医者 辞め たい。 医者を辞めたい瞬間?①

医療事務を辞めたい原因「院長と合わない」→サクッと辞めて転職しましょう

医者 辞め たい

医者を辞めた人は?医者を辞めた人はいるのか? そもそも、医者を辞めた人はどのくらいいるのでしょうか? 2016年の厚生労働省の「医師・歯科医師・薬剤師調査」によると、医師免許保持者のうち、医師として働いていない人 無職の者 は1,659人いました。 これは、 医師免許保持者の0. 5%にあたります。 医師免許保持者の割合からすると、医者を辞めた人は 少ないです。 しかし、医者として働きながら医者を辞めたいと考えている人は多いです。 医師専用コミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」が会員医師7万人に、「医師を辞めようか考えたことがあるか」というアンケート調査を行ったところ、 42. 1%の医者が辞めようか考えたことがあると回答しています。 医者を辞めたいと考えても、思ったように辞められない現状があると考えられます。 医者を辞めた人は?医者を辞める理由で多いのは? 医者を辞める理由では、以下の3つの理由が多いです。 忙しすぎる労働環境• 体調を崩しやすい、崩しても休めない• 家庭との両立が難しい 医者は、どのような職場で働いても 仕事が忙しいです。 残業、当直勤務、救急対応など。 仕事の激務から、医者を辞めたいと考える人が多いです。 また、仕事が忙しく体調を崩してしまっても 代わりの医者がおらず仕事を休むことができないということも。 いずれにしても、からだに合わせた働き方がしにくいと、医者を辞めたいと思う傾向があるようです。 さらに、仕事が忙しいと 家庭との両立が難しくなります。 病院や診療所にいる時間が長くなれば、家族と一緒に過ごせる時間が少なくなります。 ワークライフバランスの調整が難しいことも、医者を辞める理由に繋がっています。 医者を辞める理由は人によって様々です。 そこで、次の項からは、実際に医者を辞めて別の仕事についた人の体験を紹介していきます。 医者を辞めた人は?産業医を辞めて非常勤医師をしながらライターに Aさんは、もともと 産業医をしていました。 物づくりの工場に就職し、産業医として社員の健康維持をサポートすることが仕事でした。 産業医として働いていた工場では、時代の流れとともに、うつ病などの精神疾患の人が急増し、社員の メンタルヘルスに関わる仕事が増えてきたそうです。 仕事の急増とともに、Aさんは社員のメンタルヘルスの管理に自信が持てなくなってきました。 というのも、 自分自身が仕事の忙しさで体調を崩すようになってきたからです。 そこでAさんは、産業医を辞めて webライターに転身しました。 webライターであれば自宅で仕事をしながら、自分の時間も作りやすいと考えたからです。 現在は週に数回、 非常勤として産業医をしながら、自宅でwebライターとして仕事をしています。 医者を辞めた人は?内科医を辞めてスポーツトレーナーに 病院で 内科医をしていたBさんは、30代の時に医者の仕事を辞めました。 Bさんが医者を辞めた理由は、 医者として仕事をする中で、「治すことだけが医者の仕事ではない」と思うようになったからです。 昔からBさんは、スポーツの分野に興味があり、医者の仕事を通して学んだ運動学や心理学の経験を活かして、スポーツトレーナーに転身しました。 Bさんが興味を持った分野は、「治療」よりも 「予防」です。 医者をしていた頃には、病気やケガで問題を抱えている患者を診療していました。 しかし、Bさんは病気やケガになる前から、健康意識を持ってもらいたいという考えを持ち、スポーツトレーナーとして、あらゆる人の 健康づくりをサポートするようになったのです。 医者を辞めた人は?産婦人科医を辞めて専業主婦に 産婦人科医のCさんは夫婦共働きで、夫も医者をしていました。 Cさんが医者を辞めた理由は、 母親として仕事と育児を両立できなかったからです。 共働きの医者であったことから、Cさんは頻繁に育児を自分や夫の母親に任せていました。 一方で、医者の仕事では、育児を理由に残業ができなかったり、子どものことが気になったり、 仕事に集中できないことが多くあったのです。 そういった仕事も育児も 中途半端になっている状態を改善するために、Cさんは、医者をやめて専業主婦になりました。 仕事と家庭の両立が難しいという理由から、医者を辞めた人には、女性が多い傾向があります。 家族との時間を十分にとりたいと考えた時には、医者を続けることが難しい場合も多いようです。 医者を辞めた人は?医者を辞めた働き方もある 医者を辞めて、他の仕事で働いている人もいます。 医者を辞めた後の働き方としては、医師免許を活かした働き方もあれば、 全く違った働き方をしている人もいました。 仕事が忙しすぎたり、家庭との両立が難しかったり、医者になる前の 理想と現実とが違う場合もあります。 自分のからだや考えに合った働き方が重要です。 医者を辞めたいと迷っている時には、一度、他の働き方を経験してみるのも良いでしょう。

次の

「医局を辞めたい」と強く願うタイミング15選

医者 辞め たい

・院長が嫌い ・院長がむかつく ・院長のハラスメントがひどい ・生理的に無理 こういった感じです。 特に小さな個人の医院、クリニックとかだと院長のキャラが結構重要で職場の雰囲気も決まってしまいます。 医療事務の立場は病院では低いほうです。 一方医者である院長は、上司であり経営者ですよね。 いち医療事務スタッフの立場では言いたいことも言えず、理不尽なことも我慢してしまいがち。 この問題にどう対処するか。 結論をいってしまうと、冒頭でも来ましたが「院長と合わない」から医療事務を辞めたいと感じているならサクッと辞めてしまいましょう。 本記事で、いかに「院長と合わない」という問題が解決不能であるか、さっさとしまったほうが気楽かについて整理していきます。 医師というのはそもそもプライドが高いもの。 頭もいいし、社会的地位もたかく、皆から「先生」と呼ばれているので仕方がないかもしれません。 医療事務や看護師といった自分よりも立場の弱いスタッフに高圧的・横柄な態度を取る院長もいます。 中には、患者に対して横柄な態度を取ることも。 医者の中には一定数こういうタイプがいるものです。 できれば関わりたくないもの。 こんな院長が経営する病院では、医療事務を辞めたいと思うのは当然ですね。 優れた医者が優れた経営者、院長とは限らない 日本では、病院経営は医者しかできません。 すなわち院長=医者というのが現状。 ところが、医者は医学を学んではいるものの経営のプロとしての教育など受けていません。 一般企業のトップとくらべると経営者としての人格も、モラルも、経営手腕も劣るのは当然といえば当然です。 ずっと受験勉強と、医師国家試験の勉強ばかりしていたから、人の気持ちを考えたり、他人を指導する能力を付ける暇がなかったのでしょう。 自身が医院を経営しても、従業員の気持ちがわからないのも無理はないです。 院長が経営者や上司として優れていることのほうが稀かもしれません。 なかにはまともに労働関連法規さえも理解せずに、人を雇用している医師もたくさんいるのです。 「医療事務が辞めたいと感じてしまう院長」の下で働くのは辛い 上記のような「医療事務が辞めたいと感じてしまう院長」が経営する病院で勤務していると当然ストレスをためてしまいます。 とくに立場の弱い医療事務であれば、合わない院長に対して我慢をし続け、体調を壊すことにもなりかねません。 ところが、医療事務は毎日受付業務をして、患者には笑顔を振りまかなければならないのです。 このギャップってかなりきついです。 医療事務を辞めたい原因「院長と合わない」という場合の対処法は「サクッと辞める」の一択です。 ということで結論は、「院長と合わない」ことが理由で辞めたいと感じている医療事務の方は、サクッと辞めて転職してしまいましょう。 はっきりいって合わない人と合わせる事は難しいし、かなりのストレスになります。 ましてや医師なんてプライドの高い生き物を相手にしても辛いだけです。 人格者の医師が経営する病院もたくさんありますからそこに移ればいいだけの話。 ある程度の経験があれば、医療事務は転職・職場を変えやすい仕事だから気楽にいきましょう。 それでは.

次の

『医者を辞めたい』人への3つの進言

医者 辞め たい

もう医者まじムリ、しんどい、辞めたい.... って人ってまあまあ多いと思うんですよね。 結論から言うと、『 本当の意味』で 辞めたいなら 全然辞めちゃえば良いと思います。 ただ、その前に3点、考えておいて欲しい事があります。 自分の事を理解する上でこのポイントが非常に重要になってきます。 その上で自分が『本当の意味』で辞めたいのか判断していった方が良いでしょう。 時として人間は追い込まれた時に冷静が判断ができない事があります。 その場の感情で大事な人生の選択を決定して後悔の無いように、 今回は、『医者を辞めたい人』にとっての 自分との向き合い方、その上でどういった行動を選択していくべきかについて一緒に考えていきたいと思います。 自分も医者を辞めた訳ではありませんが、前の職場の環境に耐えかねて一回転職しているんですよ。 そのおかげで今ではゆっくり、快適な勤務医ライフを送る事ができています。 ただ転職する前には 様々な葛藤をし、入念に自己分析をした上で選んだ選択でした。 自分が転職をした理由に関しては、以下の記事で説明しています。 絶対に、職を変える前には冷静な頭での判断が必要です。 感情で動いて後悔しないようにしましょう。 では、その過程についてお伝えしていこうと思います。 医者という仕事は、特に臨床医においては働く病院、選択する科によっては非常に重労働を強いられるケースがあります。 そして人間の生死に関わる仕事なので、 世の中の仕事の中で最も責任が重いものと言っても過言ではないでしょう。 その上現代では医療訴訟の問題に関しても多くの事案があり、真面目に働いていた医者が一つのミスで何千万円という賠償金を支払わされているケースも珍しくありません。 また日本は高齢者の数が年々増加しており、認知症の強い高齢者とのコミュニケーションに疲弊してしまうケースもしばしば見受けられます。 こういった状況の中で日夜せっせと働く医者達は疲弊していくのです。 そして自分が医者を辞めたい理由が整理できたら、その理由に対処できる策はないかを考えていきましょう。 そんなんわかってるわ。 それができないから困ってるんじゃ! という反論が生まれそうですが、本当にそうでしょうか? 私は日本では医師免許は どんな資格にも勝るゴールドライセンスだと思っています。 ろくなスキルがなくても時給1万円のバイトができるし、働き方だって、働く場所だって、働く時間だって自由に選択する事ができます。 一般の企業に入社したらそうはいきませんよ。 あれこれと理由をつけて転職しない人はいますが、そういった人達の大半は、学生から医者になるまでの間に 潜在的に増長したプライドが原因なんじゃないかと思っています。 周囲にどう思われるのか気にしたり、変な見栄を張ったりせず、自分の本当にしたい事、欲しいものを優先させましょう。 要するに、 この場合の『医者』という単語に どこまでの意味があるのか 考える必要がある という事です。 いずれにしても医者の仕事全般に面白みを見いだせなくなったり、医者である自分を否定するような状態で仕事を続けていくのは、幸福度を上げるという観点から見るとあまり宜しくありませんね。 折角取得した 医師免許を使った仕事がしたくないという感情になる人はそこまで多くはないのかなと思いますので、 自己分析して本当に『医者』自体が辞めたいという感情になった人に限って 医者を辞める事を勧めたいと思います。 医者がつまらないから辞める人を止めはしませんし、本当に本当に自問自答した上で医者と名乗れなくなった人を引き留めるのは困難でしょう。 ただ、まるっきり医者そのものを辞めたくなっている訳ではないので、この場合は、 もう高齢者医療に関わったり、慌ただしい環境で仕事をするのは嫌だけれど、せっかく苦労して獲得した医師免許は使って何か仕事をしたい と潜在的に考えている人が多いのではないでしょうか。 この場合は解決策としての選択肢は豊富です。 前項でも説明したように、日本で医師免許を持っていればできる仕事のバリエーションは非常に富んでいます。 と様々です。 他には医療系ライターなんかも特殊な選択肢としてありますね。 などなど、現代では医者が臨床医以外でも多様な選択肢がある事は何となく誰もが潜在意識では理解しているのではないでしょうか。 例えばですが、バイトについての以下の記事なんかを読んで頂ければ、選択肢の多様性に気づいてもらえるんじゃないかと思います。 また、バイトを探す際のバイト探しサイトの、自分の体験談に基づいたランキングも作ってあるので良かったら参考にして下さい。 個人的にはこの 『激務に疲弊した』という層が最も多いような気がしていますね。 この場合は『労働環境』がとにかく問題なので、解決策としては 今と同じような内容で負荷を下げた職場を仲介業者に探してもらう の一択になるとは思います。 どこの仲介業者にあたったらわからない人は、当サイトで自分が転職した経験からおススメの仲介業者を紹介しているので参考にしてみて下さい。 自分で精神的に不安定なのが自覚できている場合は(自覚できない場合も多いのですが)、より時間をかけて、慎重に選択をしていきましょう。 自分の『医者を辞めたい度』に合わせて次とるべき選択が変わってくる。 まずは自分のポジションを明確にしよう 医者を辞める上でネックになる事を整理しよう 最後に、医者を辞めるにあたって 『ネックになりそうな問題』というのは洗いざらい整理しておきましょう。 例えば、 『医局の問題』ですね。 選択した科によっては、現代のシステムでは医局の制度に乗らないと専門医を取得できない事があります。 以前の記事でも専門医をとるべきか否かについては自分の意見は書いたのですが、このポイントに関しては個人の価値観による所が大きいと思います。 ただ医局に属さなくても専門医を取得できるルートもあるようですし、何なら以前の記事でも書いたように専門医を取得しないという選択肢も大アリだと思っています。 ネックになるポイントを洗い出して、その問題点に関する情報収集を行うのも同じくらい重要になってきます。 過剰な責任感は気にせず捨ててしまおう!! 医者を辞めるか決めかねている人の中で、 ものすごーく真面目な人だと、 目の前の困っている患者さんから逃げていいのかな? とかすごい悩んだりするんですよね。 めちゃくちゃ素晴らしい心構えです。 めちゃくちゃ素晴らしいんですけど、 あなたが真っ先に優先すべきは 『自分の健康』です。 あなたのような素晴らしい方が医者を辞める事で困る患者さんはきっといると思います。 でもそれはあなたの責任ではなく、 医者がまともな環境で働く事のできない仕組みを作っている側の責任です。 あなたがそんな所まで責任を背負い込む必要は全くないのです。 逆に真摯に医療に取り組む事が日本のクソな医療システムを支えちゃってるので、 全然辞めちゃえば良いと思います。 自分が辞める事が日本の医療の新しいルールを形成するくらいに思えるくらいになりましょう。 結局、今の日本の医療システムって医者の善意だけで成り立っているんですよね。 でもそれで負荷がかかるのはシステムを作っている側の人間ではなくて臨床の最前線で働いている人達なので。 しかしそういう事実を理解していても、 みんなが辞めちゃったら医療崩壊が.. っていう 超絶善人のお医者さん、結構いるんですよね... 本当に医者が辞めまくって医療崩壊したら、必ず制度の見直しや報酬の見直しが行われます。 というか医療崩壊が起こるまで現行の医療システムはきっと変わらない、医者の善意に甘えるのだろうと私はみています。 高齢者に選択権がある今の日本社会でその方針は継続され続けるのでしょう。 だからこそ、若い医師達は 自分を大事にした選択をして欲しいと強く思っているのです。 確かに臨床を辞める人が増えたら、残った人達の負担が増えるでしょう。 しかし、 残った人達はその負荷が増えた状態でどういう選択をするか決めてもらうしかないのです。 結局それぞれ自分の人生ですから、自分で決めるしかありません。 自分の今いる環境に不平不満を言っても無駄です。 結局は 自分が『選択』してその職場にいるというだけ、どういう選択をした結果なのかというだけの話なので。 自己決定できる医者が増えれば、日本の医療のルールも変わらざるを得ないのではないかと思っています。 自分は自分の責務だけを全うすべし。 国や病院の責任は全て無視! まとめ 今回は、医者を辞めたいと考えている人に向けての 自分なりのメッセージと、辞めるまでの思考過程、戦略についてお話していきました。 医者を辞めようと考えている人はこの記事を読んで、どんな選択になるにしても前に進むきっかけにしてもらえたら嬉しいなと思っています。 その上でもし転職について前向きに検討する段階になったならば、当サイトでは自分の転職経験から0から100までの臨床医向けの転職記事を書いてあるので、良かったら参考にしてみて下さい。 下の記事に当サイトの転職関連の記事が全てまとめてあります。 自分の人生なので自分を大事にして、やりたい事を明確にして先に進んでいきましょう!!.

次の