ペット 2 キャラクター。 かわいい『ペット2』のキャラたちがハッピーセットに登場!全種類をチェック<写真17点>

ペット2声優吹き替え日本語一覧!デイジーやセルゲイの新キャラクターのキャストは誰?

ペット 2 キャラクター

目次 ・ - ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 映画『ペット2』 映画『ペット2』は、2019年に公開されたアメリカのアニメーション映画です。 日本では2019年7月26日(金)より公開になりました。 2016年公開の『ペット』の続編として製作されました。 飼い主がいない間のペットたちが巻き起こす騒動を描いたシリーズ第2弾です。 製作はイルミネーション、監督はクリス・ルノーです。 クリス・ルノー監督は前作『ペット』や、ミニオンの映画『怪盗グルー』シリーズを手がけてきました。 日本語吹き替え版の声優では、お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統さん日村勇紀さんのお2人がメインのキャラクターの声優をしているんですよ。 そのほかにも、女性から人気のあるモデル・タレントの佐藤栞里さんや、女優の永作博美さんなども声優をしています。 テリア系の雑種で、ジャックラッセルテリアに似ています。 飼い主のケイティに甘やかされて育ち、少し気が小さくて寂しがり屋さんです。 マックスは元気いっぱいで、動くものに敏感に反応する好奇心旺盛な犬です。 デュークとは1作目からの親友です。 『ペット2』ではケイティの息子のリアムを過保護に溺愛して、ストレスがたまってしまいます。 日本語吹き替え版声優:設楽統〈バナナマン〉 映画『ペット2』のキャラクター:デューク 『ペット2』でも、主人公のマックスの親友としてデュークが登場します。 デュークは、前作でマックスと同居することになった大型犬です。 ケイティの1番犬の座をマックスと競っていましたが、徐々に心を開いていき親友になります。 おおらかでポジティブな性格のキャラクターです。 日本語吹き替え版声優:日村勇紀〈バナナマン〉 映画『ペット2』のキャラクター:ポップス.

次の

映画『ペット2』のあらすじ&キャラクターまとめ!もっと映画が楽しめる見どころも♪

ペット 2 キャラクター

ペット【映画】キャラクターの名前一覧!それぞれの性格も紹介! 冬の寒さも終わりを告げたでしょうか?だんだんと、暖かい日が続いてきましたね!ようやく春になり始めたと、実感してきました。 春になったばかりではありますが・・・今年の夏! 8月11日公開予定の映画、『 ペット』について今回はご紹介したいと思います。 『ペット』はあのユニバーサルスタジオが生み出した、人気作『ミニオンズ』のスタッフが集結した最新作となっています。 予告の動画を見たところ・・・ミニオンズに負けないくらい、とても楽しみな映画だということは言えます! ではまず、登場する キャラクターの名前と性格(これは筆者の見た感じになりますが)を紹介していきたいと思います! ペットのあらすじストーリー紹介!! 大好きな飼い主のケイティと何不自由ない平穏な生活を送っていた マックス。 そこへ、ある日ケイティが保健所から連れて帰ってきた大型犬の デュークがやってきました。 これまで、平穏な生活を送っていたマックスはデュークが来たことによって、生活が一変してしまいました。 ケイティがいない間に、他の仲間のところへ行き不満や、愚痴をこぼしたりもしています。 そんなある日、事件が起こります。 デュークとマックスが、ニューヨークの荒野で迷子になってしまうのです!ケイティが帰ってくる前までになんとしても家に帰りたい2匹。 マックスが迷子になってしまったと知り、助けに向かう仲間たち!飼い主たちの知らない間にこんな大冒険が起きているのです! また、マックス・デュークの冒険には、様々な困難が待ち構えていました。 ニューヨークシティの下水道に住み、人間に捨てられたペット集団のリーダーとして登場する スノーボール。 いったんは、マックスとデュークを助けてはくれますが、密かに人間たち、平穏・幸せに暮らすペットたちへの復讐として恐ろしい計画を立てています。 果たして、この大冒険は終わりを迎えるのか、恐ろしい計画は止められるのか。

次の

『ペット2』いよいよ公開!公開前から話題になっている【新キャラクターも紹介】

ペット 2 キャラクター

最新情報はサイトをご確認ください。 マックス:声優(バナナマン設楽統) 今回も足が細すぎるよマックス!! その足でどうやって体重支えてるん?って不安にならずにいられない笑 見てるとだんだん小型犬そのものに見えてきてこの違和感は消えるんですけどね。 それだけどうぶつ達の動きが完璧に再現されてるってすごいですよね。 声優を務めるバナナマンの設楽さんがこの可愛いけど可愛くないマックスにピッタリ。 日本語吹き替え版で見ても違和感なし。 今回は飼い主であるケイティに子ども(リアム)が生まれたことでマックスに過度な心配性が爆発。 世の中全ての危険からリアムを守る使命に燃えすぎてただの心配性犬に。 とはいえリアムと濃厚なやりとりがあって乗り越えるかといえばそうでもなく、あくまでもペットの世界で乗り越える感じ。 デューク:声優(バナナマン日村勇紀) あんなに体がでかいのに 影が薄すぎる笑 常にマックスの近くにいるけど、本当に添えるようにただいるだけ。 まるで某バスケ漫画のシュートのように添える左手のようだ。 個性的すぎるキャラに囲まれて犬らしい性格のデュークは完全に空気。 立ち位置的には最初と最後に映るマックスの飼い主レベル。 スノーボール:声優( 中尾 隆聖) 今回好き放題に暴れてたのがスノーボール(ウサギ) 声優さんもパワフルなので主役を食う勢いでした。 中尾 隆聖さんの名前を聞いて「誰??」ってなった人も大丈夫。 ドラゴンボールのフリーザ様ね! この声が日本人には馴染みすぎていてスノーボールが 聖人 君子だったとしても裏があると思わせる生粋の悪役の声。 前作で人間に捨てられて悪の限りを尽くしていたけど最後に可愛い女の子に拾われて 幸せに暮らしてるんだろうなとは思っていたけど 想像をはるかに超える幸せな生活!笑 ほんとよかったね、とこれには和みました。 専用のベッドで眠り、朝起きたら真っ先に抱きしめてもらって鏡の前でトリミング。 そして愛情いっぱいの手作り洋服を着せてもらって遊ぶ毎日。 ペットって自分で飼っていれば別ですけど、そうじゃないと外で散歩してるのを見かけるくらいで日頃どういう生活してるのかって謎。 ペットはそこを描いた映画なのですごく楽しいです(スケール破天荒だけど) トイストーリーに近いものを感じる。 ギジェット&クロエ(白い犬と猫) 雑にまとめて紹介してんなよ。 いやね、楽しいんですけどストーリー的にいるかな?くらい軽かった。 猫好きなら「あるある」って連呼がとまらないシーン連発で楽しかったです。 前作でも思ったんですがギジェットの人生が強すぎる…。 どう転がっても人の上に立つ素質を持つ女王様犬(ただしマックスにめろめろ) マックスを助けるのはいつだってギジェット。 デイジー:声優(伊藤沙莉) 今回のトラブルの種を持ち込んできた可愛い犬。 いきなり出てきたぽっと出のデイジー。 登場シーンは飛行機だし、飼い主が誰なのかどこに住んでいるのかさえ全くわからない事件運搬役。 可愛らしい見た目からハスキーボイスで「クソ」を連発する姉御犬。 声優を務めた伊藤沙莉さんもオファーを受けて「ハスキーボイス」に不安になったそうですがいいギャップでした。 可愛い声と見た目で中身ぶっ飛んでる枠はすでにギジェット様がおりますので笑 しかしマックスとはさほど絡みはなくスノーボールパート担当。 っていうか事件運搬屋。 「ペット2」のネタバレ感想 結論:ノリが良くて深く考えないで楽しい気持ちで見れる映画! 「ペット」がすごく楽しくて2歳の子どもがすごい食いついた思い出の作品。 その続編ということで期待大!だったんですがいい意味で見やすい映画でしたね。 リアムって子どもまで出てきて涙腺刺激される系か?と思いましたが 一切涙腺を刺激してくる展開はなかった笑 伏線回収みたいなものもないし、本当にノリの良さと痛快さが気持ちいい映画。 本予告には、飼い主ケイティ一家に誕生した元気な男の子・リアムに振り回されながらもあたたかく見守るマックスを活写。 リフレッシュ旅行で訪れた田舎町で、マックスはルースターに出会い、大きな一歩を踏み出す。 「人生は何が起こるか分からない。 その時、道は2つ。 逃げ出すか、立ち向かうかだ」という力強いボイスオーバーとともに、マックスが勇気を振り絞る姿がドラマチックに切り取られている。 引用: とありますがドラマチックはあまり感じなかったかな、個人的に。 今回出てくる悪役が動物をいじめるサーカス団長なので怯える動物に向かって鞭を振り回す姿には胸糞! 最後はきっちり成敗されるのでスカッとしますけど。 不愉快なシーンはそれくらいだったので子どもがトラウマになるほど怖いシーンはないので安心して見せられます。 心配性でなんでも怖い怖い言ってたマックスが頑張る姿はこどもに勇気をあたえてくれそう! 今作で目立っている渋い犬ルースター、マックスを成長させるのに一役買うんですが割とあっさり出番終了したのもびっくり。 見終わった後、「ああ出てたね」ってくらいサクッと出てきてサクッと消えます。 あくまでも主役はニューヨークに住むマックスたちってことなのかな。 だからタイベリアス出してよ! 「ペット」が楽しかった人なら間違いなく「ペット2」楽しめます。 あ!鷹のタイベリアスは本編には出てこなかったけどミニストーリーには出てくるらしいって聞いたので今度DVDみてみます。

次の