ホリ ゲーミング ヘッド セット インイヤー。 【コジマネット】HORI ホリ ゲーミングヘッドセット インイヤー for Nintendo Switch ブラック NSW

≪楽しい≫【最大1000円OFFクーポン配付中】WestPort EACH G4000 3.5mm ステレオ ゲーミング ヘッドフォン ヘッドセット ヘッドバンド マイク 音量調節機能付き PCゲーム用(黒&レッド)の通販

ホリ ゲーミング ヘッド セット インイヤー

フラットでクリアな音質を追求し、細かな音も逃しません。 長時間のゲームプレイでも耳が痛くなりにくく、遮音性の高いオーバーイヤータイプとなっています。 付属の延長ケーブルを使用することでTVから離れた状態でもボイスチャットを楽しめます。 5 4極接続(ケーブル長:約1. 2m、延長ケーブル:約2. 10mmドライバー搭載によって、幅広いゲームに最適なダイナミックで臨場感のある音質を再現します。 5 4極接続(ケーブル長:約1. 5mm3極ジャック(音声ミキサー) C 2019 HORI CO. , LTD. 『ホリゲーミングヘッドセット ハイグレード for Nintendo Switch ブラック』• メーカー:ホリ• 対応機種:Switch• 発売日:2019年8月• 価格:4,780円(税別) 『ホリゲーミングヘッドセット ハイグレード for Nintendo Switch レッド』• メーカー:ホリ• 対応機種:Switch• 発売日:2019年8月• 価格:4,780円(税別) 『ホリゲーミングヘッドセット インイヤー for Nintendo Switch ブラック』• メーカー:ホリ• 対応機種:Switch• 発売日:2019年8月• 価格:2,480円(税別) 『ホリゲーミングヘッドセット インイヤー for Nintendo Switch ネオンブルー・ネオンレッド』• メーカー:ホリ• 対応機種:Switch• 発売日:2019年8月• 価格:2,480円(税別).

次の

『予約前日出荷』{ACC}{Switch}ホリゲーミングヘッドセット インイヤー for Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ) ピカチュウ

ホリ ゲーミング ヘッド セット インイヤー

本製品は,HORIが「FPSゲーマー向け」として立ち上げた製品ブランド「 G. 」(ギア)の第1弾。 その概要や設計思想はでお伝えしているが,実際の使用感はどうか。 今回は実機検証結果をお伝えしていきたい。 外観はシンプルながら,交換式イヤーパッドとベースブーストでカスタマイズが可能 インラインリモコン付きのワイヤードヘッドセットとなるOWL GEAR。 黒地に青というカラーリングになっている エンクロージャに寄ったところ。 パンチングメタルはデザイン上のギミックであり,エンクロージャ自体は密閉型 さて,まずは外観からだ。 OWL GEARの外観デザインでHORIは,「クールさ」を狙ったとしているが,たしかに「ゲーム機向けヘッドセット」と聞いてぱっと連想されるようなポップさとは無縁だ。 黒を基調とし,G. シリーズのブランドカラーである青をエンクロージャ部にあしらってきたデザインは,「めちゃくちゃ格好いい」とは言わないまでも,FPSユーザーが抵抗を感じない見た目になっていると述べていいだろう。 エンクロージャを外から見ると,大部分がパンチングメタルで覆われているように見えるが,これはフェイクであり,エンクロージャは完全な密閉型となる。 その形状は横から見たとき円に近いのが,1つの特徴となる。 一般的なオーバーヘッド型ヘッドフォンやヘッドセットだと,エンクロージャの形状は装着時に縦長となるケースが多いのだが,OWL GEARでは,前後方向に膨らんでいるのだ。 その結果,耳の大きな人でも耳たぶはイヤーパッドに圧迫されにくくなることが期待できよう。 少なくとも,筆者の耳のサイズは標準的だと思われるが,違和感なく装着でき,耳にイヤーパッドが当たる感じはなかった。 マネキンに取り付けたところ。 一般的なヘッドフォンだと,イヤーパッドの形状は縦長になることが多いのだが,OWL GEARでは真円に近い形となっている点にも注目してほしい イヤーパッドは取り外しが可能。 外すと,スピーカードライバーメーカーと一から作り上げたというOWL GEAR専用の40mmドライバー「 G. 」(Gaming Flat sound Pressure Driver)が覗き込めるようになる 合皮(左)とメッシュ地(右),2種類のイヤーパッドが(当たり前だが2つずつ)付属する。 見た目がかなり異なるのが分かるだろう。 分厚すぎず薄すぎずという,ほどほどの厚みになっている。 そのイヤーパッドは,標準で取り付けられている合皮(人工皮革)のものとは別に,メッシュ仕様の生地を採用したものも付属しており,簡単に交換が可能。 でも触れているとおり,イヤーパッドの選択によって音質傾向は変わるので,その点は後ほど細かくチェックしたい。 エンクロージャ中央とアームの接合部は,可動域が非常に小さく,目測で上下前後とも各10度くらいだった。 目盛りの刻まれたスライダーはしっかりとした硬さがあり,同時に,慣れれば片手で調整できる程度には伸び縮みさせやすくなっている。 スライダーを最も短くした状態(左)と最も長くした状態(右) これら一連の可動部はすべてプラスチック製で,高級感はないものの,遊びが少なく,かっちり動作する印象は受けた。 このあたりはさすが,コンシューマゲーム機の世界で鍛えられているHORIといったところで,見た目以上に耐久性は重視されているように思う。 ヘッドバンド部は全面的に合皮カバー付きクッションで覆われている ヘッドバンド部分は外側,内側とも同じ合皮素材が用いられており,やや分厚いクッションとなっている。 なぜ内側だけでなく外側にも同じ素材を採用したのかはよく分からないのだが,厚みのせいか,ここだけ妙にコロンとした見た目になっており,少々野暮ったい印象は拭えない。 もっとも,クッション素材自体はよいもので,頭頂部と接触した感じもソフトだ。 装着していて不快に感じることはまずないはずである。 ブームマイクの先端は外側にも内側にもマイク用と思しき孔が用意されている 左耳用のエンクロージャとヘッドバンドの接合部から伸びるマイクブームは太め。 光沢加工されたプラスチック製ブームの中央に,硬質ゴムで覆われた可動域があるという,よくあるタイプである。 筆者のレビューでいつも書いているとおり,このタイプだと狙った場所に設置しづらいのだが,強度上の信頼性が高いのは確かなので,おそらくHORIは,耐久性重視でこの仕様を選択したのだろう。 ブームの先端にあるマイクは,無指向性とされているのだが,どういうわけか,外側と内側にマイク孔が開いている。 外側にもマイクがあるとすると,外部のノイズも拾ってしまうような気がするのだが,この点は後ほど検証したい。 ちなみにエンクロージャとの付け根部分を軸とした場合の回転域は,目視で確認した限り,装着時に上90度,下50度といったところだった。 ブームマイクの回転域。 使わない場合はほぼ真上に跳ね上げておける インラインリモコンとケーブル。 写真左がOWL GEAR本体側,右がゲーム機と接続する側で,太さはけっこう異なっている OWL GEARと付属品一覧。 5mmミニピン延長ケーブル,Xbox 360用マイク出力ケーブルなどが標準で用意される エンクロージャから伸びるケーブルはマットな黒色で,インラインリモコンまではやや細め。 リモコンからケーブルの先端まではそれより一回り太くなる。 いずれも柔らかく,取り回しはしやすい。 太くて硬いケーブルのほうが強度は高くなるが,やり過ぎると取り回しに難が出るので,筆者はこの程度で十分だと思う。 ケーブル長は公称約3mで,OWL GEAR本体からインラインリモコンまでのケーブル長は実測約48cm。 先端は2つに分かれ,実測25cmのケーブルの先に,ヘッドフォンへの入力用となる3. 9mの付属ケーブルをつなぐ必要があるので,十分な長さは確保されていると述べてよさそうだ。 それでも足りない場合には,付属の3. 5mmミニピン延長ケーブルによって,総ケーブル長をさらに1. 9m長くできる。 なお,Xbox 360用のマイク出力ケーブルはインラインリモコンと接続する仕様で,そのケーブル長は1mあった。 インラインリモコンに用意された2. 5mmミニピン端子を使った,Xbox 360用ゲームコントローラとの接続イメージ 大きく強力なクリップを搭載。 インタビューでも触れたが,これはいいものだ というわけでインラインリモコンだが,そのサイズはけっこう大きめ。 ただ,でも触れたとおり,背面に用意された大型のクリップがなかなか強力で,衣服と固定してやれば,ズリ落ちたりする心配はまずない。 大きな青色LEDはマイクのインジケータで,マイクが有効な場合に点灯する仕様だ。 マイクミュートのスライドスイッチとそのインジケータが広い面に置かれ,残る3つの操作系は側面に散ったレイアウトとなっている このうち説明が必要と思われるのはBASSスイッチだと思うが,OWL GEARでは基本的にフラットな音質傾向が志向されているものの,それだと物足りないユーザーがいる可能性を考慮し,BASSスイッチを用意したのだと,HORIはにおいて明らかにしている。 なお,この手のマルチプラットフォーム対応ヘッドセットの場合,PC対応は当たり前のように実現されているのが一般的だが, OWL GEARでPCでの利用は保証外となる。 HORIいわく,「リモコンのスイッチ周りに不思議な挙動があり,その原因を追求するには追加で膨大な検証が必要になることから,PC対応は謳わなかった」とのことだ。 筆者が実際に試した限り,PC側でアナログのステレオ2ch出力とUSBをサポートしていれば,OWL GEARはとりあえず動いた。 ただ同時に,インラインリモコンの「CHAT VOL」は,ゲーム機の仕様に合わせ,ゲームサウンドとは別のストリームでを扱うようになっている関係で,動作しなかったことも確認できている。 もちろん,環境によってはほかの不具合が生じる可能性もあるだろう。 PCで無理矢理使って使えないことはないが,使いたい場合はすべてが自己責任となるので,この点はくれぐれも注意してほしい。 合皮イヤーパッド+BASS無効設定では 「ほどほどの低音」がゲームプレイに貢献 実際のテストに入っていこう。 PCでのテストも行うということで,Razer Surroundの設定はこちら。 ゲーム機に対応した製品の場合は,それら基軸テストに加えて,対応ゲーム機でのテストも行うことになるわけだが,ゲーム機のみがサポート対象となるOWL GEARでも,今回は「いつものやり方」を貫くことにした。 なお,テストに用いたPCシステムは 表のとおり。 Razer Surroundは,Razerの統合ツール「Synapse 2. 0」によって最新版へアップデートされるため,バージョンは「テスト時点の最新版」ということになる。 バーチャルサラウンドスピーカー以外の設定は初期状態のままにしてあることもここで述べておきたい。 一方,OWL GEARにとって本来のターゲットとなるゲーム機では,PS3用の「Call of Duty: Black Ops II」(以下,BO2)とXbox 360用の「Halo 4」を用い,マルチプレイしながら,(同じくOWL GEARを装着した)担当編集者とのボイスチャットを行うなどしつつ,評価していく。 ここで押さえておいてほしいのは,OWL GEARの場合,合皮とメッシュ,2種類のイヤーパッドがあり,さらにインラインリモコンのBASSスイッチもあるため,合計4とおりの音質傾向を持つに至っていること。 当然,今回はこれら4とおりのテストを行うことになる。 きちんと重低音も高音も存在しつつ,どちらかというと重低域よりももう少し上の低域がやや強めの印象だ。 合皮製イヤーパッドのままBASSを有効化すると,音質傾向はかなり変わる。 重低音が強くなりすぎて,高音にまでかぶり,もわっとした,俗にいうブーミーな音に感じられてしまうのだ。 これが,メッシュ製イヤーパッド+BASS無効になると,今度は別のヘッドセットかというくらいの激変がある。 ように,合皮は密閉度が高い一方,メッシュは低い。 結果,メッシュ+BASS有効時は,見事に重低域が抜けて聞こえるのだ。 典型的な低弱高強のイメージといえる。 そしてメッシュ製イヤーパッド+BASS有効だと,今度は,ほどよく低域が外部に漏れるためか,非常にバランスのよい音になった。 ゲーム機用のヘッドセットを音楽メインで使うかどうかはともかく,ゲームのBGMを楽しみたいのであれば,この組み合わせがベストだろう。 ならPCゲームだとどうか。 結論から先に述べると,CoD4とBF3でもこの音質傾向は踏襲される。 というか, ゲームプレイにおける選択肢は合皮+BASS無効かメッシュ+BASS有効しかないのではなかろうか。 ここではあえてメッシュ+BASS有効の話から始めるが,そもそもの話として,ヘッドフォンで単純に「いい音」だと感じさせるための最も手っ取り早い方法は,中域を減らし,低域と高域を上げるという,いわゆる「ドンシャリ」の周波数特性にすることだ。 映像コンテンツを迫力あるサウンドで楽しみたいユーザーは,そういう味付けのあるほうを「いい音」だと感じるからで,これはつまり,メッシュ+BASS有効が,ゲームのサウンドを楽しみたい人向けの選択肢だということでもある。 ドンシャリとは見事に正反対となるため,音は迫力不足に感じられる一方,「すべての周波数帯にわたって音の情報を正確に捉えたい」というニーズに向けては,こちらのほうがより適している。 そして,HORIがこの合皮+BASS無効をデフォルト設定としている理由もここにある。 FPSにおいて,音は戦い抜くうえで重要な情報の1つであり,迫力云々ではなく,なによりも正確に音情報を収集できることこそが重要なのだ。 よって,下手をすると感情を揺さぶりかねない重低音は,むしろ抑え気味でいい。 FPSに特化したヘッドセットたるOWL GEARのデフォルト設定が合皮製イヤーパッド+BASS無効になっているのは,正しい判断だと述べていいだろう。 ちなみに,合皮+BASS無効でRazer Surroundを試してみた限り,サラウンド感も良好だった。 どこで音が鳴っているのか非常に把握しやすい印象だ。 OWL GEARではバーチャルサラウンドを重視していないとのことだったが,サラウンドでも聞き分けはしやすかった。。 音の定位感はステレオ出力時と同様によい。 密閉度の高い合皮製イヤーパッドでベースブーストをかけているのだから,ある意味で当然の結果だ。 CoD4のようなトラディショナルなタイトルなら,重低音大好きなプレイヤーなら受け入れられるかもしれないが,多くの人はやり過ぎだと感じるだろう。 一方のメッシュ+BASS無効はスカスカ。 「そのほうが定位が分かりやすい」という人はいるかもしれないが,あまりお勧めはできない。 では,肝心のゲーム機ではどうだろうかという話になるが,こちらも結論を先に述べると, 合皮+BASS無効が最もプレイしやすかった。 もっともこれは,PCでのテストを終えた時点で想像できたことでもある。 そんな最新世代のFPSタイトルを,ドンシャリで重低音が強調されるヘッドセットでプレイした場合,迫力はある一方,中低域から中高域くらいの解像度が相対的に悪くなるため,音情報を拾いづらくなるのも自明というわけだ。 また,ドンシャリの音質傾向だと,何かがどっかんどっかん鳴るたびに,いちいちそれが気になるというか,それに圧倒されてしまうことになる。 低周波はもともと,原始の頃からの本能として人間に恐怖や畏怖を与え,無意識に警戒を払わせる種類の周波数成分なのだから当然である。 その点,重低域が必要以上に強調されていない合皮+BASS無効設定では,中域の解像度が増し,一方で重低域も「聞こえるけど抑えられ気味」なのが幸いしている。 なんというか,ゲームに集中しやすいのである。 過度ではなくほどほどの重低域と,高い中域解像度,しっかり存在する高域によって,感情をあまり大きく左右されることなく,情報としての音を粛々と収集していくことが可能になるのだ。 とはいえ,つまらない音ではなく,悪い音でもない。 長時間プレイするにあたってストレスのない音に仕上がっている。 PC接続時はもう1つの選択肢としたメッシュ+BASS有効だと,悪くはないのだが,もともとゲーム側に重低域成分が多いために,そちらが持ち上がってくる印象が避けられなかった。 ただ,このあたりは好みの部分もあると思われるので,「ゲーム機ではメッシュ+BASS有効は避けるべき」とまでは言えない。 PC接続時と同様,音を楽しみたいなら選択肢となるだろう。 あるいは,夏場のような暑い環境ではメッシュ+BASS有効を使い,それ以外は合皮+BASS無効で使うというアイデアもアリだと思う。 現実的な選択肢は上で挙げた2つのようにも思われるが,プレイし慣れたタイトルで4パターンを試してみれば,自分の好みやタイトルとの相性も見えてくるのではなかろうか。 筆者のヘッドセットレビューでは,マイクの検証を,周波数特性および位相特性の計測と,マイクに入力した音を録音しての試聴という2パターンで行っている。 PCにおける測定方法の説明は長くこともあり,ので,興味のある人は合わせてチェックしてもらえればと思う。 基本的には本文を読み進めるだけで理解できるよう配慮しているつもりだ。 さてそのマイクだが,無指向性のシングルマイクで,周波数特性は公称で100Hz〜10kHzという仕様である。 高域が少々低めだと思うかもしれないが,ネットワークがよほど空いているときでもない限り,8kHzあたりが再生可能周波数帯域の上限なので,必要十分なスペックは確保されていると述べていいだろう。 テスト結果は下に示したが,すぐ気づくのは,思った以上に低周波の下限が低いこと。 125Hz付近を頂点として,下は30Hzくらいまでのこんもりとした山がある。 4kHz付近の大きな凹みはテストに用いているスピーカーのクロスオーバーポイントなので,気にしなくていい)。 2つあるペインの上側に示した周波数特性は,グリーンがリファレンス。 オレンジがOWL GEARのものだ 実際にPC上で音を録音して聞いてみると,低域は,際だってノイジーとまではいかないが,「低周波寄りのノイズが,バックグラウンドに確かにいる」のが分かる。 内側だけでなく外側にもマイク孔が開いているのが原因かもしれない。 また,全体として,お世辞にもクリアな音だとはいえない。 それを踏まえつつ,PlayStation NetworkやXbox LIVE上でネットワーク越しに担当編集者とボイスチャットしてみたが,すると, PC上でのテスト結果が嘘のように聞き取りやすい。 担当編集も「ここ最近のヘッドセットレビューのなかでは聞き取りやすいほう」と述べていたので,要するに,オーディオ的な視点でいい音を追求したマイクではなく,ゲーム機のネットワークで実際に行うボイスチャットを想定して設計されているマイクということなのだろう。 ゲーム機におけるネットワーク越しに聞こえるボイスチャットの音声は,どう聞いても,100Hz以下,もしくは8kHz以上は再生されていない。 となると,OWL GEARのマイク特性上で余計な盛り上がりを見せている低域や,下がりきっていない高域は,そもそも実際のボイスチャット時には相手に伝わらないわけだ。 200Hz〜8kHz付近の割とフラットなところだけが相手に伝わるために,チャット相手が聞きやすく感じるのかもしれない。 厳しいことをいえば,ノイズはもう少し減らせるのではないかとも思うが,ゲーム機でのボイスチャット中に気になることはなかったので,「ゲーム機で使う」うえでの減点対象にはしにくい。 マイク品質以前に,どれだけPlayStation NetworkやXbox LIVEのVoIP (Voice over Internet Protocol,音声を圧縮データ化して送受信する技術)品質が悪いかという話ではあるのだが,OWL GEARのマイクは,そんな環境へうまく最適化できているともいえそうだ。 ゲーム機用のヘッドセットとして その完成度は非常に高い HORIがG. という製品ブランドを立ち上げ,そして,その第1弾として市場投入してきたOWL GEARをチェックしてみたが,一言でまとめるなら,その 完成度は非常に高い。 ゲーム機でFPSをプレイするにあたってヘッドセットの購入を検討している場合には,かなり有力な選択肢になるのではなかろうか。 製品ボックス デフォルト状態である合皮製イヤーパッド+BASS無効でゲームのサウンドを聞くと,低音のストレスがなく,非常に快適だった。 足音は大きすぎず,それでいて「そこにいる」のがちゃんと分かる程度には聞こえる。 アンビエントはうるさすぎず,爆発音でびっくりすることはないが,かといってスカスカで不愉快な音質傾向にも堕していない。 長時間聞いていてイヤにならない音であり,よく調整されているのが感じられる。 「いらない音を切る」のではなく,なるべくフラットな音に近づけて,変な誇張を減らしたほうが,最終的には快適になる。 このことを,少なくともモニターヘッドフォンを使っていたコアゲーマーは体験的に知っていたわけだが,OWL GEARの音質傾向は,確かにHORIの狙いどおり,そういったモニターヘッドフォン的になっている。 あえていえば,その方向性は,AKGの密閉型モニターヘッドフォンに近い。 筆者のお勧めはやはりデフォルトの合皮製イヤーパッド+BASS無効だが,重要なのは,この組み合わせで仮に「迫力がない」「楽しくない」という結論に至った場合でも,イヤーパッドやBASS設定の変更によって,改善を図れること。 決して安価ではないコストを投じて,好みの音でなかったりすると目も当てられないが,OWL GEARでその問題に対処されているのはいい。 また,マイクも,ゲーム機上で使う限りは,何を言っているのかが伝わりやすい,非常に実用的な仕様になっている。 PC用途だと必ずしもそういう結果にならない点は注意が必要だが,そもそもPCはサポートされていないのだから,声高に指摘すべきではないだろう。 現行世代のゲーム機を前提に開発された製品なのでやむを得ないところだが,この点は,他社製品との比較検討を行うとき,マイナスポイントになると思われる。 ただ,それも「あえて弱点を探せば」という話だ。 ゲーム機でFPSをプレイしたい。 そのときに性能の高いヘッドセットを使いたいという場合に,OWL GEARは一度試してみる価値のある製品だといえる。 マイク特性の測定方法 PAZのデフォルトウインドウ。 上に周波数,下に位相の特性を表示するようになっている マイクの品質評価に当たっては,周波数と位相の両特性を測定する。 測定に用いるのは,イスラエルのWaves Audio製オーディオアナライザソフト 「PAZ Psychoacoustic Analyzer」(以下,PAZ)。 筆者の音楽制作用システムに接続してあるスピーカー(ADAM製「S3A」)を,SBX 20の前方30cmのところへ置いてユーザーの口の代わりとし,スピーカーから出力したスイープ波形をSBX 20のアレイマイクへ入力する流れになる。 PAZを動作させるのは,Sony Creative Software製のサウンド編集用アプリケーションスイート「Sound Forge Pro 10」。 Avocetはジッタ低減と192kHzアップサンプリングが常時有効になっており,デジタル機器ながら,アナログライクでスイートなサウンドが得られるとして,プロオーディオの世界で評価されている,スタジオ品質のモニターコントローラーだ。 測定に利用するオーディオ信号はスイープ波形。 またテストに当たっては,平均音圧レベルの計測値(RMS)をスコアとして取得する。 結局のところ,「リファレンスの波形からどれくらい乖離しているか」をチェックするわけなので,レビュー記事中では,そこを中心に読み進め,適宜データと照らし合わせてもらいたいと思う。 用語とグラフの見方について補足しておくと,周波数特性とは,オーディオ機器の入出力の強さを「音の高さ」別に計測したデータをまとめたものだ。 よくゲームの効果音やBGMに対して「甲高い音」「低音」などといった評価がされるが,この高さは「Hz」(ヘルツ)で表せる。 人間の耳が聴き取れる音の高さは20Hzから20kHz(=2万Hz)といわれており,4Gamerのマイクテストでもこの範囲について言及する。 周波数特性の波形の例。 実のところ,リファレンスとなるスイープ信号の波形である 上に示したのは,PAZを利用して計測した周波数特性の例だ。 グラフの左端が0Hz,右端が20kHzで,波線がその周波数における音の大きさ(「音圧レベル」もしくは「オーディオレベル」という)を示す。 また一般論として,リファレンスとなる音が存在する場合は,そのリファレンスの音の波形に近い形であればあるほど,測定対象はオーディオ機器として優秀ということになる。 ただ,ここで注意しておく必要があるのは,「音声チャット&通話用マイクだと,15kHz以上はむしろリファレンス波形よりも弱めのほうがいい」ということ。 15kHz以上の高域は,人間の声にまず含まれない。 このあたりをマイクが拾ってしまうと,その分だけ単純にノイズが増えてしまい,全体としての「ボイスチャット&通話用音声」に悪影響を与えてしまいかねないからだ。 男声に多く含まれる80〜500Hzの帯域を中心に,女声の最大1kHzあたりまでが,その人の声の高さを決める「基本波」と呼ばれる帯域で,これと各自の声のキャラクターを形成する最大4kHzくらいまでの「高次倍音」がリファレンスと近いかどうかが,マイク性能をチェックするうえではポイントになる。 位相特性の波形例。 こちらもリファレンスだ 位相は周波数よりさらに難しい概念なので,ここでは思い切って説明を省きたいと思う。 PAZのグラフ下部にある半円のうち,弧の色が青い部分にオレンジ色の線が入っていれば合格だ。 「AntiPhase」と書かれている赤い部分に及んでいると,左右ステレオの音がズレている(=位相差がある)状態で,左右の音がズレてしまって違和感を生じさせることになる。 それだけに,違和感や不快感を与えない,正常に入力できるマイクかどうかが重要となるわけだ。

次の

≪楽しい≫【最大1000円OFFクーポン配付中】WestPort EACH G4000 3.5mm ステレオ ゲーミング ヘッドフォン ヘッドセット ヘッドバンド マイク 音量調節機能付き PCゲーム用(黒&レッド)の通販

ホリ ゲーミング ヘッド セット インイヤー

TPUセミハードカバー for Nintendo Switch Lite ピカチュウ 7月 発売予定 価格:各1,780円(税別) 対応機種:Nintendo Switch Lite 本商品は、Nintendo Switch Lite本体をキズや汚れから守る「ピカチュウ」デザインのTPU製保護カバー。 【特長】 ・「Nintendo Switch Lite」本体をキズ・汚れからブロックする。 ・柔らかさと硬さを併せ持つTPU材質のカバーで本体をキズや衝撃から守る。 ・カバン等のポケット部にも収納しやすく持ち運びやすい、スリムフラット形状。 ・任天堂製品との適合性・素材の安全性が確認された、正式ライセンス商品。 【特長】 ・Nintendo Switch及びNintendo Switch Liteのどちらか一方を収納することができる。 ・表面は硬質PET材で衝撃に強く、裏面はスクラッチ耐性の高いメッシュ生地を使用。 耐久性の高いハイブリッド構造となっている。 ・表面への印刷は、布への印刷と異なりデザインがより鮮やかになっている。 ・Nintendo Switch専用カードを最大10枚収納することができる。 【特長】 ・美麗で強固なアルミ素材を使用したケースで、Nintendo Switch本体をしっかり守る。 ・Nintendo Switch本体と、Nintendo Switch専用カードを最大5枚収納・持ち運びできる。 ・任天堂製品との適合性・素材の安全性が確認された、正式ライセンス商品。 ・同社製Nintendo Switch用カバーを装着したまま、収納・持ち運びが可能。 【特長】 ・通信距離約10mのワイヤレス通信で、自由なプレイスタイルでゲームを楽しめる。 ・グリップの表面に施した凹凸加工と継ぎ目のない構造でしっかりと握ることができる。 ・バッテリーを内蔵しながらも重量は約180g。 長時間持ち続けても疲れにくい軽量設計を実現している。 ・付属のUSBケーブルをNintendo Switchドックに接続することで、本品を充電することができる。 【特長】 ・ボイスチャットに対応していないソフトでも音声ミキサーを使用してスマートフォンに接続することで、チャット音声とゲーム音声を同時に聴くことができ、ボイスチャットを楽しめる。 ・着脱式のフレキシブルアームマイクを搭載。 自分好みの角度に調節が可能。 ・2つのヘッドクッション「W-FIT」が装着時の負荷を軽減し、長時間のゲームプレイをサポートする。 耳元で素早く操作することができる。 フラットでクリアな音質を追求し、細かな音も逃さない。 ・長時間のゲームプレイでも耳が痛くなりにくく、遮音性の高いオーバーイヤータイプ。 ・付属の延長ケーブルを使用することでTVから離れた状態でもボイスチャットを楽しむことができる。 5 4極接続(ケーブル長:約1. 5m 延長ケーブル:約2. 【特長】 ・ボイスチャットに対応していないソフトでも音声ミキサーを使用してスマートフォンに接続することで、チャット音声とゲーム音声を同時に聴くことができ、ボイスチャットを楽しめる。 ・着脱式のフレキシブルアームマイクを搭載。 自分好みの角度に調節ができる。 ・屋外で便利なインラインマイクを搭載。 ハンズフリーでコンパクトに使用できる。 ・装着感を追求したエルゴノミクスデザインを採用。 外れにくく耳にフィットする。 ・10mmドライバーを搭載。 幅広いゲームに最適なダイナミックで臨場感のある音質を再現する。 5 4極接続(ケーブル長 : 約1. 5mm3極ジャック(音声ミキサー).

次の