自転車 前輪 ブレーキ。 【自転車】前輪ブレーキの左右ズレ、片効きを直してみる【ママチャリ】

自転車のブレーキの音鳴りの直し方や音がうるさい原因も解説

自転車 前輪 ブレーキ

自転車のブレーキ交換方法です。 まずは前輪のブレーキからです。 前輪側はまずブレーキ本体が付いている金具という金具は全て取り外します。 ワイヤーとブレーキを繋ぐなっと部分も外しますが外すときはナットをなめないように注意しましょう。 ブレーキと車体本体を繋げているねじが外れたらブレーキ本体は取り外せます。 取り外しは前輪側は意外と簡単です。 次は新しいブレーキ本体の取り付けになります。 単純に説明すると外した方法と逆の順にねじを付けていくと組みあがりますが取り付けのポイントは本体との間隔をきっちり取り形状を合わせて固定することです。 取り付けも前輪側はスムーズにできると思いますがブレーキシューの調整とかが少し面倒になります。 最後にワイヤーをぶれーきほんたいに取り付けてブレーキの利き具合を調整していきましょう。 サムネイル画像は下記より引用しました。 yahoo.

次の

自転車のブレーキの音鳴りの直し方や音がうるさい原因も解説

自転車 前輪 ブレーキ

7年も乗ればいよいよ交換時期です。 金属と金属がこすれ合うようなカン高い「キーッ」という音も混ざる異様な音鳴りです。 「ガリッ!」と急ブレーキもかかります。 ブレーキバンドの「シュー(ゴムに石粉が混ざったようなもの)」が完全に摩り減って金属同士が当たっているのかなァ・・・ ハブにブレーキの付いたシティサイクル 薄いバンドなので、震えて「ギーギー」と鳴るようです。 後輪「 タイヤ」交換に続いて、後輪「 ブレーキ」交換も「 未体験」ゾーンの作業です。 後輪のブレーキ本体のセットなら売っていますが、手のひらを広げた位の大きさで、2-3000円もします。 また、前側の狭い「ハ」の字にアームを少し曲げても止まるそうですが…シューが磨耗したら同じ結果に?(未体験ゾーン) というわけで、ホームセンターの自転車用品売り場で店員との会話から 私 : 後輪のブレーキって、ここに 3種類売ってるけど、どれでも合うの? 店員: 今付いているものと 同じタイプのものでないと、取り付け部が合いません。 私 : (商品を差して) 直径ではこれかなと思うけど、自転車を見たらわかるの? 店員: わかりますヨ。 私 : じゃ、持ってくる。 ・・・(自転車を駐輪場から店内へ)・・・ 私 : この自転車だけど。 店員: これ、「ローラーブレーキ」 です。 私 :(スゴイッ、見ただけでわかるんだ!) どれ買ったらいいの? 店員: こちらの商品ですが、どうしたんですか? 私 : 「ギーギー」 鳴るの。 店員: それ、グリスを入れてないでしょう? 私 : ブレーキに 「油」 は厳禁じゃないの! 店員: 「油」 じゃありません。 「グリス」 です。 私 :(滑るのは一緒だけどなァ?) その 「グリス」 って売ってるの? 店員: こちらです。 「ローラーブレーキ」 は普通、音鳴りはしません。 金属音が出るのは 「グリス」 切れです。 これは「何」ブレーキ? (ローラーブレーキグリス shimano) 五目亭々主 <kaz> のお勧めサイト 世界の工具が安い! 2 何と、自転車の後輪ブレーキには3種類あった 1000円程で済んだ shimano製 「グリス」を買ったものの、どうしても納得できません。 ブレーキにグリスを入れたら「滑る」でしょ!・・・ブレーキの構造をお勉強 こうなれば、ネット検索です。 などなど・・・検索してわかりました。 ・ スポーツタイプの自転車は・・・ ツーリング中のチューブ(タイヤ)交換やメンテナンスの容易な A リムブレーキ ・・・ ブレーキ本体はサドル下の フレームに固定 され車輪=リムをつかむ B ディスクブレーキ ・・・ ブレーキ本体は横の フレームに固定 、車軸=ハブのディスクをつかむ が使われています。 いずれのタイプも、ブレーキワイヤーは フレーム側のブレーキ本体で終わり。 ブレーキワイヤーが車輪までつながっていないので、車輪だけを「スポッ」と外しやすい構造で、メンテナンスが容易。 ・ 今回のシティサイクルやママチャリでは・・・ 使われているブレーキは、次の 1 2 3 の「3種類」あることがわかりました。 すべて、ブレーキ本体が 車軸に固定 され、ブレーキワイヤーはフレームから車軸のブレーキ本体まで延びます。 その結果、車軸が「ヒモ付き」なので、車輪だけを「スポッ」と外せず、出先でのタイヤ・チューブ交換が面倒なタイプです。 あなたの自転車のブレーキの種類を見分けましょう。 (1)バンドブレーキ ・・・ ドラムをバンド状のシューで内側へ締めつける (2)サーボブレーキ ・・・ ドラムに半円型のシュー2個を外側へ押しつける (3)ローラーブレーキ ・・・ ドラムに弓型のシュー3個をローラーで押しつける 我が家の4台の自転車は、(1)=2台、(3)=2台 … 半々でした。 以下、この2種類を中心に検証。 右=バンドブレーキ 外観は大きめで、 バンド調整用のネジ が2本立っている。 反対側からバンドが チラリと見える。 「調査」すると、やはり(1)と(3)が半々。 (2)は少数派。 ディスク(ローラ-ブレーキの放熱用円盤)の付いたものもわずかですがありました。 今回の自転車に使われている「ローラーブレーキ」は「バンドブレーキ」よりも少し高価。 専用のグリスとローラーが音鳴りのない穏やかなブレーキ効果を生むようです。 バンドは磨耗して鳴く宿命にありますが、ローラーブレーキには磨耗部品がなく、10年を越えても使えるそうです。 反面、急制動には不向きで、強いブレーキ操作には問題があるとの意見もありますが、これまでの私の街乗りでは急ブレーキもまったく問題なし。 何度か助かっています。 山道の長い下り急坂にも耐えてくれました。 これまで、家族の分も含めると、10台前後の自転車を買ってきましたが、ブレーキを見て選んだことなんてありませんでした。 ヨーシ、これからは、ブレーキを見て自転車を買うぞ! 五目亭々主 <kaz> のお勧めサイト 3 肩すかしですが、ローラーブレーキは交換作業が不要 今回のローラーブレーキは「交換」どころか「注入」で音鳴りが一発解決! バンドブレーキの場合は、やはり交換が必要。 交換方法もこの際、おさらい。 効果を確認することにしました。 後日、重さを計ると 注入後は容器込み 120g。 同程度の食品用チューブ容器(空)が30gで、買ったグリスの表示は「100g入り」ですから、容器込み 130g 前後だったと思われます。 10gの少容量のグリスがあればそちらを買うか、店で注入してもらう(いずれも 300〜500円程度)のも選択。 買ったグリスはもう一台の自転車にも使えますが、100g入り は多すぎました。 ささいな疑問ですが・・・あのホームセンターでも「グリス」のアドバイスがなきゃ、本体を勝手に買っていたわけだし・・・何も知らずに自転車店に「ブレーキ交換して〜」と持ち込んだ場合、グリスの注入で済むところをブレーキ本体を交換されて「5,000円」なんて言われてしまうのじゃないかって・・・。 そんなお店はないでしょうが、念のために・・・ ローラーブレーキが「ギーギー」鳴った時は、自転車店に「ブレーキにグリスを入れて〜」と言いましょう。 私は反対側から見てもバンドの見えないカバー付き「バンドブレーキ」だと思い込んでいました。 しかし、「バンドブレーキ」の場合、締め付け時に薄いバンドが震えるようになると、ブレーキ鳴りするのは宿命で、本体の交換が必要です。 (急場の処置としてはクレンザーをバンドとドラムのすき間にほんの少し注入してしのいだり、右図のように分解して、研磨剤やサンドペーパーでバンドのテカテカに固まった表面を粗く磨き落とすと、鳴らなくなるそうですが) 新しい「バンドブレーキ」に交換する場合は・・・ ・ 右図は17mmナットをゆるめ、バンド側本体を外した状態です。 「ここまでバラしたら、車軸の玉押しナットも外してボールベアリングまで清掃したくなる」って方は、この<kaz>の五目夜話の世界を超えています。 今宵はブレーキまで。 ・ 買ってきたブレーキセットのドラムへの交換はまず右図の古いドラムを ネジ山部分 で左回しにゆるめて外します。 回すために2つの穴を利用し、長いハンドルの付いた5000円前後もする専用工具(ドラム抜き)が必要。 ・ ビンのフタ開けの要領で料理用バーナーでドラムだけを加熱して径を広げ、ゆるめるのも方法。 (買っても道具代が安くて料理用他にも使えますが、やけどをしないように、ご注意下さい。 ヘアードライヤーの熱では無理かも。 ) ・ 取り付ける新しいドラムのねじ込みは手でOK。 後は日常、ブレーキを使うことで締まります。 ・ 鳴りにくい「サーボブレーキ」とはドラムの ネジ山部分 が同じ構造・ネジサイズで、互換性があり交換可。 ・「ローラーブレーキ」は車軸(ハブ)にネジ山の代わりに、 歯車状の歯が付いており、ドラムの歯とのかみ合わせで固定する構造のため、バンドブレーキとの互換性はありません。 バンド側を外したバンドブレーキ ドラム はハブに ネジ山 で固定 ・ ブレーキワイヤーの後端のキャップが付いたままではブレーキ本体からワイヤーが抜けないので、キャップを外します。 1 プライヤーでカシメをゆるめて抜くか 2 ワイヤーを切り取って 本体の交換後に新しいキャップを付ける(ほつれに注意)か、 3 半田(ワイヤーへのくっつきが悪いので、フラックスでの前処理など結構大変)や瞬間接着剤(シンナーで油分を取り除き乾燥してから)で固めてからキャップを抜くか切り取ります(新しいキャップは不要)。 ・ ブレーキワイヤーが古く、レバー側を見て鋼線の数本が切れている場合はワイヤーの交換も必要です。

次の

自転車のブレーキの音鳴りの直し方や音がうるさい原因も解説

自転車 前輪 ブレーキ

安全点検はまずは自転車のブレーキを 自転車の点検をしっかりしておくことは、自転車にとって大切なことです。 特に ブレーキというのは命に関わってくる大事な機能です。 タイヤがパンクした場合は、ガタガタと乗り心地が悪いですが、どうにか走れます。 ペダルが取れてしまっても下り坂は下れますし、足で蹴っても前に進みます。 しかし、ブレーキが故障したら止まることができず、事故の原因に繋がってしまいます。 それだけ大切な機能です。 ブレーキはブレーキシューとアーム、ワイヤー、そしてブレーキレバーの4つで構成されています。 自転車を見てみると分かりますが、車輪に当たるゴムのパーツがブレーキシュー、ブレーキシューを固定する金属がアーム、ブレーキレバーから伸びているのがワイヤー、ブレーキをかけるときに握るのがブレーキレバーです。 ブレーキレバーを握るとワイヤーが引っ張られ、アームが動いてブレーキシューが車輪に当たってブレーキが効きます。 前輪も後輪も同じ仕組みです。 スムーズに止まれるように、しっかりとメンテナンスしておきたいですね。 自分でできるブレーキのメンテナンスは、注油と破損のチェック、効き具合の調整ぐらいに限られてきます。 工具があればもう少しできますが、まずはこれぐらいから始めてみるのがおすすめです。 基本的には自転車屋さんでプロに任せたほうがいいです。 自転車の前輪ブレーキを調整してみよう 自転車のブレーキを調整するには、 10ミリのレンチが必要です。 ブレーキワイヤーが固定されているナットは、ほとんど10ミリのナットです。 調整の手順としましては、まずはナットを緩めるところからスタートです。 自転車にはナットがたくさんあるので、 違うナットを緩めないように気をつけてください。 ナットを緩めたら、ブレーキシューとリムの間を2ミリぐらいになるようにします。 このときに 500円玉をブレーキゴムとリムの間に挟んで固定すると簡単にできますので、試してみてください。 次にブレーキを片手で固定し、もう片方でナットを絞めます。 ちょっと難しいのですが、この持ち方ができれば楽に作業が進みます。 そして、 ペンチを使ってブレーキワイヤーを引いてたるみを直してナットを締め直してください。 前輪の場合は、前のブレーキを握ってみて、遊びが大きすぎないか小さすぎないかを確認します。 遊びが大きすぎるならワイヤーを引っ張り、小さすぎるならたるませる調整が必要です。 ちょうどいい遊びになるまで調整したら完了です。 ブレーキの効きが悪いと感じたら、すぐに交換してください。 ペンチとワイヤーカッター、メガネレンチがあれば作業ができます。 軍手をはめて行いましょう。 最初の作業はキャップを外すところからです。 キャップを外したら、ワイヤーを引っ張って抜きます。 ペンチを使えばすぐに抜けますが、ワイヤーごと切っちゃっても大丈夫です。 次に、 10ミリのメガネレンチを使ってナットを緩めてください。 緩めるとナットが外れますので、順番だけ忘れないように気をつけましょう。 そして、ゆっくりとボルトを引き抜きます。 ブレーキが勢いよく開きますので、ブレーキを抑えながら引き抜くといいでしょう。 そして、ボルトには穴が開いています。 開いている穴にワイヤーが通っていますので、ワイヤーを引き抜いてください。 どこにワイヤーが通っていたのか、忘れないようにしてください。 忘れないために引く抜く前に写真を撮っておくと、戻すときに確認できますよ。 ワイヤーを引き抜いたら、ブレーキレバーを外します。 ブレーキレバーにワイヤーがセットされていることが多いです。 次の作業は、ワイヤーをブレーキレバーに固定しているタイコを外します。 これは簡単ですので安心してください。 タイコを外したら、古いワイヤーと新しく交換するワイヤーの長さを比べてみてください。 新しいワイヤーが長かったら、このときに切っておいてください。 そして、今度は古いワイヤーを外した手順と逆の手順で、新しいワイヤーをセットします。 次の作業あたりから大変な作業になってくるのですが、 ボルトをセットする前にワイヤーを穴に通します。 ボルトをセットしたらブレーキが開きっぱなしになっていますので、 ブレーキを抑えながらワイヤーを引っ張るのですが、これは力をれて引っ張らないといけません。 そして、適当なところでナットを締めて仮止めしておきましょう。 順番には注意してください。 ここからは調整になりますが、まずはブレーキゴムとタイヤの隙間の調整です。 隙間は 2ミリぐらいがベストです。 なかなか一発でできませんので、確認しながら何回も行ってください。 隙間の調整ができたらナットを締めて、キャップを被せたら完了です。 片効きという状態になってしまったり、ワイヤーの残りが長すぎたりすると危ないので、十分注意してくださいね。 自転車のブレーキは前輪、後輪どちらからかける? 自転車のブレーキは、 前輪と後輪の両方のブレーキを使うようにしましょう。 まずは、後輪のブレーキからかけて、次に前輪のブレーキをかけて止まってください。 どちらかのブレーキだけを強くかけてしまうと、タイヤがロックしてしまい操縦困難に陥る恐れがあります。 最悪の場合、転倒して怪我をする危険性もありますので、必ず両方のブレーキを使ってください。 自転車に乗るときには注意して前方をよく見てスピードは出し過ぎないように、そして、ブレーキレバーはいつでも握れるようにしておきましょう。 カーブを曲がるときには、カーブの手前でしっかりスピードを落として、カーブでは漕がないようにしてください。 カーブでは車体が傾いていますので、ペダルが路面に当たってしまうことがありますので、カーブで漕ぐのは危険です。 雨の日の自転車は危険がいっぱいです。 雨でブレーキが濡れているとブレーキの効きが悪くなり、制動距離が長くなります。 雨が降っていなくてもブレーキが濡れていたら効きが悪くなります。 できれば、乾燥させてから乗ったほうがいいです。 どうしても乗る場合には、ちゃんとブレーキの効きを確認してください。 特に下り坂での走行の際には、片方のブレーキだけを使うと制動部が熱くなり、ブレーキの効きが悪くなります。 こんなときは自転車を押して歩きましょう。 視界が悪いときも、無理せず降りて歩いてください。 調整が簡単に出来る!ブレーキシューチューナー ブレーキシューというブレーキのゴムは、普段から意識してチェックするという方は少ないのではないでしょうか。 また、大体の人はタイヤほどのチェックはしていないと思います。 ブレーキシューの寿命は、タイヤの寿命とほぼ同じ、またはタイヤ以上かもしれません。 雨の日に アップダウンのあるところを走るようだと、前輪も後輪もゴムがすり減るのも早くなります。 こまめにチェックして、ゴムの溝がなくなる前に取り替えるようにしましょう。 ブレーキシューチューナーという工具があり、これを使うと簡単に自転車のブレーキシューの交換ができます。 プラスチックの板なのですが、端が少し段になっているものです。 右用と左用に分かれており、わかりやすく印が付いています。 使い方は、まずブレーキのクイックリリースレバーを緩め、ボルトを回してブレーキシューがグラグラするまで緩めます。 シマノならば4ミリのアーレンキーを使います。 そして、ブレーキシューとリムの間にブレーキシューチューナーを挟みます。 今度は、先ほど緩めたクイックリリースレバーを絞めます。 チューナーにピッタリ接触するようにブレーキシューを固定し、リムに押し付けながらワイヤーを引っ張って固定します。 シマノなら5ミリのアーレンキーを使います。 そして、最後にブレーキシューチューナーを外して完了になります。 ブレーキも消耗品 ブレーキは、自転車に乗る際に重要なパーツです。 また、ブレーキがきかない自転車は、とても危険ということが分かりますよね。 ブレーキは消耗品ですので、日ごろから自分で点検してあげる癖を付けましょう。 日ごろの点検をしておくことが、いち早く不具合に気付ける方法なのです。

次の