古文 変換。 現代文を古文にする

【みんなの知識 ちょっと便利帳】旧字体(旧漢字)と新字体(新漢字)の相互変換アプリ

古文 変換

Weblio古語辞典は、古文に登場する古語について調べることができる無料のオンライン古語検索サービスです。 約23000語の古語が登録されおり、古文の助動詞の活用や古典の用例の訳をはじめ、様々な古語の意味を調べることができます。 古文辞書の主な特長• 古語・古文の「 意味」を調べられます• 古語の「 品詞」が分かります• 活用する古語の場合、その古語の「 活用形」および「 活用の種類」が分かります• 活用する古語については、その古語の「 語幹」を調べられます• 古典作品における古文の「 用例」が表示されます• 古文の用例の「 出典情報」や「 現代語訳」を調べられます• 古語・古文の「 成り立ち」が分かります 古語辞書の中で、古文の解説をする際に、下記のようなラベルを利用している場合があります。 活用 … 古語が、活用形ごとにどのように活用するかを表す• 分類 … 古語・古文のカテゴリを示す• 出典 … 表示されている古文の用例の出典元を示す• 鑑賞 … 古典文学や和歌などの古文作品の背景を解説する• 語法 … 古語が、古文の中でどのような使われ方をするかを示す• 品詞分解 … 古語が、複数の品詞から成る場合に、品詞を分解して示す• なりたち … 古語が、複数の品詞から成る場合に、語の構成を解説する• 語の歴史 … 歴史的にその古語がどのような変遷を経て来たかを解説する• 参考 … 古語・古文を理解する上で、参考になる情報を示す• 注意 … 古語・古文についての注意事項を解説する.

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】旧字体(旧漢字)と新字体(新漢字)の相互変換アプリ

古文 変換

歴史的仮名遣い 読み方の決まり 歴史的仮名遣い 読み方の決まり 歴史的仮名遣いとは「発音は時代とともに変化して来たが書き方は最初のまま変化させずに来た」という原理のものです。 ですから今それを読むときには当然今の発音によって読みます。 現代仮名遣いでは「い、え」と書く。 現代仮名遣いでは助詞の「を」を除いて「お」と書く。 現代仮名遣いではほとんど「じ、ず」と書く。 現代仮名遣いでは助詞の「は、へ」を除いて「わ、い、う、え、お」と書く。 現代仮名遣いでは「おう、こう、そう、・・・」と書く。 「〜あふ、〜かふ、・・・」などの動詞は「〜アウ、〜カウ、・・・」と読む。 現代仮名遣いでは「〜あう、〜かう、・・・」と書く。 この読み方は江戸方言における動詞の発音が現代の標準発音となったことによる。 古文や文語文では「〜あふ、〜かふ、・・・」などの動詞も上の原則通り「〜オー、〜コー、・・・」と読むのが伝統的であるが、現代的に「〜アウ、〜カウ、・・・」と読むこともある。 現代仮名遣いでは「〜あう、〜かう、・・・」と書く。 現代仮名遣いでは「ゆう、きゅう、しゅう、ちゅう、・・・」と書く。 現代仮名遣いでは「よう、きょう、しょう、ちょう、・・・」と書く。 現代仮名遣いでは「きょう、しょう、ちょう、・・・」と書く。 現代仮名遣いでは「か、が」と書く。 現代仮名遣いでは「っ、ゃ、ゅ、ょ」と書く。 現代仮名遣いでは「ん」と書く。 で学習してください。 発音の変化についてひとつだけ説明しておきましょう。 「きょう」を昔は「けふ」と書いたのはなぜでしょう。 実は大昔(平安時代まで)は実際に「ケフ」と発音する言葉だったのです。 その「ケフ」という発音は楽に発音すると「ケウ」になります。 「オハヨー」が「オアヨー」という感じになるのと同じでハ行はア行になりやすいのです。 その「ケウ」を口を開けたまま(顎を閉じないで)発音すると「ケオ」のようになります。 そしてその「ケオ」を早く言うと「キョー」になります。 このような理由で「ケフ」という発音は「キョー」に変化したのですが、しかしその「キョー」は長い間昔のまま「けふ」と書かれてきました。 そして昭和時代になってから「現代仮名遣い」の決まりででそれを「きょう」と書くことにしたのです。 歴史的仮名遣いは発音と関係のない変な書き方をしているわけではなく、大昔の発音と書き方がどうであったのかを示しているものなのです。 歴史的仮名遣いの基盤となる五十音図 ん わ ら や ま は な た さ か あ ゐ り み ひ に ち し き い る ゆ む ふ ぬ つ す く う ゑ れ め へ ね て せ け え を ろ よ も ほ の と そ こ お ぱ ば だ ざ が ぴ び ぢ じ ぎ ぷ ぶ づ ず ぐ ぺ べ で ぜ げ ぽ ぼ ど ぞ ご (「ゐ」の片仮名は「ヰ」、「ゑ」の片仮名は「ヱ」。 ) 現代仮名遣いで生活している私たちも実は歴史的仮名遣いから全く離れてしまっているわけではありません。 「こんにちは」と書いて「コンニチワ」と読んでいます。 「〜原(はら)」を「ワラ」と読みます。 (藤原、菅原、・・・) 「羽、把」は「ハ」と読む漢字だと知りながら「一羽、一把」を「イチワ」と読んでいます。 「8(はち)」を九九で「ワ」と読んだり、語呂合わせで「ワ」と読んだりします。 「頬」は「ほお」でも「ほほ」でもどちらでもよい気がします。 「不知火(しらぬい)」に「しらぬ ひ」と振り仮名をつけたくなります。 ・ ・ ・ 学校での試験問題の考え方 学校のテストや試験で出題されるのはほとんど「次の古文を現代仮名遣いに変えなさい。 」という形式の問題です。 この「現代仮名遣いに変える」とは 「この古文を現代ではどのように発音して読むでしょうか。 それを現代仮名遣いで書きなさい。 」 という意味です。 発音通りの仮名を書くのではなく現代仮名遣いの決まりで書くこと、また古い語を現代語に変えたり分かりやすい言い方に変えたりするのではないことに注意して下さい。 それでは(7級)を受けてみましょう。 例題と試験問題についての注意: 現代仮名遣いとはいわば現代語のための専用の仮名遣いですから、古文を現代仮名遣いで書くことはふつうはしないことです。 古文の現代における読み方を示すための便宜的な作業と考えてください。 古文を現代仮名遣いで書くことの困難については を参照して下さい。

次の

現代文を古文にする

古文 変換

英語から日本語、日本語から英語へ相互翻訳可能な翻訳ソフト ミスター・ホライゾン。 古文翻訳装置とは現代文と古文の相互変換ができるソフトウェアです。 たとえば古文から現代文への変換なら、「ゆかしかりしかど、神に参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。 」と入力すると、「興味を引かれたけれども、神に参拝することは本当の心であると思って、山までは見ない。 」と、現代語訳が可能な業界初の翻訳ソフト 多分 です。 Yamato英和. NET Liteは英文和訳を対象とした機械翻訳ソフトです。. NET Framework 2. 0以上が使える環境で動作します。 和英翻訳はできません。 バージョンアップにより、構文解析能力が改善され、英和基本辞書の登録語数は25万語。 ソフトを使うことで、翻訳サイトを改めて表示する必要がないうえ、広告などの余分なトラフィックを防ぐことができます。 クリップボード経由での翻訳も可能です。 気軽にお使い頂けます。 Webの翻訳サービスを利用した日英・日仏の翻訳のソフトです。 非常駐で選択した文字の翻訳、マウスで選択できない文字列の翻訳も可能です。 本ソフトはホットキーやマウスジェスチャーソフトでの起動を想定して作成しております。 私は「マウ筋」でLiteDictionaryを起動して使用しています。 キー入力 クリップボードの貼り付を含む またはテキストファイルの英語またはエスペラント語(世界共通語)の翻訳を行います。 インターネットのWEBぺージを見る場合にも利用できます。 エスペラント語で文章を作成される場合はスペルチェッカーとして利用できるかもわかりません。 基本的には冠詞以外のすべての単語や熟語に対して訳語を対応させています。 活用語尾や受動態、進行形、完了形などにも対応しています。 (1) PrepTutorEJDIC準拠46,700語収録のフリー辞書。 (2) イラストを追加することができます。 (3) 文字色の変更が可能。 (5) 単語、定義、例文、発音、備考、語源、同義語、反意語などの追加が自由です。 (6) 2種類の「しおり」機能を使って重要語をブックマークできます。 (7) 辞書データの書き出し、読み込みに対応。 (8) 強力で柔軟な検索機能を搭載。 (9) 「PrepTutor暗記マシーン」への単語取り込みが可能です。 Zaurus とは関係ありませんが、「外国語に親しむ」という意味で、自作のWindows用プログラム 翻訳エディタ TrEdit v1. 7 を紹介します。 辞書引きしながら翻訳文を作るには結構便利です。 辞書引き画面のみやエディタ画面のみにすることもできます。 複数言語の翻訳に対応したソフトウェア フリーソフト です。 本ソフトウェアは、. NET技術を応用することで、入力した単語・文章を目的の言語に翻訳することが可能となっています。 テキストのドラッグ&ドロップによる翻訳も可能です。 そのため、本ソフトウェアはインターネットに接続されている環境が必須となります。 料金は一切発生しませんので、ご安心ください。 英語のテキストを日本語に機械翻訳するソフト。 フリーソフトながら約20万語の基本辞書を内蔵し、ドラッグ&ドロップで手軽に使えるのが特長。 Webの機械翻訳サービスと違ってオフラインで利用できるのでモバイルPCユーザーにもお勧め。 「英語」からは、中国語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語への翻訳ができます。 またその逆もできます。 「日本語」からは英語への翻訳のみです。 またオランダ語をフランス語に翻訳、ドイツ語をフランス語に翻訳等、フランス語への対応言語も多いです。 Unicode対応で、ほとんどの言語に対応。 リアルタイム用語統一。 しかもカラーで分かりやすい。 翻訳メモリ予備検索。 このバックグラウンドでの翻訳メモリ予備検索により、数十万の大量の翻訳メモリでもストレスなく動く。 翻訳メモリ検索のアルゴリズムを変更できる。 翻訳メモリ検索 セルフサーチ の文脈を表示。 自動ウェブ検索とヒット件数の自動抽出。 用語集で置換可能。 置換する用語を設定可能でその方法が面倒でない。 ・完全一致、前方一致、後方一致、部分一致が使用できます。 12ヶ国語の相互翻訳。 対応言語:日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ギリシャ語、オランダ語、ロシア語、中国語、韓国語、単語・文章の翻訳。 Webブラウザ機能内蔵。 翻訳エンジンの選択 2種類。 ファイルのドラッグ&ドロップ翻訳。 翻訳結果の各種形式ファイル出力。 力可能形式:PDF,HTML,Word,Excel,TXT。 翻訳結果の印刷機能。 翻訳モード利用状況のグラフ表示。 出力可能形式:円グラフ、折れ線グラフ、棒グラフ 2D 、棒グラフ 3D。 メニュー表示の7ヶ国語対応。 対応言語:日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語。 マルチOS対応。 ・主にタイ字新聞から、個人的に作成した8,800語以上の単語を収録。 ・新語、口語など普通の辞書にはない単語を多数収録。 ・主な地名、商標、国名、他のタイ語辞書に見られない単語や文章も収録。 ・発音を日本語と英語で併記し、英語表記では9つある母音のうち 8つを表現。 ・タイの豆知識や慣用句なども掲載。 ・単独アプリで実行でき、サイズも比較的コンパクト。 ・よく使う言葉をグループとして検索できる。 インターネット上の翻訳サイトを利用してテキスト翻訳を行う翻訳ソフトです。 書式設定や検索、置換などの編集機能の追加、長文にも対応することで通常の翻訳ソフトと同じように使えます。 また、辞書検索もインターネット上の辞書検索サイトを利用し、翻訳結果の編集の利便性を向上させています。 英和和英辞書プログラム eng2jap. ダウンロード後ダブルクリックすればインストールされます。 Webサービス上のテキストの翻訳やダウンロード辞書、Wikipediaなどのフリー百科事典を利用して、世界60以上の異なる言語の相互変換に対応した翻訳ソフト。 インターネットを閲覧しているときにわからない単語があれば、カーソルで範囲選択し、「Ctrl キー+右クリック」で即時に翻訳が可能。 タスクトレイに常駐するので、ブラウザだけでなく、メールソフト、エディタやワード・エクセルなどのオフィスソフトでも「Ctrl キー+右クリック」でいつでも翻訳ができます。

次の