エクセル サジェスト機能。 【エクセル】邪魔でおせっかいな機能を止めたい!

Excelでサジェスト機能を作りたいです。詳しく説明すると、「文字を入力すると...

エクセル サジェスト機能

邪魔な『貼り付けオプション』を表示させない(消す) コピー&ペーストするたびに表示されるのが『貼り付けオプション』。 多分、誰もが『邪魔だよどけ!』と思っているオプションです^^ ペーストした時に、このオプションを使うと『書式だけをペーストする』なんてことができて、便利といえば便利なんですけどね。 でも、『貼り付けオプション』ボタンを使わずとも、 ペーストの時に『CTRL』+『ALT』+『V』を押せば貼り付けオプションのダイアログが一発で表示されるので、こっちの方が便利です。 では、『貼り付けオプション』ボタンを非表示にする方法です。 『詳細設定』にある『切り取り、コピー、貼り付け』の『コンテンツを貼り付けるときに「貼り付けオプション」ボタンを表示する』のチェックを外します。 これで、ペーストした時に『貼り付けオプション』ボタンが表示されることはありません。 おせっかいな『オートコレクト』機能を無効にする 続いても、イライラの原因になる『オートコレクト』機能。 コレクトは英語のcorrect 「訂正する、直す」からきていますが、入力したものを勝手に訂正(変換)してくれます。 こんな感じで、入力した先から先頭文字を大文字などに訂正してくれます。 でも、訂正してもらってうれしいことはあまりないので、この『オートコレクト』機能も無効にします。 『文章構成』にある『オートコレクトのオプション』を選択。 ここはいさぎよく、赤枠のオプションのチェックを全て外します。 もし、自分に必要そうなオプションがあれば、それはチェックをつけたままにしてください。 チェックを外すことで、該当の訂正は行われなくなります。 おせっかいな『オートコンプリート』機能を無効にする こちらも、おせっかい機能ですね。 コンプリートは英語のcomplete「完全な、完成する」からきていて、 入力を自動で補完する機能になります。 下の例だと『我輩は猫である』と入力した後に、次のセルで『わ』と入力した途端、『もしかして「我輩は猫である」と入力したいんじゃね?』とエクセルが親切に候補を表示してくれます^^ でも、同じ文字列をそのまま入力することってそんなにないんですよね。 (そういう場合はコピー使うし) 逆に、この候補が邪魔になるのでいちいちDELキーを押すはめになります。 では、『オートコンプリート』を無効にする方法。 『詳細設定』の『オートコンプリートを使用する』のチェックを外します。 これで、自動補完の候補が表示されなくなります。 おせっかいな『ハイパーリンク』機能を無効にする httpで始まるURLを入力すると、自動でリンク形式になって間違ってそこをクリックするとブラウズが勝手に起動されるという、これもイライラするパターン^^ ちなみに、一旦ハイパーリンクになっても、取り消しのショートカットキー 『CTRL』+『Z』を押せば、ハイパーリンクが取り消されて、URLはただの文字列になります。 あまりURLをエクセルに入力することがない場合は、無効化の必要はないかもしれませんが、無効化する方法を一応紹介します。 『文章構成』にある『オートコレクトのオプション』を選択。 『インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する』のチェックを外します。 これで、勝手にリンク形式に変換されなくなります。 エクセルの邪魔でおせっかい機能を止める方法のまとめ.

次の

【Excel】フィルタ機能で「空白」を含め表示させる方法|エクセルのフィルターで空白が表示されない理由

エクセル サジェスト機能

業務効率化を目指し、エクセルでよく使用する文章、単語をサジェスト機能のようなもので、簡単に入力できるようにしようとしています。 VBA、マクロを使用して解決を試みておりますが、無知なもので、以下のふたつのサイト様を参考に作成させていただきました。 Google 検索の「サジェスト機能」を, Excel のシート上にVBAで作る (セルの内容に応じて入力規則を動的に変える方法) 2. エクセルでグーグルサジェストっぽい入力をする 2. のサイト様のStep4を、以下のように変更しました。 この操作を行いたい行がB21:P21からB39:P39まではこの機能が適用されるようにすることができましたが、範囲をB79:P79まで増やすと、反映されなくなってしまいました。 フォーマットは変更することができないため(行数を減らすなど)、VBA、マクロでどうにか解決したく、試行錯誤を繰り返しておりますが、私の知識、力ではどうにもうまくいきません。 どのようにすれば解決できるでしょうか。 皆様お力をお貸しいただきたいです。 宜しくお願いいたします。 反 A ベストアンサー こんなのはどうでしょう。 添付画像のように、A列に顧客名を並べます。 下記のマクロをSheetモジュールに張り付けます。 B1セルに、顧客名の一部を入力します。 すると・・・。 入力した情報で顧客名が一意になる場合は、その顧客名で決定されます。 一意にならない場合は、顧客名のリストが表示され、選択することができるようになります。 Count, "A". End xlUp. Row If Cells i, "A". Validation. Delete. 添付画像のように、A列に顧客名を並べます。 下記のマクロをSheetモジュールに張り付けます。 B1セルに、顧客名の一部を入力します。 すると・・・。 入力した情報で顧客名が一意になる場合は、その顧客名で決定されます。 一意にならない場合は、顧客名のリストが表示され、選択することができるようになります。 blogspot. hatenablog. >goo と google などが区別できません ヒットする候補を入力規則で表示しているだけなので、「g」や「goo」では両方とも候補に表示されるのは当然ではないでしょうか。 「goog」まで入力すれば、gooは候補から削除されます。 ただし、こちらは語頭で検索してはいないようなので「oo」の入力でも「goo」「google」の両方ともヒットしてしまうようです。 個人的には、語頭限定で検索してくれた方が使いやすいように思いますが・・・ いずれにしろ、入力規則を利用しているためか、リスト表示させるのにリターンキーの押し下げなどが必要になるようで(VBA中にはリストを自動表示している節がありますが、未確認です)、ウェブグラウザなどの一般的なサジェストに比べてしまうと使い勝手は劣る印象です。 >2番目の方の動かし方を教えていただきたいです 説明文にあるように、それぞれのマクロをを所定のモジュールへコピペ。 ) サイトの記事の下方に、いろいろ注意事項が記載されていますので、そちらも読んでおいた方が宜しいかと。 こんにちは ちゃんと内容は見ていませんが、とりあえずいろいろ修正をしていると思われる2番目の方だけ試してみました。 >goo と google などが区別できません ヒットする候補を入力規則で表示しているだけなので、「g」や「goo」では両方とも候補に表示されるのは当然ではないでしょうか。 「goog」まで入力すれば、gooは候補から削除されます。 ただし、こちらは語頭で検索してはいないようなので「oo」の入力でも「goo」「google」の両方ともヒットしてしまうようです。 個人的には、語頭限定で検索してく... A ベストアンサー No1です。 条件を入力するセルと入力後に条件にあったリストを表示させるセルが同じセルということでしょうか。 条件を入力するときは入力規則がかかっていない(入力規則がかかっていれば、リスト内の値しか入力できない) 入力してEnterすると、入力規則がかかる(VBAで出来そうですが) 次に、条件を入れるときは入力規則の解除を行う(別途、入力規則解除のボタンを操作する) 上記の事が難易度が高いでしょう。 こんな感じのシートはVBA駆使すれば出来そうな気がしますが?(経験はないです ただ、先に紹介した方法で、別シートに A B 1 条件 2 表示 B1セルに、条件(例えば あ とか あい と)入れると B2セルには入力規則があって、B2セルで指定した文字を含む値しかリストに出ない。 これには、応用が出来ると思います。 No4の方の方法も同様です。 条件を入れるセルと条件にあったリストの入力規則で選択するセルが分かれますが、この方が使い易くないでしょうか。 のご希望は満たしていると思います。 No1です。 条件を入力するセルと入力後に条件にあったリストを表示させるセルが同じセルということでしょうか。 条件を入力するときは入力規則がかかっていない(入力規則がかかっていれば、リスト内の値しか入力できない) 入力してEnterすると、入力規則がかかる(VBAで出来そうですが) 次に、条件を入れるときは入力規則の解除を行う(別途、入力規則解除のボタンを操作する)... Q テキストボックスに、'1'って数字を入力したら、頭に'1'がつく入力候補がテキストボックスの下にリスト形式で表示され、 続けて、'2'と入力すれば、入力候補リスト内は頭に'12'がつく入力候補にかわる。 わかりやすく ? 言うと、例えば、VB6で変数の宣言をするとき Dim xxx As まで書くと入力候補のリストがカーソルの下に表示されますよね。 続けて、Dim xxx As S と入力すると、入力候補が 'S' から始まるものになりますよね。 まさに、コレがやりたいんです!! 何かいい方法、いいツールetc・・・、知っている方がいらっしゃったらぜひ教えてください。 ちなみに、開発はVB6で行います。 よろしくお願いします!!! A ベストアンサー コンボボックスで似たような挙動をさせようと思えば、 やってやれんことは無いはず。 (あくまで方向性であって、VBの仕様でできないかも・・・) 候補データが配列に格納されているとして、 該当するデータを決定するには、Like演算子を使用します。 例) コンボボックスのKeyUpイベントに置いてください。 Text 'データを消去します Combo1. AddItem PoolData dintJ End If Next 'リストを表示します。 なんか挙動不審だし・・・・ 今テストしてみたら、なぜか、SendKeyメソッドの影響で、 「NumLock」ボタンを押しつづけてる永久ループに入ってしまった・・(**)。 ちょっと、今日忙しいので、また後日にでもテスト結果とサンプルを乗せますね。 コンボボックスで似たような挙動をさせようと思えば、 やってやれんことは無いはず。 (あくまで方向性であって、VBの仕様でできないかも・・・) 候補データが配列に格納されているとして、 該当するデータを決定するには、Like演算子を使用します。 例) コンボボックスのKeyUpイベントに置いてください。 Text 'データを消去します Co... A:A,SMALL Sheet3! G:G,ROW A1 ,1 といれて下フィルすれば、D5の文字含む顧客名がずらずら表示 B5には、入力規則で D7以下の何行かを設定 B5で、正式な顧客名が表示されるので、選択してOK 後、住所などは、VLOOKUP関数で、検索値にB5を指定すれば情報が表示される。 Q 入力規則を使って、社員コードを入力する際に 10001 山田太郎 10002 鈴木花子 10003 佐藤大介 のように、ドロップダウンリストに「社員コード」「社員名」と2列表示させたいのです。 そして、例えば山田太郎を選択すると、セルには「10001」だけが入力されるようにしたいのですが・・・ (Accessのルックアップフィールドみたいな感じ) [入力規則]-[リスト]で、社員コード表を選択しても、単一の列または行でなければいけませんとエラーが出ます。 かといって[入力規則]-[リスト]で範囲指定をカンマ区切りで 10001 山田太郎,10002 鈴木花子,・・・と入力しても、エラーは出ませんがドロップダウンリストから選択したときに社員コード表と社員名が一緒にセルに入力されてしまいます。 なにか良い方法はありませんでしょうか? よろしくお願いいたします。 Q 仕事でエクセル2003を使っています。 データを入力するにあたり、複数の項目(キーワード)を「データの入力規則」で選んで入力しています。 例えば、C列にデーター入力していて、「C5」には「G列」のリストを表示、「C8」には「H列」のリスト、「C10」には「I列」のリスト…と複数のドロップダウンリストがあります。 コンボボックスという方法もあるようで、何が一番有効なのかも迷う次第です。 アドバイスよろしくお願いします。

次の

オートコンプリート機能について|Excel(エクセル)の使い方

エクセル サジェスト機能

早い話がオートコンプリート サジェスト 機能ですね! コンボボックスにはプロパティも用意されていますが、今回の用途では物足りません。 そこで、KeyUpイベントを利用した代替手段を考えてみることにしました。 KeyUpイベントによるオートコンプリート機能の実装 さっそくコードです。 ちなみに、下記コードはExcelに限らずWordやPowerPointでもそのまま使用することができます。 ComboBox. 1" cboStored. ReturnInteger, ByVal Shift As Integer Dim accCbo As Office. IAccessible Dim accLst As Office. ListCount - 1 If cboStored. AddItem cboStored. List i End If Next '開いているドロップダウンを閉じる If accCbo. DropDown End Select End Sub 仕組みは下記のように非常に単純です。 コンボボックスでキーが押されたとき KeyUpイベント に、入力された文字列を元にフィルタリングして、保存用のコンボボックスからリストを作成する。 唯一工夫した点は、DropDownメソッドで開いたリストを閉じる処理でしょうか。 下記コードの部分で実装していますが、これがなかなか上手くいきませんでした。 If accCbo. もしかしたら、OSやOfficeのバージョンによっては上手く動作しないかもしれません…。

次の