いい就職.com 名古屋。 いい就職.comの評判!ネットの噂とメリット・デメリット

いい就職.comの転職の評判。第2新卒の23歳が感じた体験記。

いい就職.com 名古屋

この記事の目次• 同じ学部の人間はほとんどが東海圏出身であるということもあり、東海圏の大学の他、距離の近い関西の大学を受験する傾向がありました。 中でも私立大学の本命校として難易度が名古屋大学と近い同志社大学文学部を受験する人が多く、名古屋大学文学部と同志社大学文学部の両方に合格したものの、同志社大学を蹴って名古屋大学に来たという人が多かったです。 名古屋大学「文学部」の志望理由 私は元々地元が愛知県ということもあり、県内での進学を希望していました。 また、教科としては国語・英語の文系教科が得意だったので、文系の学問、その中でも文学について学べる大学に進学したいというぼんやりとした希望がありました。 愛知県内には文学部のある大学がいくつかあったのですが、名古屋大学では1年生の間は文学系の学問を初めとして語学、心理学、社会学、歴史学といった幅広い学問について学べ、2年生以降に自分が興味を持った学問を専攻することができるということを知り、自分が学びたい学問についてじっくりと考える時間があるところがいいと思って、名古屋大学文学部を志望しました。 名古屋大学「文学部」に入学してから感じたギャップ 私が名古屋大学文学部に入学して感じたギャップは、思っていたよりも授業が忙しいということです。 文系学部は暇というイメージがありますが、自分でテーマについて調べ、発表するという授業が意外と多かったので、発表の準備のために図書館にこもって書籍や過去の論文をたくさん読んだり、発表用のレジュメやパワーポイント資料を作ったりと勉強漬けになることがしばしばありました。 また、テストの時期になるとレポート数本を1週間以内に提出しなければいけないときなんかもあり、とても忙しかったです。 名古屋大学「文学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 東海圏在住の人間の中では、名古屋大学イコール東海圏では難易度トップの大学という認識がある人が多いので、周りの人に名古屋大学出身だということを話すと「いい大学に行ってるんだね!すごい!」というような反応をされることが多いです。 なので、評判はいい方だと思います。 また、名古屋大学文学部の学生は真面目で、文字通り文学が好きという印象があるらしく、「どんな本が好きなの?」という質問を受けることが良くあります。 内部生からみた評判 名古屋大学文学部に所属している人間は、他の学部の人間に比べると真面目だという印象を受けていました。 名古屋大学には文系学部に文学部のほか、経済学部、法学部、情報文化学部がありましたが、他の学部の人間も一緒に受講する文系教養の授業では、他の学部の人間が授業中に寝てしまう中、文学部生は真面目に起きて受講しているという光景が見られることがありました。 その一方でグループディスカッションなど、積極性が求められる場面を苦手とする人が多く、そういった授業ではなかなか発言ができないという場面が多かったと思います。 名古屋大学「文学部」のそれぞれの学科で勉強すること 名古屋大学文学部には学科の区別がなく、文学部に入学した人間は全員人文学科の所属となります。 その代わりに、2年生から自分の専攻する研究科目によって研究室配属が分かれることとなります。 学科が1つしかないため学科ごとのヒエラルキーというものはそもそも存在しません。 しかし、研究室ごとのヒエラルキーは存在します。 研究室の中で最もヒエラルキーが高いのは日本文学研究室です。 日本文学研究室は2年生の研究室所属決定時にテストを実施している唯一の研究室で、そもそも日本文学研究室に行こうと思う人は学生としてのレベルが高い人が多かったです。 そのため、日本文学研究室は特に真面目で研究に真摯に取り組む人が他研究室と比較すると多かったです。 名古屋大学「文学部」のリアルな就職先について 名古屋大学文学部では、公務員となる人が全体の半数を占めます。 多いのは愛知県を初めとした東海圏の教職員、愛知県庁、名古屋市役所、その他岐阜県、三重県辺りの地方自治体職員になる人が多いです。 私の卒業年度は、文学部の人間のうち、半数ほどは公務員試験を受験していたと思います。 民間企業では就職人数が多いのが銀行で、愛知県だと愛知銀行、名古屋銀行、中京銀行、岐阜県だと大垣共立銀行、十六銀行、三重県だと三重銀行、百五銀行等の地方銀行、各地域の信用金庫に就職する人が多いです。 その他にはトヨタ自動車、デンソー、アイシン精機などのメーカーの事務職員、中日新聞社などの新聞社、スーパーマーケットのバローをはじめとした地元小売会社、地元中小企業の営業マンや事務員になった人などもいて、みな幅広い業種の会社に就職していました。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、名古屋大学「文学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 名古屋大学「文学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで名古屋大学のパンフレットを請求してみて下さい。 関連記事.

次の

いい就職ドットコムの評判・メリット・デメリット|正社員になりたい既卒におすすめ

いい就職.com 名古屋

対象 第二新卒 既卒 19新卒 20代 職種 営業 IT 企画 事務 設計・開発 対応エリア 全国 都市中心 オフィス 東京 名古屋 大阪 横浜 求人数 1万件以上 申し込み後の流れ• いい就職. comに登録• 電話かメールでカウンセリングの日程調整• 求人検索の画面から希望企業を選ぶ、または紹介してもらう• 企業に応募 応募書類、エントリーシートの添削 模擬面接• 面接 いい就職. comから応募企業へ利用者の魅力を追加でアピールしてもらえる• 一部企業において、数週間のインターンシップが可能• 内定 いい就職. comの評判 メリット・デメリット いい就職. comのメリット 入社前のインターンシップでミスマッチが防げる いい就職. comでは選考後の入社前、 応募者と企業のミスマッチを防ぐため、1~4週間程度のインターンシップ制度を採用しています。 しかも、 有給(日給8,000円~10,000円)で行われます。 入社前に実際どんな業務内容かわかるので、あまりにもイメージとかけ離れていた場合は、辞退することができます。 長く付き合う会社を決めるための安心の制度ですね。 取扱い職種も広く、未経験でも大丈夫な求人が多い 第二新卒や既卒の方に向けられた求人なので未経験でも応募できる企業が多いです。 求人の職種もまんべんなく幅広く集められており、偏りがないので挑戦したかった分野や興味のある分野へ進めます。 また、まだしたい事が決まっていない人も、たくさんの求人を見ているだけで将来の姿が浮かんで、進みたい道のヒントになってくれるかもしれません。 離職率が高い求人、いわゆるブラック企業も掲載していないので安心して応募しましょう。 カウンセラーがしつこくない いい就職. comのカウンセラーはあまりガツガツしていないと評判です。 もちろん利用者側が望むサポートはしっかりしてくれます。 他の転職エージェントでは担当者にノルマがあるため、押しが強すぎると感じたり、厳しい意見をもらってへこんだりすることもあるようです。 良い距離感を保ってくれるカウンセラーと転職を進めたいかたはいい転職. comがオススメです。 紹介だけでなく自分でWeb求人を探せる 他の転職エージェントでは勧められた求人で転職活動を行うことがほとんどですが、いい就職. 転職エージェントと求人サイトの良いところを足したようなシステムです。 セミナーやイベントも多く開かれている 会社研究セミナー、ビジネスマナーセミナー等たくさんのセミナーやイベントが開かれており無料で参加できるので就活前や就職前に大人としての振る舞いを身に付けておく勉強の場としても利用できます。 就職の悩みなども相談できるのでサポートしてもらいたい人は参加してみましょう。 いい就職. comのデメリット 会社名が伏せられている TOP画面にある求人検索機能ですが企業名が伏せられています。 使い方は• 求人検索で希望の条件や求人を探す• 求人コードをメモ• カウンセリングにて社名公開 (無料登録後、電話でも詳細を教えてもらえます) 企業名が見れるのはカウンセリング時なので、事前にネットなどで会社の評判を調べてから決めたい場合に、手間がかかります。 しかも、一社一社相談することになるので少し面倒に感じるかもしれません。 既卒は少し不利なことも ほとんどの求人で第二新卒と既卒を同時に募集しています。 既卒は卒業後に就職していない人なので、経験のある第二新卒よりは不利になります。 いい就職. comに向いている人 メリット・デメリットを書きましたがそこから考えるにいい就職. comの利用に向いている人は以下のような人です。 カウンセラーがあっさりしている方がいい人• まだ進みたい方向が決まっていない人• 地方在住の人 転職エージェントと求人サイトの間のような感じで自分の気になった求人を紹介してもらうことができ、アドバイザーのゴリ押しもないので良い距離を保って転職したい人にオススメです。 求人の職種は幅広く揃えられており、まだしたい事が明確に決まってない人も相談したり、求人をみながら決めることができます。 基本的に求人は東京、大阪、名古屋中心ですが、地方にも求人があり電話やメールの対応で就職を進めることができます。 逆にこんな人は注意• 30歳以上の人• すでにキャリアのある人 既卒・第二新卒特化なので30歳以上の人は利用できません。 すでにキャリアのある人も揃っている求人とはマッチしないためやめておいた方がいいでしょう。 同時に利用したい転職エージェント いい就職. comは既卒や第二新卒特化の転職エージェントですが、その他にも第二新卒・既卒、またフリーターのサポートをしている会社があります。 取り扱っている求人が違ったり、ウズキャリの様な勉強してから就職できるサポートなど提供サービスもあり、いろんな角度から就職を考える為にも、他の転職エージェントと併用をおすすめします。 いい就職. comと同時に利用するのにオススメの転職エージェントをご紹介します。 転職エージェントだけでなく他の方法もあるので以下のページも参照してください。 ウズキャリ 第二新卒専門(新卒で入社して3年未満の求職者)に絞ったことでこのジャンルでの転職に詳しく強みが明らかです。 利用者からのフィードバックでブラック企業を省いたり、面接対策が練り上げられているのでサポートの質も高いです。 キャリア相談を行って今後の人生のキャリアを築いていきましょう!• 対象 20代 第二新卒 既卒 フリーター 登録1分(履歴書不要)• 地域 全国 関東が強い(オフィス)東京 大阪• 特徴 高い内定率 86% と定着率 93% でブラック企業はは取り扱わない メリット• 地方の場合、スカイプや電話でカウンセリング• 面接ごとに模擬練習をしてくれる• 地方のエージェントと契約しているので全国の求人が紹介可能 デメリット• 求人数が少なめ 就職Shop リクルートが運営する若者向けの支援サービスです。 なんと8000社以上の登録企業があり、営業を中心に幅広い求人・業種がそろっています。 若い人のポテンシャルを信じて採用のため、経験や資格などは必須でなく、そのため書類選考なく面接まで行くことができます。 働く意欲のある方はスピーディな転職ができますよ!登録も簡単です!• 対象 20代 フリーター・既卒・未経験 登録1分(履歴書不要)• 地域 関東・関西中心(オフィス)東京 千葉 横浜 埼玉 大阪 京都 兵庫• 特徴 リクルートが運営する若者向け就職・転職サービスエージェント メリット• 書類選考がなしで面接までできる• スピーディな就職・転職ができる• 職種・業種ともに豊富な求人 デメリット• 30代以上は利用できない• 求人は中小企業が中心 ハタラクティブ 20代に特化しており、少し就職が難しいそうな社会人経験なし、未経験、フリーター・ニートの方もしっかりサポートしてくれます。 未経験歓迎の求人が常時1,500以上! また、学歴に不安があっても大丈夫、高卒の方の就職実績が一番多いです。 ここからキャリアを始めたい人向けの転職エージェント! 求人エリアで就職希望の場合は電話でのカウンセリングも受け付けているので地方でも利用可能です。 対象 20代 未経験 社会人経験なし フリーター ニート 登録1分(履歴書不要)• 地域 東京 神奈川 埼玉 千葉 関西(オフィス)東京4カ所 大阪• 特徴 中卒・高卒など学歴が低くてもサポートしてもらえる メリット• 未経験歓迎の求人数が常時1,500件以上ある• 希望であれば人生相談もしてもらえる• 20代であれば学歴やフリーター等の状況を受け入れてもらえる デメリット• 30歳以上の人は利用しずらい JAIC 未経験からの社員として就職させることに強みのある転職エージェントです。 自社で10日間の研修プログラムを行っており、それを終了すると就職までサポートしてもらえます。 求人は営業が多いですが就業後の定着率が高いのでブラック企業でいと想像できるので安心できます。 女性専用のサポート「女子カレッジ」もありますよ。 対象 20代 フリーター・ニート・既卒・未経験 登録1分(履歴書不要)• 地域 全国(オフィス)東京 横浜 大阪 名古屋 福岡• 特徴 どんな経歴でも7日間の研修を受ければ、就職までサポートが受けられる メリット• 採用成功率78% 就職後も定着率が高い94. 3%の実績• 書類選考なしで優良企業の面接が受けられる デメリット• 人によっては研修がきつい もっと色んな業界や状況から転職エージェントを探したい方は以下のページを参考にしてください。 いい就職. com ネットの噂 ネットの噂をまとめています。 文言は多少変えていますが内容は同じです。 あくまでネットの噂なので参考程度にしましょう。 某〇ch掲示板の噂 まとめ 情報• 紹介は基本的に中小企業 大手に行きたいなら合わない• 街工場みたいなところも紹介される 噂から読み取ると、紹介は中小企業中心で大手は少ない。 担当者の印象は良い。 大手でなければ就職しやす転職エージェントのようです。 ネットの噂にしては悪い噂が少ない印象でいい印象です。 Twitter まとめ いい就職. comってサイト! — 佐藤隆介 ryuryu1091 色々あるけど俺はいい就職. comって所使ってたわ。 まぁ参考にしてくれ〜 — とり yakutya いい就職. comの評判は上々です!オススメ!.

次の

企業情報

いい就職.com 名古屋

大学か就職か…… 僕は名古屋にある私立工業高校の2年生です。 今、進路のことでとても悩んでいます。 高校内では成績も上位で、有名企業も狙えるかもしれないとか、 大学も行けるとか先生に言われています。 僕自身、入学したときは就職かなと思っていました。 周りの人や友達も言っていたので。 しかし、最近大学もいいのかなと思い始めています。 母は、「先生が言っているのは私立大学のことだろう。 私立なんて誰だって入れる。 1000万もかかる。 うちにはそんな金はない。 奨学金を借りて返しながら仕事をするのか。 」 と言っています。 その時、大学に入ってどうしたいか聞かれましたが、 ただ漠然と勉強をしていい仕事に就きたいという思いしかなく、 答えることができませんでした。 僕の父は、中卒で車関係のものをつくる工場で働いています。 僕は、工業高校卒ではたとえトヨタや、アイシンなどに入っても 流れ作業の中でただボルトを取り付けるといった仕事なのではないかと思っています。 体を動かす工場勤務が嫌なわけではありませんが、流れ作業でずっと同じことをするという 仕事は正直言ってあまりやりたくありません。 大学からなら、設計やデザインなどもできるのかなと勝手に思っています。 そういう仕事は発想力などが必要ですが、やりがいが感じられるのではないかと思うのです。 読みにくい文章ですが、僕が聞きたいのは、 1 工業高校から就職するのと大学から就職するのではどのようなメリットがありデメリットがあるのでしょうか。 2 私立も候補にありますが、僕の中では名古屋工業大学もいいかなと感じています。 行けるものでしょうか。 3 奨学金を借りると、その後の生活は大変でしょうか。 この三つです。 もちろんこれ以外にも僕にアドバイスなど、何でもいいので回答お待ちしております。 よろしくお願いします。 ごめんなさい。 1.2.3には答えられませんが、それ以外で・・・ 私にも高校3年の息子がいます。 質問者さまと同じように、息子も 就職するか 推薦で大学に行くか?迷っていました。 その時私も、質問者さまのお母さんと全く同じことを言いました。 結局息子は 大学を卒業しても就職難、奨学金の返済が不安 というマイナス思考で就職を選びました。 仮に大学に行っても、この有名企業に入社できるかどうかわかりませんので。 夏休み中 会社見学しましたか? 私が勤務しているのはトヨタでもアイシンでもありませんので 想像で言わせていただきますが、これは昔の工場のイメージではないですか? 今も町工場ではやっていると思いますが、 大きな会社の工場は、こういう仕事は多くは機械がやっています。 私が勤務する会社では、工業高校から入社した人は、この機械のメンテナンス関係が多いです。 工場の仕事と言っても、製造現場だけではありません。 生産管理部門、設備管理部門、研究所で研究者がある程度製造の見込みがたてば、それを製造に移行する補助部門 などなど工業高校を卒業した人が活躍しています。 結論を言いますと、質問者さまの職業観の問題です。 1 研究開発をしたいのか? 2 それぞれの部門の管理職になりたいのか? 3 1社員として、収入を得て安定した生活を送れれば良いのか? この答えが出ると進学か就職か決まると思います。 >1 工業高校から就職するのと大学から就職するのではどのようなメリットがありデメリットがあるのでしょうか。 まず大卒のほうがお給料がいいです。 それ以外のメリット、デメリットは個人の価値観によりますねえ。 一社員でいるほうがお給料も安い代わりに気楽な面もある反面リストラの対象になりやすいですし、研究職や管理職はやりがいもある反面、人を使う苦労や責任も大きくなります。 でもまあ働くことはいつでもできますが、18~22歳という青春時代に大学生活を送る経験はおそらく一生のうちでも得難い経験になると思いますよ。 >2私立も候補にありますが、僕の中では名古屋工業大学もいいかなと感じています。 行けるものでしょうか。 これは質問者さんの今後のがんばり次第としか言えませんが、国公立だって推薦入試制度はあります。 今のまま成績上位をキープして、推薦入試を受験すれば、名古屋工業大学なら学力テストはなく、書類と面接審査だけです。 ただ推薦は倍率が高いので、一般でも受験できるように勉強も頑張ってください。 学校の先生が大学進学を勧めてくださっているのなら、勉強のことも含めて相談されるといいと思います。 他にも愛知県なら豊橋技術科学大学や私立だけど国公立並みの学費で行ける豊田工業大学がお勧めです。 どちらも小規模大学ですが設備や就職実績は抜群ですよ。 このこともおそらく先生ならご存じだと思いますので聞いてみてください。 >3 奨学金を借りると、その後の生活は大変でしょうか。 自宅から通えるきちんとした会社に就職すれば、そう大変ではないと思いますが、なにしろ奨学金を借りたことがないもので、これについては経験された方の回答がつくといいですね。 企業でサラリーマンをやるのであれば、大学卒業の方が圧倒的に有利です。 工業高校卒業では、かなり職種に制約がある企業が多いのです。 設計とか開発の高度で専門的な仕事はどうしても数学や物理、化学の知識が要求されるので工業高校卒業では難しいのです。 最低でも高専卒業ですね。 行けるものでしょうか。 名工大の歴史は名古屋大学よりも古く、多くの技術者を輩出している伝統校です。 OBではニフティの今村隆社長とが有名ですね。 二次の科目が、数学、英語、物理の3教科なので今から頑張れば問題ないと思います。 たぶん工業高校で難しいのは英語ですね。 就職できないと大変なことになるみたいです。 その他 工業高校という立場を活かして、いまのうちに取得できる資格は取得しておいた方がよいです。 バイトで断然有利になります。 収入ということであれば、たとえ東大を出てサラリーマンをやるより技能を磨いて独立開業して成功したほうが遙かに多くなります。 まあ、一部の人間だけですが。 Q ネット(主に2ちゃんねる)を見ていると、大学について非常に細かくランキングされています。 例えば日東駒専・産近甲龍の偏差値は50強ありますが、かなり低く評価されています。 偏差値60強あるMARCH・関関同立さえ「国公立に入れなかったバカ」だというような意見すらあります。 偏差値がちょうど50の大学(学部)に入学しようとすれば、全受験生の上位半分に入らないといけないという事だと思います。 しかし、ネットや世間の評価は私ほど甘くないと感じます。 A ベストアンサー > 偏差値がちょうど50の大学(学部)に入学しようとすれば、全受験生の上位半分に入らないといけないという事だと思います。 いいえ。 これが間違っています。 大学入試の得点で出した偏差値、というのは、日本には存在しません。 この大学の偏差値というのは、その大学に合格した人が過去に各社で実施されている模試の受験者がとったその模試の偏差値のことです。 全国規模の総合模試以外の模試は、受験生が限られているので、当然ですが、その受験生の中だけで偏差値を出したら、東大合格者もマーチも同じような偏差値になってしまいます。 全大学の偏差値(正しくは序列)を出せるのは、全国模試だけです。 で、きちんと受験者の合格・不合格を全国規模で追跡している模試は、日本には私の知っている限りでは3つしかありません。 そのうちの1つは、来年は撤退すると宣言しています。 のこりの2つの全国模試は、受験生以外も受験していますから、ほぼ全国の高校生と考えていいと思いますよ。 2つの模試とも、上位の高校、下位の高校はあまり受験していないのは確かなので、ある意味、ちょうどバランスは取れていると思います。 あなたが見ているネットは、この手の話を仕事にしている人はほとんどいないんじゃないかなぁ。 特に、いろいろな会社の模試、いろいろな時期の模試の偏差値をそのまま見比べている人や、具体的な模試、回を書かずに平気に大学の偏差値を語っている人は信用に足りません。 あともうひとつ。 模試を仕事にしていると実感しますが、大学に行けない人の行けない理由は、今は学力がトップではありません。 もうここ10年くらいは、看護学校志望者の上位の人たちは、楽勝で慶応大クラスに受かる学力を持って競争をしています。 彼ら彼女らは予備校にも通えないし、進路指導の充実した私立進学高やトップ公立高にもいないので、学校で参加した模試などがすべてで、自分の学力を把握しています。 自分流で際限なく勉強しているんです。 大学受験の技法を教わっていないのと、難関模試や大学ごとの模試を受験する機会がないので、表に出てこないんです。 国立大に行ける人は高校生の1割いません。 多くは私立大に進学します。 今の日本の家庭の平均年収は400万円くらいですが、この中には、超お金持ちが含まれていて、最多収入帯は300万円前後です。 私立大の受験料、入学金、学費を、もし仮にただにして、教科書も義務教育のように無償化したら、今の偏差値50くらいの大学に受かっている学生はひとりも受からないと思いますよ。 ちなみに、アジアの多くの国の高校生の大学進学率って日本より上なんです。 8割を超えている国もあります。 ご質問者さんの書かれている通り、高校生をホントに学力で選別して50パーセントしか大学生になれないのなら、下位の大学で中退率3割以上なんて悲惨な状況にはなっていないと思います。 一応付け加えておくと、中退理由の上位に金銭もありますが、トップは成績不振です。 日本の大学は、受験で貧乏人を選別して、入学後に学力で選別する制度になっています。 > 偏差値がちょうど50の大学(学部)に入学しようとすれば、全受験生の上位半分に入らないといけないという事だと思います。 いいえ。 これが間違っています。 大学入試の得点で出した偏差値、というのは、日本には存在しません。 この大学の偏差値というのは、その大学に合格した人が過去に各社で実施されている模試の受験者がとったその模試の偏差値のことです。 全国規模の総合模... A ベストアンサー 私は工業高校(同じ情報技術科)から大学進学をしたものです。 クラスで1番とっていればかなりの大手に就職できると思います。 しかも高校が伝統ある学校であればそのブランド価値というものもでてきます。 へたな大学とか入るよりよっぽど良い就職先があります。 あと短大ははやめておいたほうがいいと思います。 所詮は短大というのが一般的な意見というか現実です。 どんなにレベルの高い短大に入っても待遇では3流大学にも負けてしまうと思います。 私は教職を目指していたので、教員免許を取るため進学をしましたが、就職するのであれば高校からのほうがいいとこ入れたと思います。 他の回答者さんが大学を進めるのもうなずけます。 社会に出るのに4年間準備期間が増えるのは思いのほか大きいものです。 給料も変わってきますし。 ただ、へたな大学に入って勉強しなくなって適当な会社に就職してしまうよりかは、今いい会社に就職してしまったほうがいいと思います。 進学するなら高専に編入はおすすめですね。

次の