舌 白い 治す。 舌が白い!症状が起こる原因や考えられる病気、対処のしかたを紹介

舌が白い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

舌 白い 治す

自分の舌を観察したことはありますか? 昨今、オーラルケアの流行とともに、「舌磨き」「舌ケア」といった舌苔を掃除するグッズも販売されていますね。 これらの製品の目的は「見た目の美しさ」「口臭予防」「清潔さ」といったところにあると思います。 実は古くから中医学ではまったく違う考え方から、舌の観察を行っていました。 中医学には、 望診(ぼうしん)・ 聞診(ぶんしん)・ 問診(もんしん)・ 切診(せっしん)という4つの診断方法があります。 望診(ぼうしん)とは、その方の顔色、しぐさ、姿(体)などを目で見て判断すること。 舌診(ぜっしん)はこちらに分類されます。 聞診(ぶんしん)は、その方の声を聞いたり、匂いをかいだりして判断すること。 お母さんが赤ちゃんの泣き声や便のにおいで健康状態を判断することと同じです。 問診(もんしん)は、その方に症状や既往症、生活環境などを問うて判断すること。 切診(せっしん)は、脈をとったり、おなかやせなかなど、その方の体に触れて判断すること。 日本では医療行為とされており、医師免許のある方のみが行えます。 舌には情報がたくさん!? 中医学では、舌を舌尖(舌の先)、舌中(舌の中央)、舌辺(舌の左右辺縁)、舌根(舌の奥の部分)の4つの部位に分けて見ます。 そして、色や形、性質(胖大、歯痕、裂紋、点刺など)、苔の状態から、いろいろな情報を得ます。 経験豊富な中国の中医師の先生には、舌を見ただけで、その方の体質や生活習慣、病名、病気になった原因、また病気の経過(良くなっているか、悪くなっているか)などもわかるといいます。 例えば、「あなたはもともと暑がりで、たくさん水分をとっていらっしゃいますね、美食家で食事の量も多いでしょう、運動はせず、ストレスを多く受けており、現在は胃がんに侵されています、胃がんは随分と進行しています」といった具合にです。 舌はそれほどの情報を表しているということです。 舌の観察は自然光下で行うことが理想的です。 また緊張したり、力を入れすぎると状態が変わるため自然体で行い、飲食物などの影響を受けないよう、食事経過後4時間は空けたほうが良いでしょう。 ここでは、代表的な舌の状態をいくつかご紹介したいと思います。 あなたの舌に似た近いものはあるでしょうか? 健康な人の舌 舌の色は薄いピンク色。 自在に柔軟に動かすことができます。 苔は白でうすく、均等で、適度に潤っています。 苔は拭いてもとれないものです。 これは臓腑機能・気血津液が正常で、邪気に侵されていない、健康な状態の方の舌です。 舌はやや大きくてはれぼったい。 歯痕がある。 色はうすい紅色、または淡白で 白く薄い苔を伴う。 気とは生命エネルギーのことです。 気虚(ききょ)とは、この気が足りない状態であることをいいます。 すぐに疲れる、息切れする、風邪を引きやすいといった症状が表れやすいです。 舌がやや痩せて薄い、 または裂紋(れつもん:溝や割れ目)がある。 色はやや淡白。 苔はうすく少ない。 血(けつ)が足りない状態です。 めまい、貧血、疲れやすい、冷え性といった症状がでやすいです。 裂紋(れつもん:溝や割れ目)があり、 色は深紅。 苔は無いか、少ない。 体内の水分が不足することによって、冷ます力が減退し、体内に熱がこもっている(虚熱:きょねつ)状態です。 手足のほてり、のぼせといった症状が表れやすいです。 はれぼったく、歯痕がある。 色は淡白、 苔は白く厚く粘りがある。 体を温める力(陽気:ようき)が足りず、 体内に水が溜まりすぎて、体が冷える状態です。 顔色が白い、むくみ、尿の量が多い、手足の冷えといった症状が表れやすいです。 縦に裂け目(裂紋)がある。 歯痕がある。 色は淡い紅色。 地図のような苔がある。 エネルギー(気)不足と、体内に熱がこもった状態です。 疲れやすい、だるい、寝汗、手足がほてる、息切れする、のぼせといった症状が表れやすいです。 全体的にやせてうすい。 歯痕がある。 色は淡白。 苔は白くうすい。 エネルギー(気)と血(けつ)が不足した状態で、主に夜更かしや夜型生活、ダイエット中などに気血(きけつ)が足りなくなりやすいです。 声が小さい、汗がでやすい、だるい、貧血、疲れやすい、めまい、手足の引きつれ、しびれ、肌の乾燥、生理不順、不妊といった症状が表れやすいです。 舌辺が青紫色、 または暗紅色のシミがある。 苔は白くうすい。 舌裏の静脈が拡張(または怒張)している。 血(けつ)の流れが滞っている状態です。 目の下にくまができやすい、あざができやすい、シミ、くすみ、頭痛、肩こり、生理痛、生理血に塊が混じる、痔、子宮筋腫、子宮内膜症、しこり、といった症状が表れやすいです。

次の

舌が白い原因を紹介!治す方法はあるの?

舌 白い 治す

1.舌苔とは 舌の表面の角質がなんらかの原因で伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まり、舌が白く苔が生えたように見えます。 舌苔の原因は細菌や口呼吸、消化器系の疾患などがありますが、原因が不明なことも多くあります。 舌苔自体を治療する必要はなく、口臭の原因として舌苔が考えられる場合は舌ブラシで舌を磨きます。 舌苔が口臭の原因 口臭の主な成分の一つである硫化水素は舌苔に関連していると言われています。 ちなみに口臭のメチルメルカプタンという成分は歯周病が関連しています。 硫化水素は食べカスや上皮カスが細菌によって腐敗されることによって発生します。 このような環境が舌苔にあるため口臭の主な原因とされます。 ただし、舌苔は必ずしも病的なものではないため、口臭も生理的な口臭の範囲であることが多いのです。 詳しくは「」を参考にしてください。 色素を作り出す細菌が原因の場合は黄色や灰色、茶色、黒色など変化することがあります。 例えば猫などの動物の舌はザラザラとヤスリのようになっていて、食べ物をかき取る作用があります。 実は人間の舌も表面は角質化しているのです。 この角質化が進むと舌の細胞が伸び、その隙間に剥がれた上皮が溜まり、舌苔になります。 舌の本来の位置は上顎に軽く付いている状態です。 舌の位置が低い位置にあったり、口呼吸があったり、舌の動きが悪いと舌が周りと擦れず、食べかすが残ってしまいます。 汚れは乾燥するとこびりつき取れにくくなります。 キッチンなどでも濡れている間は汚れがすぐに取れますが、一度乾燥してしまうと簡単には取れなくなります。 口の中もいつも唾液で濡れていますが、口呼吸のある方はすぐに、乾燥してしまい汚れが自然に落ちないために舌苔ができてしまいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 唾液は口の中を洗い流す効果があります。 唾液が減ると汚れや細菌が舌に溜まり、舌苔ができます。 高血圧の薬や精神疾患の薬の中に唾液が少なくなる副作用があるものもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 口臭は朝が一番出ます。 それは寝ている間は舌の動きが悪く、唾液量も少なくなるため舌に汚れがたまるからです。 高齢や病気になって舌の機能が低下したり、動きが悪くなると、より舌の表面の汚れが落ちにくくなるため舌苔が多くなります。 そのため舌苔ができる位置は常に上顎とすれて、汚れが落とされています。 受け口や口呼吸で舌位が低い人は、擦れて汚れが落とされないために、舌苔がつきやすくなります。 薬の影響でカビ菌の一種であるカンジダ菌が増え、硫黄化合物と血液中のヘモグロビンが結びついて黒くなると言われています。 鏡を見ながら舌を思いきり前に突き出して、白い舌苔がついている箇所を確認してください。 舌ブラシを水に浸した後、鏡で見える最も奥に軽くあて、手前に引いてください。 決して力を入れ過ぎないようにしてください。 また、この時に息を数秒間止めながら行うと、嘔吐反射(おうとはんしゃ)が出にくくなります。 舌ブラシの先を水道の水でよく洗い、舌ブラシの先に汚れがついてこなくなるまで、繰り返してください。 1日の舌みがきの回数は、起床時の1回で結構です。 それ以上行うと、舌の粘膜を傷つけるおそれがあります。 舌に傷があるときは、舌清掃は控えましょう。 歯ブラシで舌を磨くと傷つけることがあります。 下は舌ブラシを3日間使用した写真です。 舌苔が綺麗に取り除かれていることがわかります。 この舌ブラシは、舌表面を傷つけないように開発されたソフトで特殊なナイロン繊維を使用しています。 価格は500円で通販で購入可能です。 舌苔の溜まっているといわれる部分にも入っていってくれるので舌の表面を傷つけません。 また、ブラシにも幅がありスプーン状になっていて汚れを一気にかき出すことが出来ます。 全体も18cmの長めの設計で使いやすいです。 価格は620円で通販等で購入可能です。 多くは先天的な異常ですが、慢性炎症が続いて出ることもあります。 深い溝は食べカスが入り込み不潔になりやすく、痛みや味覚障害を引き起こすこともあります。 痛みが強い場合はコンクールなど消炎剤の入った洗口剤を使います。 特に治療をする必要はありませんが舌ブラシで舌を清掃し、いつも清潔にしておく必要はあります。 黒く見える原因はカンジダ菌が増え、硫黄化合物が作られ、血液のヘモグロビンと結合し、黒く見えると考えられています。 カンジダ菌は抗菌剤やステロイド剤を長期間使っていると、口の中にいる細菌の種類が変わり、カンジダ菌が増えてきます。 しかし、口臭の原因になる場合は舌ブラシで毎朝、優しくなでるように磨いてください。 傷をつけてしまうと逆効果になってしまいます。

次の

舌が白い 舌苔の原因と治し方

舌 白い 治す

お越しいただいてありがとうございます。 このサイトでは 舌が白くなる原因や治し方 舌苔について解説しています。 舌が白くなってしまう原因はいくつかありますが 一番多いのは細菌や食べ物のカス等が残ることによって起こります。 舌の表面は普通は柔らかいため 細菌が入り込んだり食べ物のカスが挟まったりということはありません。 でも、呼吸疾患や消化器疾患などにより舌が伸びて固くなり そこに食べカスが挟まり細菌を発生してしまうことがあるのです。 この舌が白い状態が続くと、 口臭の原因になってしまいます。 嫌ですね汗 舌が白い状態を治す簡単な方法としては まずは細菌食べ物カスが原因であると考えて しっかりとした 舌歯ブラシなどで磨くことで解消することができます。 呼吸疾患や消化器疾患がある場合は? 呼吸疾患や消化器疾患がある場合は、 それらを治すことで舌が白い状態を脱することができます。 ただ、病気等による薬の影響で、唾液が少なくなることにより 口の中の細菌が増えるということもあります。 抗生物質なども同じく、唾液が少なくなるという副作用がある場合あります。 ですのでこういった場合は、水分補給を心がけたり 薬をやめれば元に戻ることもあります。 こういった感じで何が影響して白くなるのかを知れば 原因に合わせて対処して、治す対策を立てることができます。 これって病気に限らずですよね。 このサイトではそれぞれについて詳しく解説しているので まずはしっかり原因を探るようにしていきましょう。 舌苔について この舌が白くなるのを 舌苔(ぜったい)が舌についた と表現することもあります。 白や黄色、黒色の苔状のものが舌に張り付いて見えるからです。 上記で述べたことと同様に 舌苔(ぜったい)もいろんな原因が考えられるので わかりやすくこのサイトでは解説していきますね。

次の