大鳥翼。 大鳥翼 (おおとりつばさ)とは【ピクシブ百科事典】

Apocalypse Bird

大鳥翼

たまに、翼は空を見上げている。 いつも、僕は翼を見上げている。 「ねぇ、つばさぁ~、いつも何みてんのさぁ~。 」 間延びした遊の声に翼は生返事で返す。 本を読んでいるわけでも、ベイのメンテナンスをしているわけでもない。 何処を見ているのかわからない目は僕を見てなどいない。 いくつか適当な質問をしてみたけど、どれも同じ。 「ねぇ、つばさ!ベイバトルしよ!!ねぇ、ねぇ、いいでしょ?何もしてなんだしさ」 しかたないな、と翼は重い腰を上げた。 翼の気を引くのは僕じゃない。 ベイと空だけ。 ベイをしているときの翼は楽しそうで、ベイのことしか考えていないように見えた。 そんな真っ直ぐな翼を僕は好きだ。 空を見ているときの翼はどこかボ~ッとしていて、上の空。 まるで本当の翼がそこにいないみたいで。 僕を不安にさせる。 「いくよ!つばさ」 「あぁ、」 アクイラとリブラがぶつかり合う。 だけど、一瞬、翼が目を逸らした。 そのせいで勝負はすぐについてしまった。 「しっかりしてよね。 つばさぁ~。 」 「すまない」 翼は申し訳なさそうに眉を下げ謝った。 その後、アクイラを手に取り、僕の前からいなくなってしまった。 「ちぇっ、ぼくともう少し遊んでくれてもいいじゃないか。 」 すごく切なくなった。 胸が苦しくて、涙が溢れた。 遊んでくれないから、悲しいんじゃない。 遊び相手ならいくらでもいる。 いつも傍にいる人がいなくなったから、悲しいんだ。 ねぇ、翼。 俺はいつも、遊を見下ろしている。 今日は、青く晴れた一日だ。 雲一つなく、それが一層、空を大きくさせる。 遊がベイバトルしょうと誘ってきた。 断る理由もないので、答えることにした。 だけど、そんな気はさらさらなかった。 遊にはあっさり負けた。 勝負の結界に不服そうに頬を膨らませるボウヤに謝り、その場を去った。 今はベイをする気分じゃない。 いや、違う。 ベイをしたいのは山々だが、こんな気持ちでは、アクイラにも勝負をする相手にも無礼 である。 こんな気持ちにさせるのは、あの青い空のせいだ。 まるで俺を一人だと思い知らしめるために、アイツは胸を張っているように青い。 それが悔しくて、怖くて、何もできない。 一人になるのが怖い。 だけど、隣に誰かがいると、自分が一人であった事をさらけ出されてしまいそうで、余計に怖い。 こんな臆病な自分をさらに隠すように人と離れた。 だけど、一人は怖いから人が必ず見える位置にいるんだ。 しかし、遊は違った。 あの無邪気な笑顔を見ると一人であろうとなかろうと、どうでも良くなる。 その無邪気な笑顔は今、まだ、俺の手の届く所にいるのだろうか。 [newpage] ひとしきり泣いた後、僕はさっきまで翼がいた場所に戻った。 空を大きく眺められるこの屋上に彼を姿はあった。 一人の背中は切なそうで、どうしても、声をかけずにはいられなかった。 「つばさぁ!!なにやってるのさぁ!こんなところにいるくらいなら、ベイの練習すれば!翼はぼくみたいに天才じゃないから、練習 しないとぼくには勝てないよ!!」 振り返ると遊が立っていた。 目を赤く腫らして、膨れっ面の顔で。 「お前も、一度は練習したらどうだ。 」 「ぼくが練習なんかしたら、つばさ、勝てなくなっちゃうよ」 遊が俺のところまで、横に並んでこの青い空を見ている。 「お前が強くなったら俺も強くなるさ。 」 「なにそれ、負け惜しみ?どうせ、つばさはぼくには勝てないよ。 」 「すごい自信だな。 」 「当然でしょ。 」 少し、楽になった。 この広い大空で俺は今一人ではない。 少し、悲しくなくなった。 ぼくの隣にはいつも傍にいてくれる人がいるから。 「つばさは、いつもここから何を見ているのぉ?」 「・・・」 「ねぇ、答えてよ。 さっきのバトルで勝ったぼくがきいてるんだよ。 」 「あれが勝ったといえるのか?」 また、膨れっ面の遊に目線をあわす。 やっと、すまし顔の翼がぼくを見てくれた。 「つばさは何をみているの?」 「・・見下ろされているんだ。 どんなにアクイラを大空に飛ばせたって、空はいつも上にある。 空はいつでも俺を見ている。 ・・一人の 俺を」 翼はぼくと同じだった。 「・・ベイ、バトルしよ。 次勝った人が何でも負けた人に命令できるんだ。 だから、一日中一緒にいなくちゃいけないんだ。 」 「次こそ勝ってやる。 」 「今度も勝ってあげるよ。 」 ぼくの隣にはきみしか入れないんだよ。 俺の傍には、お前の笑顔が必要なんだ。 ただ、ぼくは翼の横にいたいだけなんだ。 空にはこれから見せ付けてやるんだ。 僕達をね。 end.

次の

Apocalypse Bird

大鳥翼

「永久の平和のために」 "For the Perpetual Peace" 以下の条件を満たすと特殊能力が発動します。 が発生する• クリフォトカウンターが0になる カウンターは以下の条件で変動します。 5名の職員が死亡する:カウンターが1つ減少• 作業結果が悪い:カウンターが1つ減少• 作業結果が良い:カウンターが1つ回復 処刑弾による職員の死亡は条件1でカウントされません。 特殊能力が発動すると 収容違反を起こします。 脱走中の大鳥が存在する部門内の部屋はすべての照明が落ち、『停電』状態になります。 徘徊中の大鳥にカメラを近づけると足音と共に画面が揺れ、わずかの間カメラが操作できなくなります。 脱走中の大鳥は1,600ポイントのHPを持ち、 時々ランプを眼前にかざして部門内にいる職員を1人マークします。 この時、 勇気ランク及びHPが低いエージェントほどマークの対象になりやすくなります。 マークは黄色い円形の印として職員の頭上に現れ、その色は徐々に赤色へと変化します。 マーク職員は ダメージを受けなくなりますが、40秒が過ぎると誘われるように大鳥の元へ向かいます。 マークされた職員が大鳥に接近すると、大鳥は職員の頭部に噛み付き、 首を噛み千切って殺害します。 このとき大鳥の前方に居る事務員は攻撃に巻き込まれて殺害される可能性があります。 殺害行動中の大鳥にはダメージを与えることができません。 マークされた職員が魅了される前に、停電中の部門から退避させることでマークを消滅させることが可能です。 大鳥は度々、魅了された職員を捜し求める傾向を示します。 部門内の職員がすべて死亡している場合、大鳥は彷徨い歩いて別の部門へと移動します。 収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。 鎮圧を完了してもレベルII以上の非常事態が継続している場合、即座に収容違反を起こします。 由来 4 枚中 1 枚目 大鳥は、とと共に、災禍をもたらす恐ろしい怪物から黒い森を守っていた鳥でした。 大鳥はそこに棲む『怪物』について、生き物たちに警告して森を歩き回っていました。 審判鳥が与えた眼のおかげで大鳥はずっと遠くまで見渡すことができ、侵入者を捜して森を守っていました。 ある日、誰かが尋ねました。 『もし夜に怪物が来たらどうしよう?』 心配になった大鳥はその羽全てを抜いてろうそくの芯を、その皮全てを剥いで永遠に消えないランプを作りました。 そして、大鳥は歪んだ『救い』の試みを解決法と考え、森の中の人間と生き物を自らの手で殺して歩き回り、怪物が生き物たちを惨殺することはついに防がれました。 森が混乱に陥りつつある最後の時、3羽の鳥は森を守るためにそれぞれの力を融合させることを決意しました。 新しいが生まれましたが、混沌も招きました。 いつ、鳥たちがそれぞれに分かれようとしたのかは明らかになっていません。 ロボトミー社が話の真偽を確かめに森を訪れたとき、『怪物』にも生き物にも一匹として出会いませんでした。 唯一存在していたのは大鳥だけでした。 より惨たらしい死から守るために人々を殺す大鳥の習性は、の施設でも継続しています。 脱走した他のアブノーマリティによる陰惨な死の代わりの救済を与えようと、大鳥は職員の殺害を試みます。 怪物はいなくなりました。 そして、この永久の灯火もいつか消えるでしょう。 ゆっくりと、ぼんやりと… There is no monster. So, this everlasting lamp will some day go out. Slowly, faintly... - 最終観測 何十もの目が怒りの眼差しを一か所に向けています。 森に住んでいた鳥は、生き物たちが怪物に食べられることが許せませんでした。 「自分が先に生き物たちを殺せば、怪物に殺される生き物はもういない。 」 鳥が命を救うたびに、目を一つ手に入れていきました。 大きな鳥はどれだけ疲れていても、目を閉じることができませんでした。 いつも生き物たちはやってくる怪物の餌食にされえたからです。 目が大きな鳥のからだを覆いつくすころには、周りには誰もいませんでした。 この暗い森に明かりを照らすために、大きな鳥は羽の全てを一枚一枚燃やして永遠に消えることのない明かりを作りました。 そのため大きな鳥には羽が全くなく、今では鳥と呼ばれることはほとんどありません。 撫でない。 撫でる。 その鳥は怒り、あなたに噛みつくかもしれない。 あなたは恐れて部屋から出た。 鳥は実際には柔らかくなく、あなたは寒気を覚えました。 鳥の目が好奇心であなたのことを捉えていると感じました。 あなたが撫でることで鳥は目を閉じ始めました。 その大きな鳥は、これまでになかったくらい、穏やかに眠りました。 OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS 詳細 大鳥は、 本能と 愛着、 洞察、 抑圧の順に作業を好みます。 本能と 愛着には作業レベルに関わらず普通の反応を示します。 洞察には作業レベルに関わらず低い反応を示します。 抑圧には作業レベルに関わらず高い反応を示しません。 他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。 大鳥の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。 作業終了時のPE-BOXが0~7個だと悪い、8~13個だと普通、14~20個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約10秒で、クリフォトカウンターの初期値は5です。 <管理方法 1>• 施設内の職員が5名死亡するごとにクリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 2>• 作業結果が悪い場合、クリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 3>• 作業結果が良い場合、クリフォトカウンターが増加した。 <管理方法 4>• 大鳥はレベルII以上の非常事態が起きるとクリフォトカウンターに関係なく収容室を脱走した。 <管理方法 5>• 収容違反中の大鳥がいる部門は謎の停電現象が発生した。 停電が起きた部門にいる職員は大鳥に魅了される可能性がある。 <管理方法 6>• 魅了された対象は受けるダメージが減少し、非常に安全な状態のように見えたが、一定時間が経過すると大鳥のもとへ向かい始めた。 その後、大鳥の攻撃により死亡した。 <管理方法 7>• 魅了にかかった職員を停電中の部門から離れさせると、即座に魅了状態から目が覚めた。 脱走情報 Cost: 20 PE Boxes 脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 5 をアンロックします。 収容違反時の属性耐性: RED:耐性 0. 8 - WHITE:弱点 1. 2 - BLACK:耐性 0. 5 - PALE:弱点 1. 5 作業 レベル 1 成功率 レベル 2 成功率 レベル 3 成功率 レベル 4 成功率 レベル 5 成功率 本能 低い 0. 25 低い 0. 2 最低 0. 15 最低 0. 1 最低 0 観測レベル E. ストーリー 大鳥の肖像• 多くの目を持ち決して明かりの落ちないランプで暗い森を歩き回る鳥。 大鳥は子供でも老人でも出会った者をじっと見つめ、その頭を噛む。 通常の鳥の形態とは異なり、翼は存在しない。 そのかわりに物を拾うことのできる細長い腕が生えている。 大鳥のあちこちについてくる小鳥は目玉のようにも見える。 人を誘うという、木々の生い茂る深く暗い森に棲む怪物の話がある。 この怪物から皆を守るため、大鳥はその羽全てを使いロウソクを作った。 そのロウソクで永遠に燃えるランプを作った。 消えることのないランプを持って森の中を歩きながら、生き物たちに森に深入りしないように警告した。 大鳥のおかげで怪物の犠牲となった生き物の数が減った。 それでもなお、大鳥は怪物の手によって死んだ生き物たちのことが気がかりだった。 大鳥は考えた。 「先に彼らを殺していたら、怪物に殺されることはなかったんだ!」 その後、頭を噛み殺す怪物の噂が飛びかった。 大鳥は怪物かどうかを確かめるために、凝視した後、頭を噛むと言われている。 子供たちが森に入らないように語られてきたと憶測されているが、その発祥は不明である。 物語は本当だった。 「我々は森で大きな鳥を見つけた。 次に我々は、『人間を誘う怪物』を捜索した。 1ヵ月間、森の隅々まで捜索はしたが、大鳥以外の『怪物』は存在しないと結論づけた。 大鳥は死の概念を理解していなかった。 収容されるアブノーマリティは2種類に分類することができる。 1)死の概念をよく理解して、殺そうとして攻撃してくる 2)死の概念を理解しているが、攻撃に殺そうとする意思がない このアブノーマリティはどちらでもない。 この鳥にとって、死は救済である。 森に迷った少女の頭を噛み千切っても、それは殺したことにならない。 それは少女を怪物から救ったことになる。 「このアブノーマリティが目を開いているときには作業ができない。 アブノーマリティは対象を食い入るように見つめる。 凝視し続けて... (中略) 従って、アブノーマリティが寝ている間に作業にかかる必要がある。 眠りについて全ての目が閉じてやっと、作業に取り組むことができる。 」 フレーバーテキスト• "大鳥の最大の特徴は、全身に広がっている数十個の明るい目と輝くランプです。 "実際には大鳥が何のために人を殺しているのかわかりません。 "大鳥が飛ばないというこは大きな利点があります。 もし可能であれば、職員の半分は首から上がなかったでしょう。 "大鳥はふと思いました。 「怪物より先に生き物たちを殺せば、殺される生き物はいなくなるじゃないか!」森は平和になりました。 "気持ち悪い目やランプの激しく燃える音が収容室を満たしています。 "大鳥の眼とランプは、星のように点灯しています。 "大鳥の数十個の瞳が同時に<Name>に向かいます。 "<Name>は緊張し始めて身体を収縮させている。 "<Name>の後ろで毛の黒い鳥の唸り声が聞こえる。 "突発的に鳥の鳴く声が聞こえる。 "大鳥は気になるようで<Name>の後ろで鳴いています。 "大鳥は鳴きながら<Name>の周りをさまよっています。 "<Name>は目を合わせないように頭を回しています。 燃えるランプが見えます。 "目を合わせないように頭を回した<Name>の目の前に明るいランプがある。 "<Name>の目には大鳥が持つランプが見える。 "<Name>が鳥と向き合わないことにしたのは良い選択でした。 "大鳥の眼は真っ赤になっています。 "威嚇音を出しながら大鳥は接近している。 "大鳥は歯で音を出す。 "大鳥は<Name>に向かって歩いてきます。 " 余談• 大鳥は、レガシー版からその外見や肖像、鎮圧完了時のアニメーションが改定されたアブノーマリティである。 大鳥の名前、Big Bird は同名のキャラクター、セサミストリートに登場するに影響を受けているかもしれない。 大鳥ととは、全く異なるアブノーマリティを召喚する唯一のアブノーマリティ群である。 大鳥は他のアブノーマリティの収容違反を切っ掛けに脱走する。 これはエンサイクロペディアを参照すると、大鳥が先に殺すことで他のアブノーマリティに殺されることから職員を守ろうとしてのことである。 よく見ると目玉は1つだけ瞳孔がなく他と異なる形をしている。 これは審判鳥からもらった目だとも言われている。 エンサイクロペディアで述べられている「」は開発初期に登場したものである。 アートブックメモ• 廊下の照明が消えた(脱走時)• メモ書き• ここは危険だよ!• 首を傾げる どうして動かなくなっちゃったの? 疲れた?• 多くの目が全く同時に動き、怪物を探す。 (目)• 永遠の炎が灯される(ランプ)• 助けを求めるものを呼び寄せるのにランプが使われる• 赤い目は危険の合図• 魅了されたもは自分の首がかじられることも理解できていない。 参考文献:• 要検証 以下の項目について情報が不足しています。 また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。 マークされる職員について• 勇気ランクの低い職員ほどマークされやすいとの報告あり• マークされた職員の属性耐性について• 記載事項は RED属性ダメージの観測値からのもの マッチガールの爆発ダメージ 300ポイント を RED耐性値1. 0の装備で受けた際のダメージは0 ギャラリー if window. loader. implement "user. user. options.

次の

翼とは (ツバサとは) [単語記事]

大鳥翼

人物像 銀髪と褐色肌が特徴の謎の美少年。 鷲を一羽連れていて、どこからともなく飛んで来て翼の手助けをする。 五感に優れていて魚を素手で難なく捕らえて銀河を驚かせたことも。 クールで寡黙な性格で常に冷静沈着であり、チーム内では戦略家の面を見せるが、正宗からは暗いと言われている。 空中殺法を得意とし、テクニックとスピードを活かして戦う技巧派タイプのブレーダーだが、チーユンからは『綺麗に勝とうとし過ぎて、がむしゃらさが足りない』と批判されている。 アニメ版での活躍 メタルファイト ベイブレード 第24話から登場。 チャレンジマッチでポイントを稼ぐ銀河の前に突然現れ、彼に絡んでいたはぐれブレーダーを蹴散らす。 しばらく共に旅をして交流したように見えたが、スグソコシティでのチャレンジマッチで銀河にわざと敗北した後に意味深な発言をし暗黒星雲に自ら売り込み入る。 暗黒星雲の入団テストにおいて遊とバトルし引き分けるが、「まだ本当の爪を見せていない」と言い真の実力を隠している。 暗黒星雲の情報網をもってしてもその素性はほとんど明らかにされていない。 銀河やケンタとのバトルでは戦いを通してアドバイスを送るなど、謎の行動が多い。 その正体はWBBAから依頼された特捜ブレーダーであり、暗黒星雲に入ったのも大道寺とエルドラゴを調べる為の潜入捜査であったことが判明。 エルドラゴのデータを調べていたところを竜牙達に知られ竜牙とバトルをして追い詰められるがフェニックスに助けられる。 その後、銀河とフェニックスの勝負を見て仲間達との協力の大切さを悟り、銀河達に自分の素性・目的を全て話して彼らの仲間となった。 バトルブレーダーズでは1回戦で双道兄弟を下し、2回戦で竜牙を相手に善戦するが敗れ去り倒れてしまう。 決勝戦で銀河が竜牙を倒した後にキョウヤ、ヒカルと共に目を覚ます。 メタルファイト ベイブレード 爆 ビッグバンブレーダーズ日本代表選抜大会ではキョウヤとの対戦時に、「勝ちたい」と言う邪念から黒い衝動に囚われ始めてしまう。 その後キョウヤに敗北するが、遊との対戦時ではリブラの振動波と共鳴することによって彼の必殺転技を打ち返し、最後まで自分を見失う事無く勝利してレギュラーメンバーの座を勝ち取る。 ビッグバンブレーダーズ1回戦でチーユンと対戦した際は彼に挑発され再び邪念が湧き上がり暗黒の力を発動させ暴走するが、結果的に自滅してしまい敗北する。 以降はその事が尾を引いており、試合に出る事に内心では否定的になっている。 2回戦では正宗がプーテンの策略で行方不明になったことで、遊に世界の舞台を経験させるいい機会だという名目で出場権利を遊に譲る。 3回戦で遊とのタッグバトルでマスクドブルやダムレと対戦した際は、周囲の期待のプレッシャーと追い詰められた焦りにより再び暗黒の力が発動し、その力で勝利を得るも暴走してそれでも足りんとばかりに破壊活動を行い、精神的にも肉体的にもかなりのダメージを受け入院してしまう。 この時、バトルブレーダーズでの竜牙とのバトルでエルドラゴの暗黒の力に汚染されてしまい、それ以来度々暴走するようになったことが判明する。 その後チーユンとゲオルグの試合をテレビで観戦してから病院から姿を消し、でシーザーに戦いを挑むがまたしても暗黒の力が暴走。 駆けつけたウェルズとソフィに追い詰められるが、そこへ姿を現した竜牙に助けられ、暗黒の力を克服するためには一度受け入れて染まってしまえと竜牙にアドバイスされる。 Aブロック決勝戦第2試合では遊とのタッグバトルでウェルズ、ソフィと戦うことになるが、またしても暗黒の力が暴走してしまう。 しかし光ある所には常に影があるのと同じように、闇の中にも光があるということ、そして暗黒の力もまた自分自身の内面の一部でしかないという事を悟った翼は、暗黒の力を受け入れろという竜牙のアドバイスの真意を悟り、暗黒の力を見事に克服。 その際に生み出した新たな必殺転技であるシャイニングトルネードバスターで、これまで誰も突破した者がいないとされていたウェルズとソフィを、一撃で倒す活躍を見せる。 決勝トーナメント第1試合でのグレイシーズとの試合では、勝ち抜きバトルの最終戦でアルゴと戦い、勝利のためなら手段を選ばず、利用出来る物は全て利用するというアルゴの凄まじいハングリー精神と勝利への執念の前に窮地に立たされる。 アルゴに「ガンガンギャラクシーの3番手」「遊やキョウヤにも劣る雑魚ブレーダー」と罵られたことで、克服した暗黒の力が再び表に出そうになるものの、銀河たちの応援に励まされ、シャイニングトルネードバスターでレイギルの弱点であるラバーセミフラットボトムを狙い撃ちし、苦しみながらもアルゴを撃破する。 劇場版での活躍 ツインドームバトルAブロックの準決勝で銀河に敗北し、試合後に突如乱入してきたヘリオスに追い詰められるが銀河に救われる。 その後ヘリオスの居場所を突き止めて潜入し、スペースシャトルを制御するまどかを身を挺して守るなど、銀河たちを影からサポートする。 漫画版での活躍 設定が大幅に異なり、『メタルファイト ベイブレード爆転全書』では暗黒三闘士(ダークトライデント)のリーダー格だとされている。 竜牙の忠実な部下として登場し、服装や髪の色も異なっており、目を閉じていることが多い。 バトルブレーダーズ1回戦でヒカルを破り、準々決勝のバトルロイヤルでは自身の暗黒転技と遊とのコンビネーションにより銀河とキョウヤを苦しめるが、2人の合体転技に破られる。 アニメ版と異なりビッグバンブレーダーズ編には登場していない。 ゲーム版での活躍 ガチンコスタジアムから登場する。 使用ベイブレード アースアクイラ145WD() 大口径ワイドディフェンスボトムによって驚異的な防御力と持久力を合わせ持つ、スタミナとディフェンスの両方の特性を兼ね備えたバランスタイプのベイである。 得意技 必殺転技 メタルウイングスマッシュ 上空から空を舞うように何度も攻撃を仕掛ける技。 カウンタースタンス 相手の動きに合わせてカウンターを繰り出す技。 ストリームスラッシュ ダイビングクラッシュ 相手のアタックの力を利用して高くに飛びあがってから、落下と共に相手にアタックをしかける技。 スマッシュクロー 鋭い爪のような、一撃を繰り出す技。 シャイニングトルネードバスター 暗黒の力を克服した翼が新たに編み出した技。 アクイラを螺旋状のオーラで包み込み、上空から突貫攻撃を仕掛ける。 大鷲空襲撃 ハンティングフォール (ガチンコスタジアム) 暗黒転技 AGFR(アクイラグレートフェザーリフレクション)(漫画版) 合体転技 全滅双撃(アニヒレーションアタック)(漫画版) 遊との合体転技。 関連項目•

次の