を緩和してくれるおしゃぶりを探すのも良いでしょう。 また、形や色にもいろいろな種類があります。 赤ちゃんの好みに合わせた形、色を選ぶのも良いでしょう。 メーカーで選ぶ 赤ちゃん用品を扱うメーカーはたくさんありますが、お気に入りのメーカーがある方はそのメーカーのおしゃぶりを探してみるのも良いでしょう。 ママが気に入ったものであれば見た目でも癒され、育児のストレスがより軽減されます。 有名なメーカーで言えば、 リッチェル・ピジョン・コンビ・チュチュベビーなどがあります。 他にも可愛いデザインのおしゃぶりを扱っているメーカーがたくさんありますので、お気に入りのものを探してみてください。 手入れのしやすさで選ぶ おしゃぶりは常に清潔に保つ必要があります。 そのため、手入れのしやすさも大切です。 持ち歩くのであれば、専用のキャップが付いているものがおすすめです。 また、おしゃぶりを消毒するかどうかは月齢で判断しましょう。 外出時は清浄綿などを持ち歩き、その都度拭いてあげると清潔に使うことができます。 おしゃぶりと上手に付き合おう いかがでしたか? 今回はおしゃぶりがいつからいつまで使えるか、おしゃぶりのメリットやデメリットなどを合わせて紹介しました。 おしゃぶりを使うことに対し、不安になってしまうママも多いと思います。 しかし適度な頻度で使えば、さまざまな効果が得られるのも事実です。 使いすぎることは良くありませんが、おしゃぶりと上手に付き合いながら子育てをすると良いでしょう。 子育てはママと赤ちゃんが快適に過ごせることが一番大切です。 使う時期や頻度を見極めながら、上手におしゃぶりを活用してみましょう。 また、お互いに依存しないようにすることも大切です。 おしゃぶりをやめる時期も視野に入れながら使うと良いでしょう。 ママと赤ちゃんが笑顔で過ごせる環境を作り、楽しく育児をしてみてください。

次の

おしゃぶりの消毒はいつまで必要?頻度はどれくらいがベストなの?

おしゃぶり 消毒 頻度

看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。 その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。 赤ちゃんが大泣きしているときに口に入れると、嘘のようにピタッと泣き止ませることができるおしゃぶり。 便利なのでついつい多用しがちですが、「出っ歯になる」などのデメリットを聞いたことある人も少なくないはず。 そこで今回は、赤ちゃんが使うおしゃぶりのメリットとデメリットについてご紹介します。 赤ちゃんにとっては母乳を飲むことが唯一の栄養補給法。 そのため、口を使ってものを舐めたり、しゃぶったりすることは、本能的な行動なのです。 また、指をしゃぶる癖のある赤ちゃんにおしゃぶりを与えると、指しゃぶりをやめることもあります。 赤ちゃんは免疫力が大人よりも弱いため、感染症にかかると、重症化しやすい傾向があります。 そのため、指しゃぶりをやめさせることは、手や指から感染症のウイルスや菌が入るのを防ぐという効果もあります。 これらの他にも、あくまで俗説ですが、おしゃぶりを使うことにより、鼻呼吸になるため喘息やアレルギーになりにくかったり、口の周りの筋肉を使うために顔が引き締まったりする効果があると言われています。 また、赤ちゃんがおしゃぶりなどを舐めたりしゃぶったりするのには、発達面でも大きな意味があります。 口に乳首以外のものを入れるのは、「食べる練習」という意味合いがあるからです。 赤ちゃんが泣いているときにとりあえずおしゃぶりで静かにさせてしまうことは、ママやパパが赤ちゃんの気持ちを考えたり、あやしたりする機会を奪ってしまうことにもなります。 特に、1~2歳代の言葉が出始める時期には、おしゃぶりをくわえさせていることで、ママ・パパや周囲の人とのコミュニケーションを減らすことになってしまいます。 長期間高い頻度で赤ちゃんの口をおしゃぶりでふさいでおくことは、発達上、好ましくありません。 また、おしゃぶりのデメリットとして「出っ歯になる」ということを聞いたことがある人も少なくないと思います。 また先に述べたように、「食べる練習になる」というメリットがある一方、頻繁におしゃぶりを使用していると、おしゃぶり以外をなめる機会が自然と少なくなるため、逆効果になる場合もあります。 これらのデメリットを考慮すると、おしゃぶりに頼りきりにならないほうがいいでしょう。

次の

おしゃぶりはいつからいつまで?消毒すべき?そもそも必要なの?

おしゃぶり 消毒 頻度

2019年3月27日 すくすくと健康に育って欲しい、その為に出来る事はサポートするし危険なものは遠ざけてあげたい。 そう思っている内に、全てが危険なものではないか?または目に見えないウイルスや細菌を必要以上に怖がってはいませんか?確かに赤ちゃんは大人よりもデリケートですので、気をつけなければならない部分たくさんあります。 今回はそんな赤ちゃんの必須アイテムであるおしゃぶりにスポットを当てて、その消毒方法や頻度、注意点について公開していきたいと思います。 赤ちゃんのおしゃぶりが消毒が必要な理由 生まれたばかりの赤ちゃんは大人とは比べものにならないほどデリケートです。 その為すぐに体調を壊す事もあります。 また赤ちゃんはまだ言葉を話せないので、どこが不調なのか?どうして欲しいのかをうまく伝える事も出来ません。 そんな赤ちゃんが健やかに育っていくために、出来るだけ清潔なものを与えたいものです。 おしゃぶりはぐずっている時や泣きそうな時にくわえさせると落ち着くので、育児のマストアイテムです。 当然毎日使うものなので、雑菌やウイルスが付着する事もありますので毎日の消毒は必須です。 特に月齢3か月未満はまだまだ免疫力が備わっていないので、気をつけましょう。 反対にハイハイやつかまり立ちをする様になる、または離乳食を食べるようになった辺りだとおしゃぶりを使わない子も出てくるので、殺菌する頻度も少なくしていっても問題ありません。 消毒の方法は? おしゃぶりを消毒する場合、いくつかの方法がありますがどれ一番良いのでしょうか?まず方法として最もポピュラーなのが煮沸です。 沸騰させたお湯の中に入れて数分浸けておく、または熱湯をそのままかける手法もあります。 タッパーや耐熱容器に水と一緒に入れて電子レンジで加熱する方法も煮沸と同じ部類に属します。 また雑菌やウイルスをしっかりと除去したいという方は、薬液を使った消毒方法がおすすめです。 ベビーグッズが販売されている場所やドラッグストアで販売されている薬液を数時間浸けるだけで良いのです。 薬液は火や電子レンジを使わないので危険はありませんし、熱湯では除去出来ない雑菌やウイルスを除去できるのが特徴です。 しかも赤ちゃんに優しい天然成分を使っているタイプもありますので、安心して利用出来るのも大きなメリットです。 消毒の頻度は? どのくらいの頻度で消毒を行えば良いのかは、赤ちゃんのおおよその月齢を参考にして頂ければと思います。 まず別の項目でも説明した新生児から3ヶ月辺りまでは、こまめに行うのがベターです。 1つだけではなく、複数用意してしっかりと消毒をするのが良いでしょう。 それ以降の頻度は赤ちゃんの状態やおしゃぶりを使う頻度によって変えて頂いて問題はありませんし、免疫がついているので多少汚れていても問題ありません。 しかし食中毒や感染症が流行している場合は、当初の頻度で行うのが良いでしょう。 ちなみに口内炎や鵞口瘡など、赤ちゃんにかかりやすい症状を患っている場合はこまめに消毒して下さい。 鵞口瘡はカンジダ菌の増殖によって発症しますので、通常だと1~2週間で自然に治るのですがひどくなるとミルクを嫌がる、または食欲が低下するケースもありますので、注意が必要です。 まとめ おしゃぶりの消毒といっても手法は様々でコストや手軽さも異なります。 一般的な、沸騰したお湯をかける方法や電子レンジで加熱する方法は、手軽ですが火や熱湯を扱うため周りに注意が必要です。 薬液を使う手法に関しては、手軽なもののコストが発生するので自分に合った方法を見極めると良いでしょう。 ちなみに免疫の低い3ヶ月まではこまめに行う必要がありますが、つかみ立ちや口に物を入れる月齢になったらそこまで気にする必要はありません。 除菌に関するお役立ちコラム• 除菌水スプレーは人体やペットに悪影響を与えないの? ドラッグストアに行きテレビコマーシャルで頻繁に宣伝されている有名な除菌スプレーの成分をいくつか調べてみたら「消臭成分、除菌成分、香料」としか記載されていませんでした。 このような曖昧な成分表示が書かれ... 万能と言われる除菌水スプレーの効果と使用目的を紹介 除菌・消臭スプレーにはアルコール成分を含んだものやその他の化学物質を使用した商品が数多く販売されています。 しかしそのような成分の商品に対して、人体やペットとして飼われている動物への悪影響を懸念する声も... 過剰な除菌で身体にどんな悪影響が生じるの? 近年の除菌ブームで無菌状態が良いものだと多くの方が考えています。 ドラッグストアだけでなく一般のスーパーや100円ショップでも菌を除去する類いの抗菌商品が数多く販売され、誰もが手軽に手に入れられることもブ... 除菌のしすぎにご用心!お母さんが潔癖すぎると子どもに悪影響が出ることも? テレビをしばらく見ていると、必ずといっていいほど除菌スプレーや抗菌グッズのコマーシャルを目にします。 いま日本は、空前の除菌ブームであるといって差し支えないでしょう。 一昔前にはあまり見られませんでした... ノンアルコールの除菌グッズはアルコールタイプに勝るとも劣らない効果があった 除菌グッズといえばアルコールの成分が含まれているという印象があります。 子どもの頃、インフルエンザの予防接種などで注射をされる直前に、袖をまくられてアルコール綿で消毒された記憶が誰にでもあると思います。... 除菌関連トピックス• 除菌おすすめランキング• 除菌に関するお役立ちコラム• 除菌関連トピックス• 除菌スプレーおすすめ10選!ウイルス対策に人気の商品は? おすすめの商品はコレ!除菌や消臭効果の高い商品ランキング このサイトについて• Copyright C 除菌スプレーおすすめ10選!ウイルス対策に人気の商品は?. All Rights Reserved.

次の