引越し 料金 比較。 アートのお引越し サービス比較|引越し料金・費用の見積もりはアート引越センター

費用が安い引越し料金満足度ランキング

引越し 料金 比較

引越し料金比較. com 〜最安値の見積もりはいくら?〜 引越し料金比較. com 格安・激安・安いをテーマにだいたいの相場・目安・時期などについて。 単身(一人暮らし)でも家族でも簡単に最安値を引き出すには? 引越し一括見積もり(無料)で最安値を提示してくれる引っ越し業者を探そう! 引越し料金の相場・平均はだいたいいくらくらい?3月は高い?カレンダーはどうなっているの?単身者(一人暮らし)の場合は?家族の場合は?これから引越し業者に見積もりを依頼する方にはいろいろな疑問があると思います。 また、できるだけ相場より安い金額で、と誰しもが思うものですよね。 決まった値段があるわけじゃないですから。 このサイトでは、引越し業者の概算価格を比較する前に知っておきたいコツや、評判のいいおすすめネット引越し一括見積もりサービスなどを簡単に紹介しています。 引越し業者に見積もりを依頼する前にぜひ読んでいってくださいね。 1番最初にするのが、依頼先探し 業者さんにお願いするとなると、やっぱりそれなりのお値段がするもの。 費用を安く済ませるには、複数社を比較することが大切です。 損をしないように、じっくり検討してみましょう。 ただ、あんまりのんびりしていると、荷造りなどが間に合わないなんてことも…!当日になってあわてないよう、用意に必要な時間も考慮に入れて、余裕を持って見積もりを依頼するようにしてくださいね。 もし、期日が迫ってきているなら、いますぐ、ゴーです! 一括見積もりについて 引越しを考えているのなら、一括見積もりが便利です。 一括見積もりというのは、複数の業者に同時に見積もりを出せるサービスのことです。 引越しの時は、なにかと費用がかかるものです。 少しでも引越しにかかる費用を減らすことにより、他のことに資金を振り分けられるようになります。 そのためには、なるべく多くの業者から見積もりをとって、比較検討することが大切です。 引越し業者に見積もりをとる場合、いちいちその業者に連絡して、必要事項を書類に記入するなり、スタッフに伝えるなりしないといけません。 それが終わったらまた別の業者と連絡を取ります。 必要事項の伝達は、また一からやり直しです。 こうした作業にうんざりしている人も少なくないはずです。 そうしたストレスを解消するために、活用したいものこそ一括見積もりです。 専用のサイトを通じて、同じ情報を一括で複数の業者に送信できるので、手間がかかりません。 とても便利なサービスです。 一括見積もりの良いところ 引越しをする前に、一括見積もりを利用するケースが増えています。 なぜかというと、一括見積もりにはメリットが多いからです。 一括見積もりの一番良いところは、面倒な作業を減らせることです。 引越しというと、とにかく大変です。 役場への各種届出があったり、公共料金の届出があったり、延々と続く荷造りがあります。 引越し先がまだ決まっていない場合は、それも探さないといけません。 これ以上、面倒な作業を増やしたくありません。 しかし、だからと言って、引越し業者の比較検討は省いてはいけません。 引越し業者に見積もりをとると、同じような内容であっても料金に幅があることが多いからです。 知らないで、1つのところにすぐ決めてしまうと、損をしてしまうかもしれません。 面倒な作業はしたくない。 しかし比較検討して、損になるのは回避したい。 そうした願望をかなえてくれるのが一括見積もりサービスです。 一括で複数の業者に見積もり依頼できるので、比較検討の手間が省けます。 一括見積もりの精度 一括見積もりを利用すると、非常に高い精度の比較検討をすることができます。 引越し業者から見積もりをとると、同じ内容であっても、料金に差が出ることが多いです。 だから引越し業者を選ぶときは比較検討が大切だと言われています。 その差は、見積もりを出す時期も影響してきます。 つまり、その業者にある日に見積もりをとった金額と、別の日にとった見積もりの金額が異なる場合があるということです。 これには引越し業界全体の理由がからんでくることもあるし、その業者独自の事情がからんでくることもあります。 だから、一度に、同じ状況で見積もりをとることがベストなわけです。 1社1社に、見積もりをとっていると、必然的にインターバルが生まれます。 まずパンフレットを取り寄せて、必要事項を記入して、ポストに入れて、ということをやっていると、「今日は疲れたから、残りはまた別の日にしよう」となるわけです。 このことで、比較検討の精度が落ちてしまいます。 一括見積もりなら、同時期に見積もりをとるので精度は高くなります。 一括見積もりの方法 引越しの一括見積もりをするには、いくつかの方法があります。 それぞれのスタイルに合わせて、一番しっくりくる方法を選ぶのがいいでしょう。 一番オーソドックスというか、利用しやすいのがインターネットによる一括見積もりです。 これは、専用のサイトを通じて、フォームに記入し、送信すると、複数の業者から見積もり結果が返ってくるというものです。 ネットなのでいつでもどこでも、好きな時にできます。 電話での方法もあります。 インターネットで申し込むと、いつでもどこでも行えますが、結果が出てくるまで少し待たないといけません。 電話をかければ、その場ですぐに見積もり結果を知ることができます。 電話での一括見積もりは、結果をすぐに知りたい人、急いでいる人向けです。 訪問による一括見積もりもあります。 これは、申込時に訪問日を指定して、自宅にスタッフを呼ぶという方法です。 家財が多い人、また値引き交渉をやってやろうという人にはおすすめです。 早期割引 引越しの予約をするときは、なるべく早めにするようにしましょう。 早く予約をすると、早期割引が適応されて、引越し料金が値引きになります。 値引きされる金額は、業者によっても違いますが、1,000円〜1,500円といったところです。 これは少なくない金額です。 予定が決まっている人は、早めに予約しておいた方が断然お得になります。 ただし、早期割引を行っていない業者の場合、いくら早く予約をしても、割引料金にはならないので注意が必要です。 サイトを確認したりして、早期割引があるかどうか調べておきましょう。 早期割引は、どちらかというと、大手で実施されていることが多いようです。 引越し業者が早期割引を設定するのにはわけがあります。 業者側としても、予定が空いているよりは、埋まっているほうが安心できるわけです。 これは自営業の人ならわかる心理かもしれません。 先の予定が決まっていれば、車の手配も計画的にできるし、業者側も都合がいいのです。 こうした業者側の思惑を徹底的に利用しておくと、得になります。 予約を入れやすい日 せっかく引越しの予定を決めたのに、引越し業者の予約を入れられなかったら意味がありません。 引越しの予定を立てるときは、引越し業者に予約できるか、という観点からも考えていかないといけません。 引越し業者のスケジュールというのは、要するに早い者勝ちで決まってきます。 引越しを頼む側が予約を入れて、業者の方が空いていれば予約成立となり、全ての時間帯ではありませんがその日は埋まります。 そんな風にして、どんどん予定が埋まってきます。 人気のある日はすぐに埋まってしまうし、人気のない日は直前まで空いている、ということになります。 すぐに予定が埋まってしまう日は、土日、祝日などです。 多くの人が、学校やお仕事がお休みになるので、そういう時に引越しを済まそうとします。 また、2〜4月というのは引越しシーズンにあたるので、予約がすぐに埋まってしまいます。 休日や祝日、2〜4月といった繁忙期に引越しを考えているのなら、早めに予約しておいた方が無難です。 空き枠を確認 引越し業者では、空き枠を公開しているところがあります。 タイムテーブルを公開しているということです。 ホームページ上で日時を指定したりして、確認できます。 いつ空いているのかわかるので、こちらも予定を立てやすいです。 引越しの予定を立てるときは、まず自分の中で引越しの日時や時間帯を決めて、それから業者に見積もりをとって、という順番になりがちですが、逆に、向こう側の都合を聞いてから引越し日を決めた方がものごとがスムーズに進むものです。 せっかく予定を決めても、すでに枠が埋まっていたら、受け付けてくれません。 お手頃な料金で、良質な引越しをしてくれる業者を見つけて、予約しようとしたとしても、すでに可能な日は埋まっていて、頼めないということもあります。 料金がリーズナブルで質も高い引越し業者というのは、たいていはひっぱりだこです。 すぐに予定が埋まってしまうものです。 このようなことから、先に空き枠を確認しておく方がいいでしょう。 一括で探して予約する 引越しの予約をとる場合、いちいちその業者の公式サイトに行って、空き枠を確認して、という風にやっていくと面倒です。 一括見積もりサービスを利用すれば、簡単な入力フォームに記入して送信すると、複数の業者から返答が返ってきます。 引越しを予定している日で、空き枠があるのかどうかすぐにわかります。 空き枠があるかどうかを探せるだけではなくて、料金比較もできるので便利です。 また、一括見積もりサービスを利用すると、同じ日にちにいっぺんに予約できるので、相場がわかってきます。 同時にその日は予約が埋まりやすい日なのか、そうでないかというのもわかります。 一回そうしたサービスを利用して状況を把握しておくと、その後にまた比較検討が必要になったときでも、予備知識があるので、有利な条件で予約しやすいでしょう。 一括見積もりで見積もりを取ったところに決める、決めないは別として、予備知識を得るという意味で、利用価値は大いにあります。 相場について 引越し料金の相場について語るのは難しいです。 特定の月の、特定の場所への相場というのなら、まだ語りやすいですが、全体像としての相場というと難しいです。 なぜかというと、引越し料金というのは、非常に幅のあるものだからです。 引越し業者の一括見積もりサービスを利用してみるとよくわかります。 同じ日にち、同じ条件で予約をしてみても、料金にけっこう幅があります。 倍近く開きがあったというケースもあります。 だからこそ一括見積もりをして、少しでもお得な業者を探した方がいいということになるのです。 それぞれの業者で引越し料金に差が出るのでは、その業者がインチキをして水増ししているわけではなく(そういう業者もいるのかもしれませんが)、繁忙期であるかどうか、予約日、その業者でトラックの都合がつきやすいかどうかなどの様々な理由が影響してきます。 前者はまだしも、後者の要因というのは本当に水もの、いつトラックの都合がつくかなんて、その近辺になってみないと予測できません。 だから相場を知るよりは、比較検討でその時ベストな料金を探す方がいいでしょう。 比較検討の大切さ 何事も1つの物事にこだわっていたら視野は広まっていきません。 面倒だからと、外に目を向けるのを拒んでいたら、すごく損をしてしまうかもしれません。 引越し業者を決めるときに、1社だけに決めてしまって、すぐ契約してしまう人がいますが、あれはすごくもったいないです。 たとえばコマーシャルを見て、なんとなくいいイメージを持ったのでとか、大手だから安心だろうとか、そういう軽い気持ちで決めてしまうと、あとで他の業者について調べてみたところ、もっとお得に利用できる業者を発見して、すごく悔しい思いをすることになります。 決断を下す前に、複数の業者から見積もりをとってみて、心を平らにした状態で比較検討してみることをおすすめします。 きっと、違いにびっくりするはずです。 引越し業者の料金というのは、それぞれでけっこう異なるものです。 一括見積もりを利用したことのある人ならわかるはずですが、かなり開きがあります。 まずは比較することを前提にしましょう。 基礎知識 ・ ・ ・ 見積もり依頼の注意点 ・ ・ 料金の値引き交渉 ・ ・ 引っ越し関連リンク ・ - 単身パックの比較。 ・ - 単身パックの解説。 com 2010.

次の

単身パックの引越し見積もりを主要5社で比較!

引越し 料金 比較

料金目安 プラン名 区分 詳細 日通 1. 8万円~ 単身パックS 単身パック 荷物量に応じたS・Mの2サイズ 2万円~ 単身パックL 単身パック 要見積 単身パック当日便 単身プラン 近距離限定のトラックチャータープラン ヤマト 1. 5万円~ ミニ引越しプラン 単身プラン 標準的なチャータープラン 佐川 2. 1万円~ カーゴプラン 単身パック 標準的なBOX輸送プラン 3. ただ荷物量さえ少なければ何人家族でも利用可能です。 要は荷物がそれぞれBOXやトラック内のスペースに収まればOK。 また、表の相場はあくまで参考目安で、 利用者それぞれの引越し条件次第で大きく料金が変動します。 なので、比較的安い日通にしたってヤマトにしたって「 この業者の単身パックが安い!」ということは言えないんですね。 つまり、予定日(時期)、引越し先(距離)といった条件次第で各社料金が異なるため、自分の条件で見積もりを出してもらって比較して初めて安い単身パックが分かります。 単身パックの予約は埋まりやすい! 単身パック(BOXタイプ)での引越しを希望するなら 見積もり予約は早めにとっておくのがおすすめ。 というのも、単身パックは他の利用者のボックスと一緒に1トラックで輸送するので、他の予約との都合を考えてトラックを走らせる必要があります。 そのため、利用者1名にトラック1台貸切りの通常プランと比べて、業者側のスケジュール調整ががむずかしいので希望日での予約が取りづらいんですね。 加えて単身パック自体が人気のサービスなので、そもそも予約が埋まりやすい。 特に土日・月末月初・3月4月に引越し予定があるなら尚の事。 なるべく早く、予約に空きがある業者の単身パックを一括見積もりで探して比較、最安値の見積もりを出しておくことが肝心! 単身パックと単身プランの違いは意外と知られてない 一人で引越しをする場合にまず思い浮かぶのが「引越し単身パック」と「引越し単身プラン」この2つ。 パッと聞いただけで同じ意味だと捉えがちですが、両者は全然別物です。 料金も違ってくるし、運べる荷物の量も変わってきます。 この違いを簡単にまとめてみました。 単身パック 単身プラン 荷物 少ない 多い 料金 安い 高い ダンボール 有料 無料 単身パック:ボックスで輸送する カーゴ(コンテナボックス)に入りきる荷物の量の引越しが対象。 引越し業者が他の輸送荷物と混載して運べるため、その分料金が安くなります。 「単身パック」という名称は日通の商標登録となっているため、他の引越し業者、例えばヤマト運輸なら「ヤマト単身引越しサービス」など独自のプラン名を使っています。 BOXの図を見てもらえば分かるように、本当に荷物が少ない人だけが使えるサービスプラン。 単身プラン:トラックをチャーターして輸送する 単身パックでは入り切らない荷物量の人が使う一人向けの引越しプラン。 ただ、「単身」とついているだけで基本的にはトラックを1台チャーターするため、他の引越しと同等の扱い。 単身パックと違って、ダンボールが無料になったり、荷造りをしてくれたりするサービスも付いています。 つまり基本的には通常の引越しプランとそれほど大きな差はないということになります。 両者のメリットデメリットと選び方 両者の違いを知っておくことで、予算や手間、荷物量などに応じて、あらかじめ自分はどちらのプランなのかをざっくり把握した上で引越し業者と相談できます。 単身パックのデメリット:荷物量とダンボール調達 一覧にある通り、一番の違いは荷物量による料金の違い。 単身パックは距離数に対する料金がそれほど左右されないため、最安値料金で引越しできます。 1BOXで入り切るなら断然単身パックにしたほうが安く済みます。 ただし、これが単身パックのデメリットにもなり得ます。 例えば日通単身パックは荷物に上限はないけど、1BOXで入り切らない分は 追加料金が必要になるため、宅配便を使って別送するなどの方法も検討する必要が出てきます。 ダンボール数箱分くらいなら数千円で収まるので、基準となる荷物の絶対量が決め手に。 またダンボールは有料か自分で手配する必要も。 単身プランのデメリット:長距離引越し費用が高い これに対して、単身プランなら荷物量は気にせずダンボールも基本無料サービス。 荷運び、荷解きなどのオプションを付ければ手間や労力を気にせず引越し業者に全部任せてのんびり引越しを行うことも可能に。 ただ、その分料金は上がるし、 距離数が増えれば増えるほど更に割増になっていくのが最大のデメリット。 近距離の場合なら各社格安プランを打ち出していますが、長距離になるとやはりどうしてもそれなりの料金が掛かってきます。 単身引越しが安いのは単身パック?単身プラン?相場比較 単身パック 単身プラン 相場 約1. 5~4万円 約3~10万円 単身パックは他の荷物との混載輸送になるため、市内、県内を出て100kmとか300kmなど距離数が伸びても約3万円以内に収まることが多くなります。 これに対して単身プランはよほど荷物量が多くない限りは、距離数が一番大きく関わってくるため、それに応じて料金も変動します。 単身パックはボックス単位での料金となるため、仮に2BOXになった場合と単身プランと比較してどちらが安いのか?を判断しなければならず、業者によってこの料金は変わってきます。 どちらがいいのかは、荷物量、移動距離、サービスプラン(ダンボールや荷解き、清掃、廃棄処分など)の希望の有無で自分がどうしたいのかによって、また業者ごとにも変わるため、一概に定義付けはできません。 単身パックは全引越しプランの中で最安値になるので、どうしても安く済ませたい!という場合は、 荷物を売却したり処分したりしながら減らしていくしか方法はないと言えます。 ワンポイント アドバイス 引越し業者はたくさんあって、さらに「単身パック」「単身プラン」、さらには「単身サービス」「シングルプラン」「ミニ引越し」などプラン名が多すぎ。 価格はどこが安いのか、どのプランがいいのかを見極めるのは困難の極みです。 そんな場合は荷物量や移動距離、オプションまで含めた希望条件を踏まえて一括見積もりで一度に比較したほうが素早く分かるためおすすめ。 特定の荷物がある場合は利用できない これらを運んでもらうのは無理! 単身パックのBOXはどこの業者でも大きさがほぼ決まっています。 つまり、入り切らない荷物がある時点で使用は不可。 例えばベッド。 折りたためるものであれば大丈夫ですが、ベッドは大体170cm以上になりますよね。 また3ドアの冷蔵庫もギリギリ行けるかいけないか、ピアノや大型家具や家電がある時点で難しくなります。 ちなみに、原付きバイクなどエンジンが付いている乗り物、高価な美術品や有価証券、またペットも運んでもらうことはできません。 【料金事例付】単身パックを使った人の口コミ評判 普通でした• 引越し料金 41,000円• 引越し時期 7月• 引越し距離 同市内 引っ越し先が近場だったので、本来は自分達でできる距離でしたが、冷蔵庫、洗濯機がファミリー用のため、引っ越し業者にお願いすることにしました。 できるだけ費用を抑えたくて3件ほど電話しましたが、費用はさほど差がなかったため、対応の良さから日本通運を選びました。 しかし、単身パックだと電化製品が一人暮らし用だと思われていたようで10リットルの洗濯機、300リットル以上の冷蔵庫をみて、業者の方々に「まじかよ」というような発言をされたこと。 電話対応もよく、見積もりにスタッフが訪問して運搬物を確認するためにメモなどもしていたのに作業スタッフに引き継ぎされていなかったのか、そのスタッフの心情なのかはわかりませんが、聞こえてきてしまったのは非常に残念でした。 投稿日時:2019年04月25日 03:50 やや不満でした• 引越し時期 11月• しかし、運び出しは三人だったのに引越先に到着後のスタッフは1人で、家電とかがなかなか運べなかった。 梱包交代して頂いた食器が割れていた。 見積り段階でおまけしてくれると言っていたガスコンロや不要物の処理代が最終的に三万円ほど加算されていたのでおかしいが、スタッフに言っても確認してもらえない。 投稿日時:2019年04月25日 18:55 やや不満でした• 引越し料金 70,000円• 引越し時期 6月• あとは、自分の希望日時に融通をきかせることができれば、業者が引っ越しと引っ越しの合間での実施を了解したら少しだけど値引きしてもらえる。 しかし、自分では荷物は少ないと感じても、見積もりをしてもらうと単身パックでは厳しいのでプラン変更や一部の荷物処分を前提にされる。 単身パックの決め手はやっぱり荷物量。 これが8割以上の鍵を握ってると言っても良いですね。 ボックスに入れば格安、少しでも入り切らなければ通常便に… あとは距離数でも変動する場合があるので、やっぱりしっかりと見積もりを各社から取った上でどこにするのか決めたほうが無難です。 単身引越し費用が確実に安くなるおすすめの方法5つ! 単身で引っ越しする場合は「1人なんだし安くしてよ!」と業者に言いたいところですが、何もしなければ安くは収まりません。 値段を安くする方法を知っておくだけで、事前準備もできますので、管理人もよく使うおすすめの方法についてまとめておきます。 【1】安くなる時期を知っておく 引越しの超繁忙期は3月と4月。 年が明ける前に前倒しで引越しをする人も多いため、12月も相場料金は上がってきます。 それに比べて1月、6月、7月、11月は全体的に引越し件数が下がる傾向にあります。 月は選べないよ…という場合は、月末月初はせめて避けましょう。 特に月末は中旬と比べて1. 5~2倍に料金が跳ね上がる場合があり、これを知らなかった管理人は3万円台で済む引越しが8万円になったことがありかなりショックでした… 時期は特に大事と心得ておいてください! 【2】思い切って捨てるものは捨てる モノってなかなか捨てられないけど、バッサリ捨てて新調したほうが引越し料金と比べて安くなる場合もあります。 どうしても引越し料金に目が行きがちですが、捨てるものは捨ててしまったほうが結果安くつくことも。 断捨離する意味も含めて気分良くバーンと行くのはおすすめです。 【3】荷造り、荷解きは余裕を持って事前に行う 管理人も一度だけ使ったことがありますが、荷造り、荷解きを業者にお願いする おまかせパックなど使うと物凄く楽なので使いたくなっちゃうのですが、 これだけで2万円とか取られます。 あと、見積もりはできるだけ早めに取ってください。 引っ越し直前だと確実に料金は上がります。 【5】各業者の見積もり金額で値下げ交渉 【4】の相見積もりで出た「一番安い見積もり金額」を値下げ交渉の材料にします。 具体的にどういうことかっていうと 「この金額より安ければ考えるんですけどね~…」と他の業者に掛け合ってみると 「わかりました!もう少し頑張りますのでうちで!」って感じでどんどん安くなっていきます。 まとめ:少量の荷物を安く送るには1社の単身パックにこだわらない 単身パックはとどのつまり、 ボックスに荷物積めるだけ積んで運ぶから割安!という混載便サービス。 …たしかにお得感あるし、安さにも納得できますよね。 でも一定額じゃない。 そこが肝心なんです。 引越し料金は、その時その時、あらゆる要因で相場が変動します。 それはどの引越し業者の単身パックでも一緒。 「少量の荷物だし、~社の単身パックが一番安いはず!」 っていう考えは大きな誤解なんです。 つまり一旦、~社の単身パックを本命としておいて、できるだけ多くの業者の見積もりと比較してみてください。 見積もり比較した結果 一番安いのは 他社の通常プランかもしれないし、 ~社の単身パックかも。 いずれにせよ、見積もり比較さえやっておけば あなたが運びたい荷物量を一番安く運んでくれる引越し業者に必ず出会えます。 SUUMO引越し.

次の

引越し先で電気料金プランを選ぶには?|エネチェンジ

引越し 料金 比較

インターネットから引越し業者にまとめて見積もりを予約できるサイトって沢山ありますよね。 使い方、登録業者数、特典などサイトによって差があります。 今回は実際に使ってみた結果、どこが一番使いやすかったかを記事にまとめました。 サイトを利用する前に以下の4点を重視しています。 使ってみたのは6サイト。 実際に利用してみて使いやすかったサイトをランキング形式で紹介していきます。 一番分かりやすいメリットが 「時間短縮」です。 特に遠距離、海外、オフィスなど条件が難しい引越しは安く対応できる会社が限られるので、一括で依頼することで自分で会社のプランを1つずつ調べる手間が省けます。 一般的には3~5社に依頼する人が多いです なんとなくお願いしようと考えている本命の会社があると思いますが、「本命の会社+2番手の会社+安そうな会社」の3社を選択すると交渉しやすいです。 出来るだけ安い見積もりが欲しいならさらに1~2社加える感じですね。 ただし、1社あたりの訪問見積もりが1時間程度と考えると、5社対応すると一日がかりになるので気合が必要です。 時間短縮以外のもう一つのメリットとしては、情報を送信すると見積額の目安をまずメールで送ってもらえるので、 「メールが交渉材料」になるということ。 安い見積もりメールはコピーしておこう メールの中から訪問見積もりをお願いしたい会社に返信するという流れですが、安い見積もりメールをコピーしておけば訪問見積もり時に、その金額を使って交渉出来るので便利なんですよね。 なので、『 訪問見積もりをお願いするつもりはないけど安そう』という会社を1社選んでおくと、最初から安い額をメールで提示してくれるので本命会社との交渉に使えますよ。 大手の料金には宣伝費、きめ細かいサービス、様々な人件費が反映されています。 大手業者は営業、オペレーター、作業員がそれぞれ専門で担当しています。 梱包素材も再利用できるエコロジーな資材を独自に開発していたり、養生も沢山の資材を使い丁寧です。 テレビCMで宣伝もしていますよね。 対して中小業者は電話対応、営業、作業員をすべて同じ人物で行うことが多く、宣伝もほとんどしていません。 そういったことから中小業者の方が安い値段を提供出来るんです。 ただし、大手の方が安くなる場合もあります。 遠距離の引越しや難易度の高い引越しの場合です。 丁寧なサービスだけ高くなりがちな大手ですが、 全国に営業所があるため遠距離では支店のない中小よりも有利なんです。 中小業者は遠距離でも搬入、搬出の作業員は同じ人がやります。 引越し先へ運んだ後は空のトラックで帰宅です。 大手業者は荷物はJR貨物で一気に運んで後は現地の営業所が引き継いだりします。 作業員の拘束時間で差が出るため大手が有利! 業者選びの参考にしてみてください。 前置きが長くなりましたが次から引越し見積もり予約サイトを5つ比較していきます! 1位. 不動産・住宅情報サイトとして有名ですよね。 そこがやっているサービスです。 は時々ネタ投稿もあって面白いのでフォローしてみてもいいかも。 また、サイトによっては見積もりに合わせてインターネットサービスやウォーターサーバーをお試しさせようとするところもあるのですが、そういった余計なものがまったくないのも印象が良かったです。 もちろん詳細入力もできます。 見積もり料金は訪問見積もりしないと結局分からないと思っているので、簡易入力があるのはうれしかったです。 荷物量を入力して検索するとこのように業者が表示されるので、自分で選択して送信して完了!とても簡単でした。 表示される会社のバランスが最高に良い もう一つ注目するところは、 表示される業社のバランスが良い所。 私の場合はこんな感じで大手4社と中小2社が表示されました。 訪問見積もりをとる時のスケジュールは、• ちなみに6社から見積もりメールをもらって、最終的に訪問見積もりを依頼した業者は「アリさんマークの引越社」「サカイ引越センター」「町の引越屋さん」の3つ。 アリさんとサカイをセットで見積もり依頼する場合は、この2社はライバル関係なので、お互いに負けまいとして安くしてくれますが、お互いに譲らずしつこくなる時もあるのでご注意を(苦笑 2位. SUUMO引越し SUUMOでお馴染みのリクルート住まいカンパニーが運営する引越し見積もりサイトです。 LIFULL引越し(旧 HOME'S引越し)と同じように、 見積もりが欲しい引越し業者だけを選んで、見積もりを依頼できます。 引越しの一括見積のデメリットは電話営業の煩わしさですが、その心配がありません! 引越しの一括見積サイトで電話番号記入が不要なのはSUUMOだけです。 電話番号を未記入で申し込んだ場合は、メールでの返信を待つことになるので、すぐに連絡が欲しい!という方は電話番号を記入した方が早いですが、 急ぎではない方には 電話番号営業の心配がないというのは大きなメリットですね。 引越し達人セレクト 引越し達人セレクトは14周年ということで、サービスの運営歴は非常に長いですね~。 登録業者数の記載はないので、どんな業者が参加しているのかは不明です。 上記2つのサイトはじっくり業者を自分で選んで、という形でしたが引越し達人セレクトはとにかくシンプル!どうせ見積もりの時に細かく打合せするから入力なんて簡易でいいのでは?という考えの方に最適です。 予定日と連絡先を入力すればお問い合わせが完了します。 荷物の量や条件などはその後でという珍しい形です。 30秒で申し込めると書いてありますが、本当に30秒程度の簡単入力です! 簡単に入力した間取り、人数、日程などから条件に合った業者が比較表示されます。 荷物の量を入力しなくてもいい会社はここだけです(笑) 4位. 引越し侍 引越し侍はテレビCMも流している見積もりサービスですね。 以前このサイトを利用したことがあって、各業者の詳細を比較しながら見積もりを依頼する会社を選択していった記憶があります。 引越し侍の特徴として、まず最初の画面に「ネットで料金比較」(左)と「一括見積もりスタート」(右)の2つボタンが表示されていると思います。 「ネットで料金比較」(左)・・・見積もりを出す会社を自分で選ぶ• 「一括見積もりスタート」(右)・・・対応できる会社に一括で見積もりを出す 左と右ではこのような違いがあります。 説明文を見てもよく分かりませんが、入力して進めていくと途中で違いが分かると思います。 「ネットで料金比較」がおすすめ 基本的には左の「ネットで料金比較」からクチコミやオプションを自分で比較して会社を選択する方が良いです。 なぜなら一括だとどの会社に依頼したかこちらでは分からないので、送信した瞬間から大量の営業電話に悩まされる可能性が大きいからです。 では、「一括見積もり」を使う場合はというと、• 長距離の引越しをする時• 急ぎの引越しで日程に余裕がない時• 環境が特殊で難しい引越しになりそうな時 このように対応できる業者が少なそうな時は一括を使った方が早いです。 今回はネットで料金比較の方を使ってみました。 まず住所、荷物の量を入力していきます。 HOME'Sのような簡易入力はありません。 細かい部分は訪問見積もり時に確認すれば問題ないかと。 引越しの情報を一通り入力すると、最後に対応できる業者が一覧表示されます。 オプションサービス、クチコミ、予想相場料金を自分で確認し、見積もりを出したい会社を選択しチェックを入れて送信で完了! 自分で細かく調べて厳選できるのは魅力的ですよね。 HOMESは登録業者数が130社で引越し侍は246社と記載されているので、HOMESよりも沢山の業者が候補に上がります。 ズバット引越し比較 スバット引越し比較の運営母体は株式会社ウェブクルー。 2004年~2015年まで上場もしてた大企業です。 登録業者数は 220社以上となっていて、引越し見積もりサイトの中でトップクラス。 ちなみに上のHOMESは130社だそうです。 見積もり情報を入力をする画面もシンプルで分かりやすく使いやすいです。 HOMESと同じように荷物の簡易入力にも対応しています。 あとは業者が選択できればパーフェクトでしたが、 選択画面は出てきませんでした。 ズバットのような業者を選択しない一括見積もりのメリットは、一気に沢山の業者に通知するので、すぐに業者が見つかることですが デメリットとして、営業担当者が一斉に電話をかけてくることです。 メールも大量にくる可能性が高いので、メインのアカウントは使わずにYahoo! メールやGmailで適当なアカウントを作った方が安心です。 備考入力欄には次のように電話は受け付けないと記載しておいた方がよいです。 特にズバットは参加業者が非常に多いので何も書かないと電話の荒しが待っています。 記載しても電話をかけてくる業者(大体大手業者ですが... )は無視しましょう。 com 引越比較 比較. comは結構昔から見かけるサイトですが当時は価格. comとの違いが分からず混乱していました。 その比較. comの見積もりサービスです。 ここのサイトは超シンプルで、どれだけシンプルかというと入力画面が1ページだけなんです! 「見積もりスタート」の次の画面のトップに依頼する会社がいきなり表示されます。 私の場合は大手のみの表示でしたので微妙でしたが、見積もりを送信する会社を表示してくれるのはうれしいです。 あとはそのまま下へ入力していって完了!という超シンプル設計です。 もう少し表示される業者が多くて選択も出来れば完璧だったんですけどね。 『大手業者にしか依頼するつもりはない!!』という人は簡単に複数業者にまとめて依頼が出来るので便利だと思います。 業者を選択出来るのがこの2サイトだけだったので、申し訳ないけど他を使う魅力はないかなと。 ネットから見積もり依頼をする場合の注意点としては 『時間を気にせずに電話を何度もかけてくる営業マンが必ずいる』ということです。 対策としては、• 備考欄に「終日電話は出られないので連絡はメールでお願いします」と記載すること• 沢山の業者に依頼しないこと(3~5社がおすすめ)• メールアドレスはフリーメール(Yahoo! 、Gmailなど)を使う この3点は意識した方が安全です。 私の印象ですが、 大手営業マンほど図々しい人が多く、中小業者の方が融通が効く場合が多い気がします。 どんな人が担当者がついてくれるかわかりませんが、お金だけじゃなく担当者の雰囲気をみてその引越し業者を決めるというのもいいですね。 関連記事.

次の