スコッティ キッチン タオル。 スコッティ(SCOTTIE)の通販(2/2)

スコッティ キッチンタオルボックス 1パック(75組(150枚)×3箱入) 日本製紙クレシア LOHACO PayPayモール店

スコッティ キッチン タオル

今、布巾代わりにこれを使う人が増えているようです(写真:尾形文繁) 日々のあまりの忙しさから、今、家事の仕方を見直したいと思う人も多いだろう。 仕事をしながらワンオペ育児を続けてきた筆者もその一人だ。 筆者が早くから見直したのは、布巾。 布巾を卒業してキッチンタオルにシフトした。 使い捨てるので衛生的な気がするし、煮沸やハイターによる消毒作業から解放され、だいぶ楽になった。 しかし、台所周りは拭く場所が多く、キッチンタオルの減りの速さに驚愕。 そこで、洗ってすぐ乾く不織布のキッチンダスターを導入し、数日使ってヨレたら捨てるという方法に変更した。 ところが、次第にキッチンタオルと比べ吸水性がイマイチで、水滴が残ることも多々ある点が気になるように……。 そんな経緯から他のものを探したところ、ブログや口コミなどで布巾代わりになると評判の、ある商品が目に留まった。 日本製紙クレシアの「スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル」だ。 一体、どのような商品なのだろうか。 一般的なパルプ100%ではない! 同社は、スコッティやクリネックスブランドを有する米国キンバリー・クラーク社(以下、キンバリー)と提携しているが、この商品もキンバリーが開発したものだという。 キンバリーが家庭用品を強化する中、「工業用ワイパー」のエンボスや形状を変え、家庭用にリメイクした商品なのだそう。 ちなみに、この工業用ワイパーとは、工場などで油やインクなどの汚れを落とすウエス(汚れを拭き取るための布)で、日本でも20年以上前から使われてきたという。

次の

スコッティ「使い捨て布巾」のすごすぎる実力

スコッティ キッチン タオル

今、布巾代わりにこれを使う人が増えているようです(写真:尾形文繁) 日々のあまりの忙しさから、今、家事の仕方を見直したいと思う人も多いだろう。 仕事をしながらワンオペ育児を続けてきた筆者もその一人だ。 筆者が早くから見直したのは、布巾。 布巾を卒業してキッチンタオルにシフトした。 使い捨てるので衛生的な気がするし、煮沸やハイターによる消毒作業から解放され、だいぶ楽になった。 しかし、台所周りは拭く場所が多く、キッチンタオルの減りの速さに驚愕。 そこで、洗ってすぐ乾く不織布のキッチンダスターを導入し、数日使ってヨレたら捨てるという方法に変更した。 ところが、次第にキッチンタオルと比べ吸水性がイマイチで、水滴が残ることも多々ある点が気になるように……。 そんな経緯から他のものを探したところ、ブログや口コミなどで布巾代わりになると評判の、ある商品が目に留まった。 日本製紙クレシアの「スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル」だ。 一体、どのような商品なのだろうか。 一般的なパルプ100%ではない! 同社は、スコッティやクリネックスブランドを有する米国キンバリー・クラーク社(以下、キンバリー)と提携しているが、この商品もキンバリーが開発したものだという。 キンバリーが家庭用品を強化する中、「工業用ワイパー」のエンボスや形状を変え、家庭用にリメイクした商品なのだそう。 ちなみに、この工業用ワイパーとは、工場などで油やインクなどの汚れを落とすウエス(汚れを拭き取るための布)で、日本でも20年以上前から使われてきたという。

次の

【キッチンタオルのおすすめ比較】人気のエリエール・ネピア等10種類を比べた!使い方も紹介!

スコッティ キッチン タオル

今、布巾代わりにこれを使う人が増えているようです(写真:尾形文繁) 日々のあまりの忙しさから、今、家事の仕方を見直したいと思う人も多いだろう。 仕事をしながらワンオペ育児を続けてきた筆者もその一人だ。 筆者が早くから見直したのは、布巾。 布巾を卒業してキッチンタオルにシフトした。 使い捨てるので衛生的な気がするし、煮沸やハイターによる消毒作業から解放され、だいぶ楽になった。 しかし、台所周りは拭く場所が多く、キッチンタオルの減りの速さに驚愕。 そこで、洗ってすぐ乾く不織布のキッチンダスターを導入し、数日使ってヨレたら捨てるという方法に変更した。 ところが、次第にキッチンタオルと比べ吸水性がイマイチで、水滴が残ることも多々ある点が気になるように……。 そんな経緯から他のものを探したところ、ブログや口コミなどで布巾代わりになると評判の、ある商品が目に留まった。 日本製紙クレシアの「スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル」だ。 一体、どのような商品なのだろうか。 一般的なパルプ100%ではない! 同社は、スコッティやクリネックスブランドを有する米国キンバリー・クラーク社(以下、キンバリー)と提携しているが、この商品もキンバリーが開発したものだという。 キンバリーが家庭用品を強化する中、「工業用ワイパー」のエンボスや形状を変え、家庭用にリメイクした商品なのだそう。 ちなみに、この工業用ワイパーとは、工場などで油やインクなどの汚れを落とすウエス(汚れを拭き取るための布)で、日本でも20年以上前から使われてきたという。

次の