ノスタルジー 意味。 「ノスタルジア」の意味、使い方を分かりやすく解説!

「ノスタルジック」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

ノスタルジー 意味

ノスタルジーとは|意味・由来は? ノスタルジーの意味とは「過去の時間や時代・故郷を懐かしく思う気持ち」 まずノスタルジーの意味とは「過去の時間や時代・故郷を懐かしく思う気持ち」を表します。 あなたも何かをきっかけに子どもの頃や若い頃が懐かしいなと感じることがありませんか?その感じがまさに「ノスタルジー」という言葉の表す意味です。 この意味の定義からいくと、このノスタルジーという言葉は自分が過去経験したことや見てきたことのイメージや感覚と強く結びついた言葉だということが分かります。 日本語の中でも比較的頻繁に使われるカタカナ表現です。 ノスタルジーの語源・由来は意外にもフランス語にある ノスタルジーの語源・由来は意外にもフランス語にあります。 カタカナなので語源や由来は英語かな?と思った方もいるかもしれませんが、厳密に言うとこの言葉はフランス語として初めに使われ始めた言葉だとされています。 この記事でも後述する通り、この言葉と同義の英語ももちろんありますが、英語もフランス語の言葉をもとに作られたということが言えそうです。 英語にもヨーロッパから入ってきた言葉は沢山あるので語源を探っていくとおもしろいですね。 このノスタルジーという言葉は、自分が何か物や人に対してノスタルジックな懐かしさと親しみを感じる際に使用する言葉とされています。 例えば自分の持っている服やアクセサリーなどの日常で使用するものの中で何となく懐かしさや親しみを覚えるものに対して使用すると効果的です。 漠然と「懐かしく思う」と表現するよりもこなれた響きになるという特徴もあります。 「ノスタルジー」という言葉の中には、場合によっては「懐かしいけど、もうあの頃は戻ってこないんだ」という物悲しい気持ちが含まれます。 懐かしくて嬉しいけれど何となく悲しい、そんな微妙な心情を上手く表現してくれるのがこのノスタルジーという言葉です。 1つ目でご紹介した使い方と共にこの使い方もぜひ覚えておきましょう。 」です。 これは、「久しぶりに曲を聴いて懐かしく気持ちになった。 」という意味を表す例文となります。 音楽を聴くというのは思考をストップさせ、潜在意識や五感を刺激するので何らかの曲を聴いていると、なぜか昔の頃の記憶を思い出して懐かしい気持ちになった、というのは誰でも体験があることではないでしょうか。 まさにこのような状況に使用できる表現です。 」です。 これは、「自分の故郷を思い出して懐かしい気分に浸った。 」という意味の例文となります。 これは、例えば自分がでかけた先で故郷に似ている人や町の様子を目にした際などに使える表現です。 旅先などでは思いがけず、こんな気持ちになることがありますよね。 自分の心情を上手く描写した表現であると言えるでしょう。 」です。 これは、「懐かしい雰囲気のある喫茶店が好きだ。 」という意味になります。 最近では数も少なくなってきてはいますが、未だに古い時代の雰囲気を保ったカフェなどがありますよね。 その古さが逆に新しく感じられたり、おしゃれに感じられるということも多々あります。 このように、このノスタルジーという言葉は自分の気持ち以外にも物や場所の描写にも使用されます。 」です。 これは、「懐かしいような悲しいような気持になると実家に電話をする」という意味を表します。 学生や社会人になってから一人暮らしを始めたという方なら分かると思いますが、親元を離れての生活というのは時に懐かしさや悲しさ、寂しさを抱えるものです。 このような心情をまさにノスタルジーという言葉で表現できます。 」です。 これは、「あのお店は古いけど何となく懐かしいお店で好きだ」という意味となります。 ただ古くて汚いのではなく、お客に親しみのある懐かしさを与えるお店は日本にもまだまだあります。 こんなお店も、最新のファッションやトレンドを扱うお店とはまた一味違って楽しめるはずです。 」です。 これは、「話題の映画を観て懐かしい気分に浸る。 」という意味です。 映画にも様々なジャンルのものがありますが、中には例文のように自分の子供時代や若い時のことを懐かしく思い出させるような作品が多くありますよね。 このようなものを通して経験する心情がノスタルジーという言葉で表せます。 」です。 これは、「この車は何となく懐かしく親しみのある雰囲気のを持つ車だ」という意味になります。 車を買うと言うと新車購入をイメージする人が多いかもしれませんが、少し時代の古い車でノスタルジーなかっこいい雰囲気を持つ車も売られています。 そんな車に対して使用したい例文です。 」です。 これは、「昔の恋人との想い出を思い出し懐かしい気分になる」という意味を表します。 できれば思い出したくないことかもしれませんが、まれに日常のふとしたことをきっかけに昔の恋人とのことが思い出されるということがありますよね。 その記憶に浸っているとノスタルジーな気分になるという人も少なくありません。 」です。 これは、「何となく懐かしいメロディーを持つのがこの曲の特徴です」という意味です。 例えばテレビのCMなどから流れてくる音楽が何となく懐かしい雰囲気を持つメロデーで構成されていることなどがありますよね。 その場合に、その曲の特徴としてそれを伝える際に使用できる例文です。 」です。 これは、「旅行先が懐かしい気分になれる場所だった」という意味になります。 この例文のように、旅行先でゆっくりしていると自然と懐かしいような親しみの湧くような気持ちが沸き上がってくるということがあります。 場所を変えるといつもの日常から離れることになりますのでこんな気持ちが浮かびやすいのかもしれません。 ノスタルジーという言葉がぴったりの状況です。 この類語は、ノスタルジーという言葉を形容詞の形にして表したもので、意味は「懐かしい、親しみのある」という意味になります。 例文としては「とてもノスタルジックな空間に感動ををした。 」などの形で使用することが可能です。 これは、ノスタルジーと同じく名詞として用い、意味としては「懐かしさ、親しみ」という意味になります。 具体的には、「このお店には不思議なノスタルジアを感じる。 」などの形で使用することができます。 名詞の形であるノスタルジアもぜひ覚えておきましょう。 これは、文字通り形容詞で何かの懐かしさを表す類語となります。 具体的には、「このパンはどこか懐かしい味がする。 」などの形で使用します。 ノスタルジーと表した時の方がどこかこなれた響きになりますが、意味としてはほぼ同義となります。 具体的な英語例文を挙げると「I feel nostalgic walking through this town. 」「この街を歩くと懐かしいノスタルジーな気持ちになります。 」となります。 具体的な英語例文を挙げると、「My house is full of 80's nostalgia. 」「私の家は80年代の懐かしさに浸るもので溢れている。 」などの形で使用できます。 ノスタルジーという言葉を使いこなしてコミュニケーションに活用しよう! 当記事では、ノスタルジーという言葉の意味と「ノスタルジーに浸る」などの例文、「ノスタルジック」「ノスタルジア」などの類語、同じくノスタルジック、ノスタルジアと発音する英語表現についてもご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?この言葉の意味や使い方を今回、初めて知った!という方もいたかと思います。 このノスタルジーという言葉はフランス語が起源になっているとお伝えしましたが、情緒を大切にする日本人にとっては現代でも繊細な心情を表すことのできる便利な表現だと言えます。 ぜひあなたもこの「ノスタルジー」という言葉を使いこなして日常のコミュニケーションに積極的に活用していきましょう。 下記関連記事内では、ノスタルジーな気分にさせる古い写真の整理方法について分かりやすくまとめています。 昔のアルバムを捨てる基準や片付けるコツについても具体的に紹介されています。 興味のある方は、当記事と合わせて関連記事の内容もぜひ参考にしてみてください。 きっとあなたの役に立つと思います。

次の

黒星病に強く鉢植えも適するバラ。郷愁の[ノスタルジー]の栽培実感

ノスタルジー 意味

ノスタルジー nostalgie : 過ぎ去った時間や、遠く離れた場所のことを考え、懐かしく思う気持ち 「ノスタルジー」の意味を詳しく 「ノスタルジー」とは、 過ぎ去った時間や、遠く離れた場所のことを考え、懐かしく思う気持ちのことです。 つまり、今は失われてしまったものに対して、寂しく思う感情です。 「ノスタルジー」を抱く対象は、「過ぎ去った時代」か「遠く離れた場所」のどちらかです。 前者は「郷愁」「望郷」、後者は「懐古」「追憶」と言い換えることが出来ます。 後者の「遠く離れた場所」は、多くの場合「ふるさと」を指します。 未来やすぐに行くことができる場所に対してノスタルジーを感じることはありません。 ちなみに、「ノスタルジー」は、自分の実体験に基づいて故郷や過去を懐かしむことだけを意味しません。 今日では、自身が過ごしていない空間や時間に対しても「ノスタルジー」を感じることがあるとされています。 たとえば、昔ながらの風景などを見た時に、つい過去に思いを馳せてしまったという方はいるのではないでしょうか。 このように、自身の想像も加えて過去を懐かしむことも「ノスタルジー」とされています。 「ノスタルジック」とは? 派生表現として 「ノスタルジック」 nostalgic があります。 「ノスタルジック」は、過ぎ去った時間や、遠く離れた場所のことを思い、懐かしさを感じるさまを表す形容詞です。 「ノスタルジック」は、主観的な記憶や思い出と密接に結びついた自身の「懐かしさ」を表現します。 「レトロ」と意味が近いですが、同義語ではありません。 「レトロ」は単に「懐かしさを感じさせる」という意味しかありません。 「レトロ」は、客観的に見て古いものを修飾する時に使われることが多いです。 たとえば、「レトロな時計」「レトロな雰囲気の喫茶店」などです。 「卒業アルバムを見て、レトロな気持ちになる」というような使い方は不自然であるため、注意しましょう。 フランスの田舎で、偶然にも日本料理店を見つけた。 店内に入ると ノスタルジーを感じ、遠いふるさとを思いだした。 始めて失恋した17歳の春、この曲ばかりを聞いていた。 40歳になった今になって聞くと、 ノスタルジーに浸ってしまう。 30年ぶりに卒業アルバムを開いた。 17世紀末、スイスを離れていった兵士の中には、故郷を恋しく思う気持ちと、帰還が叶わないかもしれないという恐怖を持ち合わせている者が多くいました。 抑うつ状態になったり、食欲不振さえ招いたこの症状を、ホーファーは1つの病気とみなしました。 1688年にホーファーのよって発表された論文『Medical Dissertation on Nostalgia』では、「ノスタルジー」が精神医学の概念として提案されました。 当時は、「ノスタルジー」が心の病気の1つとして扱われていたのです。 レトロスペクティブ retrospective :懐かしさを感じさせるさま• 旧懐 きゅうかい :昔を懐かしむこと• 物懐かしい:懐かしく、心が引かれるさま 「レトロスペクティブ」は、「レトロ」のもとになった言葉です。 「ノスタルジー」と異なり、客観的に過去を振り返ることを指します。 「レトロスペクティブ」は、回顧展のことを指す場合があります。 回顧展とは、ある作家について、全生涯における作品や活動の跡を振り返る目的で開かれる展覧会のことです。 事実として作家の人生を振り返ることを指している点が、「レトロ」ですよね。 ちなみに、「回顧」は、客観的に過去を振り返ることを指す動詞です。 同音異義語として、「懐古」があります。 「懐古」は、過去を懐かしみ、心が動かされる様子を意味します。 「回顧」と「懐古」の違いを、「レトロ」と「ノスタルジー」の違いと置き換えて差し支えありません。 「ノスタルジア」という発音します。 英語では「ノスタルジー」という言葉は存在しません。 例文は以下の通りです。 まとめ 以上、この記事では「ノスタルジー」について解説しました。 幼少期に読んだ本や昔の写真、小学生の時に通った駄菓子屋など、「懐かしい」と感じる場所は誰しもあるでしょう。 その「懐かしい」という感情こそが、「ノスタルジー」です。 たまには昔のことを思い返し、「ノスタルジー」に浸る日があってもよいのではないでしょうか。

次の

ノスタルジックの意味とは?レトロとの違いもわかりやすく解説!

ノスタルジー 意味

ノスタルジーとは|意味・由来は? ノスタルジーの意味とは「過去の時間や時代・故郷を懐かしく思う気持ち」 まずノスタルジーの意味とは「過去の時間や時代・故郷を懐かしく思う気持ち」を表します。 あなたも何かをきっかけに子どもの頃や若い頃が懐かしいなと感じることがありませんか?その感じがまさに「ノスタルジー」という言葉の表す意味です。 この意味の定義からいくと、このノスタルジーという言葉は自分が過去経験したことや見てきたことのイメージや感覚と強く結びついた言葉だということが分かります。 日本語の中でも比較的頻繁に使われるカタカナ表現です。 ノスタルジーの語源・由来は意外にもフランス語にある ノスタルジーの語源・由来は意外にもフランス語にあります。 カタカナなので語源や由来は英語かな?と思った方もいるかもしれませんが、厳密に言うとこの言葉はフランス語として初めに使われ始めた言葉だとされています。 この記事でも後述する通り、この言葉と同義の英語ももちろんありますが、英語もフランス語の言葉をもとに作られたということが言えそうです。 英語にもヨーロッパから入ってきた言葉は沢山あるので語源を探っていくとおもしろいですね。 このノスタルジーという言葉は、自分が何か物や人に対してノスタルジックな懐かしさと親しみを感じる際に使用する言葉とされています。 例えば自分の持っている服やアクセサリーなどの日常で使用するものの中で何となく懐かしさや親しみを覚えるものに対して使用すると効果的です。 漠然と「懐かしく思う」と表現するよりもこなれた響きになるという特徴もあります。 「ノスタルジー」という言葉の中には、場合によっては「懐かしいけど、もうあの頃は戻ってこないんだ」という物悲しい気持ちが含まれます。 懐かしくて嬉しいけれど何となく悲しい、そんな微妙な心情を上手く表現してくれるのがこのノスタルジーという言葉です。 1つ目でご紹介した使い方と共にこの使い方もぜひ覚えておきましょう。 」です。 これは、「久しぶりに曲を聴いて懐かしく気持ちになった。 」という意味を表す例文となります。 音楽を聴くというのは思考をストップさせ、潜在意識や五感を刺激するので何らかの曲を聴いていると、なぜか昔の頃の記憶を思い出して懐かしい気持ちになった、というのは誰でも体験があることではないでしょうか。 まさにこのような状況に使用できる表現です。 」です。 これは、「自分の故郷を思い出して懐かしい気分に浸った。 」という意味の例文となります。 これは、例えば自分がでかけた先で故郷に似ている人や町の様子を目にした際などに使える表現です。 旅先などでは思いがけず、こんな気持ちになることがありますよね。 自分の心情を上手く描写した表現であると言えるでしょう。 」です。 これは、「懐かしい雰囲気のある喫茶店が好きだ。 」という意味になります。 最近では数も少なくなってきてはいますが、未だに古い時代の雰囲気を保ったカフェなどがありますよね。 その古さが逆に新しく感じられたり、おしゃれに感じられるということも多々あります。 このように、このノスタルジーという言葉は自分の気持ち以外にも物や場所の描写にも使用されます。 」です。 これは、「懐かしいような悲しいような気持になると実家に電話をする」という意味を表します。 学生や社会人になってから一人暮らしを始めたという方なら分かると思いますが、親元を離れての生活というのは時に懐かしさや悲しさ、寂しさを抱えるものです。 このような心情をまさにノスタルジーという言葉で表現できます。 」です。 これは、「あのお店は古いけど何となく懐かしいお店で好きだ」という意味となります。 ただ古くて汚いのではなく、お客に親しみのある懐かしさを与えるお店は日本にもまだまだあります。 こんなお店も、最新のファッションやトレンドを扱うお店とはまた一味違って楽しめるはずです。 」です。 これは、「話題の映画を観て懐かしい気分に浸る。 」という意味です。 映画にも様々なジャンルのものがありますが、中には例文のように自分の子供時代や若い時のことを懐かしく思い出させるような作品が多くありますよね。 このようなものを通して経験する心情がノスタルジーという言葉で表せます。 」です。 これは、「この車は何となく懐かしく親しみのある雰囲気のを持つ車だ」という意味になります。 車を買うと言うと新車購入をイメージする人が多いかもしれませんが、少し時代の古い車でノスタルジーなかっこいい雰囲気を持つ車も売られています。 そんな車に対して使用したい例文です。 」です。 これは、「昔の恋人との想い出を思い出し懐かしい気分になる」という意味を表します。 できれば思い出したくないことかもしれませんが、まれに日常のふとしたことをきっかけに昔の恋人とのことが思い出されるということがありますよね。 その記憶に浸っているとノスタルジーな気分になるという人も少なくありません。 」です。 これは、「何となく懐かしいメロディーを持つのがこの曲の特徴です」という意味です。 例えばテレビのCMなどから流れてくる音楽が何となく懐かしい雰囲気を持つメロデーで構成されていることなどがありますよね。 その場合に、その曲の特徴としてそれを伝える際に使用できる例文です。 」です。 これは、「旅行先が懐かしい気分になれる場所だった」という意味になります。 この例文のように、旅行先でゆっくりしていると自然と懐かしいような親しみの湧くような気持ちが沸き上がってくるということがあります。 場所を変えるといつもの日常から離れることになりますのでこんな気持ちが浮かびやすいのかもしれません。 ノスタルジーという言葉がぴったりの状況です。 この類語は、ノスタルジーという言葉を形容詞の形にして表したもので、意味は「懐かしい、親しみのある」という意味になります。 例文としては「とてもノスタルジックな空間に感動ををした。 」などの形で使用することが可能です。 これは、ノスタルジーと同じく名詞として用い、意味としては「懐かしさ、親しみ」という意味になります。 具体的には、「このお店には不思議なノスタルジアを感じる。 」などの形で使用することができます。 名詞の形であるノスタルジアもぜひ覚えておきましょう。 これは、文字通り形容詞で何かの懐かしさを表す類語となります。 具体的には、「このパンはどこか懐かしい味がする。 」などの形で使用します。 ノスタルジーと表した時の方がどこかこなれた響きになりますが、意味としてはほぼ同義となります。 具体的な英語例文を挙げると「I feel nostalgic walking through this town. 」「この街を歩くと懐かしいノスタルジーな気持ちになります。 」となります。 具体的な英語例文を挙げると、「My house is full of 80's nostalgia. 」「私の家は80年代の懐かしさに浸るもので溢れている。 」などの形で使用できます。 ノスタルジーという言葉を使いこなしてコミュニケーションに活用しよう! 当記事では、ノスタルジーという言葉の意味と「ノスタルジーに浸る」などの例文、「ノスタルジック」「ノスタルジア」などの類語、同じくノスタルジック、ノスタルジアと発音する英語表現についてもご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?この言葉の意味や使い方を今回、初めて知った!という方もいたかと思います。 このノスタルジーという言葉はフランス語が起源になっているとお伝えしましたが、情緒を大切にする日本人にとっては現代でも繊細な心情を表すことのできる便利な表現だと言えます。 ぜひあなたもこの「ノスタルジー」という言葉を使いこなして日常のコミュニケーションに積極的に活用していきましょう。 下記関連記事内では、ノスタルジーな気分にさせる古い写真の整理方法について分かりやすくまとめています。 昔のアルバムを捨てる基準や片付けるコツについても具体的に紹介されています。 興味のある方は、当記事と合わせて関連記事の内容もぜひ参考にしてみてください。 きっとあなたの役に立つと思います。

次の