女の子 髪 描き方。 【手描き】簡単!可愛い女の子のゆるい絵の描き方【イラスト】│きょうはなにをしよう

女の子 髪型 イラスト 描き方

女の子 髪 描き方

【体の描き方】体の簡易化 体の簡易化とは 「体を描く上でバランスが悪くならないよう、簡単の骨格を描くこと」です。 (勝手にそう呼んでる) この骨格を先に描いてしまえば、「頭がでかい」「足が短い」などのバランスの不具合を回避できます。 なので慣れないうちは体の簡易化を描くことをオススメします。 それでは実際に描いていきます。 5:1:0. 5であると良いです。 女の子を描く場合、 少しでも肩幅が広いとイラストの場合女の子らしさが失われてしまいます。 これよりも肩幅があっても不自然にはなりませんが気をつけて描きましょう。 腕の長さは 肘が脇腹、手首が腿の付け根あたりにきます。 肉付の時の目安にしましょう。 女性の骨盤を広くすることによって女性らいしいボディラインを描くことができます。 また女性の体の機能的にも骨盤は広くなっているのでこのように描いていきましょう。 足に関しては好みになりますが、私の場合は 太ももを短く、ひざ下を長めにとっています。 またX脚に描くと女性らしくなります。 【体の描き方】各パーツの描き方 肩から手を描く 体の簡易化が終わったところで肉付けをしていきます。 関節部分をよく見ながら肩を描きます。 今回は三頭筋を剃ります。 さらに 橈側手根屈筋にあたる部分は少し二の腕よりも膨らませる。 あまりにも膨らませるのはやめましょう。 手の描き方は他の記事に書いていますのでそちらをお読みください。 胴体を描く 上から順に胸の描き方から。 肩甲骨の下部に胸筋があり、そこに脂肪がついていると考えた方が良い。 なので先に 胸筋などの周辺部位を描き、そこに乳房を貼り付けるイメージで描くといいといい感じになります。 これを 描いていないと猫背度が上がります。 またくびれを描くときは肋骨があることを忘れずに、意識して描きましょう。 年齢によって骨盤の幅は変わりますが、 高校生以上を描くときは骨盤を広くとってもいいと思います。 内側の付け根は筋肉を表現し、ひざあたりを細く描くと女性らしい太ももに仕上がります。 膝の皿は正面についているため内側に描いてはいけません。 膝の皿を持ってこないように気をつけましょう。 もし膝の皿を持ってきてしまうと関節が変な方向に曲がり、骨折しているように見えます。 早く手術をしてあげてください。 ふくらはぎは外側に盛り上がり、内側はそれに合わせて太くならないように描きましょう。 こちら足の描き方の記事になりますので参考にしてみてください。 他にも女の子の書き方をまとめた記事がありますのでこちらを確認して可愛い女の子をかけるようになろう! また他の描き方の記事もありますので気になるものがあれば、ぜひ読んでみてください。 まとめ ・体のバランスを正確にするために簡易化を描く ・各パーツの正しい形、配置、構造を理解する これを意識して体をかけるよう模写を繰り返し行ってください。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

実はカンタン!女の子の顔をかわいく描く描き方とコツ

女の子 髪 描き方

ラフを描く まずはアタリをとります。 顔や体の形を含めて、バランスよいシルエットになるようにします。 ザックリしているように思えるかもしれませんが、この時点ではこれでよいです。 あくまでもパーツの大きさや配置を確認するのが目的ということを意識してください。 大まかなパーツを配置します。 前髪は、左、中、右と分けてバナナみたいな形に描きましょう。 こうすると自動的にカワイくバランスをとることができます。 もみあげは頭頂部から、耳を隠すように流します。 横と後ろの髪は、シルエットが美しくなるように形を整えましょう。 私の経験上、このパーツはあまり立体を意識する必要がありません。 メカクレキャラなので、左と中の前髪を繋げます。 また、右目が隠れるように髪の長さを調整し、毛先の形を調整します。 髪の毛の形を整えるとき、同じ形の繰り返しになると退屈な印象になってしまいます。 中央の毛を中心に、左右に小さい毛束を配置して、リズミカルに整えるのがコツです。 クリンナップ&ペン入れ 全体的にバランスを整え、線を少しクリンナップしました。 近い距離にある毛束の間にある線を一部消します。 こうすることで線画自体を軽くするとともに、やわらかい印象になります。 いろんなところで活躍するテクニックなので、覚えておいてくださいね。 ここから先は、手直しするとなると時間がかかりますので、左右反転して形を最終調整しておいてください。 ペン入れをしました。 これで線画完成です。 下地の着色 髪用のレイヤーを作って、髪の色を適当に塗ります。 はみ出さないように塗って、不透明度保護しておいてください。 これで、以降髪を塗った時にはみ出すことがなくなり効率的に作業できます。 不透明度保護のやり方はお絵かきソフトによって違いますが、クリスタならレイヤーパレットの上にある南京錠とクッキーみたいなマークです。 ベースの色を塗っていきます。 今回は銀髪を描きますが、ベース色は灰色か青みがかった灰色にするとよいと思います。 この絵では光が右から当たっていることにするので、顔付近と右側を明るめに塗ります。 エアブラシを使って、色の境界がスムーズになるようにします。 顔付近と、側面にピンク色を載せます。 意外なことですが、白や銀色のものを描くときは、 いろんな色を混ぜたほうが白っぽく見えます。 なぜなら、白は周りにあるいろんなものの色を映しこむからです。 顔付近は肌色を映しこむから、側面は人物の外側のものが映り込むから、ピンク色をのせています。 側面の色は周りにあるものに合わせて、ピンク以外でもOKです。 例えば森の中のシチュエーションなら緑になりますね。 光沢を描く 一番光が強く当たる部分を白く塗ります(ハイライト)。 光が当たっている側の端っこを塗るのが鉄則です。 それにプラスし、頭頂部と、光と反対側のもみあげにもハイライトを描き立体感を出しました。 ここが重要。 「天使の輪」とも呼ばれる、輪形の光を描きます。 新しいレイヤーを作成して、頭頂部から等距離に光を書き込んでいきます。 こんな感じで描いてみてください。 「w」を連続したような形で、両脇だけ幅広に。 水色で描く。 なんとなく寂しい部分の髪にも描く。 ちなみに、水色で描いている理由は、空の光を映しこんでいるからです。 さっき描いた天使の輪を不透明度保護して、光が当たっている方を白く塗ります。 ハイライトっぽくする処理ですね。 この時も、色の境界がスムーズになるように、エアブラシツールなどを使ってください。 後ろ髪を描きました。 後ろ髪は、こちらから見えているのは裏側ですので、光はほとんどあたりません。 そのため、暗い色で塗っておきましょう。 暗い色で塗ることで、画面を引き締める効果もあります。 後ろ髪には向こうから逆光があたっているので、ふちに漏れ出た光を表現します。 また、顔の横や後方の髪には地面で反射した光が下から当たっているので、そこにも光を表現します。 どちらも明るい色を塗ることで表現しています。 通常は地面に光の照り返しなので黄色っぽい色なのですが、ファンタジーだと青や紫で描くことが多いです。 今回は青緑にしています。 下を向いている面に塗るのですが、ふつうは髪の毛の先がクルンと丸まって下を向くので、毛先に塗るとよいと思います。

次の

【手描き】簡単!可愛い女の子のゆるい絵の描き方【イラスト】│きょうはなにをしよう

女の子 髪 描き方

ラフを描く まずはアタリをとります。 顔や体の形を含めて、バランスよいシルエットになるようにします。 ザックリしているように思えるかもしれませんが、この時点ではこれでよいです。 あくまでもパーツの大きさや配置を確認するのが目的ということを意識してください。 大まかなパーツを配置します。 前髪は、左、中、右と分けてバナナみたいな形に描きましょう。 こうすると自動的にカワイくバランスをとることができます。 もみあげは頭頂部から、耳を隠すように流します。 横と後ろの髪は、シルエットが美しくなるように形を整えましょう。 私の経験上、このパーツはあまり立体を意識する必要がありません。 メカクレキャラなので、左と中の前髪を繋げます。 また、右目が隠れるように髪の長さを調整し、毛先の形を調整します。 髪の毛の形を整えるとき、同じ形の繰り返しになると退屈な印象になってしまいます。 中央の毛を中心に、左右に小さい毛束を配置して、リズミカルに整えるのがコツです。 クリンナップ&ペン入れ 全体的にバランスを整え、線を少しクリンナップしました。 近い距離にある毛束の間にある線を一部消します。 こうすることで線画自体を軽くするとともに、やわらかい印象になります。 いろんなところで活躍するテクニックなので、覚えておいてくださいね。 ここから先は、手直しするとなると時間がかかりますので、左右反転して形を最終調整しておいてください。 ペン入れをしました。 これで線画完成です。 下地の着色 髪用のレイヤーを作って、髪の色を適当に塗ります。 はみ出さないように塗って、不透明度保護しておいてください。 これで、以降髪を塗った時にはみ出すことがなくなり効率的に作業できます。 不透明度保護のやり方はお絵かきソフトによって違いますが、クリスタならレイヤーパレットの上にある南京錠とクッキーみたいなマークです。 ベースの色を塗っていきます。 今回は銀髪を描きますが、ベース色は灰色か青みがかった灰色にするとよいと思います。 この絵では光が右から当たっていることにするので、顔付近と右側を明るめに塗ります。 エアブラシを使って、色の境界がスムーズになるようにします。 顔付近と、側面にピンク色を載せます。 意外なことですが、白や銀色のものを描くときは、 いろんな色を混ぜたほうが白っぽく見えます。 なぜなら、白は周りにあるいろんなものの色を映しこむからです。 顔付近は肌色を映しこむから、側面は人物の外側のものが映り込むから、ピンク色をのせています。 側面の色は周りにあるものに合わせて、ピンク以外でもOKです。 例えば森の中のシチュエーションなら緑になりますね。 光沢を描く 一番光が強く当たる部分を白く塗ります(ハイライト)。 光が当たっている側の端っこを塗るのが鉄則です。 それにプラスし、頭頂部と、光と反対側のもみあげにもハイライトを描き立体感を出しました。 ここが重要。 「天使の輪」とも呼ばれる、輪形の光を描きます。 新しいレイヤーを作成して、頭頂部から等距離に光を書き込んでいきます。 こんな感じで描いてみてください。 「w」を連続したような形で、両脇だけ幅広に。 水色で描く。 なんとなく寂しい部分の髪にも描く。 ちなみに、水色で描いている理由は、空の光を映しこんでいるからです。 さっき描いた天使の輪を不透明度保護して、光が当たっている方を白く塗ります。 ハイライトっぽくする処理ですね。 この時も、色の境界がスムーズになるように、エアブラシツールなどを使ってください。 後ろ髪を描きました。 後ろ髪は、こちらから見えているのは裏側ですので、光はほとんどあたりません。 そのため、暗い色で塗っておきましょう。 暗い色で塗ることで、画面を引き締める効果もあります。 後ろ髪には向こうから逆光があたっているので、ふちに漏れ出た光を表現します。 また、顔の横や後方の髪には地面で反射した光が下から当たっているので、そこにも光を表現します。 どちらも明るい色を塗ることで表現しています。 通常は地面に光の照り返しなので黄色っぽい色なのですが、ファンタジーだと青や紫で描くことが多いです。 今回は青緑にしています。 下を向いている面に塗るのですが、ふつうは髪の毛の先がクルンと丸まって下を向くので、毛先に塗るとよいと思います。

次の