バイト 所得税 引 かれる。 所得税を引かれる人、引かれない人の差は?

アルバイトの税金の計算方法は?いくらかかる?103万円の壁とは?簡単に解説

バイト 所得税 引 かれる

2018年9月28日 [最終更新日]2020年1月20日 つい忘れがちな、年金にも税金はかかるという事実。 将来の生活を考える際には、いくら年金を受け取れるかと同時に、税金がいくらかかるかも考えておきましょう。 そのような年金について、パートをしながら年金を受給する場合の税金はどうなるかご説明します。 年金にも税金はかかる? 年金は雑所得であり、所得税と住民税がかかります。 それらの税額をあらかじめ引かれた状態で、年金は支給されます。 この年金にかかる税金については雑所得として総合課税となり、他の所得と合算されます。 所得税率は通常通りですが、65歳を基準に控除額が変わる点は注意しておきましょう。 65歳未満は年間70万円の控除、65歳以上は年間120万円の控除となります。 なぜ年金にも税金がかかる? 年金は、働いて得た給料から引かれた保険料の積立を、月額に分割して受け取っているものという印象があるのではないでしょうか。 働いて得た給与の税金 所得税や住民税 は、 と を合わせた社会保険料を引いた額にかかります。 保険料は給料から税金がかからずに引かれていたため、年金として受け取る際に課税されます。 ですが、年金として受け取る際には、若干優遇された税金で計算されていますので、トータルにかかる税金としては抑えられています。 それでは、年金にはどのようにして税金がかかるのでしょうか。 年金にかかる税金の計算方法 公的年金には、国民年金と厚生年金があります。 国民年金 老齢基礎年金 の年間支給額は、保険料を40年間支払った場合には満額77万9292円です。 厚生年金の支給額は、所得によって大きく変動し、男女でも異なってきます。 年金受給のみの税金計算 年金受給のみの場合の税金について、計算方法は以下のようになっています。 所得を計算する際は、65歳未満と65歳以上で控除額が異なりますので確認しておきましょう。 年齢 公的年金など収入金額の合計額 割合 控除額 65歳未満 70万円まで所得金額はゼロ — — 700,001円から1,299,999円まで 100% 700,000円 1,300,000円から4,099,999円まで 75% 375,000円 4,100,000円から7,699,999円まで 85% 785,000円 7,700,000円以上 95% 1,555,000円 65歳以上 120万円まで所得金額はゼロ — — 1,200,001円から3,299,999円まで 100% 1,200,000円 3,300,000円から4,099,999円まで 75% 375,00円 4,100,000円から7,699,999円まで 85% 785,000円 7,700,000円以上 95% 1,555,000円 年金受給とパート収入による税金の計算方法 年金受給者でも、パートなどで生活費を稼いでいる方もいらっしゃるかと思います。 そのような場合には、計算方法は以下のようになります。 1%)は除く 年金とパート収入で税金はどうなる? 年金のみだけでは不安、また年金だけでは生活は難しいという場合に、パート収入を生活の足しにすることを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのような場合には、年金受給のみの場合と比較して税金は多くかかります。 老後の生活が年金だけでは不安とお考えの方には、 や利率の良い投資などで備えることをお勧めします。

次の

大学生必見!確定申告でアルバイト代の税金を取り戻す方法

バイト 所得税 引 かれる

高校生でもバイトで税金が引かれるの? 年収103万円の壁とは 高校生の諸君、給与明細を見て「税金がひかれている!」と驚いたことはないだろうか。 年収と税金の関係は自分自身の問題だけではなく、親の税金にも影響を与える可能性がある。 ここでは税金と年収の関係と、扶養の仕組みについて解説しよう。 住民税は年収93~100万円、所得税は年収103万円を超えるとかかる 税金が引かれるかどうかは年齢に関係なく、あくまで収入があるかどうかで判断する。 高校生でも収入によっては税金がかかるし、中学生や子役の子どもであっても働いて収入を得ていれば同様だ。 ここでいう「税金」とは、国に納める「所得税」と地方自治体に納める「住民税」を指す。 所得税と住民税では税金の対象となる金額が異なり、所得税は年収103万円を超えると税金がかかる。 住民税は地方自治体ごとに異なり、年収93万円~100万円から税金の対象となる。 住民税・所得税ともにかからなくするならば年収93~100万円以下を、所得税のみかからないようにするならば103万円以下に収めるといいだろう。 支払額の目安として、住民税は100万円以下であれば数千円程度、100万円を超えて103万円以下でも1万円前後となる。 また、働いている学生には勤労学生控除がある。 これをバイト先に申請しておくと、年収130万円までは所得税はかからないが、103万円を超える時点で親の扶養からは外れてしまうので注意が必要だ。 気をつけたい「年収103万円」の壁 年収103万円を超えると、所得税と住民税の両方がかかる。 そのうえ、親の扶養からも外れてしまう。 ここでは、親の扶養から外れたときにどうなるかを説明しよう。 親など、家族を養う立場にある人には扶養控除という税金の仕組みがある。 これは年間の合計所得金額が38万円以下の親族(アルバイトをして給料をもらっている子どもがいる場合は、その子供の給与収入が年収103万円以下)がいる場合は、所得税や住民税の対象となる収入からその分を控除し(税金の対象となる金額を少なくし)、税金を安くするというもの。 つまり、子どもが年収103万円を超えると親は控除が減ってしまい、税金が増えてしまうのだ。 所得税の扶養控除は38万円、住民税の扶養控除は33万円である。 例えば、所得税率が10%とすると、所得税で38,000円、住民税で33,000円、合計71,000円も親の税金が増える。 頑張ってバイト量を増やし、年収103万円を105万円にしても親の税金が7万円増えてしまってはもったいない。 再び扶養に入るには、翌年の年収を103万円以下に調整する必要がある。 まとめ 一見難しい響きの「税金」の話。 仕組みを理解するのは難しいけれど、「年収103万円以下」を頭に入れておけば、親の負担になることはないはず。 稼ぎすぎには気をつけながら、アルバイトライフを楽しもう。

次の

年金とパート収入で税金はどのようにかかる?

バイト 所得税 引 かれる

源泉徴収とは何? バイト代から引かれた所得税が戻ってくる手続きは バイトの給与明細を見たとき、「源泉所得税」が引かれていることに気付いたことはないだろうか。 扶養範囲内で働いているはずなのに、何故税金が引かれているの? 後で何か手続きが必要なの? などの、バイト代から引かれた所得税について解説する。 源泉徴収の仕組み 源泉徴収とはバイト先がバイト料を支払うとき、毎月その収入金額に応じて所得税を天引きすること。 そもそも、所得税はその年1年間の収入に対してかかる税金だが、その年の収入は12月31日にならないとわからないし、年末に1年分の税金をまとめて払うのは負担がかかる。 そのため、毎月その収入金額から概算で出した所得税を天引きしておくのだ。 あくまで概算による税金の前払いのため、後で清算をする必要がある。 所得税は、1年間の収入が103万円以下の場合はかからない。 つまり、月平均85,000円だと所得税はかからない計算になる。 しかし、バイト代が毎月同額とは限らない。 8万円の月もあれば、9万円の月もあるだろう。 たとえ1年間の収入が103万円以下であっても、その月のバイト代が9万円だと源泉徴収される。 所得税が戻ってくる手続きとは 月の平均収入が85,000円以下なのに、源泉徴収されている場合、手続きをすれば所得税が戻ってくる。 バイト先に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しているかどうかで、手続きが異なる。 ・提出している場合 バイト先が年末調整し、多く払いすぎた税金を返金してくれる。 ・提出していない場合 バイト先は年末調整を行わない。 そのため、自分で確定申告をする必要がある。 確定申告には、年末にバイト先から発行される「源泉徴収票」が必要だ。 税務署に源泉徴収票を持っていくと、一緒に確定申告書を作成してくれる。 バイトを掛け持ちしている場合は、バイト代の合計が103万円を超えるかどうか、また源泉徴収されている金額があるかどうかで手続きが異なる。 詳しくは、以下リンクでチェックしてみよう。 しかし、年末調整や自身で確定申告をすれば戻ってくる。 確定申告は面倒と感じるかもしれないが、税務署のスタッフに聞きながら手続きすれば、それほど難しくない。 例年、2月の中旬から3月の中旬までが確定申告の受付期間となっているので、年末調整がされていない場合は国税庁のホームページで期間を確認してから申告に行ってみよう。

次の