ヒート 対 ホークス。 ヒートがホークスとの2連戦で連勝、ケンドリック・ナンがドラフト外新人記録の5戦112得点

ロケッツ対ホークス: キャットのロケッツ通信

ヒート 対 ホークス

経歴 [ ] 2年次のからに憧れてを始め、3年次のの春季近畿大会府予選では準決勝に進むが、に敗退。 夏もで敗れ甲子園には出場できなかった。 高校卒業後はに進学するが、東農大は長期に渡り2部に低迷する弱小チームであった。 しかし父がの所長を務めていたこともあり、自身もを学び、卒業時にの資格を取得して父と同様の道に進むための進学であった。 在学中も東都大学リーグでは2部に留まったが、大型の左打者として評価が高く、4位でに入団。 184cmの長身で「ダンディー」というニックネームがつく。 1年目のは二軍守備・走塁コーチから指導を受け、同年の戦()で初出場。 2年目のに頭角を現し、シーズン後半には6番・に抜擢される。 同年のリーグ優勝に貢献し、とのでは3試合に代打や左翼手として出場するが、4打数無安打に終わる。 3年目のからを 片平 晋作に、も 22から 25に変えると、王そっくりの一本足打法で一躍有名になる。 一本足打法だけでなく、ユニフォームの着こなしまでそっくりそのまま真似していた。 王本人が気温が高くなる時期にアンダーシャツを長袖から半袖に変えると、片平自身も一日の狂い無く半袖に変えていたくらいであった。 同年は新入団のと併用され、50試合に先発出場。 は僅か39試合の出場に終わるも、には・正に定着。 初の2桁となる12本塁打を放つが、にを発症したことでにレギュラーを奪われ、44試合出場で本塁打0に終わる。 はあわや練習生の危機もあったが克服し、柏原の移籍により一塁手の定位置をと争う。 にはレギュラーを確保し、初めてに到達。 リーグ5位の打率. 329を残し、には自己最多の21本塁打をマークした。 低迷する南海の中で、、、、らと共に主力打者として活躍していたが、に監督との確執と 管理部長の強い要望で、キャンプ前に、と2対2のトレードでと共にに電撃移籍。 監督が要望した選手で無い為、当初はスポーツ紙で不満を漏らしていたが、両者が活躍すると高評価していた。 を指名打者に追いやって一塁手の定位置を獲得すると、勝負強い打撃での移転後リーグ初優勝・日本一に貢献。 とのでは、の第6戦()で7回にから決勝本塁打を放ち日本一に大きく寄与した。 には2年連続リーグ優勝・日本一に貢献し、同年はを初受賞した。 が退団した翌にが入団すると、同じ一塁手であったため同年は指名打者に回り、打率. 292・17本塁打と好成績を残して2年連続リーグ優勝・3年ぶりの日本一に貢献。 、南海入団当時の守備コーチであったが監督を務めるに、との交換トレードでと共に移籍。 大洋でも1年目には一塁手の定位置を獲得し、打率. 298・13本塁打を記録するが、移籍2年目のには新外国人のにポジションを譲る。 しかしその後も代打の切り札として活躍し、持ち味の長打を十分発揮した。 40歳になったは打撃コーチ兼任となり、同年を最後に引退。 西武時代のから大洋に移籍した1987年にかけて、3年連続開幕戦本塁打もマークしている。 現役引退後 [ ] 引退後は西武に戻り、一軍打撃コーチ( - )・二軍打撃コーチ()・二軍監督( - , - )・編成部長( - )を歴任。 コーチ時代は、二軍監督時代(1期目)にはを育てた。 2期目には二軍の試合の内容と結果、個々の選手の状態などを自分でパソコンに打ち込み、メールで一軍チーフコーチに送っていた。 から・西武戦中継解説者を務め、同年の『西武-』第1戦()ではの中継に出演。 から西武主管試合のCS放送がに移行したため、同チャンネルの専属解説を担当。 には解説者として活動する傍ら、の初代監督に就任。 この年に始まった「ティアラカップ」でチームを優勝に導いたほか、チームから多数の表彰選手を輩出したが、1年で退任。 午前9時58分、のため、の自宅で死去。 68歳没。 戒名は、『貫徹晋道居士』。 人物 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2011年8月)• 南海時代、の屋上で柵を乗り越え真下までわずか数十センチの場所で、バットを構え右足の上げ下げをして一本足打法のタイミングをはかる練習を常にしていた• ホークス時代の監督によると「片平ほど要領のいい選手はいない」という。 ところがライオンズ時代の監督のは「片平はぶきっちょのかたまり」と評している。 しかし広岡は反面、片平を非常に信頼しており、1982年のパ・リーグ戦で、攻略のために広岡が指示したを片平が成功させリーグ優勝につながったことを今なお「見事な技」と語り草にしている。 その江夏が後に「もし一本足打法に固執していなかったら、生涯通算安打数も2000本近く、通算本塁打も倍は打っていた」と述べている。 しかし当の片平は、長きにわたりプロ野球選手として活躍できた理由を「一本足打法へのこだわりである」と語り、江夏の評価に対しては「自分の何を知っているんだ」と後輩ながらも江夏に不快感を示している。 さらに、この不可解な退場宣告により片平と寺本球審がやりとりしてる間に、今度は投手コーチが、寺本球審に足で蹴ったうえに、殴りかかった為、当時球界初の3人退場劇を引き起こした。 西武時代、現役プロ野球選手における東京六大学OB対東都大学OBの親善試合に東都大学野球OBの1人として出場したが、六大学や東都の強豪である他大学出身選手の中で唯一、弱小チームであった出身者として選出されたため、周囲から冷やかされ、肩身の狭い思いをしたという。 解説をする際は人当りがよく丁寧でめったに選手を貶すことはなく、ミスに対しても「これで勉強するんですよ。 」など好意的な解釈を取ることが多かった。 上記のとおり、主にライオンズ目線での解説が多いが対戦チームの選手も前記のような「好々爺」な解説をした。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0. 000. 000. 000. 000 61 168 156 13 42 7 0 4 61 18 0 0 0 0 11 0 1 6 4. 269. 321. 391. 712 82 225 200 21 53 5 0 9 85 26 0 1 0 1 22 2 2 19 4. 265. 342. 425. 767 39 76 68 3 5 0 0 0 5 2 1 0 0 0 6 0 2 14 1. 074. 171. 074. 245 107 370 341 42 84 9 3 12 135 43 1 0 1 2 19 0 7 31 6. 246. 298. 396. 694 44 88 85 2 18 3 0 0 21 3 0 0 0 0 3 0 0 16 2. 212. 239. 247. 486 101 314 290 25 71 6 0 15 122 37 0 2 0 3 15 0 6 29 3. 245. 293. 421. 714 123 486 444 56 146 20 4 16 222 68 2 4 0 3 35 1 4 46 11. 329. 381. 500. 881 114 418 380 51 101 16 1 21 182 66 1 1 0 2 30 2 6 37 5. 266. 328. 479. 807 96 305 283 30 77 13 0 8 114 35 0 0 0 5 15 0 2 33 6. 272. 308. 403. 711 117 413 365 49 101 18 1 14 163 47 1 3 1 2 40 2 5 23 10. 277. 354. 447. 801 118 416 370 50 103 12 1 19 174 55 1 2 0 2 39 1 5 13 7. 278. 353. 470. 824 86 256 231 30 62 8 0 12 106 42 0 0 2 3 18 0 2 12 11. 268. 323. 459. 782 103 354 327 34 100 9 1 10 141 55 1 0 0 4 18 2 5 21 15. 306. 347. 431. 780 110 340 318 35 93 20 1 17 166 45 1 2 0 2 16 1 4 26 3. 292. 332. 522. 854 102 308 275 36 82 16 0 13 137 36 0 2 1 0 28 0 4 41 10. 298. 371. 498. 870 61 150 135 10 33 3 1 5 53 17 1 0 1 0 10 0 4 19 4. 244. 315. 393. 708 38 41 40 5 10 4 0 1 17 6 0 0 0 0 1 0 0 7 2. 250. 268. 425. 693 通算:18年 1503 4729 4309 492 1181 169 13 176 1904 601 10 17 6 29 326 11 59 394 104. 274. 332. 442. 773 表彰 [ ]• :1回 (1983年) 記録 [ ] 初記録• 初出場:1972年10月15日、対24回戦()、9回表にの代打として出場• 初打席:同上、9回表にの前に三振• 初安打:1973年5月6日、対前期6回戦()、7回裏にの代打として出場、から単打• 初先発出場:1973年7月29日、対阪急ブレーブス後期3回戦(大阪スタヂアム)、6番・として先発出場• 初本塁打・初打点:1973年7月29日、対阪急ブレーブス後期4回戦(大阪スタヂアム)、8回裏にから右越2ラン 節目の記録• 1000試合出場:1983年10月20日、対24回戦()、6番・として先発出場• 1000本安打:1986年6月26日、対日本ハムファイターズ13回戦(西武ライオンズ球場)、2回裏にから右前安打• 出場:1回 (1980年) 背番号 [ ]• 22 (1972年 - 1973年)• 25 (1974年 - 1981年)• 4 (1982年 - 1986年)• 2 (1987年 - 1989年)• 72 (1990年 - 1997年、2008年 - 2009年) 登録名 [ ]• 片平 伸作 (かたひら しんさく、1972年 - 1973年)• 片平 晋作 (かたひら しんさく、1974年 - ) 関連情報 [ ] 出演番組 [ ]• (、西武戦)• (、西武戦のみ) 脚注 [ ].

次の

ホークスがシーズン再開に含まれなかったことに、トレイ・ヤングは「フラストレーションが溜まっている」

ヒート 対 ホークス

第4クォーター残り1分51分で119-124と5点を追っていたホークスは、残り55秒にディアンドレ・ハンターの3ポイントショットで同点とし、キャム・レディッシュがスティールから逆転のダンク。 最後はヤングが2本のフリースローを沈め、連続10得点で逆転勝利した。 3試合ぶりの白星を手にしたホークス(16勝41敗)は、ハンターとケビン・ハーターが各17得点、レディッシュが16得点を記録している。 3P15本中8本成功、FT19本中18本成功のヤングは、11月29日(同30日)のインディアナ・ペイサーズ戦での47得点を上回り、自己最多記録を更新。 第4Qだけで20得点をあげた。 オールスターゲームで初のスターターを務めたヤングだが、その経験が勢いにつながったか問われると「僕はずっと自分に自信を持ってきた」と述べている。 ジョン・コリンズは「ウチのリーダーがビッグゲームをしたね」とヤングを称賛。 ヒートのエリック・スポールストラ・ヘッドコーチは「信じられないリズムだった」と、何度もロングレンジのショットを沈めたヤングに脱帽した。 「3Pラインから6フィート(約183センチ)も離れたところから打つんだ。 やれることは多くない」。 一方、2連敗のヒート(35勝20敗)は、バム・アデバヨが28得点、今季自己最多の19リバウンド、ゴラン・ドラギッチが19得点、ジミー・バトラーが17得点、8リバウンド、9アシストを記録している。 6試合で5敗となったが、バトラーは「解決するさ」と述べた。 「時間はある。 僕はグループを信頼しているよ」。 ホームでは22勝3敗のヒートだが、ロードでは13勝17敗。 アデバヨは「ロードで勝たなければいけない」と話している。

次の

ヒートがホークスとの2連戦で連勝、ケンドリック・ナンがドラフト外新人記録の5戦112得点

ヒート 対 ホークス

シーズンも終わりプレイオフが始まりました。 スタッツや試合結果をお送りする前に予備知識としてプレイオフの得点関係のNBAレコードを紹介します。 総得点63 マイケル・ジョーダン フィールドゴール成功数24 マイケル・ジョーダン 3ポイント成功数9 レイ・アレン、ビンス・カーター これらを踏まえてホークスの、というよりJoshのスタッツを見てみましょう。 つまりプレイオフのNBAレコードを3つとも大幅に更新したんです。 数あるプロスポーツでもここまでの記録更新は史上初でしょう。 MJは「神」と言われてましたが、Joshは現在世界中で「モンスター」と呼ばれていることでしょう。 ニックス側ですがアマレ、ラブ、フェルトン、W・チャンドラー、ガリナリと十二分にプレイオフを突破できる力を持っていたと思いますが、相手が悪かったんです。 フェルトンに関してはびったりとJoshにくっ付かれていたので相当疲れているでしょうね。 さてニックスに4連勝でカンファレンスセミファイナルへ駒を進めたホークスですが、他はどうなってるでしょうか。 マブス対ロケッツはマブスのスイープ勝ちですね。 ここはノビツキ無双っぽいです。 キッド、バトラー、マリオン、テリーと役も揃ってますし、簡単には負けないチームです。 ロケッツのA・ブルックスの踏ん張り虚しくと言ったところでしょうか。 スパーズ対ジャズもスイープでスパーズが進出。 ダンカン、ジノビリ、パーカーのビッグスリーに加えてベテランのナッシュとマクダイスがいます。 気になったのはJoshの同期J・アンダーソンが何気に活躍してることですね。 ベテランだらけのスパーズの新しい風となるのでしょうか。 ジャズは来年に期待でしょうか。 ブーザーという相方がいなくなったデロンの新相方であるA・ジェファーソン。 R・ベルも加わってバランスは良くなっていますしね。 サンダー対ナゲッツはゲーム6まで持ち込みナゲッツが勝利しました。 ここはまさに点取り合戦って感じですかね。 デュラント、ウェストブルックのコンビを切り崩したのは、メロ、ビラップスのコンビでした。 SFで見ればデュラントのが上かと思いますが経験はメロ。 PGに関してはウェストブルックでは優勝経験のあるビラップスの足元にも及ばないでしょう。 しかし予想が外れましたね。 ナゲッツではデュラントは止められないと思っていましたが・・・。 ちなみに2連敗からの4連勝でした。 レイカーズ対グリズリーズは覇者レイカーズのスイープ負けです。 敗因はコービー、バイナム、オドムの不在でしょうね。 オドムは3戦目から復帰して得点23と奮起してましたが…。 ガソルとロンロン、ベテランのフィッシャーがいるとは言え、キープレイヤー3人がいないのはきついでしょう。 それに対してグリズリーズは万全の態勢で臨んでますからね。 ガソル 弟 、R・ゲイ、OJメイヨ、M・コンリーの若き純血選手 グリズリーズ一筋 と昨シーズンから加わった10年目のZ・ランドルフ。 このチームは結構好きなんで頑張って欲しいです。 第1ラウンド唯一ゲーム7まで続いたブルズ対マジックですが、ブルズの粘り勝ちです。 ハワード、カーター、ネルソン、リチャードソン、ピートルス、ターコルー、ルイスとかなり凄い陣容と言えるマジックですが、ローズ率いるヤングブルズには一歩及ばずだったのでしょうか。 しかし次はJosh率いるホークスとの試合ですからね。 3月に3連勝しているので問題ないと思います。 セルティックス対ボブキャッツはスイープと思いきや4勝1敗でセルティックスが次へと進みました。 ここは言わずとしれたビッグスリーに、驚異の成長率を誇るロンド君と優勝請負人であり大スターのシャックがいます。 故障者もいないのでライバルであるレイカーズと違って安定していました。 ボブキャッツが辛勝したゲーム4ですが、S・ジャクソンの得点28が大きかったでしょう。 5試合中3試合得点22越えと貢献はしていましたが、セルティックスにはそれだけでは勝てないんですよ。 最後はヒート対ペイサーズです。 ここもヒートのスイープ勝ちだろう!って思うでしょうが4勝2敗でした。 まあヒートが勝ったんで結果オーライですが。 ウェイドとレブロンってよりボッシュが大活躍のラウンドでしたね。 ボッシュは6戦全てダブルダブル達成してました。 レブロンは2回トリプルダブルと変態っぷりを出してますね。 D・グレンジャーが6試合中5試合得点30越えと得点力の強さを見せつけてくれましたが、今シーズン最強最高のビッグスリー相手では残念ながら…。 セミファイナルはマブス対スパーズ、ナゲッツ対グリズリーズ、ホークス対ブルズ、ヒート対セルティックスとなりましたね。 現実ではグリズリーズ対サンダー、レイカーズ対マブス、ブルズ対ホークス、ヒート対セルティックスでサンダー、マブス、ブルズ、ヒートが勝ちあがってましたね。 何気に東は現実と全く同じ組み合わせです。 予想としてはスパーズ、グリズリーズ、ホークス、ヒートですね。 グリズリーズには行けるとこまで行って欲しいんですよ。 次回はカンファレンスセミファイナル終了後に!.

次の