麻雀 カン 役。 槓(カン)が関係する役をいくつ知ってますか? 槓の役を総まとめ

カン違い?「カンをして捨てた牌でロンした場合、なんていう役だっけ?」と質問を頂きました!

麻雀 カン 役

例えば、4枚目の を持ってきたときに、カンと言うことで、4枚を1組にできます。 チーやポンのときと同様に、手牌から出して置いておきます。 残りの手牌は10枚になり、ここから1枚切ると少牌になりますので、1枚補充します。 補充する牌は、俗に嶺上牌(リンシャンハイ)と呼ばれる牌です。 ゲーム開始時に、山から牌を取り出す区切りの右側に残っている牌を、嶺上牌といいます。 1枚を必ず下ろして、嶺上牌を示しておきます。 補充した牌は、要らなければ捨ててかまいません。 カンには、暗槓(アンカン)、明槓(ミンカン)があり、明槓(ミンカン)の中に、大明槓(ダイミンカン)、加槓(カカン)の種類があります。 自分の力で4枚揃えて行うカンを暗槓といいます。 手の中にあるので、暗い槓と書きます。 4枚を手牌から出し、両側か中側を伏せて置きます。 他の人の力も借りて4枚揃えるカンを明槓といいます。 大明槓は、手の中にある3枚の牌の4枚目を、誰かが切ったときに行うカンです。 ポンと同様に、切った人の方角を横に向けて置きます。 手の中で3枚の組み合わせが出来ているところからカンする狙いは、カンをすると新しいドラが開くからです。 カンしたら必ず嶺上牌から1枚補充して、新しいドラを開けて、ゲームが進みます。 加槓は、ポンしているところに、4枚目を自分で持ってきて組み合わせるカンです。 4枚目を誰かが切っても、加槓することはできません。 嶺上牌が当たり牌だったときには嶺上開花(リンシャンカイホー)という役になります。 嶺上、この山から持ってきて、花開く和了ということで、役が1つつきます。 また、特別なルールで、誰かが加槓した牌が当たり牌のときは、槍槓(チャンカン)という役で和了れます。 暗槓では和了れません。

次の

カンの戦略

麻雀 カン 役

1翻役の一覧表 翻牌(ヤクハイ) 鳴いても1翻。 三元牌や場風牌(東や南)、自風牌の同じ牌を3枚以上集めると成立する役です。 断么九(タンヤオ) 鳴いても1翻。 嶺上開花(リンシャンカイホー) 鳴いてても1翻。 暗槓や明槓をして、ツモってきた嶺上牌でツモ上がりする役です。 槍槓(チャンカン) 鳴いてても1翻。 他家がポンをしていた牌の残りの1枚を他家本人が持ってきて明槓(追加の槓をすること)をしたときに、その牌が当たり牌の場合、ロン上がりすることができます。 一盃口(イーペーコー) 牌の種類、数字の並びも同じ順子を2組(1,1,2,2,3,3など)作る上がり役です。 七対子(チートイツ) 七対子は、特殊なアガリ役なので上がり符がつきません。 翻は1翻で点数は 1翻50符の点数が基準となります。 立直(リーチ) 刻子、順子関係なく、メンゼンで聴牌し、立直と宣言することで成立する役です。 場に1,000点を出します。 持ち点が1,000点未満の場合、立直を宣言することはできません。 門前清自摸和(メンゼンツモ) チー、ポン、カン(明槓に限る)をぜずに、自分のツモ牌でのみ上がると成立する役です。 面子の組み合わせは特にありません。 平和(ピンフ) 4つの面子をすべて順子で揃えるアガリ役です。 また、雀頭は数牌かオタ風でのみ成立します。 海底摸月(ハイテイツモ) 最後のハイテイ牌で ツモ上がりすると成立する役です。 河底摸月(ハイテイロン) 最後のハイテイ牌で ロン上がりすると成立する役です。 2翻役の一覧表 三色同順(サンシキ) 鳴くと1翻。 萬子、筒子、索子の3種類の数牌で同じ数字の順子(萬子の2,3,4、筒子の2,3,4、索子の2,3,4など)を3組揃える上がり役です。 一気通貫(イッツー) 鳴くと1翻。 混全帯么(チャンタ) 鳴くと1翻。 雀頭と4つすべての面子に 1,9牌か字牌を入れて作る上がり役です。 対々和(トイトイホー) 鳴いても2翻。 4組の面子を すべて刻子か槓子で揃える役です。 混老頭(ホンロウ) 鳴いても2翻。 雀頭も4つの面子も すべて数牌の1、9牌か字牌で揃える上がり役です。 混老頭は必ず、• 対々和• 三暗刻• 小三元• 混一色• 七対子 と組み合わせになるため、 最低でも6,400点になります。 三暗刻(サンアンコ-) 鳴いても2翻。 メンゼンで3つの面子を暗刻か暗槓で揃える役です。 小三元(ショウサンゲン) 鳴いても2翻。 雀頭と2つの面子を三元牌で揃える上がり役です。 小三元は、2翻ですが和了の形を見ると、『小三元(2翻)、翻牌(1翻)、翻牌(1翻)』となり、 結果として満貫になります。 三色同刻(サンショクドウコー) 鳴いても2翻。 萬子、筒子、索子の3種類の数牌の同じ数字(萬子の5,5,5、筒子の5,5,5、索子の5,5,5など)を刻子か槓子で揃える上がり役です。 三槓子(サンカンツ) 鳴いても2翻。 槓子を3つ揃える上がり役です。 暗槓、明槓のどちらでも役が成立します。 ダブル立直(ダブリー) 親の場合、配牌14枚で聴牌し、最初の捨て牌でリーチをかけ上がると成立する役です。 子の場合、チー、ポン、カンのない第一ツモで聴牌し、最初の捨て牌で立直を宣言します。 Sponsored Link 3翻役の一覧表 二盃口(リャンペーコー) 一盃口を2組作る上がり役です。 七対子と形が重複しますが、 二盃口が優先になります。 純全帯么(ジュンチャン) 鳴くと2翻。 雀頭と4組の面子 すべてに、数牌の1,9牌を組み合わせて作る上がり役です。 刻子、順子は特に関係ありません。 混一色(ホンイツ) 鳴くと2翻。 雀頭と4つの面子を 字牌と1種類の数牌を使って組み合わせる上がり役です。 刻子、順子は特に関係ありません。 6翻役の一覧表 清一色(チンイツ) 鳴くと5翻。 雀頭、4つの面子すべてを 数牌の1種類だけを使って揃えるアガリ役です。 立てて跳満、鳴いて満貫です。 揃え方によっては、九連宝燈にもなります。 役満の一覧表 国士無双(コクシムソウ) 13枚を3種類の数牌の1,9牌6枚と字牌7種類で揃え、その内1つを対子で揃え雀頭にすると成立する上がり役です。 麻雀で 最も特殊な上がり役です。 四暗刻(スーアンコー) 4つの面子を 全て暗刻か暗槓で揃える上がり役です。 大三元(ダイサンゲン) 鳴き可。 三元牌すべてを刻子か槓子で揃える上がり役です。 字一色(ツーイーソー) 鳴き可。 雀頭と4つの面子を すべて字牌のみで揃える上がり役です。 緑一色(リュウイーソー) 鳴き可。 索子の2,3,4,6,8と三元牌の發の6種類を使って上がる役です。 發が無くても成立しますが、さらに難易度が上がります。 清老頭(チンロウトウ) 鳴き可。 雀頭と4つの面子を 3種類の数牌の1,9牌のみで作る上がり役です。 大四喜(ダイスーシー) 鳴き可。 風牌の4種類を刻子か槓子で揃える役です。 小四喜(ショウスーシー) 鳴き可。 風牌の3種類を刻子か槓子で揃え、残り1種類を雀頭にする上がり役です。 四槓子(スーカンツ) 鳴き可。 4つの面子を暗槓か明槓で揃える役です。 最後は、必ず単騎待ちになります。 天和(テンホー) 親が、初めの配牌14枚で上がっていると成立する役です。 地和(チーホー) 子が第一ツモで上がると成立する役です。 ただし、第一ツモの前に チー、ポン、カンがあった場合は成立しません。 特殊な役一覧表 一発(イッパツ) 1翻。 立直をかけてから、1巡以内に他家からロン上がりするか、リーチ後の最初の自分のツモでツモ上がりすると成立する役です。 ただし、 1巡以内にチー、ポン、カンをした場合は成立しません。 流し満貫 満貫。 1局の最初から流局するまでの捨て牌が、 すべて字牌と数牌の1,9牌だけの場合に成立します。 ただし、捨て牌が 他家にポン、チー、カンされなかった場合のみ成立します。 捨て牌、約18回ほどで流し満貫が成立します。 オープンリーチ 通常は2翻。 立直をかけていない人が振り込んだ場合は 役満。 聴牌している部分だけを他家に公開し、 待ちを見せてリーチをかける上がり役です。 一般的に、先にリーチをかけた人以外、誰も振り込むことはないため、ツモ上がりするのが普通です。 さいごに 麻雀には様々な役があります。 役を覚えなければ、楽しさ半減です。 綺麗な手牌を狙って見てはいかがでしょうか。

次の

麻雀のローカル役!十三不塔、五筒開花、国士無双の暗カンロンとは?

麻雀 カン 役

麻雀役「槍槓 チャンカン 」とは?加カンした牌をロンする技です。 まずは麻雀役の一つ「槍槓 チャンカン 」について、どのような役なのかを簡単に紹介していきます。 「槍槓 チャンカン 」の成立条件としては、 「誰かが加カンをした牌が自分の上がり牌だった場合、役がつく」というもの。 「4pカン!」「その4pロン!槍槓 チャンカン だ!」「しまった!」 みたいな流れで上がりとなります。 点数は1役で鳴いていても可です。 対象となるのはあくまで加カン(ポンした牌に一つ加える)のみである点• 槍槓の対象牌はカンを宣言したときにポンした牌に付け加えた牌であるという点 かなと思います。 カンの種類 1. 暗槓(アンカン) 自分の手の中で4枚の牌を集めてカンを宣言 2. 明槓(ミンカン) 自分の手の中で3枚+誰かの1枚、あるいはポンした牌+1枚でカンを宣言。 ミンカンはさらにダイミンカンとカカンに分かれます。 -大明槓(ダイミンカン) 自分の中に同じ牌3枚があり、誰かが4枚目を捨てたときにカンを宣言する。 対象となるのは カンをしてその後に切った牌ではなく、カンをするとき付け加えたその牌です。 (カンをした後に切った牌で当たった場合を役とするローカルルールもある) カンの種類の違いについては以下の記事にまとめているのでよければ参考にしてください。 槍槓 チャンカン に関する特殊ルール!国士無双の場合は暗槓も上がりできる では続いてはそんな「槍槓 チャンカン 」に関する特殊ルールを紹介していきます。 特殊ルールとして代表的なものとしては、 国士無双の際の槍槓ルールです。 これは何が特殊かというと、本来、槍槓は加カンのみが対象ですが、 国士無双の上がりに関してのみ、暗槓(アンカン)も対象として良いのです。 つまり 誰かが手牌の中から4枚の牌を取り出し「この中をカン(暗槓)します!」というようなときに、あなたが国士無双の北待ちであれば、それをロンできます。 このルールに関しては、ローカルなところもあるので、対局前に確認しておきましょう。 あとはさっきもちょっとだけ話したのですが、 カンしたあとに切った牌をロンの対象とする寒ブリというローカル役もやや紛らわしいです。 これはあまり採用しているところがないですが・・.

次の