人力ボーカロイド。 UTAUの使い方を解説【初心者向け】

ボカロ初心者の練習には「UTAU」がお勧め【無料も】

人力ボーカロイド

ボカロ曲はどうやって作られる? 世の中のボカロ曲はどうやって作られているのでしょうか? まず、 ボカロは基本的に歌を歌う機能しかないため、伴奏は別に作る必要があります。 伴奏を作るために、ほとんどの人は「DTM(デスクトップミュージック)」という方法を使います。 DTMというのは、パソコンで楽器を録音したり、MIDIの打ち込みで自動演奏したりして曲を作ることです。 DTMには「DAW」という作曲ソフトが使われます。 また、ボカロはDAWの上で「プラグイン」として機能するようになっています。 まずはどんなボカロを選べばいいのか説明します。 ボカロを選ぶ ボカロは「エディタ」と「ライブラリ」がセットになって始めて歌わせることができます。 それぞれどんなモノなのか詳しく見ていきます。 エディタ エディタとは、ボカロのメロディーや歌詞などを入力して編集するためのソフトです。 こんな感じで、ピアノロールと呼ばれる画面上で入力していきます。 ややこしいのは、最近のボカロはエディタの選択肢がいくつもあるということです。 2018年現在の最新版はVocaloid5(以下V5)ですが、1つ前のV4を含めると 4つあります。 キャラクターっぽさの少ない「一般向け」な感じの声です。 上の動画で聴いてみてください。 編集方法もこれまでとは大きく変わりました。 どちらが良いとは一概には言えませんが、 ネット上で調声方法を調べやすいのはV4です。 ライブラリ すでに何度も触れていますが、ライブラリにもV4とV5があります。 V5エディタはV4ライブラリを読み込めますが、V4系の3つのエディタはV5ライブラリを読み込めません。 互換性さえ気をつけていれば、ライブラリは好みで選べば問題ありません。 ただ、今のところ(2018年11月)YAMAHA標準以外のV5ライブラリはAHSのしかないようです。 目的別の選び方 エディタとライブラリについてざっくりと説明しました。 結構ややこしいですよね? でも、 現実的な選択肢はそんなに多くありません。 Vocaloid Editor for CubaseとV4エディタは入手しづらくなっていますし、これからV5ライブラリが増えることを考えるなら選ぶべきではないでしょう。 つまり、 エディタはPiapro StudioかV5エディタのどちらかを選べば大丈夫です。 具体的にどういう買い方があるかを説明します。 コスパを重視するなら、クリプトン製のV4ライブラリを買いましょう。 すでに触れたように、クリプトン製ボカロにはPiapro Studioが付属しています。 さらに、実は Studio OneというDAWの機能制限版も付属します。 つまり、 1万円台で必要なものは全て揃うのです。 クリプトン以外(など)のボカロを使いたい場合でも、 V5エディタが27,000円もする状況では、クリプトン製ライブラリを買って、付属のPiapro Studioを使用した方が安いです。 一番安く済ませようと思えばこのチョイスになるでしょう。 クオリティ重視・V5ライブラリ重視 ただ、上の選択肢では当然V5ライブラリは使えません。 これから長くボカロを続けようとするならV5エディタを買うべきです。 しかしその場合は(キャラクター系の)ライブラリは付属しませんし、DAWも自分で用意しなければいけません。 クリプトン製品に付属しているDAWは機能制限版です。 本格的に曲を作っていきたいのならちゃんとしたものを買いましょう。 DAWの選び方は下の記事が参考になると思います。

次の

UTAUの使い方を解説【初心者向け】

人力ボーカロイド

人力ボカロをやってる者です。 詳しくということで長くなってしまいますがご了承下さい。 まず始めに他の方が回答している様なサイトを一通り見ていただけると分かりやすいかと思われます。 では本題に入ります。 必要なものはもう持っていると仰ったUTAU、素材音声、音声編集ソフトです。 絶対、という訳ではありませんがMP3をWAVに、などといったフォーマット変換ソフトをダンロードしておくと後々助かります。 言い忘れましたが私の場合全てにおいて無料でやってますので有料かどうかの心配はありません。 一応私の使っているソフトを紹介しておきますと、 音声編集ソフトはAudacityで、フォーマット変換ソフトはFreemakeAudioConverterです。 検索すれば公式サイトなどのダウンロードサイトが引っかかると思います。 動画を見る限り、声優さんなどの声で人力ボカロを作りたい、と解釈しました。 作っている側から少し注意して頂きたいのですが、一般的に声優さんなどの声で人力ボカロを作ることは 法律上グレーゾーンです。 声優さんなどの本人から訴えられたら完全にこちらが悪いです。 そのようなとてもデリケートなジャンルであるということを忘れないで貰いたいです。 話が逸れてしまいましたすいません。 素材音声についてですが、例えばBGMのない作りたい声だけの音声なら問題ないのですがBGMがあるとうまく歌ってくれません。 キャラクターで探してなかなか見つからなければそのキャラクターの声優さんが演じている他のキャラにも目を向けてみてください。 もしかしたらいい素材音源が見つかるかもしれません。 素材音源が見つかったら音声編集ソフトを開きます。 (Audacityで話を進めていきます) 素材音源を読み込み、喋っている中の一音(例えば「か」が欲しければ「自分は分かっていたんだ」などの台詞から抜き出します) を選択します。 選択したら左上のファイルから選択範囲を書き出しを選択します。 ファイル名に音の名前を入れて保存します。 保存の時に専用のフォルダがあると便利です。 どの音を取ったか分かりにくいので先に紙に全ての音を書き、取った音に印をつけていくと楽です。 50音+しゃ、りゃ、ふぃ、など、濁音破裂音、取り直しなど含めてこの動作を100回以上はしますがここで挫けたら歌ってくれません。 頑張れば二日三日で終わります。 音を取り終わったらUTAUをひらきます。 上のプロジェクトにあるプロジェクトのプロパティを開きます。 そこで原音ファイルセットという項目の右の方に…という記号があります。 そこをクリックし先ほど音を保存したファイルを選びます。 OKをクリックしたらキーボードのCtrl+Fで音リストを開きます。 音をダブルクリックし、全て打ち込んだ後、 上の編集から全て選択を選びます。 キーボードのCtrl+Eでプロパティを開きます。 キーをC4にして長さは480にします。 ここからが発音の全てを決める原音設定をします。 すごく重要です。 まず打ち込んだ音一つを選択し、Ctrl+Gを押します。 変なのが出てきます。 赤い線、先行発音と緑の線、Overlap(オーバーラップ)を50手前ぐらいに設定します。 ここからの原音設定はもう作る人によって違ったりするので私以外の沢山の方にも聞いたほうがいいと思います。 私の場合は左側を引っ張ると出てくるピンクの固定範囲を微妙にずらしながらF5で再生してずらして再生して… を繰り返しました。 ある程度やっているとどこらへんが子音と母音の境目か分かってきますので、 言ってしまうと慣れです。 まあ世の中便利で勝手に設定してくれるソフトもある、らしいです。 多分…そこは御自分でお調べ下さい… でも直感的に自分で設定した方が私はいいと思います。 なにしろ感動しますから。 原音設定が終わったら終に歌ってくれます!!!!! とっても感動します!! 私は泣きました!!! とりあえずUTAUでいう楽譜にあたるustというもので歌わせるのが手っ取り早いです。 音感のある方は耳コピしちゃったりもします。 すごく面倒です。 ニコニコ動画でust配布タグや「曲名 ust」でぐぐってもでてきます。 キャラの声に合わせて考えてあげてください。 あとは参考になるサイトを見ながら調節して最後に再生したら上の再生から今聞いたのを保存をクリックします。 また音声編集ソフトの出番です。 カラオケ音源を探して読み込み、歌わせた音源を読み込み、音を調節したり編集してミックスして保存すれば終わり! 文字数が足りなくなってしまいました。 何かありましたらお気軽に連絡ください!頑張って下さい!.

次の

人力VOCALOID講座 単独音と連続音

人力ボーカロイド

人力VOCALOID講座用の単独音と連続音の説明です。 ・UTAUの知識があり、単独音と連続音の違いについてよくわかる方 ・お手軽に単独音式でやるつもりの方 ・ぶんしょうよむのめんどくさい方 は飛ばしていただいて構いません。 また、読んで理解できなかったとしても後の作業ができないことはないです。 自分も専門家ではないので人力するのに支障のない範囲の間違いであれば目くじら立てないでおいていただけるとありがたい。 (トライフォン辺りの説明がとても間違っていたので削除しました。 ) 母音と子音ってご存じでしょうか。 あまり難しい話をしてもあれなので言ってしまうと、日本語では「あ」「い」「う」「え」「お」の発音のことを母音と言います。 母音の前に、子音と呼ばれる音(k、r、hなど、日本語話者は単体ではなかなか発音できません)をくっつけることによって、「あ」が「さ」に変わったり、「え」が「ね」に変わって聞こえます。 日本語ではその二つをセットにして一文字で書いてしまうので意識したことってあんまりないかもしれません。 今少し意識してもらえればそれで十分です。 「ん」はどっちだろう?と思われますが、子音だそうです。 そんでもって6種類以上もあったりするようです。 子音の中の細かい区別として、破裂音だとか歯擦音だとかいろんな名前がありますが、名前は特に覚えなくても大丈夫です。 ただ、 ・子音の波形が見えるやつ(sやmなど) ・波形はあんまり見えなくて、直前で一瞬無音になるやつ(pやkなど) くらいは意識しておくと今後作業がスムーズに進むかもしれません。 また、母音をV、子音をCと呼ぶこともあります。 覚えなくても大丈夫です。 単独音とは。 UTAUというソフトを扱うときに使われる用語で、ひらがな一文字単位の発音、それを切り貼りしていく方式のことを言います。 (UTAUというソフトは、もともと「人力VOCALOID支援ツール」といったような目的で作られています。 現在ではUTAUのために自分の声等を収録するのが主な使われ方です。 ) これだとひらがな単位で切り取るので、その間にある微妙なニュアンスが失われやすいというか、正直けっこう継ぎ接ぎした感じがしてしまいます。 (腕次第だったり素材次第だったりはするのでしょうがなかなか難しいものがあります) じゃあ連続音とは? 母音・子音・母音の3つの繋がりで切り出したもののことです。 なんでそんな切り方するの?と思われるかもしれませんが、母音同士ってクロスフェードで繋いだ時結構きれいに繋がるんですよね。 なんでなのかはよくわかんないんですけど。 常に母音部分に切れ目が来るようになってるのが連続音というわけです。 難しく感じるかもしれませんが切り取る範囲が前に少しずれただけなので大丈夫です。 この講座ではこれから切り貼りの段階に入って行きますが、ほとんど全て連続音での解説になります。 素材が足りなくて部分的に単独音になったり、CVVCと呼ばれる方式になったりすることもありますが、切り出す単位が小さくなったりずれたりするだけで大差はないです。 実は歌詞をローマ字で書いたのもこのためでした。 赤枠の「連続音」を主に使っていきますよというだけです。 おまけ CVVC、ダイフォンとは 連続音よりも細かい単位で、子音+母音、母音+子音の範囲で切り貼りされます。 ダイには2という意味があるっぽいです。 UTAUでは「連続音よりも収録の手間が少なく、容量も節約できる」とかのメリットがあるようです(使ったことない) VOCALOID2もこれらしく、一般的な合成音声でわりと使われているらしいです。 人力をする上では、母音子音母音の繋がりがどうしてもなかった時などに母音子音+子音母音として使いました。 素材が少ない歌手には有効ですね。 「連続音=トライフォン」でいいっぽい? 画像の音声はミクV4X Originalです。 便利ですねえ。 みんなも買いましょう。

次の